2014-03-29 16:58

外人に電車の乗り方を教える

 この頃鉄道の駅に行って不愉快な事、アチコチの案内板に中文(簡体字)とハングル(朝鮮語)が書いてある事だ。
国際化だなどと言ってそんな事をしているらしいが的外れである。
そんな事を考えていたら裏の桜さんがこんなエントリーをアップされている。

異様なまでに「中国語」「韓国語」に拘る・媚びる・・・案内表示
http://sakuraura.blog.fc2.com/blog-entry-2792.html

詳細は上掲リンク先参照ください。

私も全く同感で、常々苦々しく思っていた。

そこでもう15年以上前だが名古屋駅で見知らぬ外人さんを電車に載せた経験をちょっと書いてみたい。
外人さんに何が必要か、そんな事が分かると思う。


ある朝、私は名古屋から広島に出張の為新幹線名古屋駅に急いでいた。
ローカル線の名鉄電車を降りて地下街を歩いている時、雑踏の中で「エクスキューズ ミー」と言う声が聞こえた。思わず立ち止まって声のした方を見てみると・・・
荷物をいっぱい持ったアジア系の風貌のビジネスマンが壁際で途方に暮れていた。
周りは朝の雑踏の中、「エクスキューズ ミー」と言っても誰も振り返らない。ちょうど今頃の陽気で別に暑いわけでもないのに汗をかいている。
幸い少し時間が有ったので声をかけてみた。

聞いてみると朝早くの新幹線で名古屋について、今から各務ヶ原(岐阜県)の川崎重工業に行くとの事。
航空機関係のエンジニアだったのだろうか。
日本語も中国語も全く喋れないし読めない。
アメリカの会社で誰かからこの様に行けと道順を書いてもらったものを持っているだけ。
それを見せて「助けてほしい」と言う。

名古屋駅から各務ヶ原までは名鉄電車で岐阜に出てそこで各務ヶ原線に乗り換えていくのだが、名鉄電車の駅が何処なのかすらさっぱり分からないと言う。
兎に角オイラについてきな、そう言って名鉄名古屋駅まで案内した。
タイムテーブル(時刻表)はこれ、料金表はこっちと説明しても全部日本語で理解不能。
ポケットから小銭を掌一杯出して此れで買ってくれと言う。

参考までにネットで拾った現在の名鉄料金表
2014-3-29名鉄電車料金表
 
これを見ると主要駅は小さな字だがローマ字表記が有る。
しかし当時は全くなかった。此れでは切符も買えないのは当たり前。

切符を買ってやり、時刻表を指さしてこの時刻に出るこの電車に乗れ、そう言ってGATE(改札口)はここと言って教えた。
勿論時刻表も日本語だけ、これでは分からないのが当たり前。

改札口で岐阜方面に行く人いませんかと声をかけ、「済みません、この人アメリカ人だけど各務ヶ原まで行くので岐阜行の特急が間もなくですので乗せてやってくれませんか」、そうお願いした。
幸い引き受けてくれた方がいた。有りがたい話だった。

彼はサンキュウ、サンキュウと言ってホームに向かったが無事着いただろうか・・・

私の体験はこんなモノです。
しかしこれで外国人に本当に必要なものが分かると思います。
つまりブロークンでも何でも兎に角読めて喋れる言葉、それは英語しかありません。
何人であろうとも英語で書いてあれば兎に角何とかなるのです。

今一番必要なのは英語で書いてある事、それが一番重要なのです。
裏の桜さんがとり上げたJR東海と東日本の話で、JR東海が兎に角「英語が重要」と言っているのは正にその通りなのです。

こんな話で中国と韓国が、特に韓国がブーたれているようですが、不思議な事に台湾などは一言も文句を言いません。
台湾人は日本語の漢字は殆ど読めるので問題ないのです。実は中国人も殆ど読めます。
読めない、読もうとしないのは韓国人だけ。
タイ人を日本に何度もつれて行きましたが同じです。英語さえあれば別に困りません。

最後にこの問題の本質、それが裏の桜さんのエントリーのタイトルに現れています。
異様なまでに「中国語」「韓国語」に拘る・媚びる」、これです。
もう日本はこの2カ国に媚びるのを止めましょう。
媚びるほどつけあがるのですから。
  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

日常生活の中で頻繁に「こだわりの~○○」という表記を見かけるのですが,こだわりという言葉を誤って使用しているなと普段から思っています.こだわりという言葉は本来は良い意味を持たせる場合に用いる言葉ではありません.目を向けるべきものを無視して一つものに固執することを指しています.故に本記事中のような「ハングルに拘る」という使い方が正しいこだわりの使用方法です.注力するべき英語を蔑ろにして,ハングルに拘っていては知らず知らずの内に本質を失ってしまうと思います.

