2014-04-15 09:35

日本にいる中国人の実態

 最近移民を入れろと言うアホな議論がまかり通っている、
震災復興や東京五輪などで公共工事の人手不足が背景だが愚かな事である。
ヨーロッパなどが移民政策でどんな社会になってしまったか、移民の問題点などはいくらでも実例が有る。

さて、伊勢雅臣さんが日本にいる中国人問題を坂東忠信さんの著書を引用する形で紹介している。
大変有用と思うので紹介したい。

中国人の真実の姿が良く分かる。

<以下頂門の一針から引用>
http://melma.com/backnumber_108241_6012007/

日本に巣食う無法チャイナ社会

         伊勢 雅臣

「本国で盗みをしていないのに、何で日本でやるんだよ?」


1.中国人犯罪者から「反省」を聞いたことがない

通訳捜査官として、中国人犯罪者の取り調べに永年、立会って来た坂東忠
信氏によれば、彼らから「反省」という言葉を聞いたことは一度もない、
と言う。

取り調べの終わりに近づくと、刑事はおきまりの質問をする。「どうだ、
今回の事件について、何か言いたいことはあるか?」 ここで反省の弁を
聞けば、情状酌量の余地も出てくる。しかし、返ってくるのは、日本人に
とっては想像もできない言葉である。

「私、ものすごい借金あるんだから、こうしたのは仕方のないこと」

刑事の怒りが炸裂する。「反省してんのかって言ってんだよ! こんなこ
としてよくなかったとか、やるべきではなかったとか言えねえのか?」

「あ、あう、う~ん、あのとき外に出なければ、捕まらなかったよ。失敗
したなあ」

確かにこれも「反省」だが、日本語の「反省」とは意味が違う。坂東氏は
こう述べる。


「もちろん中国語にも「反省(ファンシン)」「自我検討」という単語は
ある。しかし彼らは悪事の露見を「后悔(=後悔)」するばかりで、日本
人が求める「被害者の立場に立った反省」はしないのである。利害が対立
した相手の気持ちになって物事を考えるということは、できないらし
い」。[1,p44]

これは差別発言ではなく、「生まれ育った社会の仕組みと脳の回路が違う
ので、本当に反省しないのである」と坂東氏は言う。

2.「本国で盗みをしていないのに、何で日本でやるんだよ?」

「社会の仕組みが違う」例を挙げよう。

坂東氏が中国人犯罪者に「本国で盗みをしていないのに、何で日本でやる
んだよ?」と聞くと、「中国の店で盗みが見つかったら、よその店の人や
通行人までもが寄ってたかって殴りかかる。警察が来る前に死ぬかも知れ
ない」と答えるそうだ。[1,p43]

日本人と偽装結婚して取調中の女性に、中国に住む弟から次のような手紙
が来た事がある。弟も日本滞在中に警察にひっくくられた経験があるらしい。

<お姉さん、ニイハオ。日本の警察はとても優しいですから大丈夫。中国
の警察みたいに、殴ったりしませんから安心してください。・・・
体の不調があれば、何でも言ったほうがいいよ。僕は歯を治しました。>
[1,p71]

中国で犯罪を犯すと、家族が村八分になったり、通行人に袋叩きにされた
りする。警察に捕まれば殴られたり、自転車泥棒でも死刑になったりす
る。それによって犯罪が阻止されている。「そう考えると、現在の中国の
体制を単純に『人権軽視』などとは非難できない」と、坂東氏は指摘する。

しかし中国人が日本にやってくると、そういう抑制が一切、なくなってし
まう。やさしい「人権社会」の日本では、彼らはたとえ捕まっても、冷暖
房完備の留置所や刑務所で三食昼寝付きで遇され、病気や怪我もタダで治
療してくれるのだ。

これでは「普通の中国人」が、日本にやってきて犯罪者に早変わりしても
不思議ではない。

3.「日本に行ってカネ稼いで親孝行しなさい!」

「普通の中国人」が日本に密入国し、その一部が犯罪者となっていくプロ
セスが坂東氏の著書に明らかにされている。

台湾の対岸にある福建省から日本への密航する者が多いが、坂東氏は彼ら
からこんな話を聞いている。[1,p92]

<日本に来た複数の福建省密航者の話によれば、若者が地元でブラブラし
ていると、近所のおばちゃんから、「なんだいあんた、いい若い者が密航
のひとつもできないで! 日本に行ってカネ稼いで、親孝行しなさい!」
と気合いを入れられるとのことであった。

彼らの話を聞くと、「日本から帰ってきたヤツの生活を見て、うらやまし
くなった」と言うほかに、「親に勧められて密入国してきた」と言う者が
意外に多かった。「オレの兄弟はみんなそうだよ」と言う者もいた。>

かくて親孝行な「普通の中国人」が、大量に密入国してくるのである。

4.日本密航はベンチャー・ビジネス

密航にはカネがかかる。密航の手配をする蛇頭(じゃとう)に10万元程度
の金を払わねばならない。現在のレートでは160万円、日本人の金銭感覚
では3千万円ほどにもなる。そんな大金を家族、親戚、知人のコネを通じ
て借りまくる。頼まれた知人の方は、たとえばこんな風に考える。

