2013-04-06 21:02

韓国の政権は王朝の交代<カンボジアも同じ

  裏の桜さんの今日のエントリーでこんな話が有った。

 

「日本には昔から、日本独自の民主主義があるだ~よ」

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/3042922/

 

 

 

このエントリーの中でとり上げていた青山繁晴さんの言葉。

 

青山繁晴

>「で、韓国はじゃあ民主国家かというと、韓国は確かに大統領を、まともな選挙で選んでますが、問題は1期5年終わると、その大統領だった人が死刑判決受けたり、あるいは自殺に追い込まれたりしますね
・・・中略・・・
>「これを韓国陸軍の、僕の長年付き合ってきた将軍が、何ておっしゃったかというと、『青山さん、これは残念ながら民主主義じゃない証拠だ』と。『これ王朝の交代です』と」
 
<引用終り>
 
 
この言葉を聞いて私には大いに合点がいく事が有る。
私がタイに居た時、どうしても腑に落ちなかったこと。
それはカンボジアの事だった。
アンコールワットの様な現在でも世界遺産のピカイチとなるようなすばらしいものを作った民族、それがどうして僅かな間に没落し、あのすばらしい世界遺産がジャングルに埋もれてしまったのか。こんな疑問だった。
 
その後いろいろ調べ、最近になって上智大学の石澤良昭学長らの長年の発掘調査などでその原因がおぼろげながら分かってきた。
原因は王朝の交代であった。
新王朝は旧王朝を貶め、否定しないと王朝が持たない。
そんな事なので旧王朝を支えた官僚・宗教者・教師・技術者と言った国を支える中心人物が追放されていた。
彼らは泣く泣く新天地を目指して行ったのだと思います。
それが国力を衰退させ、旱魃などの災害で大きな被害を出し、外敵に侵略され、国が崩壊した、こう思います。
 
アンコールの衰退については以下参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2590891/#cmt
 
 
 
カンボジアの悲劇はこの王朝交代で旧王朝(旧政権)を全否定すると言うのが、つい最近のポルポト派による大虐殺でまた起こった事。
この大虐殺は知識人・経営者・教師・技術者などを殆ど皆殺しにするものだった。
だから口の悪い人に言わせれば、カンボジアの若者は怠け者のバカばかり、どうしようもない国なのだと言う。
 
 
て、話は韓国に戻る。
裏の桜さんが紹介している青山さんの話、韓国は5年に一度王朝の交代をしていると言うのは正に事実であろう。
こんな事では国が持たないのは間違いない。
 
韓国人が以前から大挙してアメリカに移住して問題を起こしたりしているのは、問題の根がそんな所にある。
そして今それがもっと酷くなっている。そう思います。
 
 
 
最後にアンコール・ワットの話に戻ります。
今こんな本を読んでいる、「アンコール・ワットを読む」 石澤良昭編 連合出版刊
 
この本、上智大学石澤学長のアンコール遺跡発掘調査報告書のようなものなので、一般の人が読むにはとても読みにくいが、口絵に興味深い写真が載っているので紹介したい。
 
これは調査したバンテアイ・クデイ遺跡の発掘風景
 
発掘されたのは大乗仏教の仏像、現在のカンボジアは上座部仏教(小乗仏教)だが同じ仏教徒、学生たちは手を合わせながら発掘したらしい。
 
そしてこの写真
 
この本は上智大学学長石澤良昭氏編集のいわば発掘の調査報告書。
その本にこんなゴミ捨て場の写真を載せている所に石澤学長の危機意識が有るのだと思う。
(注:シェムリアップと言うのはアンコール・ワットの有る町の名前、カンボジア語での意味はシャム(タイ)を追い出したという事、何か町の名前まで韓国と相通じるものが有りそうな・・・)
 
残念ながらカンボジアの民度はこんなモノ
これではいくら教えてもちょっと目を離せば元の木阿弥。
こんな国を相手にするのがいかに難しいか良く分かる話である。
 

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-08-17 22:26

隣国との付き合い方

  下朝鮮の李明博(イ・ミョンバカ)が島根県の竹島に不法上陸し、おまけに天皇陛下を愚弄する発言をしている。

真の困ったものだが 、日本としては戦後67年目にして自虐史観と平和への幻想で虚構にまみれた不毛の戦後から決別するチャンスなのではないかと思う。

 

