2014-02-16 16:00

この話の真偽は?<続々編

 「この話の真偽は?<続編」をエントリーしたのだが、特に朝鮮戦争からの長い怨念話が有る。
皆さんから興味深いコメントを頂いたのでそれを改めて紹介し、考えてみたい。

最初に
この話の真偽は?
この話の真偽は?<続編


皆さんからのコメント
<以下引用>

<裏の桜さんコメント>
無かった事にしたい戦争だった
こんにちは。

朝鮮戦争に関して、米国には「非常に冷淡」な社会風潮があるらしいです。ハッキリ言ってしまえば「無かったこ事にしたい戦争」らしいのです。

その証拠的なモノが、米国にある「朝鮮戦争慰霊碑」でしょう。この慰霊碑は1986年に建造権限が認定され、除幕式が行われたのは1995年。

ベトナム戦争の慰霊碑が1982年に主な部分が完成し公開していたのにです。

ともかく、こんな事からも朝鮮戦争は勿論、当時の国際情勢が奇々怪々であった事が窺えます。
2014-02-14 16:46 URL 裏の桜 #- 編集

<その蜩さんコメント>
李承晩は個人的には共産主義者だと思ってます。
共産主義者じゃ無かったとしても、誰かに送り込まれた人間だったというのは間違いないかと。
で、多分それは中共絡みだったのでは無いかなと。

李承晩が朝鮮戦争までにやったことというのは殆ど語られない歴史ですが、中国で国共内戦後大々的に中共がやったのと同じことか、それ以上のことをわずか5年足らずに間にやらかしてます
つまり、日本時代のテクノクラートの大粛正と日本時代の全否定。
米国にも記録が残ってるそうですが、夥しい人数の韓国人が共産主義者、或いは親日派として殺されたそうです。
それと平行して、旧日本軍の将兵も混じってた韓国軍は釜山に集結させられ、対馬侵攻の準備をさせられました。
で、当たり前ですがそれまで朝鮮の行政や産業を支えてた人たちが皆殺しに遭うと、韓国政府は混乱状態に陥ります。政治の素人がいきなりやってきて好き勝手始めるんですから、韓国は今の北朝鮮みたいな有様になったそうです。
で、それらを全て知ってたかのようにベストのタイミングで北朝鮮が南進。仰るように無人の野を行くがごとく、一気に釜山まで殺到。
ここで、米軍が介入となりますが、もし韓国の九州提供をあり得なかったですが、米国が認めていた場合、九州ではまるで台湾に国民党軍がやってきたような有様になった可能性もありますね。
当時の米軍は日本人に対して冷淡でしたし。朝鮮進駐軍の蛮行だって米軍を狙った襲撃が始まるまで放置でした。

で、話は戻りますが、元日本軍の指揮官の指揮する、元日本軍のより抜きの韓国人将兵で部隊を組織し、反撃に転じるわけですが、李承晩は早々と逃げ出していたし、独立派だと威張り散らしてやりたい放題をやってた連中も早々と元の女衒ややくざに戻ったりと、霧散し、あそこで韓国人の代わりに戦ったのはご存じの通り米軍を基幹とする国連軍です。
いやな話ですけど、北朝鮮軍の最前線を担っていたのは、実は北朝鮮軍では無くて、半ば懲罰部隊の様な同じく旧日本軍の指揮官に指揮された元日本軍将兵。
彼らは、北朝鮮軍に名目上組み入れられていましたが、北朝鮮軍の訓練に従事させられた後、朝鮮戦争で全てすり減らされ、生還者はゼロだそうです。
そして、韓国軍の旧日本軍将兵も多くは戦死し、生き残った物は戦後親日派として全てを奪われ弾圧され、或いは粛正されました。
これらは日本では殆ど知られていない歴史ですし、韓国の黒歴史ですね。
で、朝鮮戦争後北朝鮮を実質的に手に入れたのは中国でしたね。
朝鮮戦争に義勇軍を送り込み、そしてそれまで親ソ連だった北朝鮮をがっつり中国の影響の及ぶ国にしてしまった。
ロシアは北朝鮮に投じた全ては無駄であったと結論づけてますがそのあたりがあるんでしょう。
ちなみに、皮肉な話ですが朝鮮戦争に送り込まれた中国軍。国共内戦で共産党軍の最前線で戦わされたのもそうでしたが、彼らは日本軍に訓練された旧南京軍です。士気、練度ともに中国軍とは比較にならない本物の軍隊でした。
その中には、中国で下った旧日本兵も混じってたそうですよ。
つまり、あの戦争は旧日本軍関係者と連合軍で行われたわけです。
だからこそ、あの戦争に参加した欧米諸国はあの戦争を語りたがらないのでしょう。
実質的に代理戦争をさせられたような物で、何も得るものが無かったのですから。
2014-02-14 21:32 URL その蜩 #mQop/nM. 編集

