2014-02-14 14:02

この話の真偽は?<続編

 2月9日に「この話の真偽は?」をエントリーした。

その後友遊さんからこの話の内韓国が日本に侵略しようと群を終結したその隙に北朝鮮が攻め込んだ、こんな事は納得できると言うエントリーをされた。
「日韓戦争はすでに1950年に始まっていた」
http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-3934.html

また日本の防衛機密が韓国経由で中国に流れていた、こんな話もにわかには信じがたいのだが如何なんだろう。

そんな事で少し調べてみた。

最初に日本の防衛機密の問題だが、昨年国会で防衛機密破棄が問題とされている。
民主党福山哲郎(陳 哲郎 S50年8月19日帰化 法務省告示第291号)が防衛機密34000件が破棄されたと質問。
答えはその内3万件は民主党政権時代に破棄されたと判明。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131120/plc13112020180017-n1.htm

大ブーメランである。しかし笑い事ではない。
この3万件のデータが恐らく韓国に渡ったのだろう。なるほど納得できる話である。

私がこの話の真偽はと引用した「余命3年時事日記」でも非常に反響が大きいので検証座談会をやっている。
傍証としてみてください。
「中国軍事委員会記事検証座談会」
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-02-11


さてそこで韓国軍が日本侵略の為南部に集結していた、その隙をついて北朝鮮が侵略した、この話の真偽だが・・・
最初に朝鮮戦争の戦線がどう動いたか。

これは1950年6月25日の北朝鮮侵略直前の状態
2014-2-14朝鮮戦争の戦線6月

数日でソウル陥落、7月の状況
2014-2-14朝鮮戦争の戦線7月

あっと言う間に釜山周辺まで追いつめられる
2014-2-14朝鮮戦争の戦線8月

9月の国連軍仁川上陸作戦直前
2014-2-14朝鮮戦争の戦線9月

9月15日、国連軍の仁川上陸作戦後、これまたアッと言う間に北朝鮮軍を押し返す。
10月にはこんな状況
2014-2-14朝鮮戦争の戦線10月


さてでは韓国がどんな対応をしていたか、また日本を占領していたマッカーサーがどう動いたのか、
そして日本で急遽自衛隊の前身、警察予備隊が出来るまで、どんな感じだったのか。
時系列的に書いてみたい。

・ 1948年5月 既に始まっていた冷戦を受け、アメリカは日本の限定的再軍備確認(wiki警察予備隊
・ 1949年1月 韓国の李承晩大統領、対馬は韓国のモノと主張
   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13115529968
      尚この話が対馬は韓国のモノと言う根拠として未だに韓国内で流布している。

・ 1950年6月25日 北朝鮮軍、韓国への攻撃開始(wiki朝鮮戦争

・ 1950年6月28日 ソウル陥落
・ 1950年6月29日 マッカーサー韓国の戦線視察(敗走する韓国軍兵士と負傷者でひしめいていた)
・ 1950年7月4日  アメリカ軍先遣隊が北朝鮮軍と戦闘(アメリカ軍敗退)
・ 1950年7月7日  アメリカ軍25万人を中心に国連軍結成

・ 1950年7月8日  マッカーサーより吉田首相に「日本警察力増強に関する書簡」提示(wiki警察予備隊)
             事変・暴動に供える治安警察隊として7万5千名の部隊の創設が記載されていた

・ 1950年8月10日 警察予備隊令公布
・ 1950年8月13日 人員募集開始 (10月12日までに74,158名)
・ 1950年8月23日 第1期訓練開始(51年1月14日まで、以降2期、3期と継続)

・ 1950年9月15日 仁川上陸作戦で国連軍反撃始まる

・ 1950年10月15日 マッカーサーとトルーマン大統領、ウェーク島で会談
             マッカーサー発言、東京裁判は誤り
             http://s-yoshimoto.sakura.ne.jp/book/ISBN978-4-89295-924-0.html

             この時マッカーサーは中共、ソ連の参戦は無いと話していた。

・ 1950年10月19日 毛沢東 中国軍の参戦を指令
・ 1950年10月25日 中国軍、国連軍を奇襲
・ 1951年1月3日  警察予備隊の重武装化決定

・ 1951年3月24日 トルーマン大統領、マッカーサーを解任
・ 1951年5月3日  マッカーサー、アメリカ上院で証言、日本の戦争は自衛戦争だった
         http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-763.html