東京基督教大学の西岡教授が良い事を言っている。

少々長いが全文引用する。

 

<以下引用>

 

【正論】東京基督教大学教授・西岡力 竹島で経済問題のリンク考えよ

2012/08/17 03:04

 

 韓国李明博大統領が10日、竹島韓国名・独島)への上陸を強行した。日韓の友好関係を壊す暴挙であり、強く抗議したい。

 

 ≪日韓友好の精神踏みにじった≫

 

 韓国大統領府(青瓦台)高官は10日、「日本政府は防衛大綱および防衛白書、外交青書を通じて独島に対する領有権を継続的に主張しており、小・中・高校用検定教科書での領有権の主張も徐々に強化している。これ以上、穏やかな対処を続けてはいられない」と竹島上陸の狙いを語っている。

 

 大統領自身は13日、「(慰安婦問題について)日本のような大国が心を決めれば解決できるのに国内の政治問題のせいで(政府が)消極的な態度を取っており、行動で(我々の不満を)見せる必要がある」と考えたことが竹島訪問の動機になった、と説明した。

 

 日本政府が竹島を日本領だと主張し慰安婦問題で補償をしないから、大統領が竹島に上陸したというのである。領土や歴史に関する認識は、国が異なれば絶対に一致できない。日本の認識が韓国のそれと違うことを容認せず、大統領が日本人の感情を踏みにじる行動を取ることは、日韓友好の精神に反するもので放置できない。

 

 1965年、日韓国交正常化の際に、竹島問題は最後まで懸案として残った。「両国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとし、これにより解決できなかった場合には、両国政府が合意する手続きに従い、調停によって解決を図るものとする」という内容の外相同士の「紛争解決に関する交換公文」を確認し、両国の主張の違いを事実上、認め合って国交正常化に踏み切った。

 

 ≪領土主張弱めた事なかれ外交≫

 

 日本としては、領土を不法に占拠されていながらも、同じく米国と同盟を結んでいる韓国との国交が冷戦下の国益にかなうという判断を優先して譲歩したのだ。

 

 その時以来、日本の竹島政策は一貫してはいる。すなわち、日本の領土であると主張し続ける一方で、そのことを経済や安全保障など他の分野の日韓間の問題に連関づけない-という政策である。そうした立場から、経済面で韓国に対し様々な支援を行ってきたし、安全保障面でも在日米軍基地が朝鮮有事に使われることを容認することなどで、韓国を間接的に支援してきた。ただし、事なかれ外交の結果、領有権主張の部分がかなり弱体化してしまったことは真剣に反省しなければならない。

 

 ≪上陸は愚かなオウンゴール

 

 韓国も日本のそのような譲歩と支援を多として、朴正煕政権、全斗煥政権、盧泰愚政権までは竹島の警備や施設を増やすことをせず現状を維持してきた。ところが、金泳三政権になって、国内での人気取りのために竹島問題を利用する政策が採用され、次々に施設が造られ警備隊も増強された。そればかりか、日本が竹島領有を主張することに対してさえいちいち抗議をしてくることになった。

 

 その果ての李大統領による竹島上陸である。日韓関係が悪化することを喜ぶのは、北朝鮮中国という東アジアの二大全体主義政権である。北の金正恩体制が不安定な中、韓国の安全保障と南北自由統一のためには、自由民主主義・市場経済という同じ価値観に立つ日本の協力がいつになく必要になっている時期である。李大統領の行動は、「オウンゴール」にも似た愚挙と言わざるを得ない。

 

 日本はこれに対して3つのレベルで対抗措置を取るべきだ。

 

 第一に、認識のレベルでは、今回のことを逆利用して日本国内と国際社会に向けて竹島は歴史的にも国際法上も日本領土であり、韓国の占拠は不法なものだというキャンペーンを官民が協力して展開すべきだろう。国際司法裁判所への提訴も65年の交換公文に基づく形で堂々と行うべきだし、領土問題を専門に担当する政府組織も早急に立ち上げるべきである。

 

