2013-11-10 20:53

米とイスラエル、ユネスコでの投票権失う

 米とイスラエルユネスコでの投票権失う


2013年11月10日14時25分 読売新聞
 【パリ=三井美奈】米国とイスラエルが8日、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での投票権を失った。

 両国は2011年秋、パレスチナのユネスコ加盟承認に反発し、分担金の拠出を凍結。ユネスコの規定は、拠出金の不払いが2年間続いた場合、総会での投票権を自動的に停止すると定めており、8日が期限だった。

<引用終り>

良い話である。
私は永年ユネスコのサポーターだった。だから今でも毎年カネを払えと言ってくる。
(注:正確には寄付金をお願いと書いてあるが、請求書と同じである)

しかしある時期から金を払うのを止めた。ユネスコは黒柳徹子のユネスコでもどうにも胡散臭いのだ。
そこにこんなニュース、良い話ではないか。
アメリカでさえカネを払わない、ましてや個人が払う理由など無いのだ。

今度請求書が来たらアメリカが払ったら考えます、そう言ってやろう。
(注:日本語の「考えます」は婉曲だが「お断り」の意味、毛唐に分かるかなあ)

 

 

FC2のエントリーはこちらです。 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

ユネスコ国際連合教育科学文化機関

日本人は「国際連合」と名がつけば素晴らしいもの、理想的なものと思いたがる癖があります。だからユネスコ商法など怪しげなものまで通用する。戦後教育の洗脳です。

真に必要なものは必要ですが、私には何が本当のものか分りません。一時、私もユネスコには継続的に寄付をしていましたが、誰のため、何のためか分らなくなりました。

国連そのものも胡散臭いものと化した感があります。発展途上国から事務総長を選出する決まりのために、貧乏国故に事務総長はやりたい放題。特に隣国の総長さんは事務職員からも指弾されていますし。
  1. 2013-11-13 06:52
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>ユネスコ国際連合教育科学文化機関
>
>日本人は「国際連合」と名がつけば素晴らしいもの、理想的なものと思いたがる癖があります。だからユネスコ商法など怪しげなものまで通用する。戦後教育の洗脳です。
>
>真に必要なものは必要ですが、私には何が本当のものか分りません。一時、私もユネスコには継続的に寄付をしていましたが、誰のため、何のためか分らなくなりました。
>
>国連そのものも胡散臭いものと化した感があります。発展途上国から事務総長を選出する決まりのために、貧乏国故に事務総長はやりたい放題。特に隣国の総長さんは事務職員からも指弾されていますし。


ユネスコとは所詮地獄の沙汰も金次第、これを地でいっている団体ってえことでしょう。だんだん地金が出てきました。

国連だってあの事務総長、神輿は軽い方がいいと言う理屈で選ばれたものです。しかし韓国流の酷さを全世界にふりまきましたね。
このまま推移すれば多分国連そのものが「あの法則」の犠牲者になると思います。
  1. 2013-11-13 23:45
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

全くスレ違いですが。
福一で4号機の燃料棒の取出しが始まりました。
燃料棒の入ったプールの写真も公開されていますが、どうなんでしょう。核爆発の痕跡はあるのでしょうか?
http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
  1. 2013-11-14 18:19
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>全くスレ違いですが。
>福一で4号機の燃料棒の取出しが始まりました。
>燃料棒の入ったプールの写真も公開されていますが、どうなんでしょう。核爆発の痕跡はあるのでしょうか?
>http://stumbleon.blog.fc2.com/blog-entry-36.html


情報ありがとうございます。
添付いただいたブログ見てみました。
実は核爆発や核反応は極めて難しいので理解できないのも無理有りませんが、ご紹介のブログでは良く分かりませんね。

これは私に私見ですが・・・
最初に4号機は水素爆発で建屋が壊れましたが原子炉内には燃料棒は入っていなかった、それが水素爆発したのは隣で発生した水素が配管などを伝って入り込み水素爆発を起こしたモノです。
ですから燃料貯蔵プール内の燃料棒は損傷は受けているでしょうが致命的ではない、ですから取り出せるのだと思います。

核燃料が臨界を起こしても原爆のような大爆発にならないのは部分的な小さな臨界で物凄い高熱が出るため周りの物質がすべて蒸発してしまい、それ以上臨界にならないためです。
今回の福島3号機の事故で不幸だったのは発生した水素が水素爆発を起こし、それの為に燃料棒が変形して複数の燃料棒が接触、これが原因で臨界になり(即発臨界)物凄い高熱を発生させた。原爆などの核爆発とは違いますが爆発と言われる理由です。この時発生した温度は多分4千度とかそんな高温なので周りの燃料棒が蒸発、成分のウランや燃え残りのセシウムやプルトニウム等が霧状に広がったものです。
尚この高温は3号機の内部の映像を見ると鉄骨がグニャグニャに曲がっています。専門家はこれは信じられない高温にさらされたためだ、正しく大臨界事故だと断言していました。
それと異なり4号機は普通の爆発です。燃料棒が取り出せるという事は燃料集合体へのダメージが小さいという事でしょう。
若し微量でも核燃料が臨界を起こせばタダでは済まないのでそんなことは無いと思います。

尚この間の事情は例えばこんなエントリーでも分かると思います。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2266475/
  1. 2013-11-15 17:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する