{こいつの息子はまだ若いから、日本に行けば一日でこっちの一ヶ月分近
くは稼げる。よし、投資と思って、金を集めて貸し付けよう。}

稼ぎの大きい日本に密航するのは、行く方も金を出す方も、一種のベン
チャー・ビジネスなのだ。そこには密入国は不法だ、などという意識はない。

そして日本への密航に成功すると、稼いだ金を送るようになる。「親孝
行」という点では尊敬すべきだ、と坂東氏は指摘する。


「どんなに凶悪な犯罪者でも、ほとんどの場合はきっちりと親元に送金し
ているのだ。

もっとも福建省密航者の場合、来日の時点で親が多額の借金を背負ってい
るので、送金するのは当たり前かもしれないが、その借金を返済した後
も、せっせと稼ぎの半分近くを親元に送金し、高額な国際電話カードを
買って、マメに連絡を取っている場合がほとんどである。」[1,p94]

5.金さえ払えば誰でも密航できるシステム

金ができれば、密航を手引きしてくれる「蛇頭」に依頼する。「蛇頭」と
は中国マフィアというより「中国公安当局や中国海上警備隊、船長、信頼
できる親戚などの日本滞在者と連携を取り合う、資金力のある手配師」だ
という。[1,p103]

密航の一つのパターンは、漁船や貨物船のエンジン・ルームか、甲板の下
に隠れて日本に渡る、というものだ。密航者たちは4日から1週間程度の
航海中、そこに隠れ、パンやカップ麺を食べて過ごす。

日本近海まで来ると、日本人ヤクザの運転するクルーザーが来る。密航者
たちは立派な船のお迎えに大喜びするが、船の甲板の高さが違うので、波
に揺れるクルーザーに飛び降りるところで海に落ちてしまう密航者もい
る。「海に落ちたヤツがいたけど、助けてはもらえなかった」とは、坂東
氏が複数の密航者から聞いた話である。

クルーザーは日本の港に接岸し、夜中になってから密航者を上陸させる。
日本人ヤクザや福建人通訳が出迎え、ワゴン車に密航者たちを詰め込み、
逃げないよう外から鍵をかけて、名古屋や東京などの大都市に連れて行く。

密航者たちは、そこで5~7人のグループごとに、アパートの一室に入れ
られる。そこから見張りの中国人が密航者の実家に電話をかけ、本人の声
を聞かせて、密航費用支払いの督促をする。

実家の両親が指定された場所でカネを渡すと、地元の蛇頭は見張りの中国
人に連絡し、その密航者に目隠しをして、日本に住む知り合いに送り届け
る。これで密航の成就である。

密航は「普通の中国人」が金さえ払えば、誰にでもできるよう、ビジネス
として成り立っているのである。

6.「どうだい、一緒に一儲けしないか?」

こうして日本に入国した密航者たちは、知り合いのアパートに転がり込
む。知り合いの方も、家賃を分担させることができるから、歓迎である。

彼らは夜中でも大声で話し、大量の油を使って何人分もの中華料理を作る
ので、換気扇も外壁も油でベトベトになり、生ゴミをまき散らす。日本人
の住人は喧噪と異臭に耐えられずに出て行き、空いた部屋にはまた中国人
密航者が入る、ということで、アパートはスラム化していく。

仕事の方は、はじめのうちは皿洗いなどして真面目にやっていても、やが
て盛り場で遊び歩くようになる。

{中華料理の香りに誘われて中華居酒屋に入ると、懐かしいお国なまりが
聞こえてくる。

「おお、あんたも同郷か! 奇遇だなあ」

 中国人は食事をともにすれば、一気に友だちになる。仲間を見つけ孤独
な生活から解放された気分になり、気もゆるむ。

「おう、仕事がないから、どうだい、一緒に一儲けしないか?」・・・
「どうせ日本人相手だ。男気を見込んで誘うんだぜ。一緒にやらないか」}

「男気」、中国語では「義気」という言葉に中国人は弱い。「おお!いい
ねえ! やろうじゃないか!」と現代版三国志が成立し、翌日、一緒に泥
棒に行く。日本人が家にいたら、あっさり刺して、あっという間に強盗に
昇格する。

日本人の場合は、強盗になるまでに、借金地獄に陥ったり、酒におぼれた
り、とストレスに苛(さいな)まれて、強盗犯にふさわしい凶相となる。
しかし中国人の場合は、こんな具合にあっという間に強盗になってしまう
ので、犯罪の凶悪さが顔に表れない、と坂東氏は言う。

7.無法チャイナタウンの出現

犯罪は日本人相手に行われるものだけではない。中国人が中国人を誘拐
し、中国の実家や、日本にいる関係者に脅迫電話をかけるが、被害者は日
本の警察には訴えられない。密入国や不法な滞在延長だったりすると、逆
に逮捕されてしまうので、黙って金を払うしかない。

不法滞在者が多く集まる中華料理店や中華パブなどで、ケンカや傷害事件
が発生しても、110番通報されることは、まずあり得ない。日本人経営者
が不法就労者を雇っていて、金を持ち逃げされても、警察に通報したら、
不法就労助長罪で自分の身が危ない。