 李大統領が慰安婦問題竹島上陸の理由に挙げている以上、歴史認識の問題でも、セックススレーブなどという事実無根の誹謗(ひぼう)に対しては、国際的に反対の論陣を張っていくことが肝要で、そのための専門部署も新設すべきだ。

 

 第二に、これまで竹島問題と経済問題は一切リンクさせてこなかったが、今後も韓国側が認識の一致を求めて暴挙を続けるなら、経済のレベルでも例えば、スワップ枠の供与などに際して一定の検討をすることも必要かもしれない。慎重にしかし韓国側に分かるような形でそれを進めるべきだ。

 

 第三が、安全保障のレベルである。北朝鮮中国という日本にとっても最大の脅威に対して、韓国が韓米同盟の枠の中で対抗しているうちは、竹島問題を安全保障に絡ませてはなるまい。沖縄の米海兵隊が有事に朝鮮半島で戦闘に入れるように、これまでと同様に、日米同盟を維持し強化していくべきだろう。ただし、万々が一、韓国で従北勢力が政権を取って韓米同盟が解消されるような事態になって、竹島に北朝鮮のレーダー基地ができでもしたら、それを阻止するために、自衛隊の活用も考えるべき課題となってこよう。(にしおか つとむ)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/584418/

 

<引用終り>

 

 

 

第一の認識の問題、日本では報道されていないがシンシアリー氏のブログによれば「韓国側の報道によると)、日本政府は韓国国際司法裁判所(ICJ)への提訴を拒否した場合、1965年の日韓請求権協定との交換覚書に基づく「調整手続」を踏むことにしたとのことです。

 

こんな報道があるようだ。この話は西岡教授が指摘しているとおりである。

いよいよ1965年以来の懸案にカタをつける時が来たという事だ。

 

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11330653576.html

 

 

 

もう一つ、従軍慰安婦問題だ。

日本ではこれが捏造だという事は分かっているが、問題は捏造の張本人・・・「朝日新聞」がそれを捏造と認めていない事である。

事ここに至っては政府が調査委員会でも作って事実関係を明らかにし、捏造した真犯人には「外患誘致罪」を適用する位の事をすべきだろう。

外患誘致罪で強制廃刊にするくらいの事をすべき、朝日新聞の犯した罪はそれほど重いのである。

 

尚朝日新聞の罪については以下に詳しい。

 

朝日新聞が日韓関係を破壊した

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35903

(注:私は池田信夫は胡散臭く好きではない、しかしこれは正論である。)

 

また西岡教授のこの記事にも詳しい

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1344990759/ 

 

 

 

 

更に西岡教授は取り上げていないが李明博の「天皇陛下は謝罪すべき」発言。

これは日本人全部に対する侮辱である。

しかも実際に喋ったのは以下の様だったようだ。

 

「(天皇陛下は)韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方に真の謝罪をするべきだ」

 しかし、この報道は、発言が余りに下品なので穏当な表現に脚色されたものだと言う。

 

李明博大統領の本当の表現は

「日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、

重罪人に相応しく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。

重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話しだ、

そんな馬鹿な話しは通用しない、それなら入国は許さないぞ」と、言ったのだという。

http://change-wecan.iza.ne.jp/blog/entry/2801058/

 

この話はyuyuuさんも取り上げていた。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2797803/

 

 

しかし余りにも無茶苦茶な話、私はすぐには信じらなかった。

しかし事実であった。

一国の大統領が他の国の元首を重罪人呼ばわり、しかも下朝鮮としては色々恩のある隣国日本に対してだ。

一年前にも700億ドルもの通貨スワップを懇願したその本人の発言だ。

狂人大統領としか言いようがない。

 

 

戦後67年、今年こそ東京裁判史観からの決別の年とすべきであろう。

下朝鮮のバカ大統領が丁度いい機会を作ってくれた。

そう思います。

 

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-04-14 20:37

北のミサイル発射失敗、米専門家が直前に予想

  今回の北朝鮮によるミサイル発射失敗について、アメリカの専門家が興味深いことを言っており、それが今日の読売新聞に掲載されている。

 

これは大変参考になる意見、どんなことを言っているかというと、

 

