2014-02-21 12:14

物騒な話

 物騒な話が聞こえてきた。中国が尖閣問題で戦争を仕掛けてくるのだとか。
それをアメリカ海軍の情報としてワシントンタイムズが報じたのだそうだ。

最初にそれを報道する産経の古森義久さんの記事から

<以下引用>

中国が日本との戦争を準備!   古森義久
2014.02.21 Friday name : kajikablog

<どうしても気になるニュースです。米軍の現役の軍人が「中国人民解放軍はいま日本との短期の戦争の準備をしている」と発言したというのです。

この動きはワシントンの報道陣でも国家安全保障問題では最も実績があるとされるビル・ガーツ記者により本日2月20日付のワシントン・タイムズで報じられました。昨夜19日夜にはすでにフォックス・ニュースTVが報じています。

ガーツ記者の記事の要旨は以下です。

▽アメリカ海軍太平洋艦隊の諜報情報作戦部長のジェームズ・ファネル大佐は2月13日のサンディエゴでの会議で「中国人民解放軍は最近、東シナ海で日本の自衛隊を撃滅する作戦に備えるという新たな作戦命令を上部から与えられた」と述べた。

▽ファネル大佐の発言によれば、中国軍はそのために日本との短期の集中した戦争を始めるための準備を開始した。中国側の狙いは尖閣諸島周辺の日本側の海上兵力を破壊し、尖閣諸島を占領し、場合によっては琉球諸島の南部までも占拠することにある。

▽ファネル大佐はまた、中国軍はこれまで実際の軍事行動の対象としては台湾だけを念頭におき、そのための海軍、空軍、水陸両用上陸戦力などを増強してきたが、いまや標的は台湾だけでなく、日本が新たに加えられた。

最重要な点は上記です。とりあえずのお知らせです。

http://blog.kajika.net/?eid=1006574
又は
http://melma.com/backnumber_45206_5983184/

<引用終り>

全く物騒な話である。そしてこんな事が日本のマスゴミで報道されることは先ず無い。
しかし昨年1月、中国は戦争の準備をしろと言う命令が出たことは産経で報道されている。


<以下引用>

「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示 (産経新聞) 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130114/chn13011419050004-n1.htm
2013.1.14 19:03  産経新聞


 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。

 沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。

 解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を直接連想させる表現はなかった。

 中国指導部が戦争準備に向けて大きく一歩踏み込んだことがうかがえる。

 同紙は今年の訓練目標について、昨年11月に就任した習近平・中央軍事委員会主席の重要指示に基づいて作成したと解説している。

 また、中国の主要メディアは今年に入って、「尖閣戦争」を想定した番組を連日のように放送している。中国軍事科学学会の副秘書長、羅援少将や、元海軍戦略研究所長の尹卓少将ら多くの軍関係者が出演し、主戦論を繰り広げている。そのほとんどは習総書記と同じく太子党(元高級幹部の子弟)のメンバーで、習総書記の意向が反映している可能性が高い。

 一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほとんどメディアに呼ばれなくなったという。ある日本研究者によると、最近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで、「論争の中心は対日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようになった」という。

 共産党筋によれば、習近平総書記は昨年11月の党大会で、軍人事の主導権を胡錦濤国家主席が率いる派閥に奪われた。習氏は現在、軍内の保守派と連携して、日本との軍事的緊張を高めることで、自身の求心力を高め、主導権を取り返そうとしているとみられる。

上記リンク先はリンク切れなのだが、以下のブログなどで読むことが出来ます。
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/596.html

<引用終り>

全く困った国が隣にあるモノだが、上掲産経の記事が本当かどうか、中国在住のトロさんのブログでは現地の生の声を聴くことが出来る。

<以下トロさんのブログより引用>

中国 南京を記憶遺産
2014-02-17 18:21:41

上海は雨です。
ホテルで、引きこもり状態。
仕方なく、テレビを見ていると、
南京の記念館を記憶遺産に
登録申請としきりに、宣伝してます。
まあ、日本と中国に友好などあり得ません。
有るのは、見せかけの友好と利害、憎悪だけです。

中国は一方で被害者を装い、一方では強者を
国民に見せつけます。

しかし、テレビでは国営放送が
日常的に軍事番組を流すとか
平和を訴えるにはほど遠い現実が有りますね。


中国と言う国の扱いを真剣に考えないと
日本は取り返しのつかない汚点を残すことに
なります。

さて、扱いはなんとするか?
 