しかし、こういう在日中華社会でも、秩序は必要なので、ヤクザの出番と
なるが、日本のヤクザは中国人とのトラブルは面倒なので、「中華マフィ
ア」に任せてしまう。

かくして日本の警察の手が出ない無法チャイナタウンが出現する。「世界
各地に点在するチャイナタウンには、そうして生まれたリーダーが群雄割
拠し、現地人を押しのけ、表と裏の中華社会基盤を拡大している」と坂東
氏は指摘する。[1,p164]

逆に、国内で真面目に暮らしている中国人も多いが、彼らの多くは同国人
との付き合いを避けている、という。人脈を重視する中国式の人付き合い
では、「パスポートや保険証を偽造するから貸してくれ」などと同郷出身
者に頼まれても断れない。下手に断ると、実家が村八分にされたりする。

「普通の中国人」が普通に暮らしていこうとすると、無法チャイナ社会か
ら絶縁しなければならないのだ。

8.将来の禍根を残す前に

平成24年度での来日外国人犯罪の検挙状況では、中国人が件数6,483件
(42.2%)、人数3,719人(40.6%)と、いずれも2位韓国の4倍以上のぶっ
ちぎりトップである。

しかも本稿で見たように、不法滞在者数もよく分からず、警察に通報され
ない犯罪も多いことから、これらは氷山の一角に過ぎない。水面下では、
この何倍もの犯罪が行われているだろう。

現在、東京オリンピックのための建設労働者不足などを理由として、外国
人労働者の積極導入を、などと言う声が上がっているが、世界中で外国人
移民で成功している国など聞いたことがない。

弊誌でもドイツがトルコ人移民問題でいかに苦しんでいるかを紹介したが
[a]、中国人は、トルコ人よりもはるかに人口が多く、賃金格差が大きい
ため、不法移民の大量流入につながるリスクは各段に高い。さらに「普通
の中国人」が犯罪者化する率も高いだろう。

その上、中国政府自体が、外国への過剰人口の「棄民」によって、海外で
の覇権を伸ばそうとする政策をとっている。[b]

建設労働者が足りないなら、もっと賃金を上げて、国内の労働力を無駄使
いしている低生産性分野から労働者を吸収したり、働いていない層を開拓
すれば良いだけの話で、それでこそデフレ脱却も進む。目先の企業利益の
ために、国内で無法チャイナ社会をこれ以上、広げては将来に禍根を残す
だけである。

あなたの周囲に移民賛成論者がいたら、こう聞いて欲しい。「移民政策が
うまく行っている国があったら教えてくれ。移民政策で失敗して困ってい
る国なら、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、カナダなどいくらで
も教えて上げるから」
と。我が日本も、その一つになりつつある。

<引用終り>


私はタイで仕事をしてきたので、こんな話はタイでも程度の差こそあれ有る事だ。
その対策はと言えば、おぎゃあと生まれた時から保育園、小学校、中学校と日本的価値観の中で暮らして、その事を骨の髄まで教え込むしかない。
大人になってからいくら教えても心底わかった事にならない事が多いのだ。

移民論争に対し考えるネタとして紹介する次第。

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(21)

コメント

スエーデンはもう移民に乗っ取られてるとか聞きますね。
あと、本スレの中国人像はさすがに偏っていると思いますが
移民政策には大反対です。

来日外国人犯罪については最近、フィリピン人も目立ってきてますね。
まあ1位2位がぶっちぎり過ぎているんですけど、ちょっと危惧しています。
  1. 2014-04-15 11:42
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

初めまして
ハロン棒さんの中国人像に偏りが…とございますが、
強ち間違っているとは思えません。

地元で5年前ぐらい、中国人研修者を受け入れた農家夫婦が殺されて現金数万円盗まれたとき、その中国人研修者が逮捕されました。
その言った言葉は「これだけ金持ちだから盗んでもいいだろう」でしたよ。殺人を犯すことに罪悪感が無いのだろうと思います。
今は地元を離れていてそちらでも中国人が入って小学校にも編入していますが、感覚が恐ろしいですね。
工場見学に行ってお金の話しか出ないのは怖いですよ。
最終的な感想が「この工場は金持ちだ」
日本人の子供たちの感想と中国人の子供の感覚の違いが天と地の差よりも大きいと痛感しました。金持ちだから盗んで殺してもいいのではという感覚はおかしいです。
絶対に特亜の人たちは日本には入れたくないです。


  1. 2014-04-15 13:21
  2. URL
  3. 阿蘇の黒猫 #-
  4. 編集

To:ハロン棒 さん

> スエーデンはもう移民に乗っ取られてるとか聞きますね。
> あと、本スレの中国人像はさすがに偏っていると思いますが
> 移民政策には大反対です。
>
> 来日外国人犯罪については最近、フィリピン人も目立ってきてますね。
> まあ1位2位がぶっちぎり過ぎているんですけど、ちょっと危惧しています。


初めまして、コメント有難うございます。
私はタイで仕事をしていまして、タイ人の約1割が華僑。
私の住んでいた町など3割くらい華僑だったと思います。
そんな事で中国人の考え方は良く分かります。

本文で言っている事は私は多少極端な人を対象にしているモノの殆ど正しい。
これは中国人とかその2世、3世位を相手にしてきた率直な感想です。
それではどうするか、これで長年苦労してきました。体を張ってと言った方がいいかもしれません。