朝鮮戦争が始まる前年には当時の李承晩韓国大統領は対馬が韓国領だなどととんでもない事を言いだしている。
そして翌年6月25日、韓国軍は殆ど釜山周辺に集結していた。
だから北朝鮮は6月25日に侵略開始、あっと言う間にソウルを占拠、無人の野を行く勢いで釜山に殺到した。

韓国が日本を侵略しようとしていたのはこんな所を見れば間違いないだろう。
だからこそマッカーサーは戦争開戦直後の7月8日には日本に自衛のための部隊創設を要求した。
そして日本側もこの要求から40日ほどで自衛のための部隊の訓練を開始している。


以上のような時系列的な動きから見て、韓国軍が日本を侵略しようとしたのは間違いないだろう。
幸いだったのは北朝鮮がその隙に攻め込んできたことではなかったか。

そしてこんな事は他にも密かに言われていたようだ。
http://www.news-us.jp/article/378753496.html


矢張り事実をきちんと知ることは重要だ。そんな事を私も痛感した次第。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

無かった事にしたい戦争だった

こんにちは。

朝鮮戦争に関して、米国には「非常に冷淡」な社会風潮があるらしいです。ハッキリ言ってしまえば「無かったこ事にしたい戦争」らしいのです。

その証拠的なモノが、米国にある「朝鮮戦争慰霊碑」でしょう。この慰霊碑は1986年に建造権限が認定され、除幕式が行われたのは1995年。

ベトナム戦争の慰霊碑が1982年に主な部分が完成し公開していたのにです。

ともかく、こんな事からも朝鮮戦争は勿論、当時の国際情勢が奇々怪々であった事が窺えます。
  1. 2014-02-14 16:46
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

李承晩は個人的には共産主義者だと思ってます。
共産主義者じゃ無かったとしても、誰かに送り込まれた人間だったというのは間違いないかと。
で、多分それは中共絡みだったのでは無いかなと。

李承晩が朝鮮戦争までにやったことというのは殆ど語られない歴史ですが、中国で国共内戦後大々的に中共がやったのと同じことか、それ以上のことをわずか5年足らずに間にやらかしてます。
つまり、日本時代のテクノクラートの大粛正と日本時代の全否定。
米国にも記録が残ってるそうですが、夥しい人数の韓国人が共産主義者、或いは親日派として殺されたそうです。
それと平行して、旧日本軍の将兵も混じってた韓国軍は釜山に集結させられ、対馬侵攻の準備をさせられました。
で、当たり前ですがそれまで朝鮮の行政や産業を支えてた人たちが皆殺しに遭うと、韓国政府は混乱状態に陥ります。政治の素人がいきなりやってきて好き勝手始めるんですから、韓国は今の北朝鮮みたいな有様になったそうです。
で、それらを全て知ってたかのようにベストのタイミングで北朝鮮が南進。仰るように無人の野を行くがごとく、一気に釜山まで殺到。
ここで、米軍が介入となりますが、もし韓国の九州提供をあり得なかったですが、米国が認めていた場合、九州ではまるで台湾に国民党軍がやってきたような有様になった可能性もありますね。
当時の米軍は日本人に対して冷淡でしたし。朝鮮進駐軍の蛮行だって米軍を狙った襲撃が始まるまで放置でした。

で、話は戻りますが、元日本軍の指揮官の指揮する、元日本軍のより抜きの韓国人将兵で部隊を組織し、反撃に転じるわけですが、李承晩は早々と逃げ出していたし、独立派だと威張り散らしてやりたい放題をやってた連中も早々と元の女衒ややくざに戻ったりと、霧散し、あそこで韓国人の代わりに戦ったのはご存じの通り米軍を基幹とする国連軍です。
いやな話ですけど、北朝鮮軍の最前線を担っていたのは、実は北朝鮮軍では無くて、半ば懲罰部隊の様な同じく旧日本軍の指揮官に指揮された元日本軍将兵。
彼らは、北朝鮮軍に名目上組み入れられていましたが、北朝鮮軍の訓練に従事させられた後、朝鮮戦争で全てすり減らされ、生還者はゼロだそうです。
そして、韓国軍の旧日本軍将兵も多くは戦死し、生き残った物は戦後親日派として全てを奪われ弾圧され、或いは粛正されました。
これらは日本では殆ど知られていない歴史ですし、韓国の黒歴史ですね。
で、朝鮮戦争後北朝鮮を実質的に手に入れたのは中国でしたね。
朝鮮戦争に義勇軍を送り込み、そしてそれまで親ソ連だった北朝鮮をがっつり中国の影響の及ぶ国にしてしまった。
ロシアは北朝鮮に投じた全ては無駄であったと結論づけてますがそのあたりがあるんでしょう。
ちなみに、皮肉な話ですが朝鮮戦争に送り込まれた中国軍。国共内戦で共産党軍の最前線で戦わされたのもそうでしたが、彼らは日本軍に訓練された旧南京軍です。士気、練度ともに中国軍とは比較にならない本物の軍隊でした。
その中には、中国で下った旧日本兵も混じってたそうですよ。
つまり、あの戦争は旧日本軍関係者と連合軍で行われたわけです。
だからこそ、あの戦争に参加した欧米諸国はあの戦争を語りたがらないのでしょう。
実質的に代理戦争をさせられたような物で、何も得るものが無かったのですから。
  1. 2014-02-14 21:32
  2. URL
  3. その蜩 #mQop/nM.
  4. 編集

