2013-11-09 21:48

晩秋の風物詩

 もう暦の上では冬だそうですが、こんなモノが晩秋の風物詩。
稲穂・・・、
2013-11-9孫生え風景


今頃稲穂とはちょっと季節が遅すぎるような・・・
それにしても貧相な稲穂。

実はこれ、孫生(ひこばえ)と言う。切り株から生えた新芽。

普通の孫生(ひこばえ)はこんなモノ。
2013-11-9孫生え風景1


懐かしいですね、刈り取った稲を束ねて乾燥させる「稲架かけ(はざかけ)」用の稲架が残っている。
切り株にちょっとだけ青い色が・・・ 普通は孫生(ひこばえ)はこんなモノ。

でもこんな角度なら良く分かるかも
2013-11-9孫生え風景2


晩秋の風物詩でした。
でもこの孫生(ひこばえ)、試しに手に取ってみたら普通は中は空なのに籾の中には少しだけ身が入っていた。
  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

二番穂っていうやつですね。
温かいところではこれに実が入ります。

かつてはこれを収穫したところもあり自家用にしてたといいますがこれは今新しい用途がでています。

基本的に無農薬無肥料なのでこれを食ってもアレルギーが出ないことが有るんだそうです。

食ってみたことがありますが旨いもんじゃありませんでしたがね。
  1. 2013-11-10 02:07
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

To:kazkさん

> 二番穂っていうやつですね。
> 温かいところではこれに実が入ります。
>
> かつてはこれを収穫したところもあり自家用にしてたといいますがこれは今新しい用途がでています。
>
> 基本的に無農薬無肥料なのでこれを食ってもアレルギーが出ないことが有るんだそうです。
>
> 食ってみたことがありますが旨いもんじゃありませんでしたがね。


そうですか、食べた事が有るんですか。
写真の孫生、籾の中を見てみましたがチャンと身が入っていましたがマアしいな(粃)程度でしたね。
とても食べられるものではないようでした。
食べようとすれば相当の早生でないとダメでしょう。
でも良くご存知ですね。
  1. 2013-11-10 17:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する