2014-05-03 15:22

金正日氏がハンバーガーを発明???

 今日は4連休の初日、この所重い話題が続いたので春らしいほのぼのとした話題など。

こんな報道が有る。報道したのは新華ニュースである。

金正日氏がハンバーガーを発明、北朝鮮女性のショッキングな発言

http://www.xinhuaxia.jp/social/32798


<以下引用>

金正日氏がハンバーガーを発明、北朝鮮女性のショッキングな発言
2014年04月28日 16時25分
2014-5-3北朝鮮の女性1

 英紙「デイリー・メール」の報道によると、フランスの写真家、EricLafforgue氏が北朝鮮を旅行の際、20歳の金さんが通訳として同行した。この北朝鮮の若い女性は金正日氏が2009年にハンバーガーを発明したと確信していたという

同女性はピョンヤン大学外国語学部で英語を専攻し、ピョンヤンを出たことはなかった。品行方正で、Lafforgue氏の付き添いとして派遣された。Lafforgue氏によると、金さんはPCゲームで遊ぶのが好きで、いつか英国留学に行きたいと言ったという。

Lafforgue氏によると、金さんの考え方は不可思議なものである。金さんは金正日氏が2009年にハンバーガーを発明し、中国人がミッキーマウスを考案し、レディ・ガガが男性であると確信していた。また、足が変形するから、自転車に乗るのが怖いと思っている。

金さんは故指導者の金正日氏が自らの精神的支柱であると述べ、アメリカ人を憎み、国境を越えて韓国に行けば、射殺されると信じている。

北朝鮮ではデートがたいへん保守的で、初対面で一緒に踊ることはなく、未婚の妊娠を耳にしたことはないと金さんは言った。北朝鮮一の富豪は誰であるかという質問に関し、彼女は「北朝鮮では、誰もが平等である」と語った。自動車が欲しいかを聞かれ、「いいえ、車は人々を怠け者にする」と答えたという。

(翻訳 李継東)

<引用終り>

なかなか可愛い子じゃありませんか。
しかしそれにしても洗脳と言うのは凄い事ですねえ・・・

でもこんな写真を見ると

2014-5-3北朝鮮の女性2

こんな人とどことなく顔と言い、頭の中と言い、良く似てますねえ。
2014-5-3有田ヨシフ・スターリン

何か折角の春だと言うのに大変見苦しいものをお見せしたようで・・・
本日はこれにて退散いたしまする。




<追記、5/5>

Kazkさんからコメントを頂いたのだが、如何もコメントが今く反映されていないようです。
そこでKazkさんのコメントをそのまま引用し、本文に張り付けます。
これがそのコメント全文。
尚、今日FC2のサポートにはこの件をメール済みです。

<以下kazkさんコメント>

案外洗脳ではないかもしれませんよ。

先日のコメントにも出しましたが、半島は北も南の猛烈な建前社会です。日本でも空気というものが支配しますが、こちらの支配はもっと激甚です。ごく当たり前に密告がある社会ですから朝鮮労働党の公式な見解に反することはしわないことが生きる上で当然です。

そしてこの子は平壌で大学生です。かの地のエリート中のエリートです。どんな馬鹿でも自分たちが特権を享受してるということは知ってるものです。ここは黙るにしくはない。通訳なんて仕事をしてればなおさらです。外国の思想の毒されてるなどとなればたちまち今の特権を失うのですから…おぼこのふりをするのが正しいやり方です。
そしてこういうこの先輩がキムヒョンヒなのです。噂で聞くだけですが国外に出したスパイのかなりの部分は逃亡を図るということをやるらしいのです。中にはそれを目的にスパイになる奴もいるくらいらしいから情報はそれなりに入ってきてるはずです。情報はどんなに統制してもシナの同族から入ります。それに無関心なわけはありません。これは彼らの生きる知恵なのですよ。妄想に生きてるふりをするのが利口なのです。

これは南でも同じこと、国家の出す情報は自分たちにとって都合のよいものであり統制する必要もなく信ずるふりをしなければ生きられない社会なのです。そして彼らはそれに全く葛藤を感じないという連中なのですよ。
ジョージオーウェルのいうダブルシンクというものを当たり前に実践してる人達です。

