2014-05-10 22:25

徹底的に教え込むという事

 5月3日に名古屋市の高校6校の吹奏楽部による「吹奏楽の夕べ」と言うコンサートが開かれた。
私はこれを聴いたわけではないのだが、これを聴いた人から大変興味深い話を聞いた。

この「吹奏楽の夕べ」には作曲家で吹奏楽指導者の櫛田てつ之扶氏がゲストとして招かれており、その人の話が有った。詳細はとも角としてこのようなクラブ活動をすることの意義を櫛田氏は京都の大学で教えている経験からこんな事を話したのだと言う。

「中学・高校で部活をやってきた子とやって無かった子ではこんな風に違う。例えばこんなコンサートで椅子を並べる必要が有ったとしたら・・・
部活をやって無かった子はチャンと並べるがそれでオシマイ。終わったとも報告せずに帰ってしまう。
中学・高校と部活をやってきた子は椅子を並べ、キチンと綺麗に整頓する。それから雑巾を持ってきて拭きだす。勿論終わったら終わったと報告に来る。
部活をするという事はこんなに人間の違いを作るモノ。そこに人間教育の意義が有る。」
こんな話であったと言う。

なるほどねえ、面白い話である。
それを聞いてこんな話を思い出した。

サウジアラビアのテレビで「改善」と題した日本紹介番組が数年前大評判になった。
その一部はこんなモノである。

言葉はアラビア語なのだが見ればなんとなく言っている事は分かると思います。


この番組は戦後急速な経済成長を遂げた日本の秘密を探る番組で、機械式駐車場などの科学技術、交通機関などに見られる時間の正確さ、信号を守る・ポイ捨てをしない・電車に乗る際降りる人を優先させる・
置き忘れられた財布を持ち主に届ける、など日本人のマナー/モラルの良さ、など等、
日本の様々な面をサウジアラビアと対比する形で報道されています。

中でも特に注目したい所がこの動画でも取り上げている学校で子供に掃除をさせている所。
サウジアラビアだけでなく他の国でも子供に掃除などさせない国が大部分。
そんな中で日本のこのやり方が日本のマナーの良さを作ってきた、そう捉えてそれをサウジアラビアでも採用しようと大臣に働きかけ、遂にアチコチの学校で掃除を指せるようになってきたらしい。
「日本がやっているんだ、おれたちも見習おう」、そう言う事の様である。


矢張り良い習慣、マナーは天から授かるモノではなく自分たちで掴みとること、それを徹底的に教え込むことが重要だという良い証拠である。


更に日本の歴史とは国を守ることとはどういう事か。
こんな動画が有る。
これはハロン棒さんから紹介していただいたのだが、まあ見てください。



日本のこれからを作っていくためには色んな所で「何をやるべきか、日本は何をやってきたのか」、そんな事をアカヒ新聞などの自虐史観で無く真実を教え込んでいかないといけない。
それは子供に掃除の仕方を教えたりするのと同じことなのではないでしょうか。

最後にこれは私の経験。
タイでタイ人に色んな仕事を教える、その第一歩は掃除の仕方、箒の持ち方、掃き方を教える事からでした。
これは何時になっても、日本でも同じだと思っています。
  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

こんばんは。

釈迦(短足おじさん)に説法ですが、記事の2件は「躾」が大事であることを言っています。
「躾ける」という動詞もありますことから、躾は他人に教える、他人から教えられるものであります。仰せの通りほっといても身につくものではありません。
お里が知れるとか親の顔が見てみたいという言葉がありますが、人(子供)への躾の最初は親がするわけでして、教育と並んで躾の大変さを痛感している次第です。
  1. 2014-05-11 01:04
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

