2008-11-21 17:09

GMタイ工場2ヶ月操業停止

GMタイランド、2カ月間操業を停止・・タイの日本語新聞「バンコク週報」より

 

経済】 11/20

 GMタイランド社は1119日、販売不調と米本社の経営難のため、ラヨン工場の操業を今年12月と来年1月の2か月間、停止すると発表した。

 同社広報担当者は、「2カ月間操業を停止しても需要には十分対応できると判断した」と説明している。

 ラヨン工場は、主に輸出向けにシボレーのコロラド(ピックアップトラック)、キャプティバ(SUV)、オプトラ(セダン)、アベオ(スモールセダン)を生産しており、年間生産能力13万台となっている。

 なお、操業停止期間中、同工場の従業員2000人には給与の75%が支給されるとのことだ。

<引用終わり>

 

GMタイランド社のラヨン工場があるのは、

東洋のデトロイトと呼ばれるイースタンシーボード工業団地。

ここはGMの隣にはマツダ・フォード合弁会社のAATと言う会社がある。

そしてGMとフォードが隣り合わせているのは本場のアメリカにも無く、

世界で唯一ここタイの東部臨海工業地帯だけ。

 

GMタイ工場:2000年8月のグランドオープニング風景

後ろの建物がタイ工場メインオフィス

 

 

こんなGMが2ヶ月間とはいえ操業をストップする・・・

いかにGMが弱っているかの証拠と言える。

 

従業員は給与の75%を支給されるとのことだが、実際の手取りは多分もっと少ないのではないか。

またタイではボーナスは年1回12月に支給されるのだが、これも?

 

GMタイ工場は実は以前も似たような事例が有る。

10年前の通貨危機の際、丁度工場建設中であったが、

市場環境の激減で予定していた生産機種を変更、工場立ち上げも2年近く延期した。

 

この際、当初予定していた車種の部品を地元ローカルサプライヤーに発注内示しながら中断、

そのサプライヤーが準備した金型などの生産設備(全部使用不可になったが)の費用を

ほとんど補償しなかった。

 

ほとんどのサプライヤーは世界のGMの前に泣き寝入り。

さすが世界一になるだけあって、

その経営手法は傲慢そのものであった。

恐らく今タイではそんな事が囁かれていることだろう。

 

アメリカでは19日議会公聴会で、

GMを初めビッグスリーのトップが税金による救済を求めたが、

「救済を求めるのに自家用機で乗り付けるとは何事か」と反感を買っているそうだ。

 

今世界はアメリカが永年押し通してきたアメリカ流の価値観「ビジネスモデル」が崩れ去ろうとしている。

今こそ新しい価値観が必要になっている。

 

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する