欧州はフランスであれ、ドイツであれ、どこも移民で苦労しています。
メルケル首相などは移民政策は失敗だったと明言しています。
以下が参考になります
http://ukmedia.exblog.jp/15308293

こんな明白な事を今からやろうとする、バカとしか言いようがないですね。
皆さんの力で移民を阻止しましょう。
  1. 2014-04-15 18:30
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:阿蘇の黒猫 さん

> 初めまして
> ハロン棒さんの中国人像に偏りが…とございますが、
> 強ち間違っているとは思えません。
>
> 地元で5年前ぐらい、中国人研修者を受け入れた農家夫婦が殺されて現金数万円盗まれたとき、その中国人研修者が逮捕されました。
> その言った言葉は「これだけ金持ちだから盗んでもいいだろう」でしたよ。殺人を犯すことに罪悪感が無いのだろうと思います。
> 今は地元を離れていてそちらでも中国人が入って小学校にも編入していますが、感覚が恐ろしいですね。
> 工場見学に行ってお金の話しか出ないのは怖いですよ。
> 最終的な感想が「この工場は金持ちだ」
> 日本人の子供たちの感想と中国人の子供の感覚の違いが天と地の差よりも大きいと痛感しました。金持ちだから盗んで殺してもいいのではという感覚はおかしいです。
> 絶対に特亜の人たちは日本には入れたくないです。


初めまして、コメント有難うございます。
私も全く同感です。ハロン棒さんへの返信コメントにメルケル首相の移民政策は失敗だったとの話のソースを書きましたので参考にしていただければと思います。

しかしご指摘の実例、凄いですね。
中国人はそんな風に金の亡者ですが、これは実はアメリカ人、特にウォール街の住民や政治家がカネの亡者。オバマの周りもそんなヤツばかりです。

所でご紹介いただいた実例、大変興味深い事例なのでいつか機会が有ったら、このブログで紹介させていただくかもしれません。その節はよろしくご了承いただきたく、よろしくお願いします。
  1. 2014-04-15 18:39
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ゲーム理論で考える「上に政策あれば下に対策あり」=官と民の囚人のジレンマ―中国(岡本)
http://kinbricksnow.com/archives/51809220.html
アナーキズム
http://ja.wikipedia.org/wiki/アナキズム

シンガポールが良い例ですが支那人(華人、華僑を含む)に秩序を守らせるには厳罰を科するしかないのでしょう。
  1. 2014-04-15 21:31
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

最近気になるのが神保町です。
古本屋街から靖国神社に向かって中華料理屋が増えた増えたで、試しに入ってみたら主人も使用人も中国人。

値段はワンビル程度ですが味もたいしたことなく、グルメに訴える要素はないしだいたい客もたいして入っていません。

儲かりもしないビジネスをやるにはなにしろ九段へ続く一等地ですから家賃が安いわけもなく。


組織的謀略の匂いを感じるのは僕だけでしょうか?。
  1. 2014-04-16 09:27
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

中国人の感覚は

こういう中国人の実態を読んで考え込んでしまいました。
以前、テレビで文革のときの当事者の人たちの回想を見たことがあります。

当事者たちのアッケラカンとした話しぶりに驚きました。
あの悲惨な血を流した争いや親子が告発し合った過去を、まるで青春の一コマのように話していました。当事者がです。

中国人の感覚というか、常識というか、許容範囲というか、何か日本人と違う大きさ(良い意味ではありません)があるのではないかと思います。
そういう意味ではこのお話もありうる話だと感じます。

一時の必要性だけで、移民を受け入れるべきではありませんネ。
一時の必要性のために将来に禍根を残すことになります。
在日もその一つだと思います。
  1. 2014-04-16 13:28
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

To:taigenさん

> ゲーム理論で考える「上に政策あれば下に対策あり」=官と民の囚人のジレンマ―中国(岡本)
> http://kinbricksnow.com/archives/51809220.html
> アナーキズム
> http://ja.wikipedia.org/wiki/アナキズム
>
> シンガポールが良い例ですが支那人(華人、華僑を含む)に秩序を守らせるには厳罰を科するしかないのでしょう。


全く同感です。
実はタイで仕事をしていまして苦労したことの一つです。
私は日本的感覚であまり厳罰は好きではない。しかし彼らは厳罰を求めているのです。
エッと思われますが、彼らが厳罰がいいと言う。理由は真面目、不真面目の差別が真面目な連中にはインセンティブになるという事です。

こんな感覚は日本人にはわかりませんが、それが中国人、そしてその影響を強く受けた周辺の民族の共通の感覚なのでしょう。
  1. 2014-04-16 18:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:ガンダムさん

> 最近気になるのが神保町です。
> 古本屋街から靖国神社に向かって中華料理屋が増えた増えたで、試しに入ってみたら主人も使用人も中国人。
>
> 値段はワンビル程度ですが味もたいしたことなく、グルメに訴える要素はないしだいたい客もたいして入っていません。
>
> 儲かりもしないビジネスをやるにはなにしろ九段へ続く一等地ですから家賃が安いわけもなく。
>
>
> 組織的謀略の匂いを感じるのは僕だけでしょうか?。