 
<以下引用>
 
北のミサイル発射失敗、米専門家が直前に予想
2012年04月14日 
 
 【ワシントン=山田哲朗】
  米NBCテレビ取材班に同行して北朝鮮を訪問中の米専門家ジェームズ・オバーグ氏は12日(米東部時間)、同テレビのウェブサイトで、北朝鮮のミサイル発射失敗に関して、「発射前から、失敗が最も可能性の高い選択肢だった」と述べ、失敗は当然だったとの見方を示した。

 オバーグ氏は訪朝当初は、成功の可能性を「五分五分」としていた。しかし、かたくなな北朝鮮当局者とのやりとりを通じて、安全文化の欠如を痛感し、12日(同)の発射直前には成功の可能性が「五分五分よりずっと少ない」と述べ、失敗を予想していた。

 オバーグ氏は悲観的な見方に傾いた理由として、発射を政治的イベントとして推し進める「熱狂」を挙げ、「(16日までに発射しなくてはならないという)日程上のプレッシャーが致命的な誤りを招くのは、法則であり、これは宇宙専門家にとってあまりに有名だ」と指摘した。さらに「作業員からの異論や疑問を受け入れる能力は非常に低い」と、現場の慎重論を黙殺して発射を強行する空気を問題視していた。
 
(注:以下の文章は下記リンク先には無いが、原文(4月14日付け読売新聞)にはあるので追記する)
 
オバーグ氏は、過去の失敗を「成功」と言い張る北朝鮮当局の姿勢についても、「ロケット科学者は、失敗を認めないことが次の惨事への第一歩ということを知っている」と皮肉った。
 

(2012年4月13日19時52分 読売新聞)

 

http://blog.goo.ne.jp/odisan-yg1/e/6528f4637630b6b498aafce90c80dc19

 

<引用終り>

 

日程上のプレッシャーが致命的な誤りを招く、

これは色んな場面で直面する話だ。

また

現場の慎重論を黙殺して発射を強行する空気

これも良くある話である。

 

 

私はこのジェームズ・オバーグ氏なる人物がどんな人か全く知らない。

 

しかしこの人の発言はアメリカが永年この様な巨大プロジェクトを推進してきて、数々の失敗をしてきた。

その事の反省から掴んだ問題の奥底に潜む真の原因、

これを端的に言い表している。

 

もって他山の石とすべき話では無いだろうか。

 

特に

失敗を認めないことが次の惨事への第一歩、

これは空き缶、枝野、そして野豚さんにも良く味わってもらいたいモノだ。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-11-11 11:51

慰安婦問題<魏志倭人伝を見れば分かる

 韓国ソウル市長選挙が行なわれ、親北・左翼の朴元淳氏が新ソウル市長になった。

そして早速こんなことを言い始めている。

 

だが日本と韓国との違いは別に今始まった事ではない。

何と魏志倭人伝の頃から問題の根が有ったようだ。

 

 

 

魏志倭人伝の話の前に、朴元淳新ソウル市長の言っていること。

 

<以下引用>

 

朴元淳・新ソウル市長が会見 慰安婦問題「過去清算しなければ将来の足かせに


2011/11/09 20:35更新
  【ソウル=加藤達也】先月26日の選挙で左派・革新系の野党統一候補として当選した朴(パク)元淳(ウォンスン)ソウル市長は9日、ソウル外信記者クラブで記者会見し、「従軍慰安婦」を支援する団体が在韓日本大使館前に記念碑建立を計画している問題について「過去を完全に清算しなければ将来も足かせになる」と発言。

日本政府は元慰安婦の女性に補償すべきだとの考えを示した。

 

・・・以下略、詳細は下記参照・・・

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/534550/

 

<引用終り>

 

 

 

不愉快な記事である。

しかしこんな馬鹿がソウル市長になったので、

これからも事有る毎に揉めるだろう。

 

しかしこの新市長(56年3月生)、現在55歳だそうだが、この問題は1965年12月には条約発効し、完全かつ最終的に解決済み

つまりコイツが子供の頃に解決済みの話を未だグダグダ言っているわけだ。

 

 

 

 

こんな話は笑韓流家元ご隠居さんの得意分野なのだが、ちょっと視点を変えて歴史的に見てみたい。

 

見るのは魏志倭人伝である。

(魏志倭人伝・・・正確には三国志・魏書・東夷伝・倭人条である。3世紀末頃成立)

 