<友遊さんコメント>
2006年に海上保安庁が竹島周辺の海洋調査を実施しようとした時、韓国側と揉めたわけですが、日本人は「なんか揉めてるねえ」程度の認識なのに、日本に出稼ぎに来ている韓国の女の子達は日韓戦争前夜の認識で、この落差に驚きました。
女の子達は戦争になったら「私たちに何ができるのか?」を固い決意で議論していたのです。
その時に、韓国側は日韓は戦争中とに認識なのに、日本はそのような認識はまるで無く落差に驚いた次第。連中の竹島への異常な執着は、この戦争において初の韓国側の占領地だからです。次は対馬、そして九州の占拠を考えていたことが日本人には秘されていましたが、ようやく日本人の知るところとなりました。
2014-02-15 12:19 URL 友遊 #- 編集

<kazkさんコメント>
この問題は連中がどこまで本気だったか疑ってるというのが本音です。
朝鮮戦争前に連中が日本侵攻を狙っていたということは、まず第一に38度線がほとんどがら空きに近かったことなどが傍証なんですが、問題は連中にその能力があったかということに尽きます。

連中は指導者の基地外李承晩が無理矢理に近い親日派排除をやり旧軍の関係者をみなパージしてます。当時総兵力10万などと言ってましたがその関係で全く未訓練の兵員であったとされています。

その上作戦は渡海侵攻作戦ですから一定の海軍力が必要なんですがこれは殆どなかったはずでこの辺りからもやや疑問視してます。ただ当時対馬は旧軍の武装解除の結果、軍事力が一時的にない状態になってましたのでここへの限定侵攻は考えていたはずです。李承晩は何度も対馬の「返還」を要求してますからね。

そして、よく言われる九州侵攻作戦ですが当時すでに佐世保や板付は米軍がおりましたからこれをどうするつもりだったのか相当に疑問なのです。

ただありうる想定としては自分たちが侵攻しても米軍は何もしないだろうという甘い考えがあったんじゃないだろうかというのが小生の読みです。まあ、李承晩やその取り巻き連中の甘い考えだったんじゃないかということです。

そのくせ朝鮮戦争では初期の敗戦から日本に亡命政府の設立の準備をするなどという基地外ぶりでしたからどう言っていいか言葉もありません。朝鮮戦争史というのは、正直太平洋戦争史よりも暗澹とするものです。

あれほど非道い戦争というのは昨今のものを除いてはちょっと思いつかないくらいです。
2014-02-16 10:25 URL kazk #- 編集

<引用終り>

無かったことにしたい戦争だった、そんな事で3万6千人もの死者を出しているアメリカ、一体どうしてなんでしょうね。
確かに朝鮮戦争に関してはアメリカは冷淡です。忘れられた戦争とも言われるそうです。

