2014-01-11 17:30

ボス拉致デモは文化<フランスと韓国の話です

 労働者が賃上げ、解雇反対などの要求手段として「ボスを拉致監禁し交渉する」、こんな事が文化なのだとの話がフランス、韓国から聞こえてきた。

この件は裏の桜さんのこの話から
「拉致は文化ニダ〜・・・」
http://sakuraura.blog.fc2.com/blog-entry-2631.html

労働者が自分たちの要求を認めさせるために経営者(ボス)を拉致(キッズナッピング=誘拐)してデモをする。
そこでボスナッピングなる新語が出来たのだと言う。
詳細は上掲裏の桜さんのブログ参照ください。



しかし私が心配するのはこんなバカげた話、日本で広まる筈はないと思うのだが発展途上国では分からない。
特に韓国系企業が大挙して進出しているカンボジアで酷い労働争議が発生し5人もの死者が出ている。
労働者側も今まで月給80ドル(約8千円)だったものをいきなり160ドル(約1万6千円)と倍増を要求。
これに対し韓国系企業・韓国政府がデモの鎮圧を要請し、軍隊が出て鎮圧したと言う話し。
(注:韓国はカンボジアにとって中国を抜いて最大の投資国なのだと言う)


詳細は以下参照ください
http://www.newsclip.be/article/2014/01/09/20355.html


しかしこんな事はタイの日系企業でも対岸の火事ではない。
特にデモ鎮圧の過程で死者が出ている為、裏の桜さんのブログで紹介されているレイバーネットなる過激派組織が動き出している。
経営者拉致は文化だ! こんな思想を持った連中である。
何をするか分からない。

そして彼らは必ず隣国タイの日系企業にも手を伸ばしてくるはずである。

タイでは10年以上前だが自動車産業が発展するのに目を付けたアメリカのUAWが進出を計画。
オルグを派遣し、日系企業中心に労働組合を作らせ、法外な要求を突き付けさせたことが有る。
今もその流れはあるモノの日系企業は日本的価値観で動いている為比較的穏便に済んでいた。、
しかしこれから韓国系がやって来ると何が起こるか分からない。

UAWのやった手は労働者の多い街に事務所を開き、市場やメシ屋などで不満を持った労働者を一本釣り。
じっくり時間をかけて労組を作ったりしてきたが、韓国系は多分急激だろう。

日系企業の皆さん。
不平不満分子の不穏な動きには十分ご注意を。
拉致監禁されてからでは遅いですよ。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

後進国では、労働者を安く使える代わりにリスクも半端ではありませんね。

日本式経営は、国内でも昔のようではないですが、それでも働く側にとって
は、欧米より、ましてや韓国なんぞとは比べ物にならんでしょうがね。

それでも何が在るか分からないのが、国外への企業進出ということですね。
  1. 2014-01-11 22:02
  2. URL
  3. 無才 #-
  4. 編集

To:無才さん

> 後進国では、労働者を安く使える代わりにリスクも半端ではありませんね。
>
> 日本式経営は、国内でも昔のようではないですが、それでも働く側にとって
> は、欧米より、ましてや韓国なんぞとは比べ物にならんでしょうがね。
>
> それでも何が在るか分からないのが、国外への企業進出ということですね。


海外に進出する企業・企業人には哲学が必要なんだと思います。
例えば「何がどうあろうとも安い人をこき使って原価を下げる、この一点」、
此れも立派な哲学でしょう。
昔ある国の人にこんな事を聞いた事が有ります。
安全にはカネなんか使わなくても良い、怪我したら首を斬るだけだ、代わりはいくらでも居る。
此れも一つの哲学でしょう。
共存共栄、日本の良い所を教えてゆく、これも一つの考え方です。
どの道をとるかはその国、その企業に依ります。
難しいですが日本人ならドレをとるかはもうお分かりかと。
  1. 2014-01-12 11:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する