国内における在日勢力は強大なものがありますから,異常にハングルがプッシュされるものも偶然ではないでしょう.各業界に張り巡らされた在日の根が後支しこれからも機会があるごとに無理矢理にでも南朝鮮関連の事物が捩じ込まれてくるのではないかと危惧しています.
  1. 2014-03-29 18:25
  2. URL
  3. 機械 #A8QbdI1s
  4. 編集

To:機械さん

> 日常生活の中で頻繁に「こだわりの~○○」という表記を見かけるのですが,こだわりという言葉を誤って使用しているなと普段から思っています.こだわりという言葉は本来は良い意味を持たせる場合に用いる言葉ではありません.目を向けるべきものを無視して一つものに固執することを指しています.故に本記事中のような「ハングルに拘る」という使い方が正しいこだわりの使用方法です.注力するべき英語を蔑ろにして,ハングルに拘っていては知らず知らずの内に本質を失ってしまうと思います.
>
> 国内における在日勢力は強大なものがありますから,異常にハングルがプッシュされるものも偶然ではないでしょう.各業界に張り巡らされた在日の根が後支しこれからも機会があるごとに無理矢理にでも南朝鮮関連の事物が捩じ込まれてくるのではないかと危惧しています.


元々拘るとは些細などうでもいい事に何時までも拘泥する事を指していたはずです。
そういう意味では今の言葉はおかしいですね。
まあそれにしても最近のはんぐるの反乱ぶり、目に余ります。
彼らは日本にハングルを氾濫させることで何か優越感を感じるようです。
そんな妙な心理が有るのでこれからもハングルを浸透させようと蠢くのでしょう。
残念ながら彼らは裏金を使うのが上手いです。
賄賂を渡すとき、賄賂が効果が有るかどうか、それが渡す側にはわかると言います。
この人はわいろを渡しても効果が無い、この人は賄賂を欲しがっている、そう言う事が分かる。
日本人にもわきの甘い連中が沢山いますので仕方ないですね。
  1. 2014-03-29 20:21
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

今から30年位前のことです。

東京の地下鉄のある駅でお上りさん風の40歳位の女性がどの電車に乗っていいのか迷ってました。
少し暇があったので関わってみると、どうも外国人らしい。
そこで英語に切り替えてしゃべると、
「いや、勉強してるので日本語でお願いします。3週間前に韓国から来ました。まだ日本語がうまくありません」
と日本語で応じて来ました。話は簡単で前に乗った電車と行き先が違うのでこれに乗っても大丈夫かということで簡単に終わりましたが、驚いたのはそのおばさんの言語習得の早さでした。

話を聞いてみるとどうもどこかの医科大学の教授らしい。留学はアメリカらしかったようですが日本は初めてとのこと。

本当に3週間ですか? 
ええ勉強したのはそうです。でも韓国人ならまだかなりの人が日本語分かるんじゃないでしょうか。
どうしてですか? 
漢字がたくさん入ってる新聞記事なら何もしなくても7割は分かりましたから。
じゃあ逆もそうなのですか?
漢字で表せば今でもそうでしょうね、でも今は漢字を使いませんから…
それにしても憶えられるのが早いですね。
自分は父に将来絶対必要になると漢字を叩きこまれましたからそれが良かったのです。日本に来てその意味が本当によく分かりました。韓国語と思ってた言葉が皆日本のものだったんだから…
じゃあこれからは?
若い人たちは漢字がぜんぜんダメです。日本語を学ぶということだけじゃなくもっと大きな問題が起こるかもしれない、そんな気がします。

こんな話をして目的の駅についたので分かれましたが、いま考えてみるとえらい示唆的な会話だったなあと思います。漢字世代の韓国人ならば書き言葉を取得するのはほとんど造作もなかったわけです。そして読み方はほとんど機械的に変更すれば良い。彼等が修得するのは漢字の壁がないとすればほんとうに簡単だったのです。

