2013-09-18 14:28

中秋の名月<よもぎねこさんのエントリーから

  明日は旧暦の8月15日、中秋の名月である。

この日は日本でも月見の習慣が有る。

 

月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月

・・・百人一首 詠み人知らづ

 

この月が何月の月を歌っているかと言うと、「歌の中に月が8回出てくるから8月の月」だそうだ。

がしかし私的には

 

矢張りこれでしょう、月より団子です。

 

とまあ、柄にもない事を言いだしたのはこの中秋の名月、中国、韓国では中秋節(中国)とか秋夕(チュソク、韓国)といって旧正月と並ぶ大祭日。

そして例によってこれも韓国起源説が喧しい。

 

所でよもぎねこさんの古いブログにこの中秋節パクリ話を取り上げたものが有り、そこに出てくるイラストやコメントなどが大変面白い。

 

今イザブログが消滅しそうなのだが、こんな興味深いモノは貴重な財産だと思う。

そこで消滅前にパクってみようと考えた次第。

よもぎねこさんご了承を。

 

尚北海道在住のよもぎねこさんだが、北海道の言葉でパクるとは「取り換える」と言う意味。

何処かのニダ族お得意のパクリなど、インテリジェンス溢れたよもぎねこさんには縁が無い。念のため。

 

そのエントリーとは以下のモノ

http://yomogineko.iza.ne.jp/blog/entry/711283/

 

<以下引用>

 

【中韓】 中秋(秋夕)は中国の文化?~新羅の僧が唐に伝えたのが起源★2[09/08]

 

1 :蚯蚓φ ★:2008/09/09(火) 07:53:44 ID:???

http://www.allthatnews.co.kr/news/photo/200809/11067_10462_2834.jpg 

秋夕(チュソク)節で人口大移動が行われる中国に世界は耳目を集中する。そして、秋夕の文化が中 
国の文化であると考え、中国も文化の源泉地である韓国人にその人数の数字を強調して圧力を加えて 
いる。 

中秋を迎え、こんなことを考えている私たち国民がまず真実を知らなければならない立場に置かれて 
いる。中国学者シュンペイが発表した中秋の資料を見れば唐以前の中国には秋夕文化はなかった。唐 
以後に秋夕節を行う風習ができた、と古文献は証明する。 

唐初期と中期『芸文類聚』と『初学期』をよく見ても民間の歳時風俗の項目に8月十五夜の秋夕は言及 
されていない。一方、唐へ来た僧侶、圓仁(ウォンイン)が書いた入唐求法巡礼行記を見れば8月の十 
五夜にお寺と民間で餠や食べ物を調えて節日を祝った場所は新羅だったと記録している。新羅の中秋 
節が新羅の僧侶によって唐に渡ったと伝えているのだ。 

‘隋書’の東夷伝を見れば、新羅の王が8月十五夜に音楽を演奏して弓術大会を開き、‘旧唐書’の 
東夷伝でも新羅ではこの日を重要と考えて、食べ物を施して弓を射るなどの大会をした、という記録 
を見ても、当時の唐で秋夕を祝ったのではなく、新羅が先に祝ったということだ。 

特に東北工程で韓国の歴史を中国の歴史に変身させようとする意図を見せる中、これに先だち私たち 
固有の文化を中国の文化として奪おうとする動きがあったという事実が衝撃的だ。中国は旧盆の名節 
を自分の文化にするために、私たちが知らないうちに2005年には41万人が越える中国人の署名を集めた。 

チョン・ヨンギュ(啓明大学大学院)文学博士は「根がない木に他の木を組み合わせることができない 
ように、自らの固有の伝統文化を忘れてしまった民族には、無条件に受け入れたり、文化の植民地に 
転落するしかない」と彼の著書で明らかにしている。 

カン・ソヒョン記者 

ソース:allthatnews(韓国語)中秋、中国の文化持ちこんだこと? 
http://www.allthatnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=11067 

 

 

・・・中略
 中国の皆さんも関心をお持ちのようです。 楽しいイラストまで貼ってあります

 

 

 
よもさんのエントリーはまだまだ続くのだが、そこでのコメントにこのイラストに描いてある言葉の意味が解説されている。
 
<以下コメントから引用>
Commented by 無駄話 さん

こんばんわ。よもぎねこさんのブログを見るつもりで現れたのがこの内容なので,一瞬,間違えたのかと思いました。
2チャンネルはずいぶん難しいことも解説できる方々が参加しているんですねえ。

実は偶然ですがこの入唐求法巡礼行記については少し追加できることを知っています。円仁は唐代末期の10年間を唐の寺院をめぐり歩いてそれを日記に書き残しました。この書物の研究者として有名な人物がアメリカの日本大使として知られているエドウィン ライシャワーさんです。
彼はこの日記の解説書を出版しております。ずいぶん前に古書店で偶然にライシャワーの本(日本語訳)ということで手に取ってみて,その前文を読んで買ってしまいました。
この本は唐代末期の仏教が衰えた状態や唐の社会の様子が詳しく書かれている歴史的に貴重な旅行記だそうです。たしか,岩波文庫からも解説が出版されていたように思います。「じっとう ぐほう じゅんれい こうき」と読むそうです。かれは円仁を「えんじん」と読んでいます。