Re: 無かった事にしたい戦争だった

> こんにちは。
>
> 朝鮮戦争に関して、米国には「非常に冷淡」な社会風潮があるらしいです。ハッキリ言ってしまえば「無かったこ事にしたい戦争」らしいのです。
>
> その証拠的なモノが、米国にある「朝鮮戦争慰霊碑」でしょう。この慰霊碑は1986年に建造権限が認定され、除幕式が行われたのは1995年。
>
> ベトナム戦争の慰霊碑が1982年に主な部分が完成し公開していたのにです。
>
> ともかく、こんな事からも朝鮮戦争は勿論、当時の国際情勢が奇々怪々であった事が窺えます。


正しく奇々怪々な戦争、私も調べてみて本当に不思議です。
兎に角将軍が戦争に勝とうとするのを政治家(大統領)がストップをかけた。
将軍が報告すると敵に筒抜け、信じられません。
中共軍が国境の河を渡って来るので橋を爆撃しようとすると大統領がノー。
ミグ戦闘機が都合が悪くなると満州に逃げ込む、その飛行場を爆撃しようとすると矢張り大統領がノー。
挙句の果ては将軍の首を切ってしまった。
朝鮮戦争であれだけ多数のアメリカ兵が死んだのに、その死はなんだったんでしょうね。
そんな所がアメリカ人があの戦争を忘れたい理由なんでしょう。

戦争での死者数は原爆を落とされた日本より朝鮮戦争での朝鮮人の方が沢山の人が死んでいる。
しかも民間人の死者が圧倒的に多い。

そんな悲惨な戦争なのに朝鮮戦争は日本と戦ったなどと言う不思議。
韓国北朝鮮とは本当に不思議な国です。
  1. 2014-02-14 21:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

2006年に海上保安庁が竹島周辺の海洋調査を実施しようとした時、韓国側と揉めたわけですが、日本人は「なんか揉めてるねえ」程度の認識なのに、日本に出稼ぎに来ている韓国の女の子達は日韓戦争前夜の認識で、この落差に驚きました。
女の子達は戦争になったら「私たちに何ができるのか?」を固い決意で議論していたのです。
その時に、韓国側は日韓は戦争中とに認識なのに、日本はそのような認識はまるで無く落差に驚いた次第。連中の竹島への異常な執着は、この戦争において初の韓国側の占領地だからです。次は対馬、そして九州の占拠を考えていたことが日本人には秘されていましたが、ようやく日本人の知るところとなりました。
  1. 2014-02-15 12:19
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

