2014-01-30 15:40

中韓の反日

 今日のニュースで中国と韓国が国連安保理事会で日本を名指しで非難、そんな事が報道されていた。
韓国に至っては日本、日本と17回も連呼したと言う。
この報道については以下参照ください。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140130/erp14013009540003-n1.htm


全く呆れてものが言えないのだが、いよいよ日本にも国難が降りかかってきたという事であろう。


さてこの問題の伏線が分かった。昨年暮、安倍首相の靖国参拝に対しアメリカ大使館から失望したとの声明が出たが、その原因がバイデン副大統領であったことが報道されている。


<以下引用>

2014.1.30 09:12
「失望」の伏線…米副大統領「『安倍氏は参拝しない』と朴氏に言った」

 昨年12月12日夜、安倍晋三首相は日本、中国、韓国を歴訪して帰国した米国のバイデン副大統領から電話を受けた。事実関係を知る政府関係者によると、首相はその内容に驚きを隠さなかったという。バイデン氏はこう述べたのだ。

 「韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領には『安倍氏は靖国神社に参拝しないと思う』と言っておいた。あなたが不参拝を表明すれば、朴氏は会談に応じるのではないか」

 どうして頭越しに朴氏にそんなことを言ったのか-。首相はただちに自身の真意を告げた。

 「私は第1次政権のときに靖国に参拝しなかったことを『痛恨の極み』だと言って、衆院選に勝った。参拝は国民との約束だと思っている。いずれかの段階で行くつもりだ」

 参拝の意思を明確に伝えたものだったが、バイデン氏はあっさりと「行くか行かないかは当然、首相の判断だ」と答えたという。

 首相はさらに、日韓首脳会談を阻む最大の壁は靖国問題ではなく、むしろ慰安婦問題だとも説明したが、バイデン氏がどこまで理解したかは分からなかった。

 ただ、靖国参拝に関して「首相の判断だ」と認めていたことから、日本側は米国が同月26日の首相の参拝に「失望」まで表明するとは予想していなかった。

◆会談前に「失望」発表

 参拝から数時間後、外務省幹部は、在日米大使館が「失望」という強い表現の声明を出そうとしていることを察知した。

 「今夕には岸田文雄外相とケネディ駐日大使の電話会談がある。会談前に声明を出すのはおかしい」

 外務省は在日米大使館と米国務省に声明を出さないよう、働きかけた。だが、声明は「ホワイトハウスの指示」として電話会談の前に発表され、「日米に溝」と世界中に報道された。

 複数の日米外交筋によれば、声明発表にこだわったのは、首相から事前に参拝意向を聞いていたはずのバイデン氏だった。日米間のパイプは微妙に目詰まりを起こし、「同盟国同士の常識」(政府高官)が通じなくなっている。

 年が明けると、米側は一転して靖国参拝を「もう済んだ話」と位置付け、日米間の融和を演出するようになった。外務省には、米国務省からこんな反省も聞こえてくるようになった。

 「在日大使館がdisappointedを『失望』と訳したのは表現が強すぎた。せめて『落胆』か『残念』とすべきだった」

 声明が中韓の反日を勢いづかせただけで、「米国の世界戦略として全く意味がなかった」(政府高官)ことに、米側もようやく気付いたからだ。

◆対韓関係修復迫る

 ただし、その後も米要人らは示し合わせたように、韓国との関係修復を迫っている。

 1月24日に来日したバーンズ米国務副長官は、岸田外相との会談で「韓国との関係だけは改善してほしい」とクギを刺した。小野寺五典(いつのり)防衛相には「失望」とのメッセージを出した理由について「米にとって、韓国と日本との関係が重要だから」とも明言した。

 バーンズ氏は、日本側との一連の会談でこう付け加えることも忘れなかった。

 「日本が(東アジア)地域の安定と繁栄のため、微妙な問題について建設的な方法を見つけることを、米政府は奨励したい」

 「建設的な方法」との表現には、靖国参拝を再検討してほしいとの米側の思いがにじむ。日韓関係が冷え込む理由に関する、日米間の認識の隔たりを埋める作業は容易ではない。

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140130/plt14013009150003-n1.html

