2010-01-16 22:27

中国がタイへの投資加速

タイの投資奨励委員会の発表によると2009年のタイへの投資は日本が一番だが中国が急増している。

 

<以下newsclipより引用>

対タイ投資申請 中国が激増、2位に

2010/1/14 (19:58)

【タイ】タイ投資委員会(BOI)が2009年に受理した外国直接投資の恩典申請は788件、投資予定総額3507・5億バーツ(約9800億円)で、金額ベースで前年を18%上回った。

 国・地域別では日本が226件、773・8億バーツ(前年比24%減)と最も多く、特に12月は45件、230億バーツの申請があった。

 2位は中国で、2008年の15億バーツから431・9億バーツに急増した。

 以下、米国346・3億バーツ、シンガポール342・6億バーツ、オランダ214・1億バーツ、ドイツ202・9億バーツ、台湾202・7億バーツ、香港138・2億バーツ、スイス132・6億バーツ、韓国82・6億バーツ、インド46・6億バーツ、オーストラリア44・6億バーツ。

 <引用終り>

 

中国が資源確保の為対外投資をしているのはよく知られている。

しかしタイへの投資は中身がどうなっているか公表されていないので分からないが資源だけではないと思う。

中国の製造業が国内ではうまくいかないのでタイに出てきたのではないか?、今後の動向に注目したい。

 

もうひとつ日本からの投資が前年比でマイナスとはいえ、特に12月に急増している。

これも内容を確認しないと分からない、しかし12月だけで年間の30%もの駆け込み申請していることに驚きを感じる。

 

日本の企業もいよいよ海外への脱出を加速し始めたということだろうか?

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

昨年末、世話になったジェトロバンコクのコンサルタントさんにご挨拶してきました。
お話によれば、日本の中小企業は、地元で生産を止めてタイに生産拠点を丸ごと引っ越してくるようになったと言っていました。東京の大田区なんか、行政が手助けするような時代です。
そう言えば、昨年、株主の頼みで神奈川県の中小企業さんの工場訪問を受けて、現地進出の説明をしたこともありました。
日本は、設計開発・品質管理部門等を一部残し、製造はタイへ現地進出するパターンが増えているそうです。
自分が13年前、96年にISOの文書を書くためにタイに来た時は、こんなことは想像もできませんでした。本当に、今驚いています。
そして、今思うのですが、直接投資の仕向け先は中国よりタイだと、日本の企業経営者も思い直しているのかもしれません。
また、中国の投資に関連して、家電メーカーのハイアールが12年までに年産百万台のエアコン生産能力を持つ工場の増強を実施すると、つい最近発表しました。同社は、かってのサンヨー工場を買収して生産に着手したのですが、中東・アフリカ向けの輸出拠点にすると説明しています。
中国も空洞化が既に始まったのです。
そのような生産拠点の引き受け先をタイが担っています。
なかなかにタイは成長してくれたと思います。
小生のブログは、下記のURLです。良かったらご訪問下さい。
http://gurigurimomonga.blogspot.com/2010/01/blog-post_15.html
  1. 2010-01-17 02:04
  2. URL
  3. ぐりぐりももんが #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To gurigurimomongaさん

貴重な情報有難うございます。
この情報、タイからの生の声として再掲させていただきたいと思います。
ご了承いただきたく。
それからgurigurimomongaさん のブログにも時々訪問させていただきますので今後ともよろしくお願いします。
  1. 2010-01-17 07:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する