私は田舎住まいなのでその辺りの事情は全く分かりませんが、私の住む田舎町でも中国人のラーメン屋などが増えていますね。
値段が安いので味は大したことないのですがまあいいかなと言う感じ。
私の街は主に台湾人ですが、中国人もいるかもしれません。

御心配の靖国周辺と言う特殊事情は有ると思います。
何せ奴らは日本のモノは何でもパクリますんでね。
厄介なのは彼らは漢字が読めるので余り大騒ぎしませんが沢山いる。
コリアは漢字が読めないのでハングル表示をしろと騒ぎますが、中国人は関係ないですからね。
気が付いたらいつの間にか周り全て中国人、そんな日が来そうで気になります。
  1. 2014-04-16 18:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

支那人というやつは

究極の個人主義者ですから在日の連中も決して一枚岩ではありませんから、その内容は多岐にわたります。
小生の知り合いの支那人には邦人と結婚し出国した人がいます。
この人はまず中国人との付き合いがありません。付き合いは本当に自分の一族だけ、です。

小生が知るなかでは本当に出稼ぎ気分の満州人がいました。その意味で一番胡散臭かったのは貿易の仕事で日本に来ているという香港人でしたね。スパイならあああいう連中なんだろうなということは如実に感じました。

こんな風に見てるとスパイという連中は案外見え見えかもしらんという気がします。

そのうえで言いますが戦争になったとしても案外すぐ瓦解するんじゃなかろうかという気がしてなりません。
  1. 2014-04-16 23:35
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

件のメルケルの発言は数年前(2010年)のものですが

今に至って状況は悪くなりこそすれ改善するはずもなく、その後、ブルガリア及ルーマニアの移民が急増し新たな火種となったことはわたしもエントリーにしたことがあります。

結論から言えば、移民問題はドイツでもわが国でも、グローバリズムの挑戦に対して国民国家はどう戦うか、ということに尽きるでしょう。つまり移民問題は、シナ人がどうのトルコ人がどうの、というレヴェルで語っては解決の道が拓けぬ、ということです。

EUというグローバリズムのフレームワークの中で、ドイツは他国の廉価な労働力で作った自国製品を売りまくった利益は、すべてグローバル資本に吸収され、そのつけは国民が支払うという構造が出来上がってしまいました。しかしメルケル与党(現在は中道左右両派の連立)はEU及EUROという「大義」を疑う気配は微塵もなく来る欧州議会選挙では、銭金ではなく人の統一欧州を、などととぼけた、あるいは的外れな、つまりグローバリズム的選挙スローガンを出すざまであります。

ゆえに他の反EU政党の勢力伸長に期待します。

この問題は民族と文化の差異を強調して他国民や多民族を排斥するのではなく、グローバリズムのフレームワークを拒否し、国民国家、国民経済を守る政治外交をする、という決心を固めることが肝要です。どうせ異民族と心底理解しあい和解できるということは不可能なのですから、その前提で付き合えばいいだけです。

この視点から見て安倍政権は支離滅裂な様相を呈しています。その内部に竹中などの輩のネオリベ・「構造改革」主義者・グローバリストを抱え込んでしまっているからです。

保守野党がここでも勢力を伸ばし、安倍総理が公明党やネオリベを斬ることができる条件ができることが肝心ですね。がしかし、安倍総理自身がはたしてネオリベなのかどうか判断がつきかねることは剣呑ではありますが・・・・・凹凸

  1. 2014-04-17 06:54
  2. URL
  3. 丸山光三 #S/NbrHps
  4. 編集

Re: 中国人の感覚は

> こういう中国人の実態を読んで考え込んでしまいました。
> 以前、テレビで文革のときの当事者の人たちの回想を見たことがあります。
>
> 当事者たちのアッケラカンとした話しぶりに驚きました。
> あの悲惨な血を流した争いや親子が告発し合った過去を、まるで青春の一コマのように話していました。当事者がです。
>
> 中国人の感覚というか、常識というか、許容範囲というか、何か日本人と違う大きさ(良い意味ではありません)があるのではないかと思います。
> そういう意味ではこのお話もありうる話だと感じます。
>
> 一時の必要性だけで、移民を受け入れるべきではありませんネ。
> 一時の必要性のために将来に禍根を残すことになります。
> 在日もその一つだと思います。


全く彼らの感覚は理解不能ですが、私はこんな風に見ています。
命の値段が安いのです。
例えば命の値段を百万円とします。月収10万円の人には10か月分、大金ですね。
でも月収1億円の人には数時間分にしかなりません。ほんの「はした金」です。
中国人の今現在の命の値段がいくらか知りませんが、多分こんな感じでしょう。
この感覚で物事を動かす、これが中国だと思います。
多分現在でも中国の命の値段はもっと安いと思います。航空機事故などで補償でもめますが原因はここですね。

これはタイの事例ですが、十年ほど前にこんな事例が有りました。
スタッフが仕事で深夜帰宅する時、交通事故を起こしました。被害者は警察官、重傷でした。
手術やら何やらで十数万バーツ(日本円で50万円ほど)ほどかかり大変でした。
その時その警察官の上司(!)の人からこう言われました。
「如何してその時もう一度轢き直して殺さなかったんだ、死ねば2万バーツ(約7万円ほど)で済んだのに」。
命の値段とはこんなものです。