かの地が現代社会でないと小生が言うゆえんです。



ソビエト崩壊説の先達たち

ソ連邦ができた当時は情報化社会などとは程遠い世界でしたが彼レは情報の力を知りsの統制と管理には実に力を尽くしています。だから実に多くの人々が騙されました。それもまじめな秀才というタイプに多かったといいます。1930年代のソビエトは一種の開発独裁ですから統制経済のほうが一見効果的に見える時期だったです。

このころのソビエトの本質を述べたのはアンドレジイド位でしたが、見抜くにはそれほどの知性が必要だったということです。そして実際情報統制がうまくいってる頃のソビエトの統計をみるならば本当にうまくいくものと夢想しても仕方ないものでした。実際ソビエトが日本にGNPを抜かれるのは85年くらいのことです。これはソ連邦のGNPを後から精査して分かったことなのですが、いわゆる第3次産業が未達な国ですから鉱工業生産の大きさはかなりのものです。
みなこれにだまされたのです。

社会主義経済の研究などは経済学では完全に傍流でしたから数少ない研究者たちは実に大変な苦労をしながらソ連邦の真の姿を暴いたのです。日本では丹羽春喜氏あたりが有名ですが、この人たちは小室直樹がソビエト崩壊説を唱える相当前からこれを述べていました。完全に学会から無視されてきた人々の勝利だったのです。

1970年代にソビエトの崩壊を唱えた人で有名なのはエマニュエルトッドでしょうか。彼はソビエトの乳幼児死亡率の増加を見てソビエトの崩壊は近いと唱えたのでした。世の中にはどんなにうまくやってもゴマされない統計があるものだと思います。


コメント紹介は以上です。
私の考えは後日考えを纏めてエントリーするつもりです。



<追記の追記 5/5)

kazkさんのコメント、「ソビエト崩壊説の先達たち」についてはこのエントリーではなく、別エントリーに入っていました。
朴正煕に甘い夢を見てはいけない
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-953.html


原因は不明です。取りあえず本日の所はこんな現状だという事で報告します。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

こんばんは。

記事の通訳さんがハンバーガーは将軍様が作ったと思い込んでいるのは、将軍一族の国内統制の成果でしょう。通訳になるまでに外国語を勉強するにあたってどんな方法で勉強をしてきたのかは分かりませんが、外国製の本に出会うこともなかったのでしょうねぇ。教える先生も同じようだったのでしょうか。
振り返ってイラストの方や彼に近い方々は、戦後の日本で教育を受け成人後もいろいろな情報に接触してきたのでしょうが、その成果がアレです。教える方もアレだったのでしょうか。
「それしか教えられていない」というのと「自らそれしか学ばない」ことの結果ですが、結果がほぼ同じというのが何とも。
  1. 2014-05-03 21:40
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:koguma さん

> こんばんは。
>
> 記事の通訳さんがハンバーガーは将軍様が作ったと思い込んでいるのは、将軍一族の国内統制の成果でしょう。通訳になるまでに外国語を勉強するにあたってどんな方法で勉強をしてきたのかは分かりませんが、外国製の本に出会うこともなかったのでしょうねぇ。教える先生も同じようだったのでしょうか。
> 振り返ってイラストの方や彼に近い方々は、戦後の日本で教育を受け成人後もいろいろな情報に接触してきたのでしょうが、その成果がアレです。教える方もアレだったのでしょうか。
> 「それしか教えられていない」というのと「自らそれしか学ばない」ことの結果ですが、結果がほぼ同じというのが何とも。


頭の中だけで考えた妄想に生きる、これは凄い事だと思います。
本文の写真以外にもリンク先にはいくつか写真が有りますが、その背景に写っている風景のみすぼらしさ。
こんなモノしか見たことが無い、気の毒なものです。
しかし
>「それしか教えられていない」というのと「自らそれしか学ばない」ことの結果、
これは名言ですねえ。
そして最近つくづく思うのですが、この自らそれしか学ばない、これがマルクス以来100年以上もこの世界を支配してきた、そう思います。
  1. 2014-05-04 04:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

