2014-02-11 16:02

13年経常黒字、3・3兆円…85年以降最少<続編

 昨日日本の経常収支(国際収支)が3.3兆円と最小になった事をエントリーした。
そこへkogumaさんから大変有意義なコメントを頂いた。
そこでこの経常収支(国際収支)に関して少し追加し、併せてkogumaさんからのコメントも紹介したいと思う。

最初にもう一度日本の経常収支(国際収支)のグラフを

2014-2-10日本の経常収支推移

こんなグラフである。まだ辛うじて黒字だが赤字へ向かってまっしぐら、こう言う事だ。
赤字になるとどうなるか。
外国から物を買うのに支払うカネが足りない状態という事。日本は永年の黒字(外貨準備)を持っているので直ぐ金が無くなるわけではないが、それが無くなれば外国から借金することになる。

そこで昨日のエントリーへのkogumaさんのコメントを紹介したい。

<以下引用>

あちらの方々に現実を見ていただきたい
こんばんは。
家計も企業も国も借金なんてしない方がいいと思います。
戦中戦後に10~20代の20年強ずっと貧乏だった母親に、常々借金をするものではないと言われてきました。なので、自分は奨学金、家と4台乗った車のうち1台の車以外の結構な額の物でも、貯金した現金か支払い分を財布に入れておいて翌月一括払いのカードで(短期借金です)買っています。
ローンで家を買うとか、税金対策とか、設備投資とか、掛け売り掛け払いのつなぎ資金などのようにきちんと収入から返す当てがある場合は別です。社会生活のために必要な借金だと思います。

グラフのベースでは2014年はもしかしたら経常収支は赤字です。貿易赤字が足を引っ張っています。円安と発電燃料増が主原因でしょう。もっとひどくなったら燃料節約のために尚一層の省エネ(今よりさらに10%、定着分とあわせて2010年より約20%減でおおよそ原発発電分弱)と、それでも足らないと電力制限令と計画停電が必要になります。この後ろ二つを同時に被るとえらいことです。
発電燃料代は最後は消費者が負担しますが、消費者が頑張って働いて家計でも企業でも黒字にしないとなりません。こっちも大変なことです。

反対の方が廃炉行程と核廃棄物行程及びこれらの概算、再エネの普及速度と特にソーラーについての夜間と天気が悪い日の発電力代替と電力システムへの影響(今は全部電力会社にお任せ)についてそれなりの案を出せば、皆さんもう少し聞く耳を持つと思いますが、口から出るのは核は危険だから反対だとか、ソーラー発電夢いっぱい程度しか無く。

原発反対の方々は、こんな一般人でも考えつくことを考えないのでしょうか。

また、国の借金増と防衛費増はけしからんから減らせ、アベノミクスと消費増税は暴走だ(増税はもう少し待っても良かったと思います)、社会保障カットは弱い物いじめだ、公共工事は絶対悪だ、でも防災は対策は大切だ、あれやれこれやれetc、とほとんどの野党とその支援団体、市民団体は声高に主張します。
社会保障や防災や教育などが必要なことはよく分かります。でも税収とほぼ同額の国債を出さないと国家予算を組めないのですから、収入を上げて支出を減らし無駄を減らして重点配分をしなければなりません。
となれば増税と税負担の公平推進、必要だが過剰な支出減など収支それぞれの見直しは必要です。家計も企業も同じです。

家計と企業と国を同列に考えて述べましたが、必要な借金は必要ですが、出来れば借金せず収入増の策と支出の見直しは、どんな場合でも必要だと思います。

あちらの方々に、もう少し現実的なお話を伺うのは無理なんでしょうかねぇ。
2014-02-10 23:01 URL koguma

<引用終り>

kogumaさんは心配しています。
>グラフのベースでは2014年はもしかしたら経常収支は赤字です。貿易赤字が足を引っ張っています。円安と発電燃料増が主原因でしょう。

全く同感です。そして詐欺師小泉はじめ反原発の面々はその先の事など全く考えていません。
そして悪い事に日本が経常収支で赤字にでもなれば世界中から狙われます。何せ政府の借金が凄いからなのです。
真っ先にもっと消費税を上げろ、こんな圧力が来るに決まっています。日本破壊工作ですね。


そこで問題の元凶、鰐の口グラフを紹介します。
通称鰐の口、正式には「一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移」と言う。
財務省が公表しているもの
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/003.htm

政府の借金(公債)と税収、歳出のグラフです。不気味なワニがガバッと口を開けたグラフ。
これに歴代首相の名前を追加して見てみました。
2014-2-11税収・歳出・公債発行額グラフ(鰐の口)