こんな事を考えると一時の人手不足で移民受け入れなどもっての外ですね。
  1. 2014-04-17 06:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 中国人の感覚は

> こういう中国人の実態を読んで考え込んでしまいました。
> 以前、テレビで文革のときの当事者の人たちの回想を見たことがあります。
>
> 当事者たちのアッケラカンとした話しぶりに驚きました。
> あの悲惨な血を流した争いや親子が告発し合った過去を、まるで青春の一コマのように話していました。当事者がです。
>
> 中国人の感覚というか、常識というか、許容範囲というか、何か日本人と違う大きさ(良い意味ではありません)があるのではないかと思います。
> そういう意味ではこのお話もありうる話だと感じます。
>
> 一時の必要性だけで、移民を受け入れるべきではありませんネ。
> 一時の必要性のために将来に禍根を残すことになります。
> 在日もその一つだと思います。


全く彼らの感覚は理解不能ですが、私はこんな風に見ています。
命の値段が安いのです。
例えば命の値段を百万円とします。月収10万円の人には10か月分、大金ですね。
でも月収1億円の人には数時間分にしかなりません。ほんの「はした金」です。
中国人の今現在の命の値段がいくらか知りませんが、多分こんな感じでしょう。
この感覚で物事を動かす、これが中国だと思います。
多分現在でも中国の命の値段はもっと安いと思います。航空機事故などで補償でもめますが原因はここですね。

こんな事を考えると一時の人手不足で移民受け入れなどもっての外ですね。
  1. 2014-04-17 07:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 支那人というやつは

> 究極の個人主義者ですから在日の連中も決して一枚岩ではありませんから、その内容は多岐にわたります。
> 小生の知り合いの支那人には邦人と結婚し出国した人がいます。
> この人はまず中国人との付き合いがありません。付き合いは本当に自分の一族だけ、です。
>
> 小生が知るなかでは本当に出稼ぎ気分の満州人がいました。その意味で一番胡散臭かったのは貿易の仕事で日本に来ているという香港人でしたね。スパイならあああいう連中なんだろうなということは如実に感じました。
>
> こんな風に見てるとスパイという連中は案外見え見えかもしらんという気がします。
>
> そのうえで言いますが戦争になったとしても案外すぐ瓦解するんじゃなかろうかという気がしてなりません。


中国の軍備拡張が盛んに言われていますが、世界の軍隊でどこが一番強いのか、そんな事を調べているモノが有るそうですね。
そこで世界で最も弱い軍隊は中国と韓国だ、そう言われているそうです。
その理由が究極の個人主義、自分さえ助かれば後はどうなっても良い、これらしいです。

中国の崩壊はいよいよ始まったらしい、そんな時この中国人の国民性は世界の脅威でしょう。
日本も国、地方、企業、個人、色んなレベルで考えないといけないですね。
  1. 2014-04-17 07:13
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 件のメルケルの発言は数年前(2010年)のものですが

> 今に至って状況は悪くなりこそすれ改善するはずもなく、その後、ブルガリア及ルーマニアの移民が急増し新たな火種となったことはわたしもエントリーにしたことがあります。
>
> 結論から言えば、移民問題はドイツでもわが国でも、グローバリズムの挑戦に対して国民国家はどう戦うか、ということに尽きるでしょう。つまり移民問題は、シナ人がどうのトルコ人がどうの、というレヴェルで語っては解決の道が拓けぬ、ということです。
>
> EUというグローバリズムのフレームワークの中で、ドイツは他国の廉価な労働力で作った自国製品を売りまくった利益は、すべてグローバル資本に吸収され、そのつけは国民が支払うという構造が出来上がってしまいました。しかしメルケル与党(現在は中道左右両派の連立)はEU及EUROという「大義」を疑う気配は微塵もなく来る欧州議会選挙では、銭金ではなく人の統一欧州を、などととぼけた、あるいは的外れな、つまりグローバリズム的選挙スローガンを出すざまであります。
>
> ゆえに他の反EU政党の勢力伸長に期待します。
>
> この問題は民族と文化の差異を強調して他国民や多民族を排斥するのではなく、グローバリズムのフレームワークを拒否し、国民国家、国民経済を守る政治外交をする、という決心を固めることが肝要です。どうせ異民族と心底理解しあい和解できるということは不可能なのですから、その前提で付き合えばいいだけです。
>
> この視点から見て安倍政権は支離滅裂な様相を呈しています。その内部に竹中などの輩のネオリベ・「構造改革」主義者・グローバリストを抱え込んでしまっているからです。
>
> 保守野党がここでも勢力を伸ばし、安倍総理が公明党やネオリベを斬ることができる条件ができることが肝心ですね。がしかし、安倍総理自身がはたしてネオリベなのかどうか判断がつきかねることは剣呑ではありますが・・・・・凹凸


なるほどねえ、ドイツの事情、良く分かります。有難うございます。
日本が考えねばいけないのはこれですね。
>ドイツは他国の廉価な労働力で作った自国製品を売りまくった利益は、すべてグローバル資本に吸収され、そのつけは国民が支払うという構造

そこにもう一つ、グローバル資本主義からの見えざる圧力です。
昨年「バイデンの失望した騒動」でその一端が漏れました。
このグローバル資本からの圧力はドイツも日本も同じではないでしょうか。
メルケルさんがいくら頑張ってもグローバル資本主義のカネの力には対抗するのが難しい。