魏志倭人伝には邪馬台国、卑弥呼が出てくるのだがそれが何処なのか。江戸時代から論争が続いているが、未だに結論は出ていない。これはちょっと置いといて・・

 

魏志倭人伝で私が取り上げるのは以下の部分、こんな文言で有る。

 

 

 


その俗、国の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし。

 

・・・誰ですか、二、三婦 、いいなあ、オラもなどと言ってるのは・・・ (爆)

 

さてこの話、日本では単に「へ~、そうなんだ・・」としか解釈されていない。

しかし此処は原文の解釈を中国人研究者に聞いてみたい。

 

こんな本が有る。

 

ここでこの問題の解説を見るとこうなる。

 

この魏志倭人伝は中国人の見た、書いた物である。

だから淫だとか、淫で無いとかも当時の中国人の見方、倫理観を見ないと分からない。

 

そして「淫せず」と言うことは、何処かの国では「淫なり」が有るはずだ。

そこで同三国志・魏書・東夷伝の他の部分を見ると、

朝鮮半島の高句麗を記述したとき、「其俗淫」と記述している。

 

人類は原始時代雑婚の時代を経験した。しかし中国では其の当時既に「配偶婚」の時代であった。

だから配偶婚が当たり前の中国人にとって、同じ配偶婚の倭人は「淫せず」。

しかし雑婚の高句麗人社会は「其俗淫」となる

このように解説している。

また問題提起として、この当時の「淫」が今の人が理解する「淫」と同じかどうかとも言っている。

 

 

つまり当時の高句麗は雑婚の社会だったわけだ。

これは5世紀の高句麗の範囲

(現在のソウルより少し南辺りから北、朝鮮半島全部と中国東北部の一部が高句麗の版図)

 

 

雑婚と言っても今の社会では有り得ない話で良く分からない。

恐らくこの筆者は婦人が複数のパートナーを持ち、母系社会を形成していることを指しているのではないかと思う。

いずれにしても配偶婚の社会の人間には高句麗の婦人は「淫」に見えるということなのだ。

 

 

話が長くなった。

半島人は3世紀頃はこんな倫理観で生きていたわけである。 

そして現代でも大量の売春婦の輸出国。

アメリカなどでも困っている。

日本でも今や大都市の歓楽街はコリアンタウン化しているのはご存知のとおり。

 

半島の売春問題は魏志倭人伝(正確には三国志・魏書・東夷伝)以来の伝統である。

こんな長い伝統、大いに誇っていいだろう。

 

ソウルのおかしな市長が騒いでいるが、こんな連中に騙されてはいけない。

気をつけようね、河野洋平さんよ。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2011-09-27 23:07

韓国企業が手がけるプロジェクト

 もう10年近く前だろうか、当時タイで仕事をしていたのだが、通勤の途中に不思議なホテルが出来た。

リゾートホテルとゴルフの練習場がくっついた施設。

但しロケーションはと言えば不便極まりない所、市街地中心部からは15キロほどの周りは畑と林、そんな所である。

勿論近くにゴルフ場があるわけではない。

周りにあるのはただただ畑と林、そして荒地だけである。

一度どんな所か覗いてみようかと思っているうちに潰れてしまった。

 

 

すっかり忘れていたのだが2年ほど前、偶然近くを通りかかった事がある。

廃墟だった。

ジャングルの中の古代遺跡、そんな感じだった。

運転手君にコレは何だと聞いてみると「KOREAの作ったホテル」だという。

 

勿論運転手君が詳しい事を知っているわけではないが、町の噂ではある日突然経営者がいなくなった、タイ人従業員は給料も払ってもらえなかったらしい。

そんな話だった。

夜逃げしたと言った所。

 

 

 

今回この話を思い出したのは、カンボジアで今韓国がらみのプロジェクトが軒並み立ち往生、それが腐敗の温床だったことが分かってきたからである。

 

一つの例としてCamko cityプロジェクトの場合。

(Camko=カンボジアのCamとコリアのkoでCamko)

 

これはCamko Cityといって、プノンペン郊外に第二副都心として建設中のもの。

総面積132万㎡、凄い物だ。

今年2月に営業停止処分を受けた釜山貯蓄銀行が進めていたプロジェクトである。

 