またマッカーサーの評価について、伊勢平次郎さんはこんな事を言っている
「マッカーサーは、祖国アメリカの永久の繁栄のために戦ったのである。アメリカの繁栄とは、白色人種優位の世界である。アメリカの戦争には、白人至上主義が至るところに顔を出す。日米戦争もそのひとつである。だが、マッカーサーも敗れた。祖国の政争で敗れた将軍の生涯とはなんだったのか。太平洋戦争に勝ったマッカーサーは、トルーマンに追放された。トルーマンのサインひとつで、力のない一般市民となった。この将軍の米国議会証言には、アメリカの政治指導者を批判する言葉が多い。彼は、アメリカを憎んだだろうか?“マッカーサーは、あなたの英雄か?”と米軍人に聞くと、みんな一様に首をかしげる。何故だろうと考えた。その理由は、マッカーサーの生涯が幸福なものではなかったということであろう。伊勢平次郎 ルイジアナ」


さてもう一つの論点は韓国が日本を侵略しようとして釜山にほぼ全軍を集結させていた、その隙をついて北朝鮮に攻められた。こんな話である。

この話あちこちでネットに出ています。例えば
http://dljapan.net/news-92.html

そしてそこには悪名高い李承晩ラインの地図が載っている。

これが悪名高い不法な李承晩ライン
2014-2-16李承晩ライン

しかし李承晩はこんな事を画策していたらしい
2014-2-16李承晩ライン含む九州


何処かで見たのだが、こんな事実を公表すると日本人が激怒する、だから公表しないのだとか。
こんなのを見れば誰でも怒ります、当たり前でしょう。

そして1960年4月、李承晩が失脚した時、当時のアメリカの駐日大使(ダグラス・マッカーサー2世)が発信した公電が有ります。
http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%8B%99%E7%9C%81%E6%A9%9F%E5%AF%86%E9%9B%BB%E6%96%873470%E5%8F%B7

全文は上記リンク先を読んでいただくとして、その機密公電はこんな風に始まっています。
「国務省3470優先文書
ソウル大使館職員351
パーソンズ次官補へ マッカーサーより
マッコーニー・ソウル大使

我々には韓国に新しく民主主義体制の見込みがある今、できるだけ早く、我々が韓国と日本の紛争に恒久的解決をもたらそうとする機会をつかむよう、私は強く進言する。

李承晩が権力の座に居る限りは、解決の糸口がほとんど無いように見えたが、現在、我々には韓国と日本の論争の精算につながる全く新しい状況がある。

韓国と日本の関係は、単に日本と韓国と政府と言うような側面ばかりでは無くアメリカと我々の北東アジアにおける責任に深く直接的に関わっている。
・・・以下略、詳細は全文参照ください・・・・」

当時のアメリカから全く基地外扱いされていた李承晩(事実、その通りだ)、こんな事なら日本侵略は間違いなくやるだろう。
当時の日本は完全に武装解除され、全くの丸腰状態。
幾ら腰抜けの韓国軍でも武器が無ければ抵抗できない筈だ。

そしてそんな事がその直後の朝鮮戦争で韓国内で民間人大虐殺として現れたのだ。

朝鮮戦争は死者数は諸説あって分からない所が多い。
南・北合わせて約400万人が死んだと言われているが、もっと多いかもしれない。
そして民間人大虐殺は今日に至るまで秘密扱いのようで実態は不明な所が多いのだ。

そして子供たちにはあの戦争は日本が攻めてきた、そんな風に教えているらしい。

しかし民間人の死者の方が遥かに多く、その下手人が韓国軍と警察なのだと言う。
2014-2-16韓国人の日本に対する考え方

友遊さんが実際に韓国人と話をして驚いた事例を紹介しているが、こんな事を見るとなるほどと思う。
そして私のタイでの経験でもこの話は納得できる。
韓国人は強う相手にはぺこぺこしているが、相手がしたとみるととたんに態度が変わる。
そんな連中が隣国である。
困った事である。


  1. 政治
  2. TB(1)
  3. CM(16)

コメント

「この話の真偽は?<続編」にコメントしようと書き始めたら非常に長くなってしまったので、自分のブログにアップしました。
トラックバックさせていただきましたので、宜しければ覗いてみて下さい。
  1. 2014-02-17 01:27
  2. URL
  3. M8ボルト #-
  4. 編集

To:M8ボルトさん

> 「この話の真偽は?<続編」にコメントしようと書き始めたら非常に長くなってしまったので、自分のブログにアップしました。
> トラックバックさせていただきましたので、宜しければ覗いてみて下さい。