今回のウクライナ問題でグローバル資本主義がいかに多額のカネをつぎ込んでいるか、いかに怪しげな連鋳を使っているか、そんな事が良く分かりました。
何と味方を撃って、それに怒った連中がデモを暴動にする、実に狡猾な事をするもんです。
実はタイでも同様な事が起こっていますので良く分かります。
都合の悪い所を撮影したらしい日本人カメラマンも射殺されましたしね。

これからの何年かはまさに混沌の時代になるんでしょう。
そんな時代だからこそ真の敵は何処なのか、良く見ないといけない。

最近安倍さんは迷走していると盛んに言われますが、グローバル資本主義の圧力を全部はねつければ戦争になる。仕方なくいくつかは飲まざるを得ない。今はこんな時期ではないでしょうか。
私は一杯不満は有るが、しかしそれでも安倍さん以外の選択肢はない、だから支持していけばきっと道は開ける。こう見ています。
  1. 2014-04-17 07:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

日本を中国化する移民には絶対反対 中国人を甘く見てはいけない。

こんにちは

ご無沙汰しています。
最近はストレスのせいかブログも放置気味です。
当地は相変わらず、太陽も見えずどんよりしてますが、
中国人は元気ですね~記事の内容は概ね正しいと思いますよ。
やつらは「仕方がないこと」と済ませます。ああ、勿論謝罪なんて
概念がないんです。自分の関係者以外は、所詮「石っころ」なんです。
もちろん取り調べした刑事も、石っころ程度。自分にマイナスの相手なんです。

中国はとにかく棄民したくて仕方が有りません。流石に間引きは出来ませんから
どんな土地でも送り出す。もちろん日本へも例外では有りません。

もっとも、日本各地の領事館が広大な土地や施設を欲しがるのは
「日本の香港化」「凖領土化」なんですよ。領事館を元に
日本の「土地所有」という制度を使い合法的に領土を広げる。

そのうち日本にも、「南京虐殺記念碑」も建立されるでしょ。
売春婦像より先に。

日本も相手国の土地所有法を相互承認する制度に変えて日本人が土地を
買えない国には購入をさせない、制度に変更しないと駄目ですよ。
そもそも、民法では被相続人の国籍により相続法が変わるのに矛盾してますね。

毎日中国で生活していると、こんな人達が日本に行けば
間違いなく日本が壊される。そう思わざる得ません。
何十年も、街を汚し他者への思いやりもなく、自己主張のみに徹して
反日ドラマを見ている人が、そう簡単に日本に溶け込めるはずが有りません。

日本に来た残留孤児の一家を見ていれば明白です。苦労なく日本に来る
中国人は日本に来ても結局は社会に溶け込めず中国人の中でしか生きて
いけないんです。堺の国保詐欺や大阪の集団生活保護申請がその例です。

既に日本は中国棄民で危機的な状況です。
早く止めないと日本は大変な事になります。

日本をアメリカや欧州のようにしてはいけません
  1. 2014-04-17 11:44
  2. URL
  3. トロ #-
  4. 編集

「移民入れろ!入れろ!」
これ、やはりアメリカ辺りから圧力がきてるんです。
http://www.accj.or.jp/ja/news-a-media/press-releases/doc_view/395-accj-


ところで、この映画御覧になりましたか?まだ観てないけど、観たいようなー観たくないようなー。
「自由と繁栄の孤」というけど、よく考えると東南アジアも民主主義の国はあまりないような…。なかなか難しいですね。
http://itest.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1395778359/l50

http://takushi.blog.jp/archives/51982181.html

因みに、オバマ米大統領はこの事件の後全ての国外にいたインドネシア人が呼び戻されたことを受けて継父とともにインドネシアに移住してるんですね。すごい頃にインドネシアにいたんですね。
それとインドネシアにはオランダ人が今も1000万人くらい残ってるんですね。そして軍の管理クラスにいたりする。彼らはこの頃何してたのか気になりました。
  1. 2014-04-17 14:31
  2. URL
  3. JJ #HGUbXp8.
  4. 編集

スレ違いですみませんが・・・・

 エントリーの内容に関係が無くて恐縮ですが、アメリカでトヨタとヒュンダイってライバルでしたか?

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397724778/-100


  1. 2014-04-17 19:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 日本を中国化する移民には絶対反対 中国人を甘く見てはいけない。