すみません。完全にスレチなんですが……
良かったらここで取り上げてほしい動画を見かけたので。

誇り~ 伝えよう この日本のあゆみ ~
ttps://www.youtube.com/watch?v=RFrfP2cqhyQ

個人的な感想を言えば作品としてはイマイチだと感じましたが
日本に蔓延る自虐史観を払拭するのにはいい物だと思います。
よくある手法なのに青年の設定で涙腺が崩壊しました。
シベリア帰りの母方の祖父(故人)を思い出します。
  1. 2014-05-04 15:54
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

案外洗脳ではないかもしれませんよ。

先日のコメントにも出しましたが、半島は北も南の猛烈な建前社会です。日本でも空気というものが支配しますが、こちらの支配はもっと激甚です。ごく当たり前に密告がある社会ですから朝鮮労働党の公式な見解に反することはしわないことが生きる上で当然です。

そしてこの子は平壌で大学生です。かの地のエリート中のエリートです。どんな馬鹿でも自分たちが特権を享受してるということは知ってるものです。ここは黙るにしくはない。通訳なんて仕事をしてればなおさらです。外国の思想の毒されてるなどとなればたちまち今の特権を失うのですから…おぼこのふりをするのが正しいやり方です。

そしてこういうこの先輩がキムヒョンヒなのです。噂で聞くだけですが国外に出したスパイのかなりの部分は逃亡を図るということをやるらしいのです。中にはそれを目的にスパイになる奴もいるくらいらしいから情報はそれなりに入ってきてるはずです。情報はどんなに統制してもシナの同族から入ります。それに無関心なわけはありません。これは彼らの生きる知恵なのですよ。妄想に生きてるふりをするのが利口なのです。

これは南でも同じこと、国家の出す情報は自分たちにとって都合のよいものであり統制する必要もなく信ずるふりをしなければ生きられない社会なのです。そして彼らはそれに全く葛藤を感じないという連中なのですよ。
ジョージオーウェルのいうダブルシンクというものを当たり前に実践してる人達です。

かの地が現代社会でないと小生が言うゆえんです。
  1. 2014-05-04 17:43
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

投稿が不正とされました。

すいませんがそちらで復活させてください。
  1. 2014-05-04 18:21
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

ナンダカンダと言いつつも・・

こんにちは。

kazkさんが指摘しておりますけど、ナンダカンダと言いつつも「北朝鮮はアメリカが好きなんだな〜」に尽きますね。

まあこれは、日本で「反日・反米・反国家」を旨とするヘンチクリン達にも通じるものでもありますがね。
  1. 2014-05-04 23:48
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: 投稿が不正とされました。<代わりにアップします。

> すいませんがそちらで復活させてください。


以下がkazkさんのコメント全文です。
単純にコピー貼付で無く、一度メモ帳に張り付けたものをコピーしここに張り付けました。

<以下kazkさんのコメント>

2014-05-04 18:19
本日の不正投稿その3
短足おじさんのところへの投稿が不正とされました。
以下の通りです。

ソ連邦ができたとぷ字は情報化社会などとは程遠い世界でしたが彼レは情報の力を知りsの統制と管理には実に力を尽くしています。だから実に多くの人々が騙されました。それもまじめな秀才というタイプに多かったといいます。1930年代のソビエトは一種の開発独裁ですから統制経済のほうが一見効果的に見える時期だったです。

このころのソビエトの本質を述べたのはアンドレジイド位でしたが、見抜くにはそれほどの知性が必要だったということです。そして実際情報統制がうまくいってる頃のソビエトの統計をみるならば本当にうまくいくものと夢想しても仕方ないものでした。実際ソビエトが日本にGNPを抜かれるのは85年くらいのことです。これはソ連邦のGNPを後から精査して分かったことなのですが、いわゆる第3次産業が未達な国ですから鉱工業生産の大きさはかなりのものです。
みなこれにだまされたのです。

社会主義経済の研究などは経済学では完全に傍流でしたから数少ない研究者たちは実に大変な苦労をしながらソ連邦の真の姿を暴いたのです。日本では丹羽春喜氏あたりが有名ですが、この人たちは小室直樹がソビエト崩壊説を唱える相当前からこれを述べていました。完全に学会から無視されてきた人々の勝利だったのです。

