2013-11-25 16:15

日本が地図上から消える?

  こんな物凄い話が欧米マスゴミを飛び交っているらしい。

これは「ロシアの声」から、先ずは内容を見てください。
 
<以下引用>
 
日本が地図上から消える?
 
19.11.2013, 10:01(注:ロシア式日付表示、2013年11月19日の事)
   日本は地球上の地図から消えてなくなり、北米大陸西岸部の住民は避難せざるを得なくなる。
 
   環境問題に詳しい日系カナダ人専門家が、マグニチュード7の新たな地震が日本を襲った場合を想定したこんな予測を発表した。カナダのHuffington Post紙が伝えた。
 
   デヴィッド・スズキ氏はカナダのアルベルト州大学での環境シンポジウムで演説したなかで、福島の原発の悲惨な状態が原因で日本は前代未聞のカタストロフィーに襲われる危険性があると語った。スズキ氏は、「フクシマは想像の範疇だけにあった最悪の事態を招く恐れがある」と述べる。
 
   「原発の原子炉、第4号基はあまりにも大きな損壊をうけており、新たな地震が起きれば、燃料棒は外気と直接触れてしまうだろう。こうなれば日本はもう終わりだ。また北米大陸西岸部の住民は避難を余儀なくされる。
 
   日本で今後3年間でマグニチュード7以上の地震が起きる確率は95%とされている。
 
   スズキ氏は、日本政府には原発事故の実際の規模を過小評価した責任があるとこれを非難し、日本は誇りが邪魔してフクシマの事態の正常化に必要な国際支援を無駄に退けていると語っている。
 
   外国のマスコミ報道から
 
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_19/124640576/
 
<引用終り>
 
 
 最初にマグニチュード7以上の地震が云々、こんな事を心配しているが、全くの地震に対する無知を曝け出している。
2011年・2012年そして2013年の今日までに日本周辺ではマグニチュード7以上の地震は10回起こっている。
2011年は東日本大震災を含めマグニチュード7以上は8回、2012年、2013年は各1回だ。
マグニチュード7以上で日本列島が無くなるなら、もう10回も無くなっている!(笑)。
 
それから福島原発4号機が大きな損傷云々、これは1~3号機は確かに損傷を受けたが、4号機は原子炉内には燃料棒は入っていない。現在燃料棒貯蔵プールから取り出し作業中だ。この作業が大きく報道されているが、これ自体はそれほど危険なものではない。
勿論3号機がメルトダウンしたので大問題ではあるが、このデヴィット・スズキなる人物、こんな言い方である。
>第4号基はあまりにも大きな損壊をうけており、新たな地震が起きれば、燃料棒は外気と直接触れてしまうだろう。こうなれば日本はもう終わりだ。また北米大陸西岸部の住民は避難を余儀なくされる。
 
最早何をか言わんや!である。
 
 
 これはもう毒キノコでも食って頭がおかしくなった記事、そう思ったのだが・・・
一寸調べてみるとトンデモナイ話であった。
 
最初に
環境問題に詳しい日系カナダ人専門家と言う触れ込みの「デヴィッド・スズキ」なる人物、怪しい奴かと思ったらカナダ在住の日系三世、カナダでは何ともっとも有名な日本人なのだと言う。
イチローより有名なのだとか・・・)
 
このおっさんがデヴィッド・スズキ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD
 
 
 
そしてこの記事を掲載したハフィントン・ポスト、リベラル系のインターネット新聞。
 
ハフィントン・ポストはこんなモノ
http://www.huffingtonpost.jp/
 
物凄いバイアスのかかった記事満載、読むだけで頭がクラクラします。
 
 
Wikiによれば
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88
 
さてこれからが問題。
このリベラル紙ハフィントン・ポストは最初はハフィントン氏が作ったものらしいが、現在ではオーナーはAOL、そしてその日本語版「ハフィントン・ポスト・ジャパン」はAOLと日本の「朝日新聞」が共同で設立した。
 
そしてこれが今年の5月、ハフィントン・ポスト・ジャパン設立にあたって発行したもの。
http://biz-journal.jp/2013/05/post_2053.html
 
大見出しは
「本日オープン「ハフィントンポスト日本語版」、編集長「テーマは団塊ジュニア世代」」
 
そして記事を読むと
「アベノミクス効果、いつなの?』といったニュースのほか、民主党衆院議員・枝野幸男氏やジャーナリスト・佐々木俊尚氏などのブログ記事が投稿されている」
 
オイオイ! 革マル枝野幸男とっくに息の根を止められたのかと思ったら・・どっこい生きていたという事の様だ。
 
 
この話、トンデモ話と舐めてはいけない。
侮日新聞の「Waiwai問題」と根は同じである。
 
人目に触れにくい所で反日報道を繰り返す、いや出鱈目発言、出鱈目報道でも日系人三世のネームブランド、アカヒ新聞のネームバリューなら何も知らない欧米人を騙すのは訳ない話だ。
ましてや英文報道なら騙すのはお茶の子である。
多分デヴィッド・スズキなる人物、日系3世なら多分日本語は読書きできないだろう。
欧米マスゴミの報道そのものを垂れ流しているだけではないかと思う。
 
日本国内の反日勢力、こんな所まで魔の手を伸ばしていたのか・・・
改めて愕然としています。

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する