私も以前勤めていた会社で整理、整頓、清潔、清掃、躾という5S(トヨタから始まった事のようですが)を受け入れ教育で叩き込まれた事が有ります。

米国を訪れた時(日本の車検制度の様なものが無いという事でしょう)外板がボロボロで中身が見えてしまう様な車が平気で走っていました。

  1. 2014-05-11 05:16
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

酒のマナー

これは異論もあろうかと思いますが、転職先で言われたこと。
上役に誘われて飲みに行ったら(おごって貰ったら)翌日彼のデスクに行ってお礼を言いなさい、と助言を得ました。

そのような習慣がなかったために、昨晩お礼を言って尚言うのか?と違和感がありましたが、日本人社会では必要なマナーと認識しました。

お礼をいう事、人を褒める事、モノを贈ること事(理由がある時)、これらは社会人になって身につけた日本人の礼儀・美徳だと思っています。
  1. 2014-05-11 09:41
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

To:koguma さん

> こんばんは。
>
> 釈迦(短足おじさん)に説法ですが、記事の2件は「躾」が大事であることを言っています。
> 「躾ける」という動詞もありますことから、躾は他人に教える、他人から教えられるものであります。仰せの通りほっといても身につくものではありません。
> お里が知れるとか親の顔が見てみたいという言葉がありますが、人(子供)への躾の最初は親がするわけでして、教育と並んで躾の大変さを痛感している次第です。


ヤヤッ、私も遂にホトケになりましたか(笑)。
まあ冗談はさておき、仰るように正に躾けが大切です。
そして最近では家庭で躾けができないから学校でやってくれ、こんな声が大きくなってきています。
特にアカヒ始め左巻きマスゴミが酷いようです。
困った風潮です。

しかしゆとり教育がやっと見直され、最近当地方でも土曜日の教育も始まりました。
そんな時にまだまだ元気なリタイヤ世代に是非活躍してほしいですね。
私の知り合いで野球の好きな男は少年野球の指導をしていますが、学校の先生より怖い大先生になってますね。
  1. 2014-05-11 16:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigenさん

> 私も以前勤めていた会社で整理、整頓、清潔、清掃、躾という5S(トヨタから始まった事のようですが)を受け入れ教育で叩き込まれた事が有ります。
>
> 米国を訪れた時(日本の車検制度の様なものが無いという事でしょう)外板がボロボロで中身が見えてしまう様な車が平気で走っていました。


そうですか、4S、5Sの考え方は仕事だけでなく日常生活でも大切だと思います。
以前はそんな仕事をされていたんですか。
ひょっとしたら同業者???

まあそれはとも角世界が今日本に注目している事だけは事実です。
アメリカも衰退が酷い、EUも移民問題とユーロでガタガタ。当分駄目でしょう。
そんな中で不死鳥日本が再び羽ばたこうとしている。
不死鳥が日本から飛び立ったのは1回目が明治維新、2回目が敗戦、そして今回はあの大地震・大津波・原発事故ですんでね。
世界の期待に沿えるよう一人一人の覚悟が大切だと思っています。
  1. 2014-05-11 17:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 酒のマナー

> これは異論もあろうかと思いますが、転職先で言われたこと。
> 上役に誘われて飲みに行ったら(おごって貰ったら)翌日彼のデスクに行ってお礼を言いなさい、と助言を得ました。
>
> そのような習慣がなかったために、昨晩お礼を言って尚言うのか?と違和感がありましたが、日本人社会では必要なマナーと認識しました。
>
> お礼をいう事、人を褒める事、モノを贈ること事(理由がある時)、これらは社会人になって身につけた日本人の礼儀・美徳だと思っています。


なるほど、日本人はそう言う所が有って、それがいい所ですね。
これは私がタイでの経験。
タイ人は食事・酒など奢ってもらっても全くお礼を言いません。
いやそれ以上に今日飯を食いに行くぞ等と言うと自分の彼女とか友達(勿論私の知らな人)を一杯連れてきます。
4,5人のつもりだったら、いつの間にか20人位の大パーティーになって、カネを払うのは私一人(!)、承知していないと酷い目にあいます。

