2014-01-22 17:20

これは対岸の火事ではない

大紀元日本に興味深い記事が有った。

<以下引用>

米国企業が直面する中国産業スパイ問題 「組織内スパイの脅威が大きい」
【大紀元日本1月22日】米国企業の秘密情報や知的財産が中国の産業スパイによって異常なペースで盗まれている。コンピュータのハッキングや、内部人員による盗聴盗撮装置の仕掛け、改造されたコピー機による情報の自動送信等様々な手段が用いられている。

 米国企業はビジネスのためには、重装備した国家からのサイバースパイ活動に備える必要がある。大紀元(英語版)の取材に、米シスコ・システムズ社の上級セキュリティ戦略主任のマイケル・オバーラエンダ―氏はこのように指摘し、「これは戦力の偏った不公平な戦いだ」と語った。実際、企業の対抗戦略は「完全防備」から「軽減」へシフトするしかないという。

 企業にできることは「侵入のハードルを高くするしかない」と同氏は言う。攻撃者はターゲット企業にかける時間と労力を天秤にかけ、攻撃の価値があるかを決める。標的から外されれば、企業にとって防衛成功になるという。

 しかし、これには莫大な費用がかかる。2012年に172の重要なインフラ組織を対象とした調査によると、企業は84%の攻撃を食い止めるためには、セキュリティ費用を倍に上げなければならない。

 オバーラエンダ―氏によると、ほとんどのサイバー攻撃は中国、ロシア、東ヨーロッパのIPアドレスに辿りついている。昨年2月、米国のセキュリティ会社マンディアント社は「上海を拠点とする中国人民解放軍所属の部隊が、過去数年間にわたって、主に米国を中心に、世界中の組織に対しサイバースパイ活動を行っていた」この事実を指摘するレポートを発表して、世界中のメディアに取り上げられ、大きな話題となった。

 このレポートは、米国企業が、組織されたハッカーグル―プではなく、外国軍隊との戦いに直面している現実を示した。

 組織内スパイのほうが脅威は大きい

 元ドイツテレコムのチーフセキュリティ関係者でもあるオバーラエンダ―氏は、こういったサイバー攻撃と同時に存在するのは、組織内部にスパイを潜入させる手口だと指摘する。

 米ブラックオプス社のCEOのキャシー・フレミング氏もオバーラエンダ―氏と同じ見方を示した。「サイバー攻撃やデジタルスパイ行為より、伝統的な内部スパイの方はずっと脅威が大きい」と指摘。同氏が率いるチームは、全米上位500社にランクインした企業から秘密保護と防諜の依頼を受けている。

 「様々なことを見てきた」。フレミング氏は電話取材に応じた。ハッカーが侵入するためのバックドアや、社内決定を行う会議室の照明スイッチや音響装置の中に隠された盗聴装置、コピー機に仕込まれ自動的にデータを中国に転送する機能を有するパーツなどだ。

 映像と音声を盗み取る装置を火災警報器に取りつける現場を取り押さえたこともあるという。中国人スパイは、天井パネルの裏にあるネットコネクションに接続していた。「誰にも知られずに、知るよしもない」とフレミング氏は語った。

 元CIA幹部でブラックオプス社役員のエリック・クアルケンブッシュ氏も「サイバーは派手なだけ。直接人間を潜入させる方が効果が大きい」という見解を示した。ハッカーは侵入が成功したコンピュータにしかアクセスできず、得られる情報も限定的。内部スパイは常時内部の各所に出入りが可能なため、コンピュータやネットワークをウイルスで感染させたり、情報を記録・複製したり、直接、他の人員に働きかけたりすることができる。

 中国スパイに関しては、本物のスパイよりリクルートされた一般人が実際のスパイ活動を行うのが一般的。「中間人」として訓練されたスパイは、自身の犯罪証拠をほとんど残さず、標的の人をリクルートしたり、ゆすりで協力を強要したりする活動に集中する。

