2014-02-15 17:48

国土強靭化とは

 最初にいつもテンプレートを変えたりしているのですが、今回もテンプレートは同じながらフォントを変えてみました。
多分これで以前よりかなり読みやすくなったと自画自賛しております(笑)。


所で今日のエントリーですが、記録的な大雪だそうです。そこで東名で大渋滞が発生しました。

<以下引用>

東名大渋滞、きっかけは「下り坂が怖くて運転できない」

2014-2-15東名大渋滞


15日未明から発生した降雪による東名高速の渋滞が、同日午後になりようやく解消された。渋滞がなかなか解消されなかった理由は何か。最長70kmを超える大渋滞はなぜ起きたのか。

中日本高速などの発表によると、14日から降り始めた雪は、御殿場ICで22cm、横浜町田ICで16cmを記録。その積雪量が交通に影響を与えたことはまちがいないが、そのほかにも降雪に驚いた運転者の挙動が、渋滞の発生の要因となっていた。

今回の渋滞の中心は、東名高速上り線、静岡県の御殿場IC付近だった。発生は15日午前1時から2時にかけて。60から70kmポストにある都夫良野トンネルから大井松田ICにかけて、その長い下り勾配に連続カーブが続く区間で起きた。

「下り坂に危険を感じた大型車両が、交通の流れを止めてしまった」と、関係者は語る。

その後、車両の排除などで第一次の渋滞は解消されていったが、その間に後続の車両が後ろで第二次の渋滞を作り、交通の流れを止めてしまう。そこに積雪による通行止めなどの規制が重なったのだ。

さらに明け方には第三次の渋滞原因が発生した。サービスエリアやパーキングエリアに待避していた車両が、一斉に本線上に出てきて交通量が増えた。それなのに交通が止まってしまった本線上で夜を明かした運転者は、なかなか動き出さなかった。何時間も止まったために、簡単には目覚めなかったのだ。これには警察の誘導が必要だった。

天候が回復した明け方からは通行止めや速度規制など天候を要因とする規制はほとんど残っていなかった。「除雪に手間取ったというわけではない」(中日本高速広報担当)とも話す。それでも渋滞の渦中にあった車両が、なかなか動くことができなかった。そこには実はこうした原因がいくつも折り重なって、その時間を長引かせていたのだった。

http://response.jp/article/2011/02/15/151898.html

<引用終り>

東名高速道路が東京と名古屋・大阪を結ぶ大動脈なのだが残念ながらこの一本しかない。
この事は戦前から日本の交通の最大の不安項目と言われてきた歴史が有る。
幸い道路行政でもその事は良く分かっていて新東名を御殿場以西には開通済み。
しかしそこから東京方面には2020年にならないと開通しないようだ。

国土強靭化などと言うがこんな時でも物流を確保するためには重要な幹線は複数のルートにすべきで、そんな事をもっとやって欲しいものだ。
今回の大雪など、天の神様が平和ボケ日本人に早く目を覚ませと言っている証拠ではないかと思う。
  1. 高速道路
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

皆今回の大雪にばかり目が言ってますが

考えねばならないのは真冬の太平洋岸の沿海部で一度に100ミリ近い雨が降った地域があるということです。これは2月の記録を軒並み更新してます。

まあ、明治以前に目を広げれば今回の大雪が決して異常なものではないことは明らかなのですが、国土強靭化を考えるにあたっては決して短期的なスパンで見てはいけないだろうということです。

短期的スパンといえば、小生は温暖化論者などというのは愚者の集まりだと思ってます。
数千年前に南極の氷は溶けて海進してるという事実に目をつむりわけがわからぬことを言う。そのくせ太陽黒点の問題という劇的な兆候があるのに寒冷化の心配をしない。不思議な感性の人々だと思います。CO2の量と気球の気温とは関連性がまるでないということはすでにわかってることなのに…

物流の問題に関してはお説の通り幹線を複線化し冗長性をもたせるしかありますまい。
まあ本当はその前にトラック輸送の非効率を考えねばいけないのですが、もっと別な方法を考えねばいけないのでしょう。
  1. 2014-02-16 10:41
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

幹線を複数にすることは雪のみならず各種災害対策には必要です。東海道の隘路や関門海峡など、迂回が難しいところは優先して実施して欲しいと思っています。
しかしながら、30㎝くらいの除雪が早急に出来る能力と体制を何とか確保維持して欲しいのです。何年に1回しか積もりませんが地域住民には必要です。。
15日夜にスーパーに行ったら、生鮮品と日配品の多くがなく宅配便の引き受けを中止していました。雪で配送不能だと表示がありました。
月曜以降は配送が復活しても、積雪で収穫不可能だったりビニールハウスの倒壊などで野菜類が品薄になるでしょうか。
  1. 2014-02-16 14:21
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