大変興味深い情報ありがとうございます。
早速読んでみました。
それから添付資料の基になった早稲田の(多分?)学生さんの卒論も読んでみました。
面白い資料だと思います。

結論ですが、韓国軍の配置など詳しく分かり興味深いのですが、多分大演習を装って釜山周辺に集結したことは伏せられているのだと思います。
(侵略直前だったと白状したら日本と韓国は断交)
と言うか資料を読んでみて一層この話が真実味を帯びていると思っています。
詳細はM8ボルトさんのブログにコメントします。
  1. 2014-02-17 15:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ご紹介のあった中国の戦略プランに韓国に日本と戦争させるというのがありましたが、起源としてはここれへんにあるのですね。

ウイグル人やパラオ人でも勇敢に中国に立ち向かう中で、韓国人はもう簡単に中国に操られています。
遺伝子レベルで中国の奴隷なんですね。


まあ完全に発狂状態にある韓国との関係をパラダイムシフトさせるには改憲しかないでしょう。

無力な相手にはどこまでも残酷になりますが、強い相手にはなにもできず唯々諾々と従うのが韓国人ですから。
  1. 2014-02-17 18:49
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

To:ガンダムさん

> ご紹介のあった中国の戦略プランに韓国に日本と戦争させるというのがありましたが、起源としてはここれへんにあるのですね。
>
> ウイグル人やパラオ人でも勇敢に中国に立ち向かう中で、韓国人はもう簡単に中国に操られています。
> 遺伝子レベルで中国の奴隷なんですね。
>
>
> まあ完全に発狂状態にある韓国との関係をパラダイムシフトさせるには改憲しかないでしょう。
>
> 無力な相手にはどこまでも残酷になりますが、強い相手にはなにもできず唯々諾々と従うのが韓国人ですから。


この話、私も最初は真偽を疑っていたのです。しかし色々調べてみて考えが変わりました。
あれだけ凶暴な民族、何をやってもおかしくないのです。
日本はあの戦争の悲惨さを理解し、靖国神社に御霊を祀っています。
韓国は何十万と言う同胞を虐殺したのにその事実さえ隠しています。
この違いはなんでしょうか。

こんな所を見るとビジネスで付き合った韓国人が何を言っても信用できない、それもムベなるかなと思います。

実は最近こんな関係がカンボジアそっくりと思えるようになりました。
カンボジアもあの大虐殺を実行したのは今世の中を牛耳っている連中です。
彼らが自分たちの親とか先生を殺したのです。
でも誰も何も言いません。
あまりにも悲しいので誰も触れたがらない、そんな風なのです。
韓国も同じでしょう。
自分たちの親や先生を殺した、そんな世代が今の韓国を牛耳っているのです。
通りで韓国とカンボジアは仲がいいわけです。
  1. 2014-02-17 20:10
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

短足おじさん様のように深い人生経験を持つ者では僕はまったくないのですが、
一言で言って


弱さ


の産物か?と思います。悪に逆らう勇気がない、卑怯にも不良に脅され、クラスの女子をそいつらが見ている前で手込めにしてまな板ショーを演じた臆病者が、

絶対に自分の罪と向き合わず、
正義に背を向け、すべての責任を他人に転嫁し、
残虐な不良にいつまでも唯々諾々と従いつづけるそんな感じの弱さかと思います。

勇気のなさ、
正直さのなさ、
責任感のなさ、

情けない貧困な精神が陥った最悪の人格と思います。

私は本気で韓国人は絶滅するべきである!と思っています。
  1. 2014-02-17 22:10
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

朝鮮戦争前夜の丸腰の日本には既に多数の武装朝鮮人民兵が居たことを忘れてはいけません。
多数の部隊を日本に送り込む必要は無かったと思います。
対馬は今でも一個大隊の特殊部隊を上陸させれば一晩で完全掌握できると韓国は言ってますね。
  1. 2014-02-18 13:46
  2. URL
  3. その蜩 #mQop/nM.
  4. 編集