<引用終り>


全く非常識な話である。自国の戦没者に対する尊崇の念は世界中どの国でも当り前だ。
しかしバイデンはそんな事など無視、要するに中国にすり寄りたい、それだけなのである

そのバイデンの考え方、青山繁治さんは「パンダハガー」なる言葉で表現している。
パンダハガーについては以下参照ください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-866.html

このエントリーは中国の防空識別圏設定に関する話なのだが、バイデンはそこでもっと酷い二枚舌を使っていたのである。
しかし、ではどうするか。
この青山さんの話は最後にこんな話で締めくくられている。
「青山繁晴
「はい。中国の工作っていうのは、もっぱらマネー、just a money、お金で工作を行ってて、たとえばですよ、皆さんが信じられない例を1個言いますとね、アメリカっていう国家は日本と全然仕組みが違ってて、アメリカの核規制委員会、ね、原子力規制委員会、NRCって言いますが、そこの予算の7割ぐらいは、6割から7割は、電力会社が出してるんですよ? 今の日本の原子力規制委員会が国家予算だけじゃなくて、関電や東電から、ね、6割7割の予算もらってるって言ったら、日本だったら信じられないでしょう?(一同同意)でもそれが、アメリカなんですよ。軍であれどこであれ、国務省であれどこであれ、研究資金とかいろんな名目で、チャイナマネーが入り込んでくるから、パンダ・ハガーがどうしても増えることになり、でもB52を出して、中国を威圧したのは本当であって、だから2つの顔を持ってるんで、これはいい悪いを言うんじゃなくて、アメリカに1つの顔でいてほしいってのは、本当は敗戦後の日本の依存心の表れであって、そんなの当たり前なんですよ。その複合の顔してるってのは。だから、アメリカを上手に利用して、いくっていうのが本来日本のやるべきこと、だと思います。」

アメリカは複雑な国である。色んな勢力が共存している。
それを理解して、日本として最適な方向に持ってゆく、そうとしか言えないのだ。

しかしアメリカは、バイデンは「安倍に靖国に参拝するなと言っておいた」、こう中韓に説明しているようだ。
それなのに安倍首相が参拝した。
だからアメリカは失望し、中国も韓国も半狂乱である。

中国在住のトロさんによれば、「テレビでは連日安倍が、安倍が、安倍、安倍」と叫んでいるそうだ。

所でこんな難しい時代を読み解く良い解説をしてくださる方がいる。馬淵睦夫氏である。

馬淵氏の「国難の正体」については以下参照ください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-date-201309.html


また馬淵さんの話はこれが参考になります。



この動画はyuyuuさんが紹介しているモノ。
http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-3925.html

難しい時代である。
なお上掲動画で馬淵さんが1年前の選挙で誰が負けて誰が買った勝ったのかと言うところで、負けたのは民主党だが勝ったのは70年続いた戦後体制打破に目覚めた勢力、こんな事を言っている。
私も同感である。
(続きます)
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

 バイデンもスィートだったのですね。
 それにしても中国や韓国が靖国や慰安婦で騒ぐのは、騒ぐことそれ自体が目的なのだから、別に安倍総理が参拝を止めても、慰安婦に謝罪しても、いくらでも他にネタを作って騒ぎます。

