2013-11-02 13:26

「オバマ政権は尖閣は日本領と表明せよ」 米紙ウォールストリート・ジャーナルが主張

 中国寄りの姿勢が鮮明なアメリカ民主党、そして中国マンセーのアメリカマスゴミ。
しかし遂にアメリカのマスゴミが明確に姿勢を変えた。
ウォールストリートジャーナル(WSJ)がこんな社説を掲載したらしい。

<以下引用>


「オバマ政権は尖閣は日本領と表明せよ」 米紙ウォールストリート・ジャーナルが主張
2013.11.2 00:29

 【ニューヨーク=黒沢潤】1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる日本と中国の対立を社説で取り上げ、オバマ米大統領に尖閣諸島が日本の領土であると明確に表明するよう求めた。

 社説は尖閣への脅威が米国と日本の同盟を強化させているだけでなく、米国とともに日本を「平和の擁護者」とみなすようになった東南アジア諸国と日本の結びつきも強めたと指摘した。


 その上で、「事故や判断ミス、銃撃事件が起きる危険性が高まっている」ため、日本が政治的な決意や軍事能力を示すことが重要になっていると論じた。

 さらに、米国が第二次世界大戦を経て尖閣を管理下に置き、1970年代に日本に返還したことで「(尖閣の)主権問題は事実上、決着している」とし、「オバマ政権が尖閣は日本のものだと明確に主張すれば、中国は引き下がる可能性がある」と強調した。

http://sankei.jp.msn.com/world/topics/world-14893-t1.htm

<引用終り>

尚このニュース、WSJの日本語版には未だ掲載されていない。
余りの主張の変化についていけないのであろうか。

しかし大変良い事である。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する