2014-01-27 16:06

洗面台の掃除をする人

 こんな事は滅多にないのだが、今日は赤旗のコマーシャルから始めます。
何! 赤旗の宣伝???
温暖化だ、寒冷化だと言いすぎて、とうとう短足も頭がおかしくなったのかと思われるかもしれませんが(笑)・・・
先ずは赤旗政治記者のツィートから。

2014-1-26赤旗政治記者ツィート


この話は裏の桜さんのこのエントリーで紹介されていた。
http://sakuraura.blog.fc2.com/blog-entry-2667.html

この裏の桜さんのエントリーにもコメントしたのだが、実は私が昔から何とか真似をしようと密かに思っていたこと、それがこの使い終わった洗面台を清掃することだった。
理由は昔どこかで吉田茂首相がこの事を実行している、そんな話を見たことが有った。良い事なので何とか自分もマネをしようと思っていた。
但し思うのは勝手だが、実際に実行するのは簡単ではない。
そこにこんな話。

麻生副総理兼財務大臣は吉田茂の孫である。
流石これぞ日本人と言うエピソードなのだが、私が知っているのは伝聞の伝聞。
そこでソースが何なのか調べてみた。

1次ソースではないが、多分これだろうと言うモノが見つかったので紹介。

仲澤宏さんの「司会のウラワザ」と言うブログがあった。
http://qqbh8529.exblog.jp/d2009-06-11

此処にこんな記述が
「計6回の日本アマ優勝を誇り、アマチュアゴルファーの頂点に君臨し続けた伝説のプレイヤー中部銀次郎さん。
その強さは「プロより強いアマチュア」と称されるほどです。
・・・中略・・・
その銀次郎さんが、試合前にかならず トイレで行っていた“儀式”があるのです。
それは偶然、石川遼さんも同じことを普段からやっていました。
一流プレイヤーたちが共通して、トイレで行っている“儀式”とは何なのか?
それは……
洗面台の水をきれいにふきとることです!
・・・中略・・・
この記事を読んで、一つ思い出したことがあります。
ホテルの発展に大きく寄与した、ホテルオークラの橋本副社長(故人)の著書の中に、こんな記事がありました。
彼(橋本氏)がまだ新入社員の頃、たまたまトイレの点検に行った時、時の内閣総理大臣 吉田茂氏が、洗面台に散った水あとを綺麗に拭き取っていました
その姿を見て、私もそういう人になりたいと思った・・といった思い出話です。
・・・以下略・・・」

引用は以上です。
ここで仲澤さんが言っている橋本さんの著書には「感動を創る」「人間関係にも切り札がある」「人脈の極意」「スーパー名刺術」などが有るようで、どうも「人脈の極意」らしいのだが現在絶版で手に入らない。

しかし吉田茂元首相の話なのは間違いないようです。

そしてこんな凄いマナーが祖父から孫へと受け継がれている。これに感心しました。

此処からは私のタイでの経験を少し。
タイ人の食事マナーは昔は無茶苦茶でした。食べカスはどんどん床に落とす。
だからタイ人が食事をした後は落花狼藉状態。
会社でも同じで工場内などゴミだらけになります。
掃除のおばちゃんが掃除して回ってもそのすぐ後ろでまたごみを捨てる、そんな事でした。
そんな連中に日本式の仕事の仕方、会社内をきれいにすることを教えるのは並大抵ではない。
結局やったのは率先垂範、先ず日本人が手本を見せる事でした。
私がタイで真っ先に始めたことが掃除の仕方を教える事、箒の持ち方から教えました。
タイ人でも特にスタッフやマネージャクラスなどは現地のエリートなので、当然ながら掃除など生まれてこの方自分ではやった事が無いのです。
そんな経験からこの吉田茂元首相、そして麻生副総理兼財務大臣のエピソード、私にはとても貴重なのです。


最後に参考までにタイの田舎の住宅の内部
手前、オバちゃんのいる所が居間にも食卓にもなる所。
奥の左側、トタン張りのドアがトイレと水浴びする所、右にガス台があります。
トイレのドアの前に七輪に載っている籠状のモノはコメを蒸すもの。
2014-1-27タイの民家の台所とホムナーム

こんな所で生まれ育った人が洗面台の清掃??? だいたい洗面台など今まで見たことも無いのだ。

所で吉田茂が総理大臣をやっていたのは1946年5月からなのだが、最後は1954年12月10日まで。
この逸話も1954年頃、或いはそれより前の話という事になる。
そんな当時の日本も上掲タイの民家と同じような暮らしではなかったか。
そんな時、洗面台を拭いていると言うのがいかに凄い事か、吉田茂がアメリカ相手にわたりあったと言う話を色々聞く。
そんな逸話の裏にこんな凄いマナーを身につけていたからこそ欧米人に信用された、そんな事を考えさせる話ではある。

  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

石原慎太郎も

 彼も若い頃には講演旅行などの際に、洗面台を綺麗に掃除して先輩作家から可愛がられたそうですね。
  1. 2014-01-27 21:33
  2. URL
  3. ご隠居 #kaKZ91t6
  4. 編集

Re: 石原慎太郎も

>  彼も若い頃には講演旅行などの際に、洗面台を綺麗に掃除して先輩作家から可愛がられたそうですね。


そうなんですか、知りませんでした。
ひょっとしたら洗面台の掃除は右翼の専売特許なのかも・・・(笑)

しかし良い習慣です。見習わなくてはいけませんね。
少なくとも次の世代の子どもたちには教えたいと思います。
  1. 2014-01-27 22:16
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

日本の小中学生は教室の清掃や校庭の美化運動をしていますが、欧米では清掃人の仕事を奪うから教室の掃除をしないと見聞きします。この点は日本の子供はよく教育されていると思います。
教育の一環ですので、自分を含めてほとんどが大人になると公共の場でやらなくなってしまうのがなんとも。
  1. 2014-01-28 21:21
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:Kogumaさん

> 日本の小中学生は教室の清掃や校庭の美化運動をしていますが、欧米では清掃人の仕事を奪うから教室の掃除をしないと見聞きします。この点は日本の子供はよく教育されていると思います。
> 教育の一環ですので、自分を含めてほとんどが大人になると公共の場でやらなくなってしまうのがなんとも。


なるほど、清掃人の仕事を奪うから掃除しない・・・モノは言いようですねえ。
アメリカなど家庭内では皿洗いはご主人の仕事となっていますが、家庭と公共の場とは違うんでしょうね。
欧米の事情は分かりませんが、タイなどでは掃除は卑しい人のするもの、こうなっています。
国情の違いなんでしょうか。
日本でも特に都会では公共の場では掃除などしない人が増えているんでしょう。
でも昔より町はきれいになってきていますから、全体のマナーは良くなってきているのではないでしょうか。
  1. 2014-01-29 15:48
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する