2013-10-09 21:07

JR北海道の処方箋

  JR北海道の不祥事が止まらない。しかも今回は悪質である。

事態がいかに深刻か?、それはJR北海道の記者会見時刻を見ても分かる。

10月8日午前0時、緊急の記者会見で問題を報告した。

 

先ずはそれを伝える報道から

 

<以下引用>

 

JR北海道:ATS不作動 「最後の砦」もおろそか 幹部らまた謝罪

毎日新聞 2013年10月08日 東京朝刊

 

 「重大な事象を招いたことを重ねて、重ねておわびします」。JR北海道の特急列車で自動列車停止装置(ATS)が正常に作動していなかった問題で、JR北本社(札幌市中央区)は8日午前0時から記者会見し、冒頭で豊田誠・鉄道事業本部長と難波寿雄・鉄道事業本部車両部長が謝罪した。深夜の緊急会見には50人以上の記者が詰めかけ、相次ぐトラブルに厳しい質問が相次いだ。

 

 ATSはヒューマンエラーを防ぐため、列車の安全運行の最後の砦(とりで)として取り付けられている。特急オホーツクは、その要の非常ブレーキが動作しないまま乗客を運んでいた。

 

 非常ブレーキを作動させるためには、先頭車両にあるコックが「開」になっている必要があった。しかしオホーツクは最大約90日間にわたり、「閉」の状態になっており、非常ブレーキが作動していなかった。理由について豊田本部長らは「現在、調査中。最後に点検を行ってから、ここを触る修繕はしていない」と説明した。

 

 難波部長は「最悪、ATSが鳴動してもそのまま乗務員がブレーキをかけなかったら、赤信号を行き過ぎてしまうこともあった。オホーツクは単線を走ることも多く、衝突や脱線も考えられないことではない」と明かした。定期検査にあたる「交番検査」では、ATSのコックまでは確認しないという。

 

 今回、ATSが正常に作動するか確認したところ、非常ブレーキが利かなかったため、コックを調べて異常が見つかったという。この列車が最後に運行されたのは今月6日だった。【久野華代】

 

http://mainichi.jp/select/news/20131008ddm041040102000c.html

 

<引用終り>

 

 

JR北海道の不祥事は後から後から出てくる。

しかも深刻なのは悪意のあるサボタージュと思われるものが多い事だ。

今回の一件など間違いなくそれだろう。

だからこそJR北の幹部が「午前0時に記者会見」、こんな異常な事をそれもこの不具合で実際に事故が起こったわけでもないのに行った、此処にJR北の危機感が現れていると思う。

 

実は私がタイで仕事をしていて一番気にしていたのがこれだった。

悪意をもってのサボタージュ。

例えば良品の製品の中に外観上は良品と変わらない不良品を放り込む。

若しこんな事をされたら信用失墜、大問題になるのは間違いない。

自動車の場合リコールだって有りうる、実にトンデモナイ話なのだ。

しかし日本の社会のシステムは性善説でできている。そんな悪い事をする人などいない筈だ、こんな前提でできている。

此処に落とし穴が有る。

 

タイの会社でも2度ほどそんな事が有った。

 

監視カメラをつけたり、聞き取り調査をしたり、色んな手を打って見たが埒があかない。

最後の結論はと言えば・・・

現地人従業員は知っているのである。但し仲間意識なのか何なのか、それが我々の耳に届くことは無い。

 

その為の取り組んだのが「日本式のモノ造りの心の徹底教育」だった。

現地人経営幹部だけでなく、中間管理職から末端の一作業員までこれを徹底する。勿論簡単ではない。

そしてその為に一番効果が有ったのがISO9000の品質マネージメントシステムの採用だった。

ISO9000は欧米が中心でできたものだが、この中には日本の品質システムTQCの考え方が多数織り込まれている。

 

中でも有効だったのが「内部監査」と言う考え方。

会社の中のベクトルを合わせるためにこれが実に有効だった。

 

JR北が苦しんでいるが、そして心あるJRマンにこれならどうかと言ってアドバイスできるのがこの考え方である。

 

長くなるのでこの話は次回に。

 

  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

タイトル間違えてますよ。

まあいいや、それにしてもJR北海道は恐ろしく風通しが悪い組織ですね。ATSの問題なんてほとんど破壊活動でしょう。JRは自分たちの会社だという意識が殆ど無いんでしょうね。

経営者というものは利益を挙げねばいけませんから頭の切り替えはそれなりに早いですが労働者はどうしようもないのでしょう。おそらく40年前の頭のままなんでしょう。

だから経営者は利便性の向上に努め経営の改善を図りますがコストの削減眼前管理に来ることは十分予想されます。その辺りはどうするつもりだったんでしょうか。

これとサヨクの怠け者が結びつけば出てくるのは手抜きということになるでしょう。後は管理職が事なかれ主義ならば見て見ぬふりを続けるということでしょう。

北海道経済を見ればJRで働いてるというのはほとんど特権階級みたいのもののはずです。それでこの醜態ではねえ。おそらくその辺りは何も分ってないんだろうという気がします。