 

勿論現在は工事中断している。

 

そこで私が注目しているのは現在カンボジアで問題になっていること。

それはこの工事で「銀行が出した金は(円に換算して)320億円、しかし実際に使われた金は100億円、差額の220億円は行方不明」なのだそうだ。

 

 

実は私は最初にあげた例のように新規プロジェクトに失敗、倒産してしまったプロジェクトでは当然多額の損失で、経営者は責任を追及されると思っていた。

しかし今回のケースを聞いて考えが変った。

会社は損失を出したであろう、だが経営者は多額の金を掴んで何処かにトンズラ、涼しい顔の筈だということだ。

 

1割や2割の金をくすねるのなら納得できるかも???。

(そんなことを納得していいのか?)

 

しかし7割ネコババである。

コレは最初からネコババするつもりでなければ出来る物ではない。

 

だからカンボジアでは工事代金の未払い、給料の未払い等で大騒ぎしている。

 

 

日本では今韓国企業が元気だとか、韓流ドラマだのK-POPだのとマスゴミが騒いでいる。

 

しかし韓流の真実はこんなもの。

元気な韓国企業とは7割ネコババする企業のことだった。

私の見た韓流の実態と言うことで紹介する次第。

 

こんな事をマスゴミが報道する日は何時来るだろうか。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2011-08-29 22:33

日本が大嫌いな国

 最近どうもおかしなニュースを耳にする。

日本大嫌いの国が日本を貶すために暗躍している話だ。

 

その一例にyuyuuさんがこんな話をエントリーしている。

 

やはり日本を植民地支配する計画らしい。

2011/08/29 09:36

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2421639

 

この中に韓国の進歩的新聞「ハンギョレ」の論説委員ハン・スンドンの書いた一文がある。

要点だけ紹介すると

 

<以下引用>

そうして両国が報復措置に出て、ついには韓国と日本が独島問題で断交して、戦雲まで漂う、そんな事態にまでいっそ進んだ方がいいだろう

(注:原文和訳のまま)

詳細は上記リンク先参照ください。

 

 

<引用終り>

 

酔っ払いが酒の席で適当に喋った事ではない。

韓国の一流紙(だったかな?)の論説委員が紙面に書いたことである。そして日本のライブドアのホームページに掲載されている事なのである。

 

日本と戦争しようぜ、こう言っているのだ。

 

 

 

 

話は変わって、こんなニュースもある。

 

露朝首脳 対日包囲網を画策か

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/525167/

 

<以下要点だけ引用>

 

 8月24日、ウランウデ(ロシア連邦ブリヤート共和国)で、露朝首脳会談が行われた。金正日氏がロシアを訪れたのは9年ぶりのことだ。今回の露朝首脳会談の隠れたテーマは、対日包囲網の形成だと筆者は見ている

・・・以下略、詳細は上記リンク先参照ください。

 

<引用終り>

 

 

日本人は皆平和ボケしているので、隣の国がこんな事を考えているとは想像も出来ない。

だが事実なのである。

 

他にも半島の国(南北とも)がらみの胡散臭い、或いはきな臭い話が色々ある。

 

残念なのは日本の新聞・テレビはすべて特亜諸国に乗っ取られている事

これはひとり蛆テレビだけではない。

犬アッチいKe放送とか、豚BSとか侮日とか・・・

 

一人一人が目を覚まして蛆虫つぶしをしないといけない事態である。

困った事ではある。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2010-07-29 08:56

民主党政権にとって何が大切なのか

毎年公表されている防衛白書の公表が先送りされている。

国の根幹にかかわる問題より、日本を仮想敵国としている隣国への配慮が優先するようだ。

然しコレは売国外交以外の何物でもない

これでは日本解体は最早時間の問題である。

 

 

 

<以下引用>

韓国に配慮」防衛白書を異例の公表先送り

 

 政府は27日、当初30日に予定していた平成22年版防衛白書の閣議了承を先送りすることを決めた。白書では、日本固有の領土でありながら韓国が不法占拠を続ける竹島について、「領土問題が未解決のまま存在」と明記しており、これに対する韓国側の反発に仙谷由人官房長官が配慮し、防衛省に先送りを指示した。日韓併合100年を迎える8月29日以降まで了承を控える。外交問題を理由にした了承先送りは異例で、防衛省内には「弱腰すぎる」との不満もくすぶっている。