これを見るとワニが口をあけるきっかけを作ったのが宮沢喜一、更に大きく口を開けたのが橋本龍太郎、この橋龍時代の98年から日本の年間自殺者数が3万人を超えました。次の犯人が詐欺師小泉、あれだけの人気が有って何でもやれる環境にありながら只々成り行き任せで放置しました。最後の仕上げが土鳩・空き缶・野豚の3バカトリオ、大きく開いた口を更にガバッと開けてしまいました。
今やっとこの長い停滞から脱出出来そうなところまで来たところ、そう言う事です。

しかし此処まで経済が病みながらも日本が経常収支(国際収支)で赤字にならない秘密、それが最初のグラフから読み取れます。
貿易が大赤字ながらそれを上回る所得収支が有る。此れです。
所得収支と言ってもピンときませんが海外に投資した儲け、或いは海外工場からの技術料収入や配当などです。
これが毎月1兆円以上入ってきます。この為国内が苦しんでいても何とかなっている。
そんな理由です。

少し古いですが中国からこんな話が有りました。
「誰も知らない1.8個分の日本<レコードチャイナの報道です」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-date-201110-2.html

日本が海外に持っている経済力は1.8個分の日本に相当する、こんな話です。
日本はこんなモノが有るから今まで持ちこたえてきた、そう言う事です。

詐欺師小泉の頭は叩きました。
これから日本は立ち上がるべき時、そうだと思っています。
  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

最近、小泉氏の反原発は実はフェイクなんじゃ無いかという気がしてますね。
短足さんの小泉評はまさにその通りだと思うんですが。
また前の小泉政権の時のように、何かの別の意図でわざと反原発をやってるような。
いずれ答えが出てくるとは思いますけどね。

それはともかく、今の日本のエネルギー事情何とかするには、原発の科学的根拠に基づく再稼働と廃止の見極め。どちらにせよ、対応年数過ぎて廃止が決まってたのを民主党政権で許可して延長してる炉があるはずですし、元々欠陥が指摘されてる福一型の原子炉は廃止すべきです。
それとは別に、安全性が高い新型炉、たとえばトリウム炉とか、CANDLE炉とか。
そういうのを本格的に動かしていくべきでは無いかと。

後は、日本はもっと石炭を活用すべきでは無いかと思います。
今は中国の草刈り場にされてますが、アフリカ諸国には良質な手つかずの石炭鉱脈が沢山あります。これを日本型ODAで開発し、正当なコストで日本に運べば安定燃料になるでしょう。
ガスに偏るのはあまりにも危険です。

  1. 2014-02-11 16:34
  2. URL
  3. その蜩 #mQop/nM.
  4. 編集

こんばんは。

改めて税収と歳出、国債の比較を見ると、よく日本は平成の世を生きてこられたものだと思います。戦後からの昭和の資産は大変なものだったと。
私今年で結婚21年ですが、このグラフのような家計であれば結婚以降ひたすら給料が減り、子育て他で支出と借金が増え、さらに親の遺産の利息収入をあてがってきたようなものです。多分今すぐ生活スタイルを見直します。
国の場合は家計のように支出を減らすだけでは経済が低下してしまいますから難しいところです。引用していただいたコメと矛盾してますが。

引用していただいたなかで、野党と市民団体等は借金反対福祉カット反対などを叫ぶと書きました。彼等は他人(与党、国民)の懐を当てにして、借金するなよと言いながら借金させてそれを自分達に過剰に振る舞わせているわけです。民主はそれまで他人のものだった財布を思わず手に入れてしまったので、あれほど反対していた借金を盛大に行い派手に振る舞ってしまいました。彼等はコンクリートも反対でしたから、後には借金しか残りません。
彼等は自分達のケツを拭くことなく、従前と同じことを唯叫ぶだけです。
  1. 2014-02-11 18:36
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

税収の問題は・・・

バブルの頃に何もやらなかった、というのが大きいのでしょうあの時期にある程度の増税をやり景気を引き締めておけばあんなアホなバカ踊りをする必要もなかったはずです。

あの頃ならば資産税も可能であったかもしれません。銭があったんだから・・・
馬鹿ばかりやってきた20年ですよねえ。なんでここまで馬鹿なのか不思議で仕方ありません。
  1. 2014-02-11 20:17
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

デフレ期に・・・

 盛んに歳出削減とか規制緩和とかのインフレ対策をやってきた間抜けですからね。そりゃ成長も税収も落ち込むわ。
  1. 2014-02-11 21:54
  2. URL
  3. ご隠居 #-
  4. 編集