 
 

2008/09/10 05:05

 

Commented by 丸山光三 さん

TBのリクエストに答えて、訳を、
[中秋节是我们的]>>中秋節は我々のものだ。
[爸爸,月饼要怎么吃呀?]>>パパ、ゲッペイはどうやって食べるの?
[傻孩子,月饼当然是炸了吃]>>馬鹿だねこの子は、ゲッペイは他人のものをせしめて食べるんだよ。

「炸」は、声調によって意味が変わります。二声なら「油で揚げる」です。普通に使用するのは「油で揚げる」ほうです。例、「炸油条」(ヨウテイアオを揚げる)、「炸醤麺」(ジャージャン麺)。

また「炸」には、四声なら「割れる」、「爆破する」、「激怒する」、「騒動が起こる」、などの派生的な意味がありますが、そこに引っ掛けるニュアンスもあるのかもしれません。

しかし、「炸」には口語的に「他人のものを強奪する」という使用法もありますから、このシーンでは、これが実にぴったりですね。

 
 

2008/09/10 05:36

 

Commented by ご隠居 さん

 入唐求法巡礼行記ですが私は「にっとうぐほうじゅんれいこうき」と読んでいました。この読み方は呉音、唐音入交りで統一がありませんが仏教はあまりそこいらが厳格ではありませんからね。

明治後に入ったキリスト教などは坊主読みと言われた呉音を嫌って学校名でも「関西」を「かんせい」と「明星」を「めいせい」と発音させていますからね。

 

2008/09/10 07:46

 

<引用終り>

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

 おお、頂いたコメントをアップしてくださいましたね。 このエントリーで頂いたコメントは本当に素晴らしく、イザブロガーの教養の豊かさを示すものでした。

 特に丸山光三先生の棒子の台詞の訳はパーフェクトでした。

 イザの最大の長所はこうしてブロガー同志お互いにコメントの遣り取りをして親しくなりながら、イロイロと学べる事でした。

 ワタシもイザのお蔭で遠い外国にいる人や、国内居ても現実の生活では絶対会うはずもない人達と知り合い、様々な事を学びました。

 だからイザの閉鎖はホントに残念です。
  1. 2013-09-18 18:33
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> おお、頂いたコメントをアップしてくださいましたね。 このエントリーで頂いたコメントは本当に素晴らしく、イザブロガーの教養の豊かさを示すものでした。
>
> 特に丸山光三先生の棒子の台詞の訳はパーフェクトでした。
>
> イザの最大の長所はこうしてブロガー同志お互いにコメントの遣り取りをして親しくなりながら、イロイロと学べる事でした。
>
> ワタシもイザのお蔭で遠い外国にいる人や、国内居ても現実の生活では絶対会うはずもない人達と知り合い、様々な事を学びました。
>
> だからイザの閉鎖はホントに残念です。


izaブログの一番いい所、それがコメントです。
普段絶対に会う事のない方からの素晴らしいコメント。
これこそ宝物なんです。

イギリスは紳士のクラブが有り、そこで午後のお茶を楽しみながら情報交換する。これがイギリスの強さの源泉、そうだと思っています。

日本ではイザブログがそのクラブに代わる交流の場。
その怖さを知っている連中がイザブログを潰したのでしょう。
またいつかどこかでこんな素晴らしい交流の場を作りたいと思います。
  1. 2013-09-18 21:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

イザが消えると聞いて驚いています。自分でエントリーしなくなってほぼ1年になるのですが、イザのエントリーを毎日チェックするのを楽しみにしていました。
 イザの消滅のニュースをこの短足さんのエントリーで知った直後にナッなんと私の見当外れのコメントを含めてヨモギ猫さんのエントリが引用されたことに不思議な巡り合わせを感じます。
 と申しますのは、私の好きなヨモギ猫さんと短足さんのエントリーに私のめったにしないコメントが挿入されているのですから。
 めったにコメントはしないと思いますが、今後ともお二方の引っ越し先にお邪魔してエントリーを読ませていただきます。
ところで、ヨモギ猫さんは新住所には過去のエントリーの一部しか移動させないことに決められたそうですがもったいないですね。何とか全部引っ越して記録を残しておかれたら、現代の枕草紙のように面白いものができるように思います。
  1. 2013-09-19 02:01
  2. URL
  3. 無駄話 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 無駄話さん
>イザが消えると聞いて驚いています。自分でエントリーしなくなってほぼ1年になるのですが、イザのエントリーを毎日チェックするのを楽しみにしていました。
> イザの消滅のニュースをこの短足さんのエントリーで知った直後にナッなんと私の見当外れのコメントを含めてヨモギ猫さんのエントリが引用されたことに不思議な巡り合わせを感じます。
> と申しますのは、私の好きなヨモギ猫さんと短足さんのエントリーに私のめったにしないコメントが挿入されているのですから。
> めったにコメントはしないと思いますが、今後ともお二方の引っ越し先にお邪魔してエントリーを読ませていただきます。
>ところで、ヨモギ猫さんは新住所には過去のエントリーの一部しか移動させないことに決められたそうですがもったいないですね。何とか全部引っ越して記録を