http://ameblo.jp/toro-999

<引用終り>

こんな話は日本のマスゴミは絶対に報道しない。
しかし日本人として覚悟すべきだろう。
ノホホ~ンと中国へ行って痛い目に合わない様、一人一人が考えるべきだと思う。
少なくとも毎日毎日テレビで反日報道、戦争を煽る報道を繰り返しているという事、それはそんな報道に洗脳された中国人がアチコチに一杯いるという事だ。

気をつけねばいけない事だと思う。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

こんばんは。

善隣友好、などとお花畑を眺めていると・・・

北京オリンピックでの、長野の聖火リレーで見られたように、日本に居る中国人は、本国の指令でテロリストと化すでしょう。
国内が混乱すれば、国土防衛が出来るかどうか、ましてや離島防衛などこのままでは困難でしょう。やられたら即やり返せる体制を整えておかないとどうにもなりません。
中国人の敵への暴行虐殺は、通州事件で見られる通りの悪逆非道なものです。用心し過ぎるという事はありません。
  1. 2014-02-22 00:29
  2. URL
  3. 無才 #-
  4. 編集

まあ、備えそして戦うしかないでしょうな。

私は1人の日本人として国のために自分の命を使い捨てられる人間でありたいと思います。


さてそれにしても自衛隊の兵器もマッハ4で飛翔し、最後は光学誘導するのでステルスも効かない4式誘導弾など中国に痛い目あわせる実力は十分あります。


また考えなければならないのは、基地外じみた戦争に訴えなければならない中国の事情ですね。

座して死を待つよりはな内部事情があるのは事実のようです。
つけ込みたいものです。

安倍総理が掲げ実行している自力国防が効果を発揮してくれると信じます。

敢然と日本人が立ち向かえば、世界恐慌でぼやけた世界の正義も目を覚ますときが来ると思います。
  1. 2014-02-22 00:29
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

Re: こんばんは。

> 善隣友好、などとお花畑を眺めていると・・・
>
> 北京オリンピックでの、長野の聖火リレーで見られたように、日本に居る中国人は、本国の指令でテロリストと化すでしょう。
> 国内が混乱すれば、国土防衛が出来るかどうか、ましてや離島防衛などこのままでは困難でしょう。やられたら即やり返せる体制を整えておかないとどうにもなりません。
> 中国人の敵への暴行虐殺は、通州事件で見られる通りの悪逆非道なものです。用心し過ぎるという事はありません。


同感です。少なくとも中国・韓国・北朝鮮には善隣友好など有りえませんね。
中国などは未だに日本からODAで援助しているのですが、そんな事はおくびにも出さない。

問題は日本の中にいる蛆虫どもです。
若し中国が尖閣を盗みに来れば必ず騒ぎ出します。
曰く、憲法9条だ、戦争は何が何でも悪だと。
そんな基地外を纏めて駆除しないかぎり日本の平和は有りません。
  1. 2014-02-22 10:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:ガンダムさん

> まあ、備えそして戦うしかないでしょうな。
>
> 私は1人の日本人として国のために自分の命を使い捨てられる人間でありたいと思います。
>
>
> さてそれにしても自衛隊の兵器もマッハ4で飛翔し、最後は光学誘導するのでステルスも効かない4式誘導弾など中国に痛い目あわせる実力は十分あります。
>
>
> また考えなければならないのは、基地外じみた戦争に訴えなければならない中国の事情ですね。
>
> 座して死を待つよりはな内部事情があるのは事実のようです。
> つけ込みたいものです。
>
> 安倍総理が掲げ実行している自力国防が効果を発揮してくれると信じます。
>
> 敢然と日本人が立ち向かえば、世界恐慌でぼやけた世界の正義も目を覚ますときが来ると思います。


ガンダムさんの様な方がみえることは心強い限りです。
中国などは良く吠える犬と同じ、今はきゃんきゃん言っていますがひと睨みで尻尾を巻くでしょう。
問題はアメリカです。
中国から多額の銭を負け上げている連中が銭が無くなるので騒ぎ出す。
これが一番厄介ですね。

今日新聞を見ていて気が付いたのですが、中国の自動車市場の話。
GMは世界市場に占める中国市場のシェアーは3割以上だとか。これでは日本などクソくらえ、中国サマサマになるのも無理からぬ話だと思います。
  1. 2014-02-22 11:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する