2014-07-20 17:39

地方議員の不祥事

 今日朝から地域の仲間とコーヒー会、当地方は喫茶店のモーニングサービスが売りでこんなモノ。

2014-7-20コメダのモーニング


所で今朝の話題は何と言っても最近の地方議会の不祥事である。

記者会見で号泣しただの、とんでもないズベ公都議だのと色々だが、不祥事もさることながらそんな奴に投票した有権者にも問題が無いだろうか。
そんな事を話したのだが、ネットで見ると酷い地方議員のワースト・ファイブが載っていた。
こんなモノだった。

<地方議員のワースト・ファイブ>

先日、兵庫県議会の野々村竜太郎元議員が政務活動費を不正に支出していた問題で、残念すぎる釈明会見が話題となったが、地方議会議員による不祥事はあとを絶たない。

1.青森県平川市議では定数20人のうち15人が逮捕される

青森県平川市の市議会では、定数20人のうち15人が逮捕されるという驚愕の事態が発生している。

青森県警によると、今年1月に行われた青森県平川市長選をめぐり不正な現金の受け渡しがあったという。これまで市議9人が逮捕されていたが、7月16日に新たに6人が逮捕され、残りは5人に。

本会議を行うには定数の半数以上が必要だが、現在は本会議が行えない異常事態となっている。

2.東京都中野区元議員、ツイッターで市民に「死ね」

Twitterが炎上して辞職届を提出したのは東京都中野区元議員の金子洋(ひろみ)氏(52)。

金子氏は今月6日に集団的自衛権をめぐってツイッターユーザーと議論になり、「おまえこそ人間の屑だ。死ね!何も罪のない民間人を殺す前に、おまえが死ね!」などと投稿し、炎上。その後、14日に辞職願を提出、受理された。

金子氏はこれについて「ニートやひきこもりを差別する相手の発言に憤り、われを忘れてしまった」、「死ねという言葉は、議員としても人間としても発言してはいけなかった」と謝罪している。

3.神奈川県元議員、脱法ハーブで逮捕

神奈川県では横山幸一元議員(41)が、6月下旬に横浜市内のホテル(に女を連れ込ん)で脱法ハーブを吸って暴れ、逮捕された。横山容疑者は6月30日に一身上の都合として辞職届を提出し、受理された。

4.愛知県新城市議、新婚夫婦に「穴あきゴム配布」発言

愛知県新城(しんしろ)市議の本会議では、長田共永市議が新婚カップルに「穴の開いたコンドームを配っては」と不適切な発言をしたことがわかった。

議会のお題は来年の合併10周年イベントについてで、長田氏はさらに「子どもを産んだ人には特産のジネンジョで、もういっちょだとか、市民がニヤッとしていただけるようなPR方法もある」とも発言したという。

夏目勝吾議長は口頭で厳重注意し、発言を議事録から削除したが、市民からは「不愉快だ」などと抗議が寄せられている。

5.奈良県葛城市議、女子高生とのわいせつ画像を販売、逮捕

史上最年少当選を果たし、期待の星だった奈良県元葛城市議の吉武昭博容疑者(27)は、偽名で女子高生をナンパ。自宅に連れ込みわいせつ行為を行った際、その様子を撮影して動画サイトで販売していたという。

5月に県青少年育成条例違反容疑で逮捕。6月には児童買春・児童ポルノ禁止法違反で再逮捕された。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140718-00000016-irorio


個々の具体的事例は名前等で検索してみてください。あいた口がふさがりません。
No.3とかNo.5の奴など単なるスケベでは済まないですね。

しかし今朝は「酷い話だが、俺たちの地域でもないと言えるだろうか? 相当ひどい奴を市議会に送り出したりしているんだが・・・」、こんな話に誰も反論できない。
地方議員選びは単なる人気投票、地元の利益優先なので、不祥事の原因など幾らでもあるのだ。

難しい話である。
  1. 政治
  2. TB(1)
  3. CM(12)

コメント

政治家は誰もがやれるという勘違い

こんにちは。

極論に成りますが、政治家は誰もがやれる、やっても同じ、という勘違いが多いのではないでしょうか?

