2014-01-17 22:34

タイのデモが爆弾騒ぎに

 遂にタイの反政府デモが爆弾騒ぎに発展した。
しかしタイのタクシン派、反タクシン派の今までの経緯を見るとタクシン派はタイ共産党の残党が多数入っている。
しかもこのタイ共産党、武装闘争をしており、当時の中共から支援を受けていた。
だから結構沢山の武器を持っており、未だに大量の武器を隠し持っているらしい。

今回は手投げ弾(手榴弾)が使われたようだが、もっと色々持っている。
どんなものを持っているか・・

2010年の日本人カメラマン村本さんが犠牲になった事件を思い出してほしい。

以下エントリー参照下さい

FC2ブログ
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

イザブログ
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1546623/

村本さんを狙撃した犯人は未だ捕まっていない。
巷間囁かれる所、一発で急所に命中している。恐らく訓練を受けた狙撃手が撃ったのであろう。
そんな話であるが真相は闇の中。
現在のインラック政権では真相解明は不可能であろう。

そしてまたまた爆弾騒ぎである。

平穏に解決出来ないモノであろうか。
  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

夜明け前が一番暗い…現代の名作映画と言われるクリストファー・ノーラン監督作品、ダークナイトの中の悪に支配された街に光明をもたらすべく戦う仮面の男バットマンのセリフです。

シナチクの魔手から王国の名誉を守るには血を恐れては始まらないというところはあるでしょう。

タクシンにしてみれば、政権を失い悪事を暴かれたらまさに破滅そのものです。
抵抗は激しいでしょう。
  1. 2014-01-17 23:55
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

To:ガンダムさん

> 夜明け前が一番暗い…現代の名作映画と言われるクリストファー・ノーラン監督作品、ダークナイトの中の悪に支配された街に光明をもたらすべく戦う仮面の男バットマンのセリフです。
>
> シナチクの魔手から王国の名誉を守るには血を恐れては始まらないというところはあるでしょう。
>
> タクシンにしてみれば、政権を失い悪事を暴かれたらまさに破滅そのものです。
> 抵抗は激しいでしょう。


仰る通りです。そして何年かの悪辣政権のもとではいろんな悪さが国の中に入り込む。
解決にはこれまた何年かの時間がかかる。
日本がミンスの3年3ヶ月の影響がこれから本格的に出てくる。
細川のバカ殿と詐欺師小泉などはそのいい例でしょう。

タイの場合、今度のデモは前回2010年の失敗の付けをよく研究している。
選挙ではタクシンの買収の力に勝てない事が分かっているので、その対策が憲法裁判所や上院組織などいろんなところに手を打ってありますんでね。

今日エントリーするつもりですが、タイの汚職対策組織がインラック首相のコメに関する汚職の捜査を始めるようです。有罪になれば勿論公職にはつけませんから辞職となります。
日本も早くポッポと空き缶をブタ箱へ放り込まなければ。
  1. 2014-01-18 07:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

選挙で政権を倒せれば簡単なんですがそうは行かない、民度が低いところでの民主制というのは所詮不可能なのでしょうか。経済が壊れれば同しようもない。
それを分かる人々が少数派というのがこの問題の悲劇でしょう。

こうなれば汚職と公金の不正使用あたりで政権を潰すしか無いということですか。しかし、支那共産党の連中はどうやって排除したものか…
全国的な住民登録制度でもせねばどうにもなりますまい。難しい話ですが・・・

しかし独裁国が他国の民主制を使い国を乗っ取るというのはほんとうに悪い冗談としか言えません。支那をのさばらせたのは間違いなく日本の責任です。
小生しなに対する戦争責任などはほとんど痛痒も感じませんが、支那を現在世界にのさばらせた責任ぼ多くは日本にあります。

本当に考えなければいけません。天安門での掌返しが一番だったのですが…今はもう言っても無駄ですか。
  1. 2014-01-18 11:28
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

To:kazkさん

> 選挙で政権を倒せれば簡単なんですがそうは行かない、民度が低いところでの民主制というのは所詮不可能なのでしょうか。経済が壊れれば同しようもない。
> それを分かる人々が少数派というのがこの問題の悲劇でしょう。
>
> こうなれば汚職と公金の不正使用あたりで政権を潰すしか無いということですか。しかし、支那共産党の連中はどうやって排除したものか…
> 全国的な住民登録制度でもせねばどうにもなりますまい。難しい話ですが・・・
>
> しかし独裁国が他国の民主制を使い国を乗っ取るというのはほんとうに悪い冗談としか言えません。支那をのさばらせたのは間違いなく日本の責任です。
> 小生しなに対する戦争責任などはほとんど痛痒も感じませんが、支那を現在世界にのさばらせた責任ぼ多くは日本にあります。
>
> 本当に考えなければいけません。天安門での掌返しが一番だったのですが…今はもう言っても無駄ですか。


全くその通り、タイを見ていると民主主義とは何と脆いモノかと忸怩たる思いです。
そしてシナをのさばらせたのは間違いなく日本でしょう。しこたま援助してきましたからね。

しかしそのシナをのさばらせたA級戦犯細川のバカ殿が又してもしゃしゃり出てきた。
こんな機会を捉え、その悪事を徹底的に追及するべきでしょう。
バカ殿の自虐史観が現在の中韓の日本貶めの理由になっているんですから。

タイについては今日のエントリーも参考にしてください。
  1. 2014-01-18 17:36
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する