 洗練された多くのスパイ術が開発されたにもかかわらず、古典的な賄賂とゆすりは今でも有効。人をスパイ行為に走らせる典型的な動機は4つあると言われている。金(money)、信念(ideology)、抑圧(coercion)、エゴ(ego)、略してMICE(ねずみ)となる。中国の諜報員はこの4つの動機に沿って、そして人間の4つの弱点、名声・利益・色欲・怒りを利用して巧みにスパイ候補に近づいていく。

 自分が正当に評価されていないと不満を持っている人に、仕事ぶりを褒めたり、スキルを感嘆したりして、その自尊心に働きかける。利益を重視する人に、中国とのビジネスチャンスを提案したり、割引料金を提示したりする。色欲に弱い人に、ハニートラップを施してスキャンダル暴露の脅迫をする。学識者や政治家のような影響力ある人によく用いる方法は、中国に招待して、教養のある中国人の友好的な接待を受けさせ、温かく打ちとけた雰囲気の中で、婉曲的にアメリカを中傷したり、共産主義を弁護したりする。

 フレミング氏の所に、FBIが提供した中国スパイに対処するための研修ビデオがある。タイトルは「ゲームの駒:ある海外旅行に行った学生の実話」で、ミシガン州立大学の米人学生グレン・ダフィー・シュライバーの実体験に基づいた内容である。

 シュライバーさんは上海に留学していた2004年に中国政府のスパイとして強要された。まず、最初は彼に文書を書かせ、その仕事を称賛して報酬を支払い、徐々に中国政府側へ誘導していった。中国人の管理者が彼をCIAに潜入させようとしたが、シュライバーさんは嘘発見器のテストに失敗してスパイであることが露見した。中国へ逃亡しようとした時に逮捕され、4年の懲役刑が下された。

 フレミング氏自身も長年の仕事で、リクルートされたり脅かされたりして中国のスパイとなった中国国籍やアメリカ国籍の学生をたくさん見てきたという。

 フレミング氏は、ほとんどのアメリカ人が産業スパイの脅威を十分に認識せず、自分達の仕事が、海外の邪な関心を引き寄せていることに気付かないことを、最も憂慮すべき問題だと警告した。「アメリカ人はオープンな社会で生活しているから、新しい革新を成し遂げたとき自慢したがる傾向がある。この民族性がまさに彼らを大きな標的にさせている」

 発達したデジタル世界において、産業スパイに対して受け身的な事後対応だけではビジネスは成り立たない、とフレミング氏。「企業は事前対策を講じた戦略、少なくとも両者を合わせたハイブリッド戦略を取るべきだ」

(翻訳・単馨、編集・張凛音)
http://www.epochtimes.jp/jp/2014/01/html/d65092.html

<引用終り>

今日では身の回りに外国人はいくらでも居る。中国人なんか自分で中国人を名乗らない連中も沢山。
そして彼らが善意の人だけではない。
こんな事例のような人がいくらでも居る事を理解すべきである。

最初に気を付けるのは甘い言葉だろう。

少なくとも外国人に対しては日本人とは違う、そう思って付き合う必要が有るだろう。
但し外国人でも良い人も沢山いる。それは忘れてはならないが・・・

(14/01/22 15:42)
  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

沖縄の左翼なんか完全に中国の戦略に乗っかってますもんね。

本土の左翼もそうですが、自分の妄想を受け入れない現実を憎む人間は中国がいい国にも思えてしまうようですから恐ろしいですね。


とにかく中国という巨大な悪意に世界が毅然と反撃する日が早く来ることを祈ります。
  1. 2014-01-23 01:01
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

To:ガンダムさん

> 沖縄の左翼なんか完全に中国の戦略に乗っかってますもんね。
>
> 本土の左翼もそうですが、自分の妄想を受け入れない現実を憎む人間は中国がいい国にも思えてしまうようですから恐ろしいですね。
>
>
> とにかく中国という巨大な悪意に世界が毅然と反撃する日が早く来ることを祈ります。


