2013-10-31 21:26

正倉院宝物の借金の証文

  昨日奈良の正倉院展に行ってきた。

今回の正倉院展、目玉はこれ。

 

 

正に宝物である。

 

 

しかし私には今回最も興味深かったのは古文書。

正倉院の古文書には昔の戸籍だとか写経だとか色々ある。

写経などは実に美しい字。

 

だが一番興味深かったのはその写経などを行っている役人が書いた借金の証文。

何と写経している役人が役所から金を借りている。その証文が正倉院御物の中に含まれているのだ。

そこには利息まで書いてある。

一ヶ月に13%、これがその当時の借金の利息なのだという。

 

ヘーッ、そんな感じで次に行くとまた同じ名前の人がカネを借りている。

あれまっ、又カネを借りている、そう思ってよく見ると利息が値上がりしている。一ヶ月に15%だ。

 

一ヶ月に15%?、おい、それじゃあ高利貸の代名詞「トイチ=十日で一割」の半分じゃないか。トンデモナイ高利で金を貸していたんだなあ。

 

正倉院展で昔の高利貸の姿を見てきました(笑)。

意義ある一日でした。

 

最後に正倉院展が終わって食べたヒルメシ。

 

博物館内のレストランの薬膳弁当

 

何か健康に良い色んな野菜の入った弁当だそうですが、私的には右にチラッと写っているビールが美味しかった・・・。

 

 

FC2の方はこれです

http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-811.html

 

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 関西に住む兄も行ったそうですが、人が一杯で大変だったそうです。
 やはり混んでいましたか?

 ところで正倉院が借金の証文を宝物として保管したのは、これが高額の債権であるからでしょうか?

 だってこの役人が借金を返してないとすると、今頃元利を合わせて途方もない金額になっていますからね。
  1. 2013-11-01 10:49
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> 関西に住む兄も行ったそうですが、人が一杯で大変だったそうです。
> やはり混んでいましたか?
>
> ところで正倉院が借金の証文を宝物として保管したのは、これが高額の債権であるからでしょうか?
>
> だってこの役人が借金を返してないとすると、今頃元利を合わせて途方もない金額になっていますからね。


何時もの事ですが凄く混んでましたね。
私は開館の10分位前に並びましたので直ぐに列が動き出しました。
だから簡単に入れました。
そしてこれも何時もの事ですが展示物の初めの部分が混んでいるので入り口から後半の方に直行、そこは比較的すいているのでそこをみました。それから飛ばした前半を人の隙間を縫って見て回りました。
早や昼飯を食べて博物館を出るころには長蛇の列、一時間半待ちになっていました。
もし今度も行かれるなら朝一番に入るようにするのがいいですね。

それから借金の証文ですが、最初の証文は半年くらいで全額返済したと書いてありました。しかし半年後に返済した金は借りた金の1.7倍位、酷い高利貸ですね。
若しよもぎ猫さんがこんな高利貸をやったら、毎日よもちゃんは高級マグロ猫缶三昧、幸せな猫生でしょうね。
  1. 2013-11-01 18:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

高利を半年で返済した役人はどうやって金を作ったか興味が湧きます。果たして今のお役人は返せるでしょうか。
この話で短編小説が作れそう。

正倉院は物置だと小学校で習いましたが、なんでもしまってあるのですね。
  1. 2013-11-02 21:03
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>高利を半年で返済した役人はどうやって金を作ったか興味が湧きます。果たして今のお役人は返せるでしょうか。
>この話で短編小説が作れそう。
>
>正倉院は物置だと小学校で習いましたが、なんでもしまってあるのですね。


この当時の百姓は春先に種籾を借りて作付けし、収穫したら何倍かにして返す、こんな事をしていました。
だからそんな事に使ったのではないかと思います。(私の推定ですが)
しかしいくら古代とは言え随分阿漕な利息を取ったものだと思います。

正倉院の凄い所は何でも取っておいてある、この事もさることながら長年にわたってメンテナンスし続けている、これが凄いと思います。
しかも時の為政者がその価値を認めメンテナンスさせている、その事の意味をもっと知る必要が有ると感じました。
今回の展示品には宝物を入れた唐櫃(からびつ)も展示してあったのですが、その一つは徳川家康が寄進したものでした。
家康がこんなモノを? これは私にとっても新鮮な驚きでした。
  1. 2013-11-02 21:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する