Re: 皆今回の大雪にばかり目が言ってますが

> 考えねばならないのは真冬の太平洋岸の沿海部で一度に100ミリ近い雨が降った地域があるということです。これは2月の記録を軒並み更新してます。
>
> まあ、明治以前に目を広げれば今回の大雪が決して異常なものではないことは明らかなのですが、国土強靭化を考えるにあたっては決して短期的なスパンで見てはいけないだろうということです。
>
> 短期的スパンといえば、小生は温暖化論者などというのは愚者の集まりだと思ってます。
> 数千年前に南極の氷は溶けて海進してるという事実に目をつむりわけがわからぬことを言う。そのくせ太陽黒点の問題という劇的な兆候があるのに寒冷化の心配をしない。不思議な感性の人々だと思います。CO2の量と気球の気温とは関連性がまるでないということはすでにわかってることなのに…
>
> 物流の問題に関してはお説の通り幹線を複線化し冗長性をもたせるしかありますまい。
> まあ本当はその前にトラック輸送の非効率を考えねばいけないのですが、もっと別な方法を考えねばいけないのでしょう。


同感です。国土を如何するかは正しく百年の計、百年先を見据えないといけないですね。
私は戦前の旧日本軍がこの脆弱性に気がついて何とかしようとしたのが今になって良く分かります。
そんな意味で新東名が一番危険な所から開通させたのはよかった、そう見ています。

物流はトラック以外のモノについてもっと考えるべきでしょう。
しかしトラックのあの便利さに勝る仕組みを作るのは並大抵ではない。
私なんかはその為安易な道として海外を選んできたので、複雑な心境です。
  1. 2014-02-16 16:30
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:Kogumaさん

> 幹線を複数にすることは雪のみならず各種災害対策には必要です。東海道の隘路や関門海峡など、迂回が難しいところは優先して実施して欲しいと思っています。
> しかしながら、30㎝くらいの除雪が早急に出来る能力と体制を何とか確保維持して欲しいのです。何年に1回しか積もりませんが地域住民には必要です。。
> 15日夜にスーパーに行ったら、生鮮品と日配品の多くがなく宅配便の引き受けを中止していました。雪で配送不能だと表示がありました。
> 月曜以降は配送が復活しても、積雪で収穫不可能だったりビニールハウスの倒壊などで野菜類が品薄になるでしょうか。


何年に一回の問題にどう備えるか。これは難しい話です。
今回の道路の渋滞の原因は夏タイヤのまま走っていた車が動けなくなったのが大きい。
でもそれを如何啓蒙するか、矢張りそんな時は走行禁止にするくらいの法律が必要かもしれません。

私は永年クルマで通勤ですが雪で遅刻したことは無い、これを自慢していました。
でもそのためには雪の降りそうな季節は朝4時とか4時半に起きて外を確認。
若し白いものが有れば飯も食わずに飛び出しました。
但しほとんどが空振りで途中で雪は消え、職場には異常に早く着いてしまう。
でもそれは仕方ないと思っていました。
こんな考えが普及すればいいのですが難しいですね。
  1. 2014-02-16 16:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>私は永年クルマで通勤ですが雪で遅刻したことは無い、これを自慢していました。
でもそのためには雪の降りそうな季節は朝4時とか4時半に起きて外を確認。
若し白いものが有れば飯も食わずに飛び出しました。
但しほとんどが空振りで途中で雪は消え、職場には異常に早く着いてしまう。
でもそれは仕方ないと思っていました。
こんな考えが普及すればいいのですが難しいですね。

自分も同様であります。
備えあれば憂いなしなのですが、今回の「大雪」も予報や警鐘が出ていたのに、自分は大丈夫という根拠のない自己中的安心感で武装した、何も備えていない方々が混乱の原因のようで。
  1. 2014-02-16 18:31
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:Kogumaさん

> >私は永年クルマで通勤ですが雪で遅刻したことは無い、これを自慢していました。
> でもそのためには雪の降りそうな季節は朝4時とか4時半に起きて外を確認。
> 若し白いものが有れば飯も食わずに飛び出しました。
> 但しほとんどが空振りで途中で雪は消え、職場には異常に早く着いてしまう。
> でもそれは仕方ないと思っていました。
> こんな考えが普及すればいいのですが難しいですね。
>
> 自分も同様であります。
> 備えあれば憂いなしなのですが、今回の「大雪」も予報や警鐘が出ていたのに、自分は大丈夫という根拠のない自己中的安心感で武装した、何も備えていない方々が混乱の原因のようで。


やあ、Kogumaさんも早起き組でしたか、不断の心がけなんですが大変でしたね。
でもそんな心構えが有るからこんな時でも平気。
確かにご指摘の通り夏タイヤで平気だと言う自己中。困ったものです。
  1. 2014-02-16 20:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する