2014-08-10 07:22

ポルポト派裁判

 カンボジアのポルポト派の大虐殺についての特別法廷の判決が言い渡された。
先ずはそれを報道する捏造で知られる朝日新聞の報道から。

<以下引用>

朝日新聞デジタル>記事
旧ポル・ポト派最高幹部に終身刑 カンボジア特別法廷
プノンペン=佐々木学2014年8月7日12時40分

 犠牲者170万人とされるカンボジア旧ポル・ポト政権下の大虐殺を裁く特別法廷は7日、強制移住や処刑などの「人道に対する罪」に問われた旧政権序列2位のヌオン・チア被告(88)と5位のキュー・サムファン被告(83)に最高刑の終身刑を言い渡した。

 両被告は「国民を虐げる理由がない」「身に覚えがない」などと容疑を否認していたが、裁判長は両被告とも「政策決定に参加する立場にあり、犯罪に重大に関わった」と結論づけた。1998年にポル・ポト元首相が死去し、元人民代表議会議長のチア被告が存命する最高幹部。特別法廷に死刑はなく、最も重い終身刑が適用された。特別法廷は2審制で、両被告は控訴することができる。

 今回、罪に問われたのは、ポル・ポト派が政権を握った75年以降、極端な共産思想に基づいて150万~260万人の都市住民を農村へ強制移住させ、食糧難や強制労働、殺害などに追い込んだ行為や、多数の反対派兵士を処刑した行為。特別法廷はほぼすべてを有罪と認定した。
・・・以下は有料記事の為読めない・・・
http://www.asahi.com/articles/ASG86622QG86UHBI01R.html

<引用終り>

この判決の出た元ポルポト派最高幹部二人と言うのはこんな奴

ヌオン・チア
2014-8-9ヌオン・チア

キュー・サムファン
2014-8-9キュー・サムファン


所でこのポルポト派の大虐殺。170万人とも200万人・220万人と諸説あるが、当時のカンボジアの人口で見ると4人に一人を殺したと言う悲惨なもの。

だが捏造で知られる朝日新聞はここでも大誤報をやらかして、未だに反省の一言も無い。

それは1975年4月17日未明、プノンペン陥落。同日午後1時ポルポト軍から住民総退去命令が出される。
それがそのままあの大虐殺の始まりなのだが・・・
そのプノンペン陥落から二日後の報道がこんなモノ。

2014-8-9カンボジアの朝日新聞大誤報

住民総退去命令で町がもぬけの殻になった、そこで町の外であの悲劇が既に始まっていたのだが、それを報道したのがこの記事である。
アジア的優しさ・・・???、この記事も未だに訂正されていない。

この大誤報から3年8か月と20日に間に、170万人とも220万人ともいわれるカンボジア人が虐殺された。
虐殺対象者は学校の先生、役人、企業経営者、インテリ層などであった

知識層への強制労働もあったがカンボジア国民4人に一人を殺したのである。
それにしては朝日新聞、この大誤報にもかかわらず全く反省の色が無い。
朝日新聞のいう「アジア的優しさ」とは学校の先生、役人、企業経営者、インテリ層などを根絶やしにする事だったのだ。


所でこの特別法廷にはあと二人最高幹部が起訴されている。
イエン・サリ(ポルポト派NO.3)とその妻イエン・シリトである。

イエン・サリ
2014-8-9イエン・サリ
この人物は裁判の判決の出る前に昨年死去してしまった。

イエン・シリト
2014-8-9イエン・シリト

イエン・シリトは認知症の為裁判に耐えられない、こう言う事で2012年9月に釈放されている。
だがこのイエン・シリトはカンボジア王家と深い関係のある名門中の名門の出身。
2012年10月に死去した前国王シハヌークとは子どもの頃からの知り合いなのだと言う。
(私の推測だが、イエン・シリトの釈放にはシハヌーク前国王およびカンボジア政府の意向が有ると見ている)

だからポルポト派最高幹部4人の裁判は実質これで終了となった。


しかしこのポルポト派問題は現在にも続いている。
イエン・サリが政府軍に投降したのが1996年末、その時自派の軍隊も一緒に投稿投降したのだがその数5千名。
そのイエン・サリの軍隊はそのままカンボジア軍に編入されている。

