2013-11-18 12:13

原発メーカーの金で脱原発主張した小泉元総理

今週の「花田紀凱の週刊誌ウォッチング」が面白い。

<以下引用>

 原発メーカーの金で脱原発主張した小泉元総理
2013.11.17 18:00 (2/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]

 小泉純一郎元総理の「原発ゼロ」発言、朝日新聞など、12日の日本記者クラブの会見を1面トップで大ハシャギ。

 『週刊新潮』(11月21日号)が早速、胸のすくような一撃。「天啓にうたれたのか? スポットライト症候群か? 原発メーカーに金を出させる『小泉純一郎元総理』の脱原発会見」

 フィンランドの高レベル核廃棄物最終処分場「オンカロ」を見学して、小泉元総理は「原発ゼロ」を確信した。だが、主催したシンクタンクはトヨタ、東電、三菱重工、日立、東芝などが資金を出して元総理のために設立したものだという。〈金を出させておいて、“脱原発ツアー”を催行された原発メーカーもたまったものではない〉

 小泉元総理と同期の深谷隆司元通産大臣が一言。

 〈「対案を出すことなくして“原発ゼロ”を主張しても(中略)ワーワー言うだけで中身のない山本太郎氏と同じです」

 困った2人だ。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131117/bks13111718000013-n2.htm

<引用終り>


これ以上何も言うことは無い。

「対案を出すことなくして“原発ゼロ”を主張しても、ワーワー言うだけで中身のない山本太郎氏と同じです」

詐欺師小泉純一郎も中核派山本太郎と同じ、全く名言です。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

たしかこの御仁、政治家が方針を示せば必ず知恵が出ると抜かしてました。原発廃棄の方針を示せば必ず廃棄物の処理にも名案が出るというのでしょうか。

しかし日本が原発推進という方向を示しても廃棄物処理の名案はでませんでした。原理的には原発推進の側でだけ終末処理はできるのですが、廃棄の方針ではそれも出来ません。

原理的に不可能なものはどうしても不可能なのです。

問題は廃棄物の大部分を占める低レベルのものを減少させることです。低レベル廃棄物の総量を減らせば何とか成るはずです。ここは発想を逆転させ低レベルのものを焼却などにより高レベルに変え、嵩を減らして貯蔵という方法にでも行かなければいけないでしょう。

そしてトリウム炉あたりの技術開発で高レベルの廃棄物を終末処理するとでもするしか無いと思います。

10万年保管などという戯言よりは未来がありそうな気がします。
  1. 2013-11-18 21:44
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

To:kazkさん

> たしかこの御仁、政治家が方針を示せば必ず知恵が出ると抜かしてました。原発廃棄の方針を示せば必ず廃棄物の処理にも名案が出るというのでしょうか。
>
> しかし日本が原発推進という方向を示しても廃棄物処理の名案はでませんでした。原理的には原発推進の側でだけ終末処理はできるのですが、廃棄の方針ではそれも出来ません。
>
> 原理的に不可能なものはどうしても不可能なのです。
>
> 問題は廃棄物の大部分を占める低レベルのものを減少させることです。低レベル廃棄物の総量を減らせば何とか成るはずです。ここは発想を逆転させ低レベルのものを焼却などにより高レベルに変え、嵩を減らして貯蔵という方法にでも行かなければいけないでしょう。
>
> そしてトリウム炉あたりの技術開発で高レベルの廃棄物を終末処理するとでもするしか無いと思います。
>
> 10万年保管などという戯言よりは未来がありそうな気がします。


コメントはイザの方が使いやすいですね。
要は何にも知らない素人向けに出来ている、そう言う事でしょう。
日本の家電がサムスンにしてやられたのと同じ構図、そう思います。

所で詐欺師小泉ですが、仰るように「政治家が方針を示せば必ず知恵が出る」などと譫言を言ってます。
しかし何十年かかって現在がある事を忘れています。
詐欺師にはこんな例えが一番わかりやすい、
「法律は破ることが出来る、しかし法則(自然の法則の事です)は破れない」
これは自動車の安全運転とか社内の安全教育で良く使った話ですが、まさか政治家相手にこんな事を言わねばならないとは・・・、情けない。

そういえば、「断じて行わば、鬼神もこれを避く」と言った将軍がいました。
断じて行った結果はP38の機銃弾に負けました。
この断じて行わばの言葉は私の好きな言葉でして、尊敬する将軍の言葉なのですが、たった一つのミスが命取りになる。それをいつも肝に銘じています。

詐欺師小泉も間違いなく晩節を穢しましたね。
  1. 2013-11-19 07:18
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する