しかも的確な情報を提供する役目であると信じられて来たマスゴミが、訳の分からない「ナンタラの風が吹いた」という宣伝を積極的に行って、政治は誰がもがやれる、誰がやっても同じと流布していますし、私がブログで何かと批判を続けている某国会議員なんぞ、その風に乗って議員になり、おかしな事ばかり行っていますけどね。
  1. 2014-07-20 18:03
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

民主主義(多数決)は衆愚選挙でもあるのは避けられない。そこに民意=神の意志?を見たい人もいるでしょうが。
裏の桜さんが仰るマスコミの害毒もある程度歳を経れば多少の考えも持てるかも知れません。

選挙権は30歳から与えてはどうかと思っています。国民が幼稚化すればやむを得ない。被選挙権は40歳以上でどうでしょうか。若いから清新というのは持ち上げすぎです。爺さん婆さんの老獪、韜晦も政治には捨てがたい。
  1. 2014-07-20 19:00
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 政治家は誰もがやれるという勘違い

> こんにちは。
>
> 極論に成りますが、政治家は誰もがやれる、やっても同じ、という勘違いが多いのではないでしょうか?
>
> しかも的確な情報を提供する役目であると信じられて来たマスゴミが、訳の分からない「ナンタラの風が吹いた」という宣伝を積極的に行って、政治は誰がもがやれる、誰がやっても同じと流布していますし、私がブログで何かと批判を続けている某国会議員なんぞ、その風に乗って議員になり、おかしな事ばかり行っていますけどね。


正にご指摘の通り、私も全く同感です。
しかし、ではどうするか、どんな人に政治をして欲しいのか。
此れをハッキリさせねばなりません。
でも残念ながらその答えを言う人がいない、今朝も仲間とそんな話をしていました。。

私は政治家と言うのは基本的に武人・文武両道で無ければ勤まらないと思っています。
世の中みんなに良い事など有りません。誰かに良ければ誰かが泣く、これが世の中だと思っています。
それを何とかするには修羅場をくぐった武人が必要です。
日本は鎌倉時代から権威と権力を分離しました。
権威は天皇、貴族。権力は武士でした。
これでよかったと思います。
そんな所を次のエントリーで書いてみたいと思います。
  1. 2014-07-20 21:40
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:相模 さん

> 民主主義(多数決)は衆愚選挙でもあるのは避けられない。そこに民意=神の意志?を見たい人もいるでしょうが。
> 裏の桜さんが仰るマスコミの害毒もある程度歳を経れば多少の考えも持てるかも知れません。
>
> 選挙権は30歳から与えてはどうかと思っています。国民が幼稚化すればやむを得ない。被選挙権は40歳以上でどうでしょうか。若いから清新というのは持ち上げすぎです。爺さん婆さんの老獪、韜晦も政治には捨てがたい。


凄い意見を伺いました。確かに青二才が変な事を考えるから問題が起こるのは事実でしょう。
でも私はこう思っています。
先ず第一に選挙権は税金を払っている人だけが持てるモノ。生活保護を受けたら選挙権を失う、これで良いと思っています。
つまり国民としての当然の義務を果たした人だけが選挙と言う権利を持つ、こうすべきだと思っています。
その次、高齢者の選挙権は大事な事ですが見直しも必要。
その理由はもう先の長くない人には明日の事は考えられないからです。
私は先輩方で定年まであと僅かと言う人が全く働く意欲を失ったのを色々見てきました。
彼らは「短足さん。オイラはあと〇〇〇日で定年退職だ。何も無理して働かなくても良いんだ。まあ大過なく過ごせればいいんだ」、こんな人たちです。
勿論逆に最後の最後までしっかり働いた人も少なくない事も知っていますが、矢張り意欲を無くした人は後に続く若者にも弊害が大きい。そう思っています。
そんな所の舵取りが難しい、それが世の中なのですが一筋縄ではいきませんね。
  1. 2014-07-20 21:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