そもそもが民営化の時にJR北海道とJR四国は厳しいということは祝えていました。小生はなぜこんな分割案を出したのか当時から不思議でした。北海道は東日本と、四国は西日本と統合しとかなきゃあ無理だろうと思ったものです。

JRの本当の問題はモータリゼーションと鉄道をどう考えるかまともに考えてこなかったことに尽きるでしょう。まともに考えれば北海道などはトンネルなどの制約がすくない路線はあるのですから、例えば車両限界をゆるめカートレインを積極的に考えるくらいのことがあったっていいでしょう。

この辺りを全ておざなりにしてきた付けが皆回ってきてる気がします。
  1. 2013-10-10 00:55
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>タイトル間違えてますよ。

ご指摘ありがとうございます。
朝いきなりタイプミス発覚! 気が付いたら早速御叱りのコメントが・・・
早速訂正しました(冷汗)、有難うございます。

>まあいいや、それにしてもJR北海道は恐ろしく風通しが悪い組織ですね。ATSの問題なんてほとんど破壊活動でしょう。JRは自分たちの会社だという意識が殆ど無いんでしょうね。
>
>経営者というものは利益を挙げねばいけませんから頭の切り替えはそれなりに早いですが労働者はどうしようもないのでしょう。おそらく40年前の頭のままなんでしょう。


この部分は重要です。
40年前には生まれてもいなかった連中が40年前の頭、いやそれどころか50年、60年前の頭のまま。コイツは如何すればいいんでしょう。
北教組の先生の教育を受け、北海道新聞を読み、革マル派に牛耳られたJR北で洗脳を受ける。これでまともに働くわけが有りません。
北海道だけでなく、今現在の日本の重要課題と思います。



>だから経営者は利便性の向上に努め経営の改善を図りますがコストの削減眼前管理に来ることは十分予想されます。その辺りはどうするつもりだったんでしょうか。
>
>これとサヨクの怠け者が結びつけば出てくるのは手抜きということになるでしょう。後は管理職が事なかれ主義ならば見て見ぬふりを続けるということでしょう。
>
 
此処からのコメントは次回エントリーで私の考えを述べたいと思います。
  1. 2013-10-10 06:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

変な事件には、これ(左翼のサボタージュ)があるのではと疑っています。たとえば三菱の豪華客船が燃えた事件とか。

そういえば福一でも、外部電源の引き込み鉄塔が複数倒れたのが、全く報道されません。(私はこの件も誰かが何かをやっていたのではと疑っています。)外部電源が生きていれば、何も起きなかったと思っています。
この件、ボランティアで福一に行った人に話したら、現地で緘口令が出ていたと、口ごもりながら話しておられました。
  1. 2013-10-10 10:25
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>変な事件には、これ(左翼のサボタージュ)があるのではと疑っています。たとえば三菱の豪華客船が燃えた事件とか。
>
>そういえば福一でも、外部電源の引き込み鉄塔が複数倒れたのが、全く報道されません。(私はこの件も誰かが何かをやっていたのではと疑っています。)外部電源が生きていれば、何も起きなかったと思っています。
>この件、ボランティアで福一に行った人に話したら、現地で緘口令が出ていたと、口ごもりながら話しておられました。
>

その通りだと思います。
そして厄介な事、こんなサボタージュの様な事はかなりの確率で知っている人がいる。場合によってはその現場の人はみんな知っていたりします。
しかし黙っている。
理由は犯人を知っているが、犯人から何か便宜を図ってもらったりしているので言いにくい。こんな事情が有ります。
おまけに変な仲間意識が有って外部から調査が入ると黙っている。

恐らく今回の件もそんな事情ではないかと推察します。
  1. 2013-10-10 22:20
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

このエントリーを読んで思ったのですが、
このサボタージュをした事によって、サボタージュを
していたJR北海等の職員が死亡ないし、怪我でも
したら、どういう事態に変化しただろう?と思います。

しかし、社会に出てからつくづく思うのですが、
真面目に仕事をする人は少なく不真面目に給料の為
だけに出社して、真面目な人の足を引っ張って業務を
妨害する人が多いように思います。

そういうことなのかなぁ?と思いました。

  1. 2013-10-11 03:44
  2. URL
  3. izauniuni #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izauniuniさん
>このエントリーを読んで思ったのですが、
>このサボタージュをした事によって、サボタージュを
>していたJR北海等の職員が死亡ないし、怪我でも
>したら、どういう事態に変化しただろう?と思います。
>
>しかし、社会に出てからつくづく思うのですが、
>真面目に仕事をする人は少なく不真面目に給料の為
>だけに出社して、真面目な人の足を引っ張って業務を
>妨害する人が多いように思います。
>
>そういうことなのかなぁ?と思いました。