1970年代にソビエトの崩壊を唱えた人で有名なのはエマニュエルトッドでしょうか。彼はソビエトの乳幼児死亡率の増加を見てソビエトの崩壊は近いと唱えたのでした。世の中にはどんなにうまくやってもゴマされない統計があるものだと思います。

いい加減に基準を教えていただきたい。

<以上です>
  1. 2014-05-05 06:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 投稿が不正とされました。<返信確認、単純にコピーペースト

> すいませんがそちらで復活させてください。


年の為単純にコピーペーストしたものです。

<以下引用>

2014-05-04 18:19
本日の不正投稿その3
短足おじさんのところへの投稿が不正とされました。
以下の通りです。

ソ連邦ができたとぷ字は情報化社会などとは程遠い世界でしたが彼レは情報の力を知りsの統制と管理には実に力を尽くしています。だから実に多くの人々が騙されました。それもまじめな秀才というタイプに多かったといいます。1930年代のソビエトは一種の開発独裁ですから統制経済のほうが一見効果的に見える時期だったです。

このころのソビエトの本質を述べたのはアンドレジイド位でしたが、見抜くにはそれほどの知性が必要だったということです。そして実際情報統制がうまくいってる頃のソビエトの統計をみるならば本当にうまくいくものと夢想しても仕方ないものでした。実際ソビエトが日本にGNPを抜かれるのは85年くらいのことです。これはソ連邦のGNPを後から精査して分かったことなのですが、いわゆる第3次産業が未達な国ですから鉱工業生産の大きさはかなりのものです。
みなこれにだまされたのです。

社会主義経済の研究などは経済学では完全に傍流でしたから数少ない研究者たちは実に大変な苦労をしながらソ連邦の真の姿を暴いたのです。日本では丹羽春喜氏あたりが有名ですが、この人たちは小室直樹がソビエト崩壊説を唱える相当前からこれを述べていました。完全に学会から無視されてきた人々の勝利だったのです。

1970年代にソビエトの崩壊を唱えた人で有名なのはエマニュエルトッドでしょうか。彼はソビエトの乳幼児死亡率の増加を見てソビエトの崩壊は近いと唱えたのでした。世の中にはどんなにうまくやってもゴマされない統計があるものだと思います。

いい加減に基準を教えていただきたい。

<以上がkazkさんのコメント>
  1. 2014-05-05 06:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:ハロン棒さん

> すみません。完全にスレチなんですが……
> 良かったらここで取り上げてほしい動画を見かけたので。
>
> 誇り~ 伝えよう この日本のあゆみ ~
> ttps://www.youtube.com/watch?v=RFrfP2cqhyQ
>
> 個人的な感想を言えば作品としてはイマイチだと感じましたが
> 日本に蔓延る自虐史観を払拭するのにはいい物だと思います。
> よくある手法なのに青年の設定で涙腺が崩壊しました。
> シベリア帰りの母方の祖父(故人)を思い出します。


なるほど、面白い動画、紹介有難うございます。
面白い話では有りますが、今日の自分の行動にまでおろさないとなかなか実現しない。
そんな思いでもう少し考えを纏めたいと思います。
その時この動画も使わせていただくかもしれません。
今しばらくお待ちください。
  1. 2014-05-05 11:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: ナンダカンダと言いつつも・・

> こんにちは。
>
> kazkさんが指摘しておりますけど、ナンダカンダと言いつつも「北朝鮮はアメリカが好きなんだな〜」に尽きますね。
>
> まあこれは、日本で「反日・反米・反国家」を旨とするヘンチクリン達にも通じるものでもありますがね。


日本で反日を叫びながら日本に居座る。本当に寄生虫ですね。
そんな連中の頭の中をかち割って覗いてみたいものです。
でも裏の桜さんがいつも指摘しているように、彼らには事実が全く見えないんですよね。

最近しみじみ思います。
〇カにつける薬は無く、バ〇は死ななきゃ治らない・・・
でもそんなこと言ってても仕方ないんですね。それでも何とか・・・
道は遠いです。
  1. 2014-05-05 11:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する