 そのぐらいの事はアメリカだってわかってると思ったのですけどね。

 逆にどうしても騒ぎたいなら尖閣問題のように物理的衝突が起きる心配のない靖国問題で騒いでくれる方が安全で良いのです。

 それを下手に靖国問題で譲歩なんかしちゃうと、また尖閣問題をネタに騒ぐから、益々危険になります。

 それなのにこんな浅知恵を振り回す人間が副大統領だなんて・・・・・オバマ大統領の見識が疑問視されるわけです。
  1. 2014-01-30 19:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  バイデンもスィートだったのですね。
>  それにしても中国や韓国が靖国や慰安婦で騒ぐのは、騒ぐことそれ自体が目的なのだから、別に安倍総理が参拝を止めても、慰安婦に謝罪しても、いくらでも他にネタを作って騒ぎます。
>
>  そのぐらいの事はアメリカだってわかってると思ったのですけどね。
>
>  逆にどうしても騒ぎたいなら尖閣問題のように物理的衝突が起きる心配のない靖国問題で騒いでくれる方が安全で良いのです。
>
>  それを下手に靖国問題で譲歩なんかしちゃうと、また尖閣問題をネタに騒ぐから、益々危険になります。
>
>  それなのにこんな浅知恵を振り回す人間が副大統領だなんて・・・・・オバマ大統領の見識が疑問視されるわけです。


最初にアメリカの副大統領を信用してはいけません。
アメリカの副大統領は大統領に万一の時は次の大統領です。だからしっかりしたやり手と思うと大間違い。
アメリカの副大統領は歴代自分で大統領に成ろうなどとそんな野心を持たない、いわゆる軽い人がなっています。
現大統領オバマはバイデン、その前ブッシュジュニアの時はチェイニー、その前クリントンの時はアル・ゴア、パパブッシュの時はクェールです。その前のレーガンの時はパパブッシュでこれが例外。
何故副大統領が軽い人物か。それはケネディの事例に遡ります。
ケネディの時、副大統領はリンドン・ジョンソンでした。
当然ジョンソンが大統領になったのですが、ケネディ暗殺が誰の仕業か謎であることはご存知と思います。勿論オズワルドではありません。
そして不思議な事にケネディ暗殺に関する捜査資料は全て封印されていまして、半世紀たっても公開されていません。
暗殺の下手人はいるのですがその黒幕は副大統領ジョンソンと言われています。
その為にケネディの弟の司法長官も暗殺されました。
アメリカの恥部そのものですね。
この為にその後の大統領は自分で大統領に成ろうなどと言う野心を持たない、軽い見かけだけの人物が務めるようになりました。
今のバイデンもそんな人物です。

そんなアメリカの弱い所を中国・韓国につかれているのです。
問題はカネ。
難しいですね。
  1. 2014-01-30 21:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

支那の銭が民主党には渡ってるということが公然と言われてますよね。

この点まだ共和党の方は大丈夫なようです。米国は民主党の失政で共和党に政権が移り共和党が不況対策をし景気が良くなると国民の気分が大きくなり対外積極派の民主党に変わり戦争を始め、そのあたしまつのために政権交代し平和が訪れるというのが昔のパターンでした。

レーガン大統領が繁栄と平和を共にもたらした頃から変わったようですね。共和党はまだしも世界に対して責任を取ろうという姿勢はありそうですが民主党は完全位劣化してる、という印象です。

都会の銭の亡者民主党と田舎の右翼の共和党でしょうか。少なくとも多国籍企業と新自由主義者に毒されていない方を選んでもらいたいものです。

といってもどっちもダメか・・・
  1. 2014-01-30 23:43
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

民主主義の負の側面

こんな近視眼的かつ短期的思考しかできないお馬鹿さんでも副大統領になれてしまうのが恐ろしいですね。

だいたいこの期に及んで韓国をこちらの安全保障の枠組みに入れられるわけがないではありませんか!。

  1. 2014-01-31 00:03
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

To:kazkさん

> 支那の銭が民主党には渡ってるということが公然と言われてますよね。
>
> この点まだ共和党の方は大丈夫なようです。米国は民主党の失政で共和党に政権が移り共和党が不況対策をし景気が良くなると国民の気分が大きくなり対外積極派の民主党に変わり戦争を始め、そのあたしまつのために政権交代し平和が訪れるというのが昔のパターンでした。
>
> レーガン大統領が繁栄と平和を共にもたらした頃から変わったようですね。共和党はまだしも世界に対して責任を取ろうという姿勢はありそうですが民主党は完全位劣化してる、という印象です。
>
> 都会の銭の亡者民主党と田舎の右翼の共和党でしょうか。少なくとも多国籍企業と新自由主義者に毒されていない方を選んでもらいたいものです。
>
> といってもどっちもダメか・・・