おはようございます。

マスコミは議員が不祥事を起こした場合、自分達の飯の種(号泣議員)になるか自分達の敵対主(ヤジ議員)であればこれでもかと叩きますが、それ以外はほとんど取り上げません。
選挙報道も中立を装いつつ結構ねじ曲がっています。
選管発行の立候補者広報は投票間際にしか来ませんし、議員の活動実績などは本人や所属政党のサイト、支持者への広報程度しかありません。当然いいことしか書いてありません。
昔からそんなものですが、これを根拠に投票しろと言うのはやはり無理なものです。
有権者が馬鹿だから馬鹿な議員が受かるのだというのは真理ですが、有権者をだまくらかして受かろうとする候補をいかにして見つけ出すかが肝要ではないかと思います。
なんだか「オレオレ詐欺に炊きされないための心得」のような感じですが。
  1. 2014-07-21 09:04
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

民主主義?はめんどくさい?

「愚民文明の暴走」・呉智英×適菜収(講談社)を読んでいて面白いと思ったのは、呉が「普通選挙を止めて選挙権を免許制にした方がいい」と発言していることでした。
それに応じて適菜が「国民主権はフィクションで実際にはプロや職人が判断を下している」と応じ、戦後の学校で習った民主主義を否定している。

詩人の谷川 俊太郎が何かのエッセーで述べていましたが、自分を含めて今の人が幼稚化した理由は何かと考えたら、昔の人が常識として身につけていた漢学の素養がなくなったからだと書いていたように記憶します。

確かに江戸の昔でも、子供は寺子屋で論語を読んでいた。私も高校で習った漢文は殆ど読めません。しかし読めた文章の爽快感は、背骨を矯正された「正常」な気分になります。女々しさがない。さりとて猛々しさもない。勇気を鼓舞し、卑怯を憎む気持ちさえ湧きます。そして詩的な穏やかな精神が保たれる。

詰らない議員の登場は、議員の資質とそれを大衆芸能を見る目で選ぶ選挙民との合作でしょう。つまり「素養」のない者同士が作った芝居です。

問題はどうすればマトモな選挙ができるかです。残念ながら漢文を読めても歪んだ政治意識を持つ人はいるでしょう。

有権者を税金で区切る、年齢で区切る、〇〇で区切る等の意見は言えますが、まずはマトモな人が立ってほしい。でもマトモな人の人づくりはどうすれば良いのか?

「一人のソクラテスより二人の泥棒の意見を採用するのが多数決」と断じる上掲の書物にも答えがありません。
  1. 2014-07-21 10:55
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

To:koguma さん

> おはようございます。
>
> マスコミは議員が不祥事を起こした場合、自分達の飯の種(号泣議員)になるか自分達の敵対主(ヤジ議員)であればこれでもかと叩きますが、それ以外はほとんど取り上げません。
> 選挙報道も中立を装いつつ結構ねじ曲がっています。
> 選管発行の立候補者広報は投票間際にしか来ませんし、議員の活動実績などは本人や所属政党のサイト、支持者への広報程度しかありません。当然いいことしか書いてありません。
> 昔からそんなものですが、これを根拠に投票しろと言うのはやはり無理なものです。
> 有権者が馬鹿だから馬鹿な議員が受かるのだというのは真理ですが、有権者をだまくらかして受かろうとする候補をいかにして見つけ出すかが肝要ではないかと思います。
> なんだか「オレオレ詐欺に炊きされないための心得」のような感じですが。


上手い!、良い話を聞きました。
「オレオレ詐欺に騙されない心得」、これです。これが一般市民に必要なんです。
詐欺師は上手い事を言って同情心を煽る、此処が一番弱い所なんですね。

昨日の仲間との話でも、「親しくしている人の息子が市議会議員に出ている。でもあいつに任せてこの町の将来はもっと良い街になるだろうか?」
こんな疑問が消えません。
難しいですが、一人一人がもっと真剣に悩み考えないといけないですね。
そうして一般市民のレベルを上げていかないと未来が無い、そうでは無いでしょうか。
  1. 2014-07-21 19:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 民主主義?はめんどくさい?

