2014-06-05 15:11

報道では分からないタイ

 タイのクーデターから2週間たった。この良く分からない政変騒ぎだが、一番わからないのはメディアの報道がおかしいからである。
例えばこんな報道

<以下WSJより引用>
タイ市民、映画まねた3本指サインでクーデターに抗議
By SHAWN LANGLOIS
2014 年 6 月 4 日 18:35 JST

 タイでの軍事クーデターに抗議する人々は、映画「ハンガー・ゲーム」で有名になった3本の指を立てるしぐさをまね、法に抵触していると報じられている。映画ではこの動作は全体主義に反対する抵抗のシンボルだった。
・・・中略、詳細は下記リンク先参照ください・・・
2014-6-5三本指の合図

2014-6-5タイの反クーデターデモ

 3本の指を突き上げるこのジェスチャーが、映画でも現実の場でも同じ様に大勢の人の共感を呼んでいることは明らかだ

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304210404579603631369253944?mod=WSJJP_hpp_RIGHTTopStoriesThird

<引用終り>

まあお笑いと思えばいいのかもしれないバカバカしい記事なのだが、タイのデモの写真を見てほしい。
これは多分高架鉄道の駅辺りの写真と思うが、3本指を出している手が8本見える。8人がこんなジェスチャーをしているかと言うとそうでは無い。中央の小柄な青シャツのネエチャンが両手を出している。その奥の同じく青シャツの兄ちゃんも両手だ。だからたった6人がこんな事をしている訳だ。
こんな事でタイで反クーデターデモで民衆が怒って抗議している、そんな記事に仕立て上げるのだからWSJの文才も大したものだ。実に素晴らしい(棒)。

所でそのタイなのだが今はこんな情勢になってきた。

<以下バンコク週報より引用>
消費者信頼感指数、クーデター後に上昇、過去14カ月で最高

04/06/2014(2014年6月4日)
タイ商工会議所大学のタナワット副学長によれば、5月の消費者信頼感指数が70・7に上昇し、過去14カ月で最高を記録した。この指数は同大学が独自調査に基づいて毎月発表しているもの。

信頼感の改善は、軍事クーデターで政治対立が沈静化して政治状況が安定したこと、軍部が経済の立て直しに積極的な姿勢をみせていることなどが大きな要因という。

http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=3982

更にこんな情報も
<これもバンコク週報から引用>

イベント開催大手、「クーデターで民間投資が拡大へ

02/06/2014
国内最大のイベント開催会社「インデックス・クリエイティブ・ビレッジ」首脳のクリアンカイ氏によれば、クーデターで全権を掌握した国家平和秩序評議会 (NCPO)が早速経済問題に取り組む姿勢をみせていることから、民間部門はNCPOへの信頼を強めており、投資を再開、拡大することが期待されるという。

昨年末から反政府派がデモを続け、同派の反対にもかかわらずインラック政権が総選挙の早期実施を主張し、政府支持派が対抗姿勢を強めるという出口が見えない状況が続いていたことから、企業の多くは新規投資を見送るなど静観の姿勢をみせ、景気も低迷していた。

だが、同氏は、「クーデターによって安定がもたらされ、対立が解消されつつある。企業は将来のプランを立てることができるようになった」としている。また、NCPOがコメ質入れ制度でコメ代金を受け 取れずにいた数十万人に及ぶ農民への代金支払いを再開したことが、庶民の購買力アップが期待されることから、多くの企業が販促キャンペーンの再開や新製品 導入を計画しているとのことだ
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=3968
<引用終り>

何でも民主主義が良かったのでは無かったか???、しかし現実は軍が乗り出してやっと政治が安定してきたのである。
それにしても
消費者信頼感指数、クーデター後に上昇
クーデターで民間投資が拡大へ

こんなにクーデターが良いんだったら、当分このままが良いんだろうね(笑)。

さてでは何故軍が乗り出して安定してきたか?
それにはこんな報道が有る。
<以下バンコク週報から>

ペチャブン県で大量の武器・弾薬を発見、デモ隊が使用か
04/06/2014(2014年6月4日)