外国、とりわけ日本にハングルの使用を強要する最大の理由は連中の知的能力の劣化である、と言うのが小生の結論です。漢字分かるんだもん、それでわかるから大丈夫だよ、というのが事実だったわけです。

ところが今はそういきません。だからハングルというとんでもないことをやらかしてるわけです。
迷惑な連中です。
  1. 2014-03-30 18:57
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: 今から30年位前のことです。

> 東京の地下鉄のある駅でお上りさん風の40歳位の女性がどの電車に乗っていいのか迷ってました。
> 少し暇があったので関わってみると、どうも外国人らしい。
> そこで英語に切り替えてしゃべると、
> 「いや、勉強してるので日本語でお願いします。3週間前に韓国から来ました。まだ日本語がうまくありません」
> と日本語で応じて来ました。話は簡単で前に乗った電車と行き先が違うのでこれに乗っても大丈夫かということで簡単に終わりましたが、驚いたのはそのおばさんの言語習得の早さでした。
>
> 話を聞いてみるとどうもどこかの医科大学の教授らしい。留学はアメリカらしかったようですが日本は初めてとのこと。
>
> 本当に3週間ですか? 
> ええ勉強したのはそうです。でも韓国人ならまだかなりの人が日本語分かるんじゃないでしょうか。
> どうしてですか? 
> 漢字がたくさん入ってる新聞記事なら何もしなくても7割は分かりましたから。
> じゃあ逆もそうなのですか?
> 漢字で表せば今でもそうでしょうね、でも今は漢字を使いませんから…
> それにしても憶えられるのが早いですね。
> 自分は父に将来絶対必要になると漢字を叩きこまれましたからそれが良かったのです。日本に来てその意味が本当によく分かりました。韓国語と思ってた言葉が皆日本のものだったんだから…
> じゃあこれからは?
> 若い人たちは漢字がぜんぜんダメです。日本語を学ぶということだけじゃなくもっと大きな問題が起こるかもしれない、そんな気がします。
>
> こんな話をして目的の駅についたので分かれましたが、いま考えてみるとえらい示唆的な会話だったなあと思います。漢字世代の韓国人ならば書き言葉を取得するのはほとんど造作もなかったわけです。そして読み方はほとんど機械的に変更すれば良い。彼等が修得するのは漢字の壁がないとすればほんとうに簡単だったのです。
>
> 外国、とりわけ日本にハングルの使用を強要する最大の理由は連中の知的能力の劣化である、と言うのが小生の結論です。漢字分かるんだもん、それでわかるから大丈夫だよ、というのが事実だったわけです。
>
> ところが今はそういきません。だからハングルというとんでもないことをやらかしてるわけです。
> 迷惑な連中です。


良い経験をされましたね。貴重な体験だったと思います。
戦前の場合だったら日本・中国・韓国・それにベトナムまで漢字文化圏なので筆談が可能。
戦前日本に来た中国人留学生などは日本に1週間いれば言葉は分かる、話せなくても書けば通じる。そう言っていたそうです。
実は私の母親は80歳過ぎてから香港に行きましてニコニコして帰ってきました。
曰く、香港は良い、喋っている言葉は分からないが文字を見れば意味が分かる。
ガソリンスタンドは油場と書いてある、店でディスカウントは一減再減と書いてあるから分かる、そう言ってました。
これが表意文字のいい所だったんです。中国などは方言がきつくて喋ったのではほとんど通じない所が多い、だから漢字が普及したと何かの本で読みました。

kazkさんの話された韓国からの人も良いお父さんに恵まれたのでしょうね。
日本に来て初めて本当の歴史が分かった、そうだと思います。

だからハングルしか使わせない、これこそ愚民養成政策の最たるものでしょう。
何かの本で読んだのですが、ハリーポッターを韓国語に訳すと日本語や英語で1冊の本が4冊になるそうです。無理もないと思います。

Kazkさんは「知的能力の劣化」と指摘していますが正しく正鵠を射ている、そう思います。
それこそ簡単な言語の致命的な欠陥です。
私は海外で仕事をしてきました。主にタイですが一部インドネシア、ほんの少々フィリッピンです。
結論は難しい技術などの話は現地の言葉では無理、語彙が少なすぎるのです。