中国と言う巨大な悪意、なるほど名言です。
しかしその悪意を増長させている存在が有る。国際金融資本です
金融資本と言って分かり難ければユダヤの商人です。
彼らには祖国が有りません。住んでいるのはアメリカだったり、ドイツだったり、イギリスだったり。
だから彼らに祖国愛は期待できません。
彼らはその国がダメになったら別の国に移り住むだけなのです。
そんな所が中国と波長が合う、これがアヘン戦争当時から続く伝統なんですから話は難しい。

日本は今こそ理論武装するべきです。
日本的価値観、宗教観などなど。
大震災で見せた日本人の規律を守る態度や人を思いやる心。こんなモノをもっと発信すべきでしょう。
その上で新しい21世紀に向けて、一人一人が自分の生き方を考え発信する。
そんな気概が今の日本人に求められている、そう思っています。
  1. 2014-01-23 07:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

この5日間くらい面白い記事ばかりでコメントを考えてるうちに時間が経ってしましました。

だから少々乱暴ですが、まとめて書かせていただきます。

まずタイ国の問題ですがこの場合はタイ国政府と軍部をどちらが掌握できてるかが勝負でしょうね。もし淫楽が2/2に無理やり総選挙ということになれば群は出てくるでしょうか。一番幸運なシナリオは民衆クーデターなんでしょうがこれは下手すると内乱の危機もある。最後はよそ者のの支那人を追い出すというふうに見たいものですがこれによるダメージは大きいものでしょう。
ただ最大の問題はおそらくタクシンの蓄財を許すような経済のあり方でしょう。もう一段の民度の進歩が必要なんでしょうが・・・

北米の寒波についてですが北極の極氷や太陽黒点お影響などようやくまともな意見が出てきたように思います。ドームふじあたりの氷床観測からはCO2と機構はあまり相関性がないことが分ってんですが、これは無視でしょうか。案外国民はシラけた目で見てんじゃなかろうかという気がします。この程度で騙される民度なんでしょうかね。

次北米の自動車市場の大型車回帰ですか。聞くところによればハイブリッドカーを取得した層の6割は2度目は買わないらしい。
http://www.advertimes.com/20120419/article63503/
ハイブリッドはその特性上うまく運転できなければ結構損失が多いいはずです。本当はもっとアメリカ市場を見越した開発が必要な気もしますが、アメリカ人だって街乗りが少なくないはずですからこれは運転技術上の問題なんでしょうか。やっぱりここもシェールオイルの問題を含めてアメリカ人の民度の問題じゃなかろうかという気がします。

ポスコのインドネシアでも事故ですが、これは本来は高炉の大修理が必要なレベルでしょう出銑口に亀裂なんて余程の施工ミスじゃなければ設計そのものがおかしいとしか言えません。こんなことをよくやれるものだと思います。これが朝鮮クォリティだといえばそれまでですが連中の民度を物語ってます。世界に出てこないほうがいいでしょう。根本的に狂ってますから、色んな意味で。

最後の大紀元の記事、北米の事例ではありますがあの国だって産業スパイをやれば痛い目にあうのは国民だって分かってるでしょう。それでもやってしまうんですよね。確か新日鉄がポスコを訴えた訴訟は真に鉄の技術者の一本釣りだった気がしますがこれはスパイじゃありませんが、単なる守秘義務とかじゃどうしようもない問題です。最後は国民の覚悟民度の問題なのでしょうが同しようもない部分でしょうか。産業スパイを含めた広義のスパイ保護法が必要でしょう。

長引くデフレが技術者の冷遇につながり人材の流出やスパイ行為につながらないことを祈るのみですがやはりここも民度の問題なのでしょうか。

嫌な話ですが物事の多くは国民がどれほど賢いかということが問題の解決というよりは所在そのもののような気がします。
この辺りが根源的な問題なのでしょうね。
  1. 2014-01-23 09:54
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: この5日間くらい面白い記事ばかりでコメントを考えてるうちに時間が経ってしましました。