To:その蜩さん

> 最近、小泉氏の反原発は実はフェイクなんじゃ無いかという気がしてますね。
> 短足さんの小泉評はまさにその通りだと思うんですが。
> また前の小泉政権の時のように、何かの別の意図でわざと反原発をやってるような。
> いずれ答えが出てくるとは思いますけどね。
>
> それはともかく、今の日本のエネルギー事情何とかするには、原発の科学的根拠に基づく再稼働と廃止の見極め。どちらにせよ、対応年数過ぎて廃止が決まってたのを民主党政権で許可して延長してる炉があるはずですし、元々欠陥が指摘されてる福一型の原子炉は廃止すべきです。
> それとは別に、安全性が高い新型炉、たとえばトリウム炉とか、CANDLE炉とか。
> そういうのを本格的に動かしていくべきでは無いかと。
>
> 後は、日本はもっと石炭を活用すべきでは無いかと思います。
> 今は中国の草刈り場にされてますが、アフリカ諸国には良質な手つかずの石炭鉱脈が沢山あります。これを日本型ODAで開発し、正当なコストで日本に運べば安定燃料になるでしょう。
> ガスに偏るのはあまりにも危険です。


最近つくづく思うのですが、政治家で会社勤めとか会社経営をしたことのない人間は本当に駄目なんだと。
小泉純一郎もそうですね、学生から政治家秘書、そして政治家になった。
だから一般常識が全くありません。
恐らく原発に関する知識など何もない。知らなければ信頼できる学者とか実業家の話を聞けばいいのですが、そんな人を見る目も無い。そうだと思います。
良く考えてください。あれだけ人気が有り、長い事首相をした人物が派閥の領袖に成れないのです。
小泉の限界を見る思いです。

小泉の反原発は実はフェイク、面白い味方です。事実なら実に凄い事。
実は私は小泉の動きはアメリカからの圧力だと見ています。国際金融資本の圧力です。
郵政民営化をごり押しさせた勢力と重なるモノが有るのではないか、そう思います。
但しこれは単なる推測なので証拠が有るわけではありません。

いずれにしても難しい時代になったものです。
  1. 2014-02-12 07:38
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:Kogumaさん

> こんばんは。
>
> 改めて税収と歳出、国債の比較を見ると、よく日本は平成の世を生きてこられたものだと思います。戦後からの昭和の資産は大変なものだったと。
> 私今年で結婚21年ですが、このグラフのような家計であれば結婚以降ひたすら給料が減り、子育て他で支出と借金が増え、さらに親の遺産の利息収入をあてがってきたようなものです。多分今すぐ生活スタイルを見直します。
> 国の場合は家計のように支出を減らすだけでは経済が低下してしまいますから難しいところです。引用していただいたコメと矛盾してますが。
>
> 引用していただいたなかで、野党と市民団体等は借金反対福祉カット反対などを叫ぶと書きました。彼等は他人(与党、国民)の懐を当てにして、借金するなよと言いながら借金させてそれを自分達に過剰に振る舞わせているわけです。民主はそれまで他人のものだった財布を思わず手に入れてしまったので、あれほど反対していた借金を盛大に行い派手に振る舞ってしまいました。彼等はコンクリートも反対でしたから、後には借金しか残りません。
> 彼等は自分達のケツを拭くことなく、従前と同じことを唯叫ぶだけです。


昭和の遺産、正にその通りです。
勤勉な国民の多額の貯蓄が有ればこそ公債乱発を全部吸収できた、そんな事だったのです。
でも弊害を生みました。
最大の弊害は銀行屋(あえてこう呼びます)がカネを貸さずに儲ける方法を教えてしまった。
国債枕に昼寝です。
タダ同然の利息で預金を集め、国債を買う。国債の金利は安いが何せコストはタダ同然。
銀行屋はこれで十分儲かります。
何処の銀行でもいいので覗いてみてください。昼間から閑古鳥が鳴いてます。
でも儲かる。
そして自営業の方が苦しんでいても金は貸しません。これが今日の日本の諸悪の根源なんです。

日本立て直しは容易じゃないですが、額に汗して働かないヤツがのさばる社会だけは御免です。
  1. 2014-02-12 07:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 税収の問題は・・・

> バブルの頃に何もやらなかった、というのが大きいのでしょうあの時期にある程度の増税をやり景気を引き締めておけばあんなアホなバカ踊りをする必要もなかったはずです。
>
> あの頃ならば資産税も可能であったかもしれません。銭があったんだから・・・
> 馬鹿ばかりやってきた20年ですよねえ。なんでここまで馬鹿なのか不思議で仕方ありません。


私はこの20年の停滞、一番の責任は宮沢、橋龍にあると見ています。
特に橋龍は自民党政権と言いながらその実は連立政権で左巻き連中が拒否権を持っていた。
左巻きに拒否権を持たれたら何にも進みませんので、ココが大問題でした。

しかしそんな事を忘れて真と鼻の先の事に汲々とするマスゴミに騙された。
そんな善良な国民が実は一番損をしたという事です。
  1. 2014-02-12 14:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: デフレ期に・・・

>  盛んに歳出削減とか規制緩和とかのインフレ対策をやってきた間抜けですからね。そりゃ成長も税収も落ち込むわ。


そうなんですね。
しかし今回改めてグラフを眺めて、よくまあ此処まで倒産もせずに頑張ってきたなあ・・・
これが私の率直な感慨です。
  1. 2014-02-12 15:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する