2014-01-20 13:27

アメリカの自動車のトレンド

 アメリカ、デトロイトで全米自動車ショーが開かれている。
今年のトレンドは「より大型に・より速く・より効率的に」なのだと言う。

だがちょっと待ってね、アメリカは2012年にオバマ肝いりで無茶苦茶な燃費改善計画を発表したはずだが、一体どうなってしまったのだろうか。

以下それを伝えるWSJ記事

<以下引用>

2014年 1月 17日 15:32 JST
デトロイトの新車―より大型に・より速く・より効率的に

 毎年、デトロイトの自動車メーカーは、地元で開催する北米国際自動車ショーを利用して、自動車ビジネスがどこに向かっているのかに関する見方を伝える。今年のメッセージは、「高度テクノロジーを利用して、車はより大型で、より速く、より軽量に」というものだ。

2014-1-20デトロイト自動車ショーのコルベットとバイデン

北米自動車ショーでGMのバーラCEO(左)と2015年型コルベットZ06に試乗するバイデン副大統領


 ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレー・ブースでは、再設計された大型SUV(スポーツ用多目的車)と新型ピックアップ「コロラド」が前面に出ている。また625馬力の「コルベットZ06」も先頭に立っている。さらに中には、マッスルカー「カマロ」のラインアップがある。アルコーブ(あずまや)に押し込まれたのがハイブリッド車「ボルト」だ。

 バイデン副大統領は立ち止まってコルベットを称賛し、自分が今なお所有している1967年型スティングレーの爆発的な発進力の思い出を語った。またバイデン氏は自動車業界幹部に対し「(不況にあえいでいた)5年前と比べ、自動車業界も大きく変わったものだ」と述べた。

 そのことに疑いは全くない。5年前、規制当局者は自動車メーカーに対し、2025年の車の設計についてガソリン1ガロン当たり平均燃費を54.5マイルにするよう要求した。

2014-1-20デトロイト自動車ショー関連WSJのグラフ

米国の新車は燃費と馬力が右肩上がりに

 オバマ大統領は当時、デトロイトの自動車メーカーに対し、納税者のカネ800億ドルを使って、米国製のコンパクトカーとプラグイン・ハイブリッド車群を製造するよう促した。ボルトのような車だ。自動車業界幹部は11年、政府のプランにしたがって、向こう10年間で燃費効率を2倍以上にする計画を受け入れた。一部の専門家はガソリン価格がガロン当たり6ドルないしそれ以上になると予想していたから、それは当時完全に意味のあることだった。

 しかし今週デトロイトで展示されている真新しいSUVやトラック、豪華車をみると、将来像はスケジュール通り到来しないことが示唆されている。 08年から10年までの間に、米国がより大型でより速い車への歴史的な選好からシフトしたのは事実だ。環境保護局(EPA)によれば、米国内で売られる新車の馬力と重量は低下し、平均燃費は上昇した。2008年、平均的な新車は219馬力で燃費、つまりガロン当たり走行距離(mpg)は21マイルだった。翌09年には208馬力に低下し、燃費は22.4マイルに上昇した。


 何が変化したのか? シェールオイル(頁岩から抽出する石油)革命の結果、ガソリン小売価格の際限のない上昇スパイラルを招いているとの懸念が脇に置かれたのだ。それに対応して、自動車メーカーは主流の消費者に対し、電気自動車購入を促す努力をしなくなり、代わりに大型で快適で高速で、しかも効率のいい車を提供できる技術と素材の開発を競っている。

 SUVとピックアップへの需要は増加している。昨年、米国で販売されたあらゆる軽車両のうち、トラックが半分以上を占めた。前年から逆転した形だ。このシフトは燃料価格の低下と同時に起こった。

 13年の数字が集計されると、EPAは車両が一層重くて馬力は過去最高と肩を並べると予想している。しかしそこには意外な事実がある。燃費も上昇しそうなのだ。ただし、それはEPAの規則で義務付けられるほど急速に上昇しないかもしれない。 現在のトレンドは、連邦燃費規制をめぐる新たな議論が活発になりそうなことを示唆している。それは、2025年に全種で54.5mpgを義務付ける規制を17年に再検討する動きにつながるだろう。


 米国で提供されているハイブリッドとプラグイン車両の数が急増しているにもかかわらず、こうした車両の販売は市場全体の約3%に達したにすぎない。そのうちトヨタ・プリウス系の車がほぼ半数を占めている。テスラ・モーター社の「モデルS」は、裕福で技術志向の消費者なら電気自動車を購入することを示した。しかしテスラの乗用車は7万ドル(約700万円)以上で、ニッチ製品なのだ。

 これに対し、主流の自動車メーカーは、ガソリン価格が上昇しなければ、米国の消費者は25年の連邦燃費基準を満たす車(つまり効率的な大型トラックないしファミリーサイズのSUV)を購入しないのでは、との懸念をますます強めている。