To:ガンダムさん

> 短足おじさん様のように深い人生経験を持つ者では僕はまったくないのですが、
> 一言で言って
>
>
> 弱さ
>
>
> の産物か?と思います。悪に逆らう勇気がない、卑怯にも不良に脅され、クラスの女子をそいつらが見ている前で手込めにしてまな板ショーを演じた臆病者が、
>
> 絶対に自分の罪と向き合わず、
> 正義に背を向け、すべての責任を他人に転嫁し、
> 残虐な不良にいつまでも唯々諾々と従いつづけるそんな感じの弱さかと思います。
>
> 勇気のなさ、
> 正直さのなさ、
> 責任感のなさ、
>
> 情けない貧困な精神が陥った最悪の人格と思います。
>
> 私は本気で韓国人は絶滅するべきである!と思っています。

全く同感です。
私は同じ疑問をカンボジアに対しても持っています。
日本で言えば鎌倉時代位、インドシナ半島では並ぶものなき超先進文明国だった、
それが日本の戦国時代末期にはそんな文明はすべて失われ、書いてある文字さえ読めなかった。
こんな僅かな期間にどうしてそんなに衰退してしまったのか。
呆れたことに日本の徳川家光がアンコールワットのうわさを聞きつけ、調査に向かわせています。
祇園精舎だと思ったらしい。水戸徳川家に図面まで残っています。
それがその直後アンコールワットはジャングルに消えてしまった。

国が亡びる時と言うのはそんなモノなんですね。
韓国もそうなると思います。
クネ婆ちゃんがダボス会議で南北統一を高らかに呼びかけ、宝の山の様に言ったそうです。
そんな所を見ると韓国人の頭の中には一体何が詰まっている事やら。
  1. 2014-02-18 20:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:その蜩さん

> 朝鮮戦争前夜の丸腰の日本には既に多数の武装朝鮮人民兵が居たことを忘れてはいけません。
> 多数の部隊を日本に送り込む必要は無かったと思います。
> 対馬は今でも一個大隊の特殊部隊を上陸させれば一晩で完全掌握できると韓国は言ってますね。


そうですか、やっぱりねえ。
何せ今の対馬の人口は確か3万人台。朝鮮戦争当時でも7,8万人だった。
今は半減してますね。
だから一個大隊で十分でしょう。
3万人の住人と言っても女子ども年寄りを除けば1万人、300人の武装した軍隊なら1日で十分でしょう。
自衛隊が慌てて飛んできても住民の女子どもを人質にとってしまえば手が出せない。
日本が報復のためにそうるを火の海にすればいいんでしょうが、憲法が有ってできない。

こんな機会に憲法を変えねばならない、そんな議論を早急に始めるべきなんでしょうね。
しかし朝鮮戦争の歴史は恐ろしいですね。
よくまあ日本が無事でいられた、感謝せねばいけないと思います。
  1. 2014-02-18 21:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

日蓮の文書

対馬蒙古襲来の時の日蓮の文書
元軍は上陸後、宗資国以下の対馬勢を破って、島内の民衆を殺戮、あるいは捕虜とし、捕虜とした女性の「手ヲトヲシテ」つまり手の平に穴を穿ち、紐か縄などによってか不明だが、これを貫き通して船壁に並べ立てた、としている。

この時、蒙古は高麗軍を引き連れていますのでベトナムと同じ悲劇が・・・・。
  1. 2014-02-19 14:07
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: 日蓮の文書

> 対馬蒙古襲来の時の日蓮の文書
> 元軍は上陸後、宗資国以下の対馬勢を破って、島内の民衆を殺戮、あるいは捕虜とし、捕虜とした女性の「手ヲトヲシテ」つまり手の平に穴を穿ち、紐か縄などによってか不明だが、これを貫き通して船壁に並べ立てた、としている。
>
> この時、蒙古は高麗軍を引き連れていますのでベトナムと同じ悲劇が・・・・。


