2013-10-08 17:39

マッチポンプ記事

 マッチポンプなる言葉が有る。自分でマッチで火をつけ、自分で消火ポンプで火を消して回る。そんな意味だがマスゴミの世界ではどうも常識らしい。
今朝もそんな記事が有った。

これは皆さまのアカヒ新聞(嘲日新聞とも)1面の記事。
2013-10-8朝日新聞朝刊1面記事スクリーンショット


2013年10月8日 朝日新聞朝刊1面


 この問題が民死党政権時に解決寸前まで行ったのに自民党政権になって頓挫した。そういう記事である。
取材源は野田政権時の官房副長官齋藤 勁(つよし)。

しかしこの問題の発端は朝日新聞の捏造記事。
そして今年の3月、国会で中山成彬議員が追及している。

これが中山議員の国会での追及動画、49分頃からが従軍慰安婦問題。



動画は長いので例えばこんなモノを中山さんは示している。
2013-10-8中山成彬の国会での追及



朝日新聞は自分たちのやった事がいかに国益を損ねているか全く意に介していない。
朝日新聞が最初にこの問題を報道したのが平成4年(1992年)、今日までいかようにも訂正する時間は有ったはずだが、朝日新聞は厚顔無恥、自分らで火をつけそれを喜んでいるようだ。

マッチポンプ以外の何物でもない。
「付け火して、大火事喜ぶアカヒ・嘲日」である。

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する