> だから少々乱暴ですが、まとめて書かせていただきます。
>
> まずタイ国の問題ですがこの場合はタイ国政府と軍部をどちらが掌握できてるかが勝負でしょうね。もし淫楽が2/2に無理やり総選挙ということになれば群は出てくるでしょうか。一番幸運なシナリオは民衆クーデターなんでしょうがこれは下手すると内乱の危機もある。最後はよそ者のの支那人を追い出すというふうに見たいものですがこれによるダメージは大きいものでしょう。
> ただ最大の問題はおそらくタクシンの蓄財を許すような経済のあり方でしょう。もう一段の民度の進歩が必要なんでしょうが・・・
>
> 北米の寒波についてですが北極の極氷や太陽黒点お影響などようやくまともな意見が出てきたように思います。ドームふじあたりの氷床観測からはCO2と機構はあまり相関性がないことが分ってんですが、これは無視でしょうか。案外国民はシラけた目で見てんじゃなかろうかという気がします。この程度で騙される民度なんでしょうかね。
>
> 次北米の自動車市場の大型車回帰ですか。聞くところによればハイブリッドカーを取得した層の6割は2度目は買わないらしい。
> http://www.advertimes.com/20120419/article63503/
> ハイブリッドはその特性上うまく運転できなければ結構損失が多いいはずです。本当はもっとアメリカ市場を見越した開発が必要な気もしますが、アメリカ人だって街乗りが少なくないはずですからこれは運転技術上の問題なんでしょうか。やっぱりここもシェールオイルの問題を含めてアメリカ人の民度の問題じゃなかろうかという気がします。
>
> ポスコのインドネシアでも事故ですが、これは本来は高炉の大修理が必要なレベルでしょう出銑口に亀裂なんて余程の施工ミスじゃなければ設計そのものがおかしいとしか言えません。こんなことをよくやれるものだと思います。これが朝鮮クォリティだといえばそれまでですが連中の民度を物語ってます。世界に出てこないほうがいいでしょう。根本的に狂ってますから、色んな意味で。
>
> 最後の大紀元の記事、北米の事例ではありますがあの国だって産業スパイをやれば痛い目にあうのは国民だって分かってるでしょう。それでもやってしまうんですよね。確か新日鉄がポスコを訴えた訴訟は真に鉄の技術者の一本釣りだった気がしますがこれはスパイじゃありませんが、単なる守秘義務とかじゃどうしようもない問題です。最後は国民の覚悟民度の問題なのでしょうが同しようもない部分でしょうか。産業スパイを含めた広義のスパイ保護法が必要でしょう。
>
> 長引くデフレが技術者の冷遇につながり人材の流出やスパイ行為につながらないことを祈るのみですがやはりここも民度の問題なのでしょうか。
>
> 嫌な話ですが物事の多くは国民がどれほど賢いかということが問題の解決というよりは所在そのもののような気がします。
> この辺りが根源的な問題なのでしょうね。


色々コメント有難うございます。
タイの反政府デモ、今回は実に綿密に計画されていると思います。
タクシン派が一杉縄では行かない事は分かっていますから、コメ買い入れ制度が破たんしたタイミングを待っていたのでしょう。選挙は多分やるのでしょうが不成立になると思います。

寒波については全く同感です。

自動車についてはハイブリッドの最大の欠点は面白くない事。静かすぎるんでしょうね。
それでホンダもトヨタもスポーツタイプや改造車などに必死になっている。

ポスコの件は仰る通り本来大修理が必要でしょう。しかしどうもそうしないみたい。経営的にそう出来ないくらい苦しいのでしょう。しかし小手先で誤魔化されるレベルを超えていると思います。
ポスコは夜逃げするしか手が無いかもしれません。そうなったら韓国とインドネシア・アセアンの国家間の問題に発展する。想像もつかない世界が待っているような気がします。

最後の問題はご指摘の通り、「国民がどれだけ賢いか」、この一言だと思います。
この件がこれからの大きな課題だと見ています。
  1. 2014-01-23 17:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ハイブリッド・カー

横から失礼します。ハイブリッド・カーのオーナーがその次にハイブリッド・カーを買う比率が低いという記事は私も読んだことがあります。そんなもんなのかなぁ、と思っていたのですが、私の周りをみただけですが数人が連続して購入しています。というより、ハイブリッド・カーを止めた人を見たことがありません。走行距離が大きい南カリフォルニアという土地柄もあるのかもしれませんが、続けて購入する人が少ないという記事、眉唾のような気もします。
  1. 2014-01-23 23:13
  2. URL
  3. WannabeRS #-
  4. 編集