都会の銭の亡者民主党、正にその通りです。
私はオバマの本質は色の黒い白人だと思っています。外見を別にすれば心も頭も昔ながらの白人。
そんなオバマがどうして大統領に祭り上げられたのか、それは黒人やマイノリティーなどの票の為です。
純白人では選挙に勝てない、そこでアホな連中、愚民の票が欲しかった、そう見ています。
だから何にも実績もないのにノーベル平和賞、これもウォール街の金をしこたま積んだおかげでしょう。

ノーベル平和賞には可笑しなのが沢山あると言われていますが、中でも戦後すぐのハル(ハルノートのハル)、金大中、そしてこのオバマが最悪トリオを成すでしょう。

中国は間もなく崩壊しますが、その後はアメリカも分割すべきとの話が出てくるでしょう。
その前にEU解体が先でしょうけどね。
  1. 2014-01-31 06:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 民主主義の負の側面

> こんな近視眼的かつ短期的思考しかできないお馬鹿さんでも副大統領になれてしまうのが恐ろしいですね。
>
> だいたいこの期に及んで韓国をこちらの安全保障の枠組みに入れられるわけがないではありませんか!。


此処で考えねばいけないのがゲーツ元国防長官がどうして今回顧録を出したか、それも現オバマ政権の間にです。
ゲーツさんは未だやめて2年半くらいしかたっていません。彼はアメリカに忠実であろうとした、
そうしたらオバマの禄を食むわけにはいかない、こうだと思います。だから温厚なゲーツさんがあそこまで言う、こんな衝撃だったわけです。

オバマが一般教書演説をしたが中国の脅威は触れなかった、そうしたら中韓で安保理で反日攻勢。
ゲーツさんはこの流れを読み切っていたんでしょう。
オバマでは世界の平和もアメリカの繁栄も無い、そうだと思います。
  1. 2014-01-31 07:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

テレビは毎日、「反安倍キャンペーン」安倍で発狂

こんにちは
お元気でしょうか?
ここは、PM2.5何て気にせず
空は真白です。爆竹で。
お話の通り、日本では無く
「安倍首相」の個人攻撃に
的を絞って連日連夜CCTV初め
結構な時間を割いて
「反安倍キャンペーン」を展開しています
安倍さんは、目の上のたんこぶなんです。
参拝以外に批判点もなくただ一点を誇張するだけ。
その先に有るのは、尖閣なんですよね。
靖国など、切り口程度なんですよ。
正直に言わない所がこの国らしいですね。
最近は、一連の報道は病的な「ヒステリック 偏執狂」と
割りきってます。気に入らないことがあると発狂する、
中国の庶民と何ら変わらないかと思います。
大声出さないと気が済まないね。
  1. 2014-01-31 13:32
  2. URL
  3. トロ #yoiJ5pC2
  4. 編集

Re: テレビは毎日、「反安倍キャンペーン」安倍で発狂

> こんにちは
> お元気でしょうか?
> ここは、PM2.5何て気にせず
> 空は真白です。爆竹で。
> お話の通り、日本では無く
> 「安倍首相」の個人攻撃に
> 的を絞って連日連夜CCTV初め
> 結構な時間を割いて
> 「反安倍キャンペーン」を展開しています
> 安倍さんは、目の上のたんこぶなんです。
> 参拝以外に批判点もなくただ一点を誇張するだけ。
> その先に有るのは、尖閣なんですよね。
> 靖国など、切り口程度なんですよ。
> 正直に言わない所がこの国らしいですね。
> 最近は、一連の報道は病的な「ヒステリック 偏執狂」と
> 割りきってます。気に入らないことがあると発狂する、
> 中国の庶民と何ら変わらないかと思います。
> 大声出さないと気が済まないね。


情報ありがとうございます。
現地からの生の声、本当に参考になります。
所でFC2にログインできないと仰ってましたが裏口を見つけられたのでしょうか。
有り難い事ですね。
多分こうだろうなあと思う事が有るのですが、これは極秘情報ですね。
  1. 2014-01-31 17:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