情報ありがとうございます。日蓮の「一谷入道御書」でしたね。
この頃の宗教家は皆国際人でしたので特に中国辺りの事情には大変詳しい、親鸞も道元も皆そうです。
今この話の事実関係は分かりませんが、多分事実でしょう。
何せ高麗人は残虐です。
一般に蒙古襲来と言いますが実態は高麗軍が主力でした。
正しくベトナム戦争と同じでした。
ご指摘の残虐行為は矢張りその頃からのDNAなんだと思います。

クネ婆が先年恨んでやると言っていますが、何せはるか昔の魏志倭人伝には日本は「その俗、婦人淫せず・・・」とあります。しかし当時の朝鮮半島、高句麗については「其俗淫」とあります。
研究者はこの表現は日本は既にその頃「配偶婚」だった、しかし高句麗は「雑婚」だったという事、そう指摘しています。
雑婚とは要するに犬や猫と同じ、だから近親交配が結構多かったんでしょう。
そんな事でこのDNAが作られたんだと思います。
2千年前からなら千年恨むのも納得ですね。
人として付き合ってはいけないんでしょう。
  1. 2014-02-19 18:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

韓国では高句麗とか新羅などと呼ばれていた時代に、女を貢物として中国や日本に献上した結果、民族としての血が濃くなりました。その結果、民族的に前頭葉に障害があることが知られています。遺伝的にもまれに見る血の濃さだそうです。

彼らの凶暴さと無秩序さは、つまりそういうことが原因のようです。
  1. 2016-07-19 03:42
  2. URL
  3. A #mQop/nM.
  4. 編集

欧州ではヒトラーを悪魔化する意識が強すぎて、共産主義の脅威に鈍感になっています。ヒトラーという苗字だけで、いたずらされるような文化ですから。日本文化の良さをつくづく感じます。日本では限度というものがある。
  1. 2016-07-19 14:51
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

ひとつ前のエントリーへのコメントでした。すみません。
  1. 2016-07-19 14:53
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:A さん

> 韓国では高句麗とか新羅などと呼ばれていた時代に、女を貢物として中国や日本に献上した結果、民族としての血が濃くなりました。その結果、民族的に前頭葉に障害があることが知られています。遺伝的にもまれに見る血の濃さだそうです。
>
> 彼らの凶暴さと無秩序さは、つまりそういうことが原因のようです。


コメントありがとうございます。
高句麗・新羅時代に貢女が行われたとのご指摘ですが、貢女が行われたのは高麗時代で、それ以前には記録が見つからないと言われています。
また日本にも貢女があったという話ですが、日本にも記録はないと思います。もし何か文献をご存知でしたらご指摘いただきたいが、間違いないでしょう。

それから貢女で女性の数が減り、それが血の濃くなる原因と言われますが、若しそうなら一夫多妻ならぬ一婦多夫になり、生まれる子供はみんな父親が違うことになります。これでは血が濃くなりません。
血が濃くなるためには近親婚が必要ですが、そうなるための何か社会的な要因を考える必要があります。

歴史としては興味深いが、今現在の問題解決には別のアプローチが必要かと思います。

  1. 2016-07-20 06:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 欧州ではヒトラーを悪魔化する意識が強すぎて、共産主義の脅威に鈍感になっています。ヒトラーという苗字だけで、いたずらされるような文化ですから。日本文化の良さをつくづく感じます。日本では限度というものがある。



同感です。
家人の知人に東條姓の人がいますが、妙な話など聞いたこともない。
その方は小学校の校長先生をしっかり務め上げた方でした。
  1. 2016-07-20 06:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> ひとつ前のエントリーへのコメントでした。すみません。


了解しました。
  1. 2016-07-20 09:10
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

李承晩の日本武力侵攻計画について考える

 短足おじさんのブログ「短足おじさんの一言」のエントリ「この話の真偽は?<続編」(http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-912.html)で、朝鮮戦争直前に韓国軍が釜山周辺に集結していたとの説が取り上げられていました。  「李承晩大統領が対馬に武力侵攻するために韓国軍を釜山に集結させていたところ、北朝鮮軍が攻撃を開始したため、北朝鮮軍は一気に釜...
  1. 2014-02-17 01:21
  2. 六丈記2