Re: ハイブリッド・カー

> 横から失礼します。ハイブリッド・カーのオーナーがその次にハイブリッド・カーを買う比率が低いという記事は私も読んだことがあります。そんなもんなのかなぁ、と思っていたのですが、私の周りをみただけですが数人が連続して購入しています。というより、ハイブリッド・カーを止めた人を見たことがありません。走行距離が大きい南カリフォルニアという土地柄もあるのかもしれませんが、続けて購入する人が少ないという記事、眉唾のような気もします。


いらっしゃいませ、コメント有難うございます。
流石に次もハイブリッド車を買うのが3割しかいない、これは異常なデータでしょう。
若しコレが事実ならメーカーは大騒ぎになっています。
理由は・・ もしこれが事実ならそう答えた人がクルマ談義で「オレ、ハイブリッド買ったけど失敗だった、次は絶対買わない」、こう言う筈です。お客さんにこう言われたらクルマの人気はガタ落ち。自動車メーカーとして存亡の危機になるからです。

今はネットと言う武器が有るのでちょっとググってみました。
如何も出どころは2012年4月の広告関係の情報誌advertimesらしい。そのソースはアメリカの矢張りクルマ部品・用品関係の情報誌ポーク(POLK)の様です。
しかしPOLKは2013年に他社に買収されていますから、多分その関係のいい加減な記事でしょう。
記事を見ると日本でもそうだったと書いてありますが、その根拠の調査は2006年(!)のものでした。

ハイブリッドには欠点も当然あります。そこは分かっても燃費性能が素晴らしい。
ハイブリッドに批判的だったヨーロッパが次々とハイブリッド車を出していると言う事実が証明していると思います。
但し欠点の面白くない事、ホンダやトヨタも次はその回答を出してくることを期待しています。
  1. 2014-01-24 09:46
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ここ10年くらいで燃料電池で動く電気自動車、或いは水素エンジンで動く自動車というのが、製品化しそうな気はします。
やはり、ハイブリッドというのは過渡期的製品だと思いますよ。
今ハイブリッドを買っても、10年後にまた買うかと言うと、それはわからないと思います。
  1. 2014-01-24 17:54
  2. URL
  3. その蜩 #-
  4. 編集

To:その蜩さん

> ここ10年くらいで燃料電池で動く電気自動車、或いは水素エンジンで動く自動車というのが、製品化しそうな気はします。
> やはり、ハイブリッドというのは過渡期的製品だと思いますよ。
> 今ハイブリッドを買っても、10年後にまた買うかと言うと、それはわからないと思います。


私は仕事柄電気自動車、水素自動車、燃料電池自動車についてはずっと前から注目していました。
若い連中に水素自動車の為の水素吸蔵合金を研究させたりしました。
その結論です。
水素自動車についてはコストさえ何とかなれば直ぐにでも実用化可能です。
しかし電気自動車については特殊な用途では使えますし、大変すばらしい。
特殊な用途、例えばゴルフ場のカートの様な使い方です。
しかし一般用としてはよくよくの技術革新が無ければ無理でしょう。
問題はエネルギー密度と急加速に耐えうる大出力モーター。

既に電気自動車は100年を超える歴史が有って、車としては技術的には問題ない。
問題はバッテリーと大出力モーター、この二つです。
燃料電池、これも期待していますが矢張り画期的技術革新が必要、私は今でも実用化されそうではないかと思うのですが、まだ技術的な壁が乗り越えられませんね。

最近ハイブリッドカーが世界中のメーカーから発表されています。
本文にあるようにフェラーリまでハイブリッドになる。
要はハイブリッドが一時しのぎのモノではなく、今後とも継続せねばならないモノと世界が分かってきた。
私はそう見ています。

しかし技術は日進月歩、明日は思いもよらない画期的なクルマが出来るかもしれません。
どんどん新しいモノを出してほしいですね。
  1. 2014-01-24 21:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する