日本に乗り込み「第2の安重根も辞さない」 韓国活動家が「竹島の日」にテロ予告
http://news.livedoor.com/article/detail/8488907/

アメリカはさんざん「テロとの戦い」と叫んできたのに、自分が矢面に立たず日本に対するだけのテロはどうでもいいんでしょうね。
  1. 2014-02-01 08:29
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

To:taigenさん

> 日本に乗り込み「第2の安重根も辞さない」 韓国活動家が「竹島の日」にテロ予告
> http://news.livedoor.com/article/detail/8488907/
>
> アメリカはさんざん「テロとの戦い」と叫んできたのに、自分が矢面に立たず日本に対するだけのテロはどうでもいいんでしょうね。


情報ありがとうございます。
昔は「付け火して 煙喜ぶ 田舎者」でした。
それが「つけ火して煙喜ぶアカヒ新聞」に代わりました。
それに加えて「つけ火して煙喜ぶアメリカ民主党」が加わりました。

バイデンはゲーツ元国防長官に40年間やったこと全てが間違っている、そうこき下ろされました。
今回の日本と中韓訪問でも全く同じで外交上の大ミスでしょう。
しかも日本と中国両方が消耗すれば丁度いい、そう思ってせせら笑っているでしょう。

しかし今回の件、これで韓国人へのビザなし入国を停止できる理由が出来ました。
ましてや天皇陛下へのテロを公言する。
ヒトモドキの本性発揮ですね。

これはご隠居さんの所で知ったのですが、内閣府の男性職員が1月中旬、会議の為ソウルに向かっていたはずが行方不明になり、北級市若松区の港の沖で死体で発見されたそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASG106G1TG10TIPE02J.html

文明国同士では有りえない話が始まっています。
  1. 2014-02-01 09:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

米国の凋落

ベトナム戦争以降の米国は国力を漸次低下させてきました。レーガン時代、ソ連との冷戦に勝った以降はもう上昇気流に乗っていません。
生産力が衰え、金融(=トリック)によってしか稼げなくなってきた。だから益々金に転ぶ。

オバマは立派そうな言葉を吐きますが、黒人の大統領が米国に登場できたのは、日本が大東亜戦争で、結果として植民地解放を成し遂げたからです。新参者として彼には背景がありません。

米国は歴史的に日本が嫌いです。安倍さんは日本の国益を中心にに働いて欲しいと思います。
  1. 2014-02-01 10:48
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 米国の凋落

> ベトナム戦争以降の米国は国力を漸次低下させてきました。レーガン時代、ソ連との冷戦に勝った以降はもう上昇気流に乗っていません。
> 生産力が衰え、金融(=トリック)によってしか稼げなくなってきた。だから益々金に転ぶ。
>
> オバマは立派そうな言葉を吐きますが、黒人の大統領が米国に登場できたのは、日本が大東亜戦争で、結果として植民地解放を成し遂げたからです。新参者として彼には背景がありません。
>
> 米国は歴史的に日本が嫌いです。安倍さんは日本の国益を中心にに働いて欲しいと思います。

アメリカの凋落ぶり、本当に目を覆うものが有ります。
実は昨日トヨタ博物館に行きました。
昔の1950年代、60年代のアメリカのクルマは大きなテールフィンをつけて無駄だらけ。
でも今見ても魅力が有ります。
もう今のアメ車にはそんな魅力は全くありません。
製造業を捨てたアメリカにはカネの亡者以外居なくなりました。
昔のアメリカにはしっかりした中小企業が沢山ありました。
でもそれらもNAFTAで全滅、もうアメリカには残っていないですね。

アメリカの日本嫌いの中心は国際金融資本です。ユダヤの商人ですね。
彼らには祖国が有りません。イスラエルは祖国ではない。
だからアメリカだったり、イギリスだったり、ドイツだったり、どこにでも住んでます。
そんな目で見ると日本はしゃくに障る存在なんでしょうね。
おまけに日本は平等公平な社会、これも彼らには困るんでしょう。
  1. 2014-02-01 17:33
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する