ご指摘の問題は二つの側面が有るとおもいます。
一つ目はJRに蔓延る革マル派などの共産主義者は自分たちの目的の為には人が何人死のうとも関係ない。それが基本です。
例えば革マル派と中核派の内ゲバ事件、信じられない数字ですがこの内ゲバで双方合わせて100人以上の死者が出ています。
人を殺すことなど彼らには何でもない事なのです。

二つ目は給料は天から降ってくる、こういう考え方です。
民間会社で熾烈な競争をしている所ではしっかり仕事をしないとすぐ倒産してしまいます。だから一生懸命働くのは当たり前。
製造業なら良いモノやサービスを提供するために必死になる。
所が給料が天から降ってくる会社、具体的には公務員や独占企業で何をしても潰れない会社などがそうです。
色んな規制に守られた銀行などの嘗てそうでした。
こんな所に働いていると何をしても関係ない、給料だけは勝手に天から降ってくる。こう考えます。
最近の例ではみずほ銀行の不祥事、この根本原因はここだと思っています。

この問題の解決が戦後の悪しき伝統を断ち切る重要なポイントと考えています。
  1. 2013-10-11 06:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>ご指摘の問題は二つの側面が有るとおもいます。
> 省略
>人を殺すことなど彼らには何でもない事なのです。

>二つ目は給料は天から降ってくる、こういう考え方です。
>省略
>最近の例ではみずほ銀行の不祥事、この根本原因はここだと思っています。

>この問題の解決が戦後の悪しき伝統を断ち切る重要なポイントと考えています。

簡単に言ってしまえば、現実が怖くて直視できなくて、現実逃避しか
できないから、自分の勝手に信じる価値観にすがってそれが唯一で
絶対正しいと思い込み続けるだけの弱い人なのかと思いました。
そういうものなら殺人を肯定できるのも理解ができます。

あと、人間は集団に属さないと生きていく事ができなかったり、困難で
あったりするから人を簡単に殺す事はできないし、良心が痛むと思うと
個人的な価値観ですが、そう思っています。

個人的な経験でモノを言うのはどうなのかな?とは思いますが、私は
人間として成長する為に一番必要なのが、環境だと思っています。
もうひとつがその人自身に備わっている素質だと思います。

その人の素質を核に環境から作られるその人を構成する要素が
成長と共に核と融合して、特定の個人が形成される。

そう考えると、個人の持つ個性というものがあるのも理解できるし、
その人に不足している原因は何だろうか?と考えると環境を知ると
理解しやすいです。

それらを見る能力を持ち、人を見てその人にとって不足する部分に
対して的確なアドバイスなりノウハウを提供できる教育者がたくさん
いると、少しは世の中良くなるんだろうか?と思ってしまいます。

現実的に考えるとあまり意味の無い考えかもしれませんね。
失礼しました。
  1. 2013-10-11 13:13
  2. URL
  3. izauniuni #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izauniuniさん
>>ご指摘の問題は二つの側面が有るとおもいます。
>> 省略
>>人を殺すことなど彼らには何でもない事なのです。
>
>>二つ目は給料は天から降ってくる、こういう考え方です。
>>省略
>>最近の例ではみずほ銀行の不祥事、この根本原因はここだと思っています。
>
>>この問題の解決が戦後の悪しき伝統を断ち切る重要なポイントと考えています。
>
>簡単に言ってしまえば、現実が怖くて直視できなくて、現実逃避しか
>できないから、自分の勝手に信じる価値観にすがってそれが唯一で
>絶対正しいと思い込み続けるだけの弱い人なのかと思いました。
>そういうものなら殺人を肯定できるのも理解ができます。
>
>あと、人間は集団に属さないと生きていく事ができなかったり、困難で
>あったりするから人を簡単に殺す事はできないし、良心が痛むと思うと
>個人的な価値観ですが、そう思っています。
>
>個人的な経験でモノを言うのはどうなのかな?とは思いますが、私は
>人間として成長する為に一番必要なのが、環境だと思っています。
>もうひとつがその人自身に備わっている素質だと思います。
>
>その人の素質を核に環境から作られるその人を構成する要素が
>成長と共に核と融合して、特定の個人が形成される。
>
>そう考えると、個人の持つ個性というものがあるのも理解できるし、
>その人に不足している原因は何だろうか?と考えると環境を知ると
>理解しやすいです。
>
>それらを見る能力を持ち、人を見てその人にとって不足する部分に
>対して的確なアドバイスなりノウハウを提供できる教育者がたくさん
>いると、少しは世の中良くなるんだろうか?と思ってしまいます。
>
>現実的に考えるとあまり意味の無い考えかもしれませんね。
>失礼しました。


簡単には答えの出ない難しい話なのですが、だからこそ日本人みんなで取り組むべきと思っています。
一人の力は小さくてもいつかは一滴の水も大きな流れになる。そう信じています。
  1. 2013-10-11 18:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する