・・・以下略・・・

詳細はコレを参照ください

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/421089/

 

<引用終り>

  

 

海外で生活していると、日本人に万一の事があったとき誰が助けてくれるのか疑問に思う事がしばしばある。

然し外国では自国民を守るのはその国の責任、

今月26日にもこんな報道があった。

仏人質殺害で報復 サルコジ大統領が宣言

コレが国家である。

 

 

所で日本では国益より日本を仮想敵国としている隣国の方が大事らしいが、日本の首相は朝鮮式のマナーを持った人物であることが分かった。 

 

菅直人の水の飲み方は朝鮮式だ

これは裏の桜さんのブログで紹介されていたモノ

水の飲み方に朝鮮式ってなあに???

私にとっても初耳の話なのだが・・・

 

国会の本会議場に入る

 

持ち物を置いて先ず水を

 

飲む

 

それから眼鏡をかけ演説を始める

 

なるほど初めて見る水の飲み方だ、然しコレが朝鮮式?

よく分からないので調べてみると、朝鮮大好きの朝日(チョウニチ)新聞にこんな記事があった。

 

<以下引用>

韓国式焼酎の飲み方

http://www.asahi.com/international/korea/TKY200707230477.html

 

 

2007年07月24日 

 

 グラスに入っている焼酎を一息で飲み干すと、上あごの辺りに力を込め「クワァー!」っと大きく息を吐いて見せた。「芸人の先輩に焼酎はこう飲むんだ、って教わったんですよ」と語るのは、吉本興業所属のお笑いコンビ「チング」の2人。韓国で暮らした経験を持つ彼らだけに、韓国焼酎の飲み方も板についている。

・・・中略・・・

  

 
写真目上の人に注ぐときは必ず両手で
写真目上の人の前では口元を隠して
 ・・・中略・・・

 

 国が変われば酒の飲み方も違う。「チング」の2人に、そんな韓国式の酒席マナーをいくつか実践してもらった。

・目上の人に酒を注ぐときは必ず両手で

 右手に焼酎のびんを持ち、左手は右の手首か、ひじのあたりに添える。男性の場合は胸に手のひらを当ててもよい。もともとは韓服のすそを抑えるしぐさだったが、現在は目上の人に敬意を払う意味を持つ。乾杯をするときや、目上の人から酒を注いでもらうときも、同じように左手を添える。

・目上の人の前で飲むときは口元を隠す

 儒教的な考え方では、目上の人の前では酒を飲んではいけない。目上の人にすすめられた場合は飲んでもかまわないが、その場合は横を向いて口元を隠し、飲んでいる姿を見せないように気を配る。

・・・以下略・・・

詳細はリンク先を参照ください。

 <引用終り> 

 

なるほどコレが朝鮮式飲み方、

然し韓国の人にとっては日本の首相が朝鮮式のマナーを身に付けていることは大変良い印象を受けるだろう。

 

コレを見れば韓国・朝鮮人にとって菅直人は同胞だ

 

だが日本にとっては大問題である。

日本の事より自分が身に付けたマナーの国朝鮮・韓国のほうが重要になるのは、菅直人にとっては当たり前ではないか。

拉致犯人で死刑囚のシンガンスの釈放嘆願したのも、菅直人のマナーを見れば、どちらが重要か分かろうというもの。

 

これでは近々村山・河野談話を上回るトンデモ談話が発表される可能性が高い。

「対韓謝罪談話」、こんな物を出されたらこれからも延々と韓国に補償だ賠償だがついて来る。

日本人はみんな考えるべきだ、これから国民一人一人の肩にどれだけのカネがのしかかってくるか・・・

ついでに言えば韓国だけではない、北朝鮮だって手薬煉引いて待っている。

 

日本人は早く目を覚ますべきだとこの映像を見て痛感した次第。

 

尚この映像、最初にあげた裏の桜さんのブログ以外に此処にも詳しい。

http://ttensan.exblog.jp/11382076/

 

此処には外にも民主党鈴木克昌も同じマナーだと映像が載っている。

まだまだ困難な道が続く・・・

 

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(8)