そんな意味でハングルは漢字で表せばいいものをハングル表記なので同音異義が多すぎ。
結局自ら愚民になることを選んだという事でしょう。
正しく迷惑千万ですね。
  1. 2014-03-30 20:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

短足おじさん こんにちは

ポスコの件ではおつかれさまでした。
昨日ポスコの件で韓国新聞に情報が載ってましたが、ロシヤの監督者が・・・、インドネシヤの未熟練者が・・・と言い訳が乗ってましたがどこまで信用すればいいのやら、ほんとつかれますね。

さて本題ですが、この記事を読んでいて、わたしも20年前ぐらい前に仕事の関係で名古屋から特急南紀に乗って四日市に向かっていたとき、たしかオーストラリア人から伊勢神宮に行きたいがどうすればいいのかと、声をかけられたことを思い出しました。

それなら始めから近鉄に乗れば楽なのにと思いましたが、よく聞くと外人さんは入国時に、JRのフリーパスが購入できるらしくそれを使って安くいこうとしたらしい。

 私も横文字は大大の苦手で大汗をかきながら片手に時刻表、もう一方に英語辞書を持ちながら説明した事を思い出しながら読まさせていただきました。

 しかし、外国に旅行しようとしているのにその国の言語の辞書も持たずに行って、言葉が通じないと文句を言うのはどうかとおもいますね。ソチでも英語が使えないとクレームがあがってましたが。

 そんなに中国や韓国ばかりに媚を売る必要もないでしょう。そのうちフランスからうちの言語が載ってないとクレームをつけられたりして。
  1. 2014-04-01 15:57
  2. URL
  3. セブン #-
  4. 編集

To:セブンさん

> 短足おじさん こんにちは
>
> ポスコの件ではおつかれさまでした。
> 昨日ポスコの件で韓国新聞に情報が載ってましたが、ロシヤの監督者が・・・、インドネシヤの未熟練者が・・・と言い訳が乗ってましたがどこまで信用すればいいのやら、ほんとつかれますね。
>
> さて本題ですが、この記事を読んでいて、わたしも20年前ぐらい前に仕事の関係で名古屋から特急南紀に乗って四日市に向かっていたとき、たしかオーストラリア人から伊勢神宮に行きたいがどうすればいいのかと、声をかけられたことを思い出しました。
>
> それなら始めから近鉄に乗れば楽なのにと思いましたが、よく聞くと外人さんは入国時に、JRのフリーパスが購入できるらしくそれを使って安くいこうとしたらしい。
>
>  私も横文字は大大の苦手で大汗をかきながら片手に時刻表、もう一方に英語辞書を持ちながら説明した事を思い出しながら読まさせていただきました。
>
>  しかし、外国に旅行しようとしているのにその国の言語の辞書も持たずに行って、言葉が通じないと文句を言うのはどうかとおもいますね。ソチでも英語が使えないとクレームがあがってましたが。
>
>  そんなに中国や韓国ばかりに媚を売る必要もないでしょう。そのうちフランスからうちの言語が載ってないとクレームをつけられたりして。


ポスコの件は昨日の新聞記事を見てもどうも信用できない、それで私も次のエントリーに出来なくて困っています。もう少し信用できる情報が有ればいいのですが・・・
所でオーストラリア人相手に苦労されたとの事、大変だったでしょう、でもいい経験ですね。

日本語の難しい所、それは一言で言えば「読めない文字は辞書を引くこともできない」、これでしょうね。
漢和辞典を引いたことが有ると思いますが、漢和辞典は読めない文字を如何するか、部首でみて画数でみる。こんな事しか出来ないんですね。
私はタイとインドネシアが仕事の対象でしたが、インドネシア語は楽でした。
何せアルファベット表記なのでいくらでも辞書が引ける。インドネシアの会社からお役所の文書などを送ってもらっても辞書を引きながら何とか理解できました。
それに対しタイ語は全くダメでした。読めない文字は取りつく島が無い、苦労しました。

セブンさんのような経験をされた方が増えてくれば日本は良くなるのですがねえ。
  1. 2014-04-01 16:37
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する