To:その蜩さん

> 李承晩は個人的には共産主義者だと思ってます。
> 共産主義者じゃ無かったとしても、誰かに送り込まれた人間だったというのは間違いないかと。
> で、多分それは中共絡みだったのでは無いかなと。
>
> 李承晩が朝鮮戦争までにやったことというのは殆ど語られない歴史ですが、中国で国共内戦後大々的に中共がやったのと同じことか、それ以上のことをわずか5年足らずに間にやらかしてます。
> つまり、日本時代のテクノクラートの大粛正と日本時代の全否定。
> 米国にも記録が残ってるそうですが、夥しい人数の韓国人が共産主義者、或いは親日派として殺されたそうです。
> それと平行して、旧日本軍の将兵も混じってた韓国軍は釜山に集結させられ、対馬侵攻の準備をさせられました。
> で、当たり前ですがそれまで朝鮮の行政や産業を支えてた人たちが皆殺しに遭うと、韓国政府は混乱状態に陥ります。政治の素人がいきなりやってきて好き勝手始めるんですから、韓国は今の北朝鮮みたいな有様になったそうです。
> で、それらを全て知ってたかのようにベストのタイミングで北朝鮮が南進。仰るように無人の野を行くがごとく、一気に釜山まで殺到。
> ここで、米軍が介入となりますが、もし韓国の九州提供をあり得なかったですが、米国が認めていた場合、九州ではまるで台湾に国民党軍がやってきたような有様になった可能性もありますね。
> 当時の米軍は日本人に対して冷淡でしたし。朝鮮進駐軍の蛮行だって米軍を狙った襲撃が始まるまで放置でした。
>
> で、話は戻りますが、元日本軍の指揮官の指揮する、元日本軍のより抜きの韓国人将兵で部隊を組織し、反撃に転じるわけですが、李承晩は早々と逃げ出していたし、独立派だと威張り散らしてやりたい放題をやってた連中も早々と元の女衒ややくざに戻ったりと、霧散し、あそこで韓国人の代わりに戦ったのはご存じの通り米軍を基幹とする国連軍です。
> いやな話ですけど、北朝鮮軍の最前線を担っていたのは、実は北朝鮮軍では無くて、半ば懲罰部隊の様な同じく旧日本軍の指揮官に指揮された元日本軍将兵。
> 彼らは、北朝鮮軍に名目上組み入れられていましたが、北朝鮮軍の訓練に従事させられた後、朝鮮戦争で全てすり減らされ、生還者はゼロだそうです。
> そして、韓国軍の旧日本軍将兵も多くは戦死し、生き残った物は戦後親日派として全てを奪われ弾圧され、或いは粛正されました。
> これらは日本では殆ど知られていない歴史ですし、韓国の黒歴史ですね。
> で、朝鮮戦争後北朝鮮を実質的に手に入れたのは中国でしたね。
> 朝鮮戦争に義勇軍を送り込み、そしてそれまで親ソ連だった北朝鮮をがっつり中国の影響の及ぶ国にしてしまった。
> ロシアは北朝鮮に投じた全ては無駄であったと結論づけてますがそのあたりがあるんでしょう。
> ちなみに、皮肉な話ですが朝鮮戦争に送り込まれた中国軍。国共内戦で共産党軍の最前線で戦わされたのもそうでしたが、彼らは日本軍に訓練された旧南京軍です。士気、練度ともに中国軍とは比較にならない本物の軍隊でした。
> その中には、中国で下った旧日本兵も混じってたそうですよ。
> つまり、あの戦争は旧日本軍関係者と連合軍で行われたわけです。
> だからこそ、あの戦争に参加した欧米諸国はあの戦争を語りたがらないのでしょう。
> 実質的に代理戦争をさせられたような物で、何も得るものが無かったのですから。


李承晩の思想的な所は分かりませんが、やっている事は共産主義者のやることそのものですね。
毛沢東、スターリンと何ら変わらない。
それにしても皆さんの意見を聞いて改めて自分の地手記の無さに愕然としています。
そしてタイで仕事をしている時色んな所で知りあったり話をした韓国人のあの異様な雰囲気。
此れの理由が今ハッキリ読めました。
朝鮮戦争での死者は南北合わせて約400万と言われています。何と日本の大東亜戦争での死者数より多い。
しかも一般市民の死者数が異常に多く、最大の原因が韓国軍と韓国警察だと言うんですから全く理解不能。
それで韓国人は日本を何とかして辱めようと躍起になるんですね。

なおこのコメント、大変貴重な意見なので他の皆さんの意見と合わせ一つのエントリーに纏めたいと思います。
ご了承いただきますようお願いします。
  1. 2014-02-15 17:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:友遊さん

> 2006年に海上保安庁が竹島周辺の海洋調査を実施しようとした時、韓国側と揉めたわけですが、日本人は「なんか揉めてるねえ」程度の認識なのに、日本に出稼ぎに来ている韓国の女の子達は日韓戦争前夜の認識で、この落差に驚きました。
> 女の子達は戦争になったら「私たちに何ができるのか?」を固い決意で議論していたのです。
> その時に、韓国側は日韓は戦争中とに認識なのに、日本はそのような認識はまるで無く落差に驚いた次第。連中の竹島への異常な執着は、この戦争において初の韓国側の占領地だからです。次は対馬、そして九州の占拠を考えていたことが日本人には秘されていましたが、ようやく日本人の知るところとなりました。