> こんにちは
>
> ご無沙汰しています。
> 最近はストレスのせいかブログも放置気味です。
> 当地は相変わらず、太陽も見えずどんよりしてますが、
> 中国人は元気ですね~記事の内容は概ね正しいと思いますよ。
> やつらは「仕方がないこと」と済ませます。ああ、勿論謝罪なんて
> 概念がないんです。自分の関係者以外は、所詮「石っころ」なんです。
> もちろん取り調べした刑事も、石っころ程度。自分にマイナスの相手なんです。
>
> 中国はとにかく棄民したくて仕方が有りません。流石に間引きは出来ませんから
> どんな土地でも送り出す。もちろん日本へも例外では有りません。
>
> もっとも、日本各地の領事館が広大な土地や施設を欲しがるのは
> 「日本の香港化」「凖領土化」なんですよ。領事館を元に
> 日本の「土地所有」という制度を使い合法的に領土を広げる。
>
> そのうち日本にも、「南京虐殺記念碑」も建立されるでしょ。
> 売春婦像より先に。
>
> 日本も相手国の土地所有法を相互承認する制度に変えて日本人が土地を
> 買えない国には購入をさせない、制度に変更しないと駄目ですよ。
> そもそも、民法では被相続人の国籍により相続法が変わるのに矛盾してますね。
>
> 毎日中国で生活していると、こんな人達が日本に行けば
> 間違いなく日本が壊される。そう思わざる得ません。
> 何十年も、街を汚し他者への思いやりもなく、自己主張のみに徹して
> 反日ドラマを見ている人が、そう簡単に日本に溶け込めるはずが有りません。
>
> 日本に来た残留孤児の一家を見ていれば明白です。苦労なく日本に来る
> 中国人は日本に来ても結局は社会に溶け込めず中国人の中でしか生きて
> いけないんです。堺の国保詐欺や大阪の集団生活保護申請がその例です。
>
> 既に日本は中国棄民で危機的な状況です。
> 早く止めないと日本は大変な事になります。
>
> 日本をアメリカや欧州のようにしてはいけません


お久しぶりです。お元気そうで何より。
仰る話、一つ一つ納得できます。
でも日本にもいるんですよね、売国と唐様に書く3代目、By.ポッポ、こんな輩が。
今年、来年と日本の百年の計が定まる年だと思っています。
但しやることはゴマンと有り、皆の力の結集が必要です。
いろんな方が持ち場、立場で意見や情報を発信する、異論もあるでしょうがそこを一つずつ議論してゆく。
こんな事しか思いつきません。
苦しいですが手を抜くわけにはいかないですね。

そんな意味でトロさんの情報。私にはとても貴重です。
これからも宜しくお願いします。
  1. 2014-04-17 21:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:JJ さん

> 「移民入れろ!入れろ!」
> これ、やはりアメリカ辺りから圧力がきてるんです。
> http://www.accj.or.jp/ja/news-a-media/press-releases/doc_view/395-accj-
>
>
> ところで、この映画御覧になりましたか?まだ観てないけど、観たいようなー観たくないようなー。
> 「自由と繁栄の孤」というけど、よく考えると東南アジアも民主主義の国はあまりないような…。なかなか難しいですね。
> http://itest.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1395778359/l50
>
> http://takushi.blog.jp/archives/51982181.html
>
> 因みに、オバマ米大統領はこの事件の後全ての国外にいたインドネシア人が呼び戻されたことを受けて継父とともにインドネシアに移住してるんですね。すごい頃にインドネシアにいたんですね。
> それとインドネシアにはオランダ人が今も1000万人くらい残ってるんですね。そして軍の管理クラスにいたりする。彼らはこの頃何してたのか気になりました。


情報ありがとうございます。有りましたねえ、こんな所にソースが有ったんですね。
この話、私も拡散で使わせていただこうと思います。
その節はよろしくお願いします。
こんな外圧が有るので最近の安倍さんはフラフラ迷走しているように見える。
これに嵌って国民が安倍さんなんか駄目だ、こう言いだせばそれこそ敵の思うツボ。
今こそ国民がしっかり安倍さんを支持、激励しないといけないですね。
何せバイデンに靖国問題で文句言われても「ノー」と言ったんですから。

それからインドネシアの問題。これは難しいです。
一言で言ってスカルノは独立の英雄です。間違いありません。
しかし問題の時期にはスカルノは完全に共産主義者(特に毛沢東)に取り込まれていました。
このままではソ連、中共と同じ運命、この危機感がクーデターに結びつきます。
以下が参考になります。
http://www.mochida.net/hiwa/hiwa03.html

結果としてクーデターは良かったと思います。でないとインドネシアもカンボジアと同じ運命だったでしょう。
  1. 2014-04-17 21:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: スレ違いですみませんが・・・・

>  エントリーの内容に関係が無くて恐縮ですが、アメリカでトヨタとヒュンダイってライバルでしたか?
>
> http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397724778/-100


お元気になられましたか、風邪だったそうで大事にしてください。
皆さんが心配してます。

所でヒュンダイの件です。
心情的には全く敵じゃない、ライバル? そんなモノじゃない。とこれが当たり前の答えですが・・・

技術・品質・メンテナンスなどなど、絶対圧倒的な優位にあります。
そんな意味ではライバルではありません。
しかし特に厄介な事が有ります。
アメリカには技術も品質も関係ない、とにかく安ければそれで良いんだ、こんな顧客層がいます。
黒人やヒスパニックなどが代表ですが、白人にも沢山います。
勿論アメリカ以外にも沢山います。
こんな人には見てくれがマアマアで品質もマアマアなら安ければ買う。
こんな車に勝つのは並大抵じゃありません。
価格と言う面では強敵と言っても良いでしょう。トヨタがライバル視するのは正しくこの一点です。
しかしコストとの戦いは難しいです。際限もありません。
タイで苦労したのも正にこの一点がテーマ。しかも品質を落とすなんてことは絶対に出来ない。
まあ、こんな所です。

コストとの戦いは永遠のテーマですが難しいですね。
  1. 2014-04-17 21:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する