1998年に最後に残ったポルポト派、キュー・サムファン率いる軍隊も同様の処遇であった。

そして重要な事、現在のカンボジアのフン・セン首相は若い頃ポルポト派の将校であった。
機を見るに敏なフン・センは1977年6月ポルポト派を離脱しているが、当然この大虐殺を指示する立場にあったわけだ。
こんな事でカンボジア政府内部には虐殺関係者、社会主義者、毛沢東主義者が未だにウヨウヨいる。これがカンボジアだ。


最後にこのポルポトの流れ、社会主義者・毛沢東主義者が現在もカンボジアを牛耳っている丁度いい事例がある。
つい二日ほど前の話だ。

<以下読売新聞より引用>

親中派、声明文言に抵抗…ASEAN内に亀裂
2014年08月09日 10時10分

 【ネピドー(ミャンマー)=向井ゆう子、池田慶太】東南アジア諸国連合(ASEAN)が8日開いた外相会議は、中国とフィリピン、ベトナムが対立を深める南シナ海問題を巡って各国の思惑が交錯し、共同声明の調整に難航した。

 中国の挑発行為の自制を求めることに中国寄りの加盟国が抵抗し、ASEAN内の亀裂が改めて浮き彫りになった。

 会議に先立ち、中国との対立が深刻なフィリピンが、南シナ海での挑発行為の「凍結」を声明に盛り込み、国際法に基づく領有権問題解決を進めていく行動計画案を提唱。米国と調整した上で、8月1日の外務省声明では、「凍結」案をASEAN外相会議などで提案すると明らかにしていた。

 だが、会議では「明らかに中国の意をくんだカンボジアがフィリピン案に激しく抵抗」(外交筋)し、「凍結」をよりあいまいな表現に変えるよう主張した。

 中立的とされるマレーシアなども、中国との対立をかえってあおる懸念があるとして、フィリピン案には慎重だったという。

 一方、中国は、ベトナムとの対立を招いたパラセル(西沙)諸島沖での石油掘削を、予定より1か月早い7月中旬に中止。今回のASEAN外相会議とASEAN地域フォーラム(ARF)の日程をにらんで、事態の沈静化を図ったものとみられていた。5月のASEANの外相会議と首脳会議では、掘削問題を念頭に「深刻な懸念」の文言が共同声明に盛り込まれた。
2014年08月09日 10時10分

http://www.yomiuri.co.jp/world/20140809-OYT1T50003.html

<引用終り>

アセアン10か国は決して一枚岩ではない。そんな事を思い出させるのだが、日本はこのカンボジア特別法廷に多額の金を出している。
ドレ位か
この特別法廷、国際スタッフとカンボジア人スタッフで構成されており、協定上諸外国から選ばれた判事・検察官・職員・弁護士等の給与など費用は国連が、カンボジア側の判事・職員などの費用はカンボジアが負担することになっている。
その国連負担分は日本が49%、オーストラリア12%、アメリカ9%、ドイツとフランス各6%となっている。
更にカンボジア負担分も実際にカンボジアが拠出するのは18%、あとは日本38%、以下そのほかの諸国となっている。

日本は断トツ・ぶっちぎりの1位、そしてアメリカの少なさがひときわ目につく。
つまりアメリカやフランスはポルポトの大虐殺問題は触れてほしくないのである。

本当に世の中奇々怪々、しかしこんな話、本当はキチンと日本人には知らせてほしい、それがマスコミの仕事ではないだろうか。

  1. カンボジア
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

易姓革命

戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。

漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。

漢帝国が成立すると、功績のある韓信を誅殺し、その際韓信が「狡兎死して走狗煮らる」と言った話は有名です。

征服の正当化「易姓革命」
http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html
  1. 2014-08-10 10:48
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。

漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。

漢帝国が成立すると、功績のある韓信を誅殺し、その際韓信が「狡兎死して走狗煮らる」と言った話は有名です。

征服の正当化「易姓革命」
http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html
  1. 2014-08-10 10:50
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。

漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。
  1. 2014-08-10 10:57
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

征服の正当化「易姓革命」
http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html

毛沢東がやったこともポルポトがやったことも結局これです。
  1. 2014-08-10 10:59
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigenさん

> 征服の正当化「易姓革命」
> http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html
>
> 毛沢東がやったこともポルポトがやったことも結局これです。