信じられない話なんですが本当だったんですねえ。
その蜩さんへのコメントにも書きましたが、私のタイでの韓国人との付き合いの経験から見ても、あの異様な雰囲気、その理由が本当に良く分かります。
皆さんのコメントを纏め、一つのエントリーにしようと思います。
このコメントも使わせていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
  1. 2014-02-15 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

この問題は連中がどこまで本気だったか疑ってるというのが本音です。

朝鮮戦争前に連中が日本侵攻を狙っていたということは、まず第一に38度線がほとんどがら空きに近かったことなどが傍証なんですが、問題は連中にその能力があったかということに尽きます。

連中は指導者の基地外李承晩が無理矢理に近い親日派排除をやり旧軍の関係者をみなパージしてます。当時総兵力10万などと言ってましたがその関係で全く未訓練の兵員であったとされています。

その上作戦は渡海侵攻作戦ですから一定の海軍力が必要なんですがこれは殆どなかったはずでこの辺りからもやや疑問視してます。ただ当時対馬は旧軍の武装解除の結果、軍事力が一時的にない状態になってましたのでここへの限定侵攻は考えていたはずです。李承晩は何度も対馬の「返還」を要求してますからね。

そして、よく言われる九州侵攻作戦ですが当時すでに佐世保や板付は米軍がおりましたからこれをどうするつもりだったのか相当に疑問なのです。

ただありうる想定としては自分たちが侵攻しても米軍は何もしないだろうという甘い考えがあったんじゃないだろうかというのが小生の読みです。まあ、李承晩やその取り巻き連中の甘い考えだったんじゃないかということです。

そのくせ朝鮮戦争では初期の敗戦から日本に亡命政府の設立の準備をするなどという基地外ぶりでしたからどう言っていいか言葉もありません。朝鮮戦争史というのは、正直太平洋戦争史よりも暗澹とするものです。

あれほど非道い戦争というのは昨今のものを除いてはちょっと思いつかないくらいです。
  1. 2014-02-16 10:25
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014-02-16 14:16
  2. #
  3. 編集

Re: この問題は連中がどこまで本気だったか疑ってるというのが本音です。

> 朝鮮戦争前に連中が日本侵攻を狙っていたということは、まず第一に38度線がほとんどがら空きに近かったことなどが傍証なんですが、問題は連中にその能力があったかということに尽きます。
>
> 連中は指導者の基地外李承晩が無理矢理に近い親日派排除をやり旧軍の関係者をみなパージしてます。当時総兵力10万などと言ってましたがその関係で全く未訓練の兵員であったとされています。
>
> その上作戦は渡海侵攻作戦ですから一定の海軍力が必要なんですがこれは殆どなかったはずでこの辺りからもやや疑問視してます。ただ当時対馬は旧軍の武装解除の結果、軍事力が一時的にない状態になってましたのでここへの限定侵攻は考えていたはずです。李承晩は何度も対馬の「返還」を要求してますからね。
>
> そして、よく言われる九州侵攻作戦ですが当時すでに佐世保や板付は米軍がおりましたからこれをどうするつもりだったのか相当に疑問なのです。
>
> ただありうる想定としては自分たちが侵攻しても米軍は何もしないだろうという甘い考えがあったんじゃないだろうかというのが小生の読みです。まあ、李承晩やその取り巻き連中の甘い考えだったんじゃないかということです。
>
> そのくせ朝鮮戦争では初期の敗戦から日本に亡命政府の設立の準備をするなどという基地外ぶりでしたからどう言っていいか言葉もありません。朝鮮戦争史というのは、正直太平洋戦争史よりも暗澹とするものです。
>
> あれほど非道い戦争というのは昨今のものを除いてはちょっと思いつかないくらいです。



私も全く信じられない話だと思っていたのですが、調べてみたら奴らはやる気満々。
考えてみると李承晩のお蔭で済州島などは人口28万いたのが3万になってしまった。
お蔭で沢山の住民が日本に逃げ込んで未だにのさばっているんですがね。
でもその28万の内6万人以上殺害している筈ですから、彼らは丸腰の人間には平気なんですね。
日本人には絶対わからない感覚だと思います。

尚お断りが遅れましたが、皆さんのコメント、どれも非常に有意義なので一つのエントリーに纏めさせていただきました。
ご了承いただきますようお願いします。
  1. 2014-02-16 16:23
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する