 トヨタ自動車の北米部門のトップ、ジム・レンツ氏は「わたしは米政権が業界と消費者を燃費効率の良い乗用車に向かわせようと構想しているのを評価する」と述べ、「消費者はこれを積極的に受け入れなければならない」と語った。

 しかし同時に、現状では「断絶があるだろう」とも述べている。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303919304579325763578826686.html

<引用終り>


日本では今クルマのトレンドはエコカー。
各クルマメーカーはクルマ好きな若者を増やすようなクルマ作りに躍起になっている。

しかしアメリカは全く違うようだ。
2年前にオバマが大々的に推進しようとしたクルマの燃費改善、これはベースには石油資源は既に2005年にピープを迎えた(ピーク・オイル)と言う危機感が有ったはずだ。
この話は2012年の以下エントリーを参照ください。
自動車の燃費規制
この時、必死で燃費規制を説いていたオバマは何処へ行ったんでしょうね。

このピーク・オイル、勿論間違っていた訳ではない。
しかしアメリカは怪しげなシェールオイル、シェールガスなるモノが出たことで石油枯渇は当分ないとの楽観論が蔓延っているらしい。
怪しい話である。

引用したところにGMのコルベットを試乗するバイデン副大統領が写っている。
バイデン副大統領の怪しい所は昨年暮れの日本訪問で日本人もしっかり気が付いたはずだ。

さてこの話、どうなるんだろうか。

日本はこれから元気になってゆくだろう。
先日行われた東京オートサロン(改造車のショー)にはこんな掲示板が有ったそうな。
ホンダのブースの掲示板
2014-1-20東京オートサロン

日本頑張れ!
  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

アメ車の評価

最後の「ホンダへのメッセージ」は秀逸、大笑いです。日本人も余裕あるユーモアがあって面白い。

アメ車はガソリンがぶ飲み車として日本では不評ですが、それでも世界のトレンドは米国が作っているのでしょうか。

私の車好き友人は絶対ドイツ車と言います。専門用語を駆使してドイツ車の良さを称えます(私にはサッパリ分らず)。
また都庁職員の黒田氏(紀宮様のご夫君)は英国車がいい、と述べたことがあります。

各論ある中で、アメリカ車の評価はどう見たら良いですか?
  1. 2014-01-20 18:40
  2. URL
  3. 相模 #6YXK25qU
  4. 編集

Re: アメ車の評価

> 最後の「ホンダへのメッセージ」は秀逸、大笑いです。日本人も余裕あるユーモアがあって面白い。
>
> アメ車はガソリンがぶ飲み車として日本では不評ですが、それでも世界のトレンドは米国が作っているのでしょうか。
>
> 私の車好き友人は絶対ドイツ車と言います。専門用語を駆使してドイツ車の良さを称えます(私にはサッパリ分らず)。
> また都庁職員の黒田氏(紀宮様のご夫君)は英国車がいい、と述べたことがあります。
>
> 各論ある中で、アメリカ車の評価はどう見たら良いですか?


ホンダの話はホント面白いです。
ホンダはヤンチャ坊主、トヨタはガキ大将、日産は優等生のコメントですが、さて実際は・・・
クルマは何処のクルマがいいかはその人の思想ズバリでしょう。
実用性なら日本車、ガソリン喰わないし壊れない。
カッコいいのはドイツ車でしょう。何せ伝統のある車です。
所でアメ車は?
この車はアメリカの伝統・文化を理解しないと分かりません。

アメリカの歴史・伝統で言えば西部開拓の歴史。
腰にピストルをぶちこんで、幌馬車で荒野を走る。行く手に何が待っているか・・・
これがアメリカです。
そしてその幌馬車の現代版がアメリカで人気のピックアップトラック。
タフで頑丈が取り柄。そんな車です。
既にアメリカではクルマの売れ行きで乗用車を抜いてトップ。
そんな所にアメリカのトラックが有るわけです。

引用文の中に「シボレー・ブースでは、再設計された大型SUV(スポーツ用多目的車)と新型ピックアップ「コロラド」」と有ります。
このコロラドと言うのはタイで生産しているいすゞのD-MAXという1トンピックアップのGMバージョン。GMタイ工場で生産しています。
トラックとは言うものの中は高級乗用車並み、しかし悪路走破性はトラックです。
日本やヨーロッパでは受け入れられない車ですね。

アメ車は昔はキャデラック・リンカーンに代表される高級車でフワフワ走るゆったりクルマ。
今のアメ車は幌馬車なみに荒野を走るトラックとキャデラック並みの内装。
こんな車です。
ガソリンをどれだけ食うかは関係ありません。エンジンも高級な新技術はいらない、とにかく頑丈で壊れない、タフなクルマが欲しい、こうだと思っています。

私はタイでいすゞのD-MAXにも部品を供給していましたし、ライバル車の主要部品の生産にもタッチしていました、良く分かります。
日本とは全く異質の世界ですね。
  1. 2014-01-20 20:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