> 「愚民文明の暴走」・呉智英×適菜収(講談社)を読んでいて面白いと思ったのは、呉が「普通選挙を止めて選挙権を免許制にした方がいい」と発言していることでした。
> それに応じて適菜が「国民主権はフィクションで実際にはプロや職人が判断を下している」と応じ、戦後の学校で習った民主主義を否定している。
>
> 詩人の谷川 俊太郎が何かのエッセーで述べていましたが、自分を含めて今の人が幼稚化した理由は何かと考えたら、昔の人が常識として身につけていた漢学の素養がなくなったからだと書いていたように記憶します。
>
> 確かに江戸の昔でも、子供は寺子屋で論語を読んでいた。私も高校で習った漢文は殆ど読めません。しかし読めた文章の爽快感は、背骨を矯正された「正常」な気分になります。女々しさがない。さりとて猛々しさもない。勇気を鼓舞し、卑怯を憎む気持ちさえ湧きます。そして詩的な穏やかな精神が保たれる。
>
> 詰らない議員の登場は、議員の資質とそれを大衆芸能を見る目で選ぶ選挙民との合作でしょう。つまり「素養」のない者同士が作った芝居です。
>
> 問題はどうすればマトモな選挙ができるかです。残念ながら漢文を読めても歪んだ政治意識を持つ人はいるでしょう。
>
> 有権者を税金で区切る、年齢で区切る、〇〇で区切る等の意見は言えますが、まずはマトモな人が立ってほしい。でもマトモな人の人づくりはどうすれば良いのか?
>
> 「一人のソクラテスより二人の泥棒の意見を採用するのが多数決」と断じる上掲の書物にも答えがありません。


なるほど、面白い話ですね。
私も「一人のソクラテスより二人の泥棒の意見を採用するのが多数決」と言う例えは同感です。
がしかし、それでは世の中成り立ちませんね。
理由は二人のドロボーは何時までも仲良くドロボーが出来る訳ではない、必ず仲間内で喧嘩が始まる。
そんな矛盾を持った議論なんですね。

こんな議論が出てくる理由はこの人たちが文人ではないかと思うんです。
つまり自分の事だけいやってきて、人を統治する、或いは将来の為に設備投資をして働く。
こんな経験を持っていないためだと思うのです。
つまり実践経験が無い、これでしょうね。

私は世の中を統治する人は武人で無いといけないと思っています。
小さな部隊であれ、大きな会社であれ、そんなモノを統治・管理した経験のない人には政治は出来ない。
そう言う意味で今の政治家には統治能力が無い、これが一番の問題ですね。
  1. 2014-07-21 20:34
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

2つの視点

地方議会にまともな人間がいないというのはそれだけ皆の関心がないということなのですが、だからこそ関心を持ってもらいまともな候補者が得られるようなやり方を考えることが必要でしょう。

アメリカの一部の地方自治体やフランスなどでは一定数の住民の推薦を立候補の要件としています。これを敷衍し住民の推薦と一定の地位のある人の推薦を組み合わせた方法を考えることが必要だと思います。これは任期中に不業績を犯した場合は推薦人にも一定の制裁を加えるとでもしておけばノットよいでしょう。そして議員の徹底した情報公開をすることです。これを行えばおそらく相当数の不適格者は排除できるでしょう。

選挙をする側の問題は本当に厄介ですが一番大きいのはまともに選挙権を行使しないことが最大の癌でしょう。小生が昔から考えてるのは多数投票制というものです。一人の持つ表をたとえば4票に設定します。ある選挙で選挙権を行使しなければ1票づつ減らします。そして最低必ず1票は与えるとでもしておくのです。一階休むごとに1票減らし行使すれば1票づつ増やすとでもするのです。

人は自分の権利が減るのは嫌がるものですからこれで必ず投票率は上がると思います。そうなれば行使の中身に関心がいくようになるはずです。そうなればしめたものです。関心が高まれば必ず候補者の要件に目がいきます。