バンコクの北約300キロのペチャブン県ムアン郡ナーグアで6月3日、乗り捨てられていたピックアップトラックから自動小銃などを含む大量の武器弾薬が発見された

警察は現在、トラック所有者の特定などを急いでいる。

また、ウドムデートNCPO事務局長によれば、クーデター後に国内の複数か所で大量の武器・弾薬が見つかっているが、プラユットNCPO議長が先に、これらの武器の中に政治対立絡みの事件で使われたものがないかを早急に調べるよう指示したとのことだ。
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=3981
<引用終り>

記事にもあるように他にも武器がアチコチで見つかっている。
主にタクシン派が反タクシンデモに対して使用しようとした武器である。
こんな武器を隠し持っているので、警察では簡単に手が出せないのだった。

更にもっと恐れ入った報道報道も

<これもバンコク週報から引用>
反政府派銃撃事件、警察が容疑者9人を逮捕へ

02/06/2014
過去数カ月間に反政府派・人民民主改革委員会(PDRC)の支持者が集まっているところにてき弾が撃ち込まれるなどして死傷者が出る事件が相次いだことについて、エーク警察庁副長官は6月1日、容疑者9人を逮捕する方針を明らかにした。

反政府派がデモを展開した昨年末から先の軍事クーデターまでの約6カ月間に銃撃や小型爆弾を用いた攻撃で28人ほどが死亡し、800人以上が重軽傷を負った。

死傷者のほとんどが反政府派の市民アドゥン警察庁長官(クーデターに伴い解任)のもとでは、容疑者を特定 することも逮捕することもできなかった

だが、クーデター後に国軍は国内の4か所ほどで政府支持派が備蓄していたとみられる武器や弾薬を発見したことなど から、捜査が進展し、容疑者を特定できたものという。

http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=3970

<引用終り>

そして最後は世の中の動きを一番よく表すもの、株価である。

2014-6-5タイの株価

これではいくら捏造大好きのメディア連中でも文句の言いようがない訳である。
暴れに暴れて死者が28人も出る、そりゃ爆弾を投げ込むんだから死ぬわけだ。おまけに警察のボスがその一味では犯人が捕まる訳が無い。
やっとこれでタイが正常化への道を歩み始めたという事である。

欧米のメディアのおかしな報道がこれからもあるだろうが、事実が証明し始めた。
タイにとっていい事だと思う。
  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

グローバカどもが何を考えてるかわかる図式ですね。

ウォールストリートジャーナルといえば基本投資家の情報誌だと思うのですがどうもまともな投資家とっは別の思惑で動いてるのですね。ウクライナではクーデター政権を支持しタイではクーデターに批判的というのではダブスタの批判は免れないでしょう。

国j内マスゴミどもは書きませんがクーデター反対勢力がシナの犬タクシンの手先であることは明白ですからグローバカどもはシナの連中を支持してるという理解でいいんでしょうね。これでシナ経済が破綻すれば、禿鷹どもが腐肉を食らいに来るのでありましょう。チンピラ(近平)もいい面の皮です。

まあもう逃げる準備は終わってるのでしょうからどうでもいいんでしょうが…
アカとグローバカが野合する、なかなかシュールな時代になったものです。
  1. 2014-06-05 21:37
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: グローバカどもが何を考えてるかわかる図式ですね。

> ウォールストリートジャーナルといえば基本投資家の情報誌だと思うのですがどうもまともな投資家とっは別の思惑で動いてるのですね。ウクライナではクーデター政権を支持しタイではクーデターに批判的というのではダブスタの批判は免れないでしょう。
>
> 国j内マスゴミどもは書きませんがクーデター反対勢力がシナの犬タクシンの手先であることは明白ですからグローバカどもはシナの連中を支持してるという理解でいいんでしょうね。これでシナ経済が破綻すれば、禿鷹どもが腐肉を食らいに来るのでありましょう。チンピラ(近平)もいい面の皮です。
>
> まあもう逃げる準備は終わってるのでしょうからどうでもいいんでしょうが…
> アカとグローバカが野合する、なかなかシュールな時代になったものです。


そうですよね。選挙で選んだ政権が絶対と言うのならウクライナなどはもっての外。
そんな事を全く気にしないのが野合と言われても仕方ない所でしょう。

しかしグローバカですか。バカ・パカってパカにするな、パカ! と言う所なんですな。

でもどう見てもアカとグローバリズムは同じもの。
単に切り口が違うだけでしょう。それだからこそ現在の世界最大の共産主義国はアメリカだなどと言う人がいる。分からない理屈ではありませんね。
  1. 2014-06-06 08:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する