名護市の選挙結果は日本にとって最悪の結果ですね。

短足おじさんこんばんは・・

話は横にそれますが、先ほどテレビのニュースを見ていたら、名護市の市長選挙に勝った稲嶺 進氏が再選されて、喜びのあまりタコ踊りしてましたね。そして辺野古に滑走路を絶対に作らせないように、すべての許認可の許可をしない。沖縄から米軍は出て行けと、まるで日本の国の大家のように、勝ち誇って言ってました。

これどう見てもオカシイでしょう。中国は尖閣諸島を手中にしたら、次は100%、沖縄をウイグルやチベットみたいに自分達の領土にして、沖縄の住民は奴隷のようにしようと虎視眈々と狙ったいるぐらい、どんな鈍感な人でも日本人なら分るはずですよね。

なにも、大金が掛かる滑走路工事を本土の日本人が好きでしたい訳がないはずです。沖縄の人が野良犬のように中国の警察官に撃ち殺されるチベットやウイグル人のようになりたいなら、稲嶺市長はタコ踊りを続けたらいい。責任はこんな馬鹿で低脳な政治家を選んだ沖縄人にあると思います。

 この結果をどう思いますか?
  1. 2014-01-20 22:02
  2. URL
  3. コロ4号 #-
  4. 編集

Re: 名護市の選挙結果は日本にとって最悪の結果ですね。

> 短足おじさんこんばんは・・
>
> 話は横にそれますが、先ほどテレビのニュースを見ていたら、名護市の市長選挙に勝った稲嶺 進氏が再選されて、喜びのあまりタコ踊りしてましたね。そして辺野古に滑走路を絶対に作らせないように、すべての許認可の許可をしない。沖縄から米軍は出て行けと、まるで日本の国の大家のように、勝ち誇って言ってました。
>
> これどう見てもオカシイでしょう。中国は尖閣諸島を手中にしたら、次は100%、沖縄をウイグルやチベットみたいに自分達の領土にして、沖縄の住民は奴隷のようにしようと虎視眈々と狙ったいるぐらい、どんな鈍感な人でも日本人なら分るはずですよね。
>
> なにも、大金が掛かる滑走路工事を本土の日本人が好きでしたい訳がないはずです。沖縄の人が野良犬のように中国の警察官に撃ち殺されるチベットやウイグル人のようになりたいなら、稲嶺市長はタコ踊りを続けたらいい。責任はこんな馬鹿で低脳な政治家を選んだ沖縄人にあると思います。
>
>  この結果をどう思いますか?


私も大いに失望しています。
しかし問題点は大きく分けて二つ、
一つは沖縄に左翼左巻きがどんどん入り込んでいる。名護市だって市外からの転入者が随分いる筈です。
恐らくこんな連中があの得票に絡んでいるでしょう。そして沖縄のマスゴミは最早解体すべき所まで来てしまいました。全警察権力を動員すべきだと思っています。

二番目がもっと問題。沖縄の民度が此処まで堕ちてしまった、この対策を急ぐべきです。
沖縄の子どもの学力が低い事は知られていますが、その奥に潜む親たちの民度がダメなんです。
例えば沖縄では子供が夜10時11時まで居酒屋で遊んでいます。両親が遊んでいるからなんですね。
沖縄は貧しくありません。
基地従業員などは東京と同等の給料をもらっています。基地に土地を提供した地主は豪邸に住んでいます。
基地周辺でもちょっとした地主はアパートを建てて楽々暮らしています。
基地周辺は日本でも珍しい人口が増える地域です。基地が有って危ないのに人口増加??? 謎ですね。

こんな事実は全く報道されません。
矢張り最初に手を付けるのがマスゴミ解体でしょうかね。
  1. 2014-01-21 10:10
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

沖縄の警察の、左翼活動家に対する無策ぶりを見るにつけ、恐らく沖縄の警察というのはすっかり内部に入り込まれて、取り込まれてしまってるんじゃ無いでしょうかね。
あまりにも、その動きがおかしい気がします。
  1. 2014-01-21 18:32
  2. URL
  3. その蜩 #-
  4. 編集

To: その蜩さん

> 沖縄の警察の、左翼活動家に対する無策ぶりを見るにつけ、恐らく沖縄の警察というのはすっかり内部に入り込まれて、取り込まれてしまってるんじゃ無いでしょうかね。
> あまりにも、その動きがおかしい気がします。


私もそう思います。
少し前沖縄県庁が警察の手入れを受けました。大きな不正が発覚したのです。
県庁も市役所も腐敗しきっています。
戦前のアメリカで禁酒法華やかなりしころ腐敗が蔓延し、散々苦労した。
今それが沖縄で起こっているんでしょうね。

必要な法律を作り、一つずつ解決していかねばいけない。
オッと、その前に法曹界のゴミ掃除も必要ですね
  1. 2014-01-21 18:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する