理由が振るっていましてタイ語には奢ると言う言葉が有りません。
似たような言葉は有るのですが、それは奢ると言う意味と育てると言う意味。
だからタイ人は日本人の子どもがお父さん・お母さんと食事に行って自分の食事代を払わない(当たり前ですね)のと同じ感覚で日本人からご馳走になっている。

まあ、所変われば何とやらです。
  1. 2014-05-11 18:03
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

動画を紹介していただきありがとうございます。

躾の話は身につまされますね……
人として、日本人として、恥ずかしくない行動をとりたいものですが
現実では、なかなかそう出来ていない事に平身低頭してしまう毎日です。

ただ、少しひねくれた意見かもしれませんが
こういった教育は、従順な国民を育てる目的も多少あるかと
思っている自分が居ます。

現在の日本は自虐史観も大きいですが「従順になりすぎている」節も
あるのではないかと感じていますので……
礼儀や礼節はもちろん大事ですけど、何と言うか
「従いすぎる」のもまた問題ではないかと思うんですよね。

教育というのは、本当にバランスが難しい。
  1. 2014-05-11 21:00
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

タイの仏教徒では施しものをするのは来世のために功徳を積むためにするものなので、施しを受ける側は施す者に功徳を積むチャンスを与えてやっているのだから感謝されて当然だと大きな顔して食ったり飲んだりしてます。20人もの人を食事に連れて行ってやったんならお釈迦さんが閻魔さんところの記録をちゃんと調べて来世は犬とか某半島人に生まれ変わることは無いよう取り計らってくれますって。
  1. 2014-05-12 04:37
  2. URL
  3. 狐憑き#3 #-
  4. 編集

To:ハロン棒 さん

> 動画を紹介していただきありがとうございます。
>
> 躾の話は身につまされますね……
> 人として、日本人として、恥ずかしくない行動をとりたいものですが
> 現実では、なかなかそう出来ていない事に平身低頭してしまう毎日です。
>
> ただ、少しひねくれた意見かもしれませんが
> こういった教育は、従順な国民を育てる目的も多少あるかと
> 思っている自分が居ます。
>
> 現在の日本は自虐史観も大きいですが「従順になりすぎている」節も
> あるのではないかと感じていますので……
> 礼儀や礼節はもちろん大事ですけど、何と言うか
> 「従いすぎる」のもまた問題ではないかと思うんですよね。
>
> 教育というのは、本当にバランスが難しい。


確かに教育はバランスが問題ですよね。
しかし最近私は450年位前のご先祖様調べをしていまして、こんな風に考えています。
武勇に優れ、豪遊を持って聞こえた人、つまり強い人は一面非常にやさしい。
特に弱者に対して非常にやさしいのです。
此れの正反対が某半島人やシナチク人でしょう。
弱い相手にはとことん残虐になる、ベトナム戦争でもそうでしたが、最近でも特にカンボジアなどで無茶苦茶な残虐行為をしていますね。

矢張り日本は文武両道の国、ヨーロッパでも騎士道精神と言いますが同じでしょう。
今の日本的価値観で良い、もっと磨きをかけ、もっと強くなるべきだと思っています。
  1. 2014-05-12 06:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:狐憑き#3 さん

> タイの仏教徒では施しものをするのは来世のために功徳を積むためにするものなので、施しを受ける側は施す者に功徳を積むチャンスを与えてやっているのだから感謝されて当然だと大きな顔して食ったり飲んだりしてます。20人もの人を食事に連れて行ってやったんならお釈迦さんが閻魔さんところの記録をちゃんと調べて来世は犬とか某半島人に生まれ変わることは無いよう取り計らってくれますって。


ヤヤッ、狐憑き#3 さんからもホトケ認定されましたか(笑)。
未だ私は現世に未練が有るんですがねえ・・・

まあもっと功徳を積んで、来世はせめて某半島には生まれたくないですね。
若し運悪く半島に生まれてしまったら・・・
そんな所に産んでくれた親を1000年恨んでやる!(爆笑)。
  1. 2014-05-12 07:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する