何時も興味深い情報ありがとうございます。
「易姓革命」、確かにその通りですね。
これは何時か取り上げたいテーマなのですが、日本とシナ・チョーセン、そして欧米とは「戦争」という言葉の定義が違うんだと思っています。
日本の戦争は支配者同士が支配権を争うモノ、だから一般の市民などはのんびり見物できた。
応仁の乱の京の町人たちがそのいい例でしたね。
それに対しシナ・チョーセン、そしてヨーロッパ諸国の戦争は相手国の市民農民を全部捕まえて奴隷にする、勿論財産・食料の強奪も含みますが、そんな事が目的。
だから町の周りの城壁を巡らせた、そう思っています。
  1. 2014-08-10 21:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

カンボジアの法制度は

実は日本の全面支援で整備されています。
小生の知り合いにも彼の国に行って民法典の整備にあたった連中がいます。
何でも彼女は民法典の整備にあたったといいますが法制度の整備を理想的な形でやれたのは本当にいい経験だったと言ってましたが、果たしてどうでしょうか。
やるだけ無駄に成りかねないような気がします。

あの国はというよりも以前問題になったラオスなども含めてですが、国家のシフォウ者がまともなことを全然夜来あのがほんとうに気にかかります王族が支那に支援を求めるなどということをやるのだからバカ以外の何物でもありません。

一応同じ社会主義者のはずのベトナム人が一番清々しい気がするのは歴史の皮肉でしょうか。
  1. 2014-08-10 22:46
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: カンボジアの法制度は

> 実は日本の全面支援で整備されています。
> 小生の知り合いにも彼の国に行って民法典の整備にあたった連中がいます。
> 何でも彼女は民法典の整備にあたったといいますが法制度の整備を理想的な形でやれたのは本当にいい経験だったと言ってましたが、果たしてどうでしょうか。
> やるだけ無駄に成りかねないような気がします。
>
> あの国はというよりも以前問題になったラオスなども含めてですが、国家のシフォウ者がまともなことを全然夜来あのがほんとうに気にかかります王族が支那に支援を求めるなどということをやるのだからバカ以外の何物でもありません。
>
> 一応同じ社会主義者のはずのベトナム人が一番清々しい気がするのは歴史の皮肉でしょうか。


面白い経験をお持ちの知り合いの方が見えますね。貴重な経験を聞ける、すばらしい事です。

所でアセアンで問題の3国、もうお気付きと思いますがその3国は旧フランス植民地です。
そして特のラオス・カンボジアは指導者がすべてフランス留学組だった。
ポルポトなどは最初の夫人(イエン・シリトの姉)と結婚したのは、わざわざフランス革命の日を選んだそうです。

私はアセアンの問題を解くカギはフランスにある、特にフランス革命とその前のルソーの思想にあると思っています。
こんな所を私の考えを書きたいのですが何せ時間が無い(ホントはチエが無い)、困った事です。

  1. 2014-08-11 07:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 易姓革命

> 戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。
>
> 漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。
>
> 漢帝国が成立すると、功績のある韓信を誅殺し、その際韓信が「狡兎死して走狗煮らる」と言った話は有名です。
>
> 征服の正当化「易姓革命」
> ttp://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html


To:taigen さん
このコメントが迷惑コメントフォルダーに入っているのに気が付きませんでした。失礼しました。
遅ればせながら承認いたしました。
宜しくお願いします。

>イデオロギーの違いだけで自国民を殺戮
この件は同感です。
シナの何千年も続く伝統ですね。
そして現在もそれが始まっていると思います。
  1. 2014-08-13 09:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。
>
> 漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。
>
> 漢帝国が成立すると、功績のある韓信を誅殺し、その際韓信が「狡兎死して走狗煮らる」と言った話は有名です。
>
> 征服の正当化「易姓革命」
> http://www.geibundo.com/mizuhonokuni/mi20110123.html


このコメントも迷惑フォルダーに入っていました。
遅ればせながら承認させていただきました。
  1. 2014-08-13 09:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 戦争行為によって敵国人を殺すのではなくイデオロギーの違いだけで自国民を殺戮したわけですから、肯定できる部分が有りません。
>
> 漢民族は漢帝国の創始者である劉邦からして、出発点が山賊の親玉でしたからね。


厄介なのですが此れも迷惑フォルダーに入っていました。
遅ればせながら承認しました。
尚この返信コメントを投稿すると(他のモノも同じですが)私が投稿したものでも迷惑フォルダーに入ってしまいます。
いちいち承認しないといけない、面倒ですね。
  1. 2014-08-13 09:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する