こうやって関心を保つことが必要でしょう。この選挙制度は今回の選挙は面白そうだから行こう、などということを減らすのも目的です。こうなれば風が吹きません。まじめに社会のことを考える有権者が利得を得るシステムくぉつくることが重要だと思います。
  1. 2014-07-21 23:57
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポピュリズム
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3e/Nolan-chart.svg/220px-Nolan-chart.svg.png

民主主義は衆愚政治に陥る危険性が有ります。衆愚政治に陥るのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

大多数の人々が愚かでなくなればいいのです。その第一歩は多数派の意見に流されず、童話「裸の王様」で「王様は裸じゃないか」と叫ぶ少年のような存在が必要です。

追伸)愛知県で仕事をしていた時、コメダ珈琲のモーニングは楽しみにしていました。
  1. 2014-07-22 21:42
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: 2つの視点

> 地方議会にまともな人間がいないというのはそれだけ皆の関心がないということなのですが、だからこそ関心を持ってもらいまともな候補者が得られるようなやり方を考えることが必要でしょう。
>
> アメリカの一部の地方自治体やフランスなどでは一定数の住民の推薦を立候補の要件としています。これを敷衍し住民の推薦と一定の地位のある人の推薦を組み合わせた方法を考えることが必要だと思います。これは任期中に不業績を犯した場合は推薦人にも一定の制裁を加えるとでもしておけばノットよいでしょう。そして議員の徹底した情報公開をすることです。これを行えばおそらく相当数の不適格者は排除できるでしょう。
>
> 選挙をする側の問題は本当に厄介ですが一番大きいのはまともに選挙権を行使しないことが最大の癌でしょう。小生が昔から考えてるのは多数投票制というものです。一人の持つ表をたとえば4票に設定します。ある選挙で選挙権を行使しなければ1票づつ減らします。そして最低必ず1票は与えるとでもしておくのです。一階休むごとに1票減らし行使すれば1票づつ増やすとでもするのです。
>
> 人は自分の権利が減るのは嫌がるものですからこれで必ず投票率は上がると思います。そうなれば行使の中身に関心がいくようになるはずです。そうなればしめたものです。関心が高まれば必ず候補者の要件に目がいきます。
>
> こうやって関心を保つことが必要でしょう。この選挙制度は今回の選挙は面白そうだから行こう、などということを減らすのも目的です。こうなれば風が吹きません。まじめに社会のことを考える有権者が利得を得るシステムくぉつくることが重要だと思います。


面白いアイディアですね。とにかく何かを変えねばいけない事態だと思います。
しかし一般の会社で考えると、社長を従業員の人気投票で決めるなどという事は決してありえませんが、地方自治体は正にその有りえない事が行われているんだと思います。
橋下市長が公募制を採用した区長の惨憺たる結果を見ても分かるように、リーダー選びは難しい。
最後は国民・住民の民度を上げる以外ないのかもしれません。
道は遠いですが・・・
  1. 2014-07-23 17:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigenさん

> http://ja.wikipedia.org/wiki/ポピュリズム
> http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3e/Nolan-chart.svg/220px-Nolan-chart.svg.png
>
> 民主主義は衆愚政治に陥る危険性が有ります。衆愚政治に陥るのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?
>
> 大多数の人々が愚かでなくなればいいのです。その第一歩は多数派の意見に流されず、童話「裸の王様」で「王様は裸じゃないか」と叫ぶ少年のような存在が必要です。
>
> 追伸)愛知県で仕事をしていた時、コメダ珈琲のモーニングは楽しみにしていました。


コメダのコーヒーをご存知でしたか。他の地方の方は皆さんビックリしますね。
よくあんなものを出して採算が合うなあ、そう言われます。
まあ、おかげで私の街の小さな喫茶店は全部潰れましたけどね。

ご指摘の様に裸の王様を指摘する人が必要ですが、その人が指摘したため殺されたのでは何にもならない。そんな所が難しいですね。
  1. 2014-07-23 17:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/21 08:54)

中野区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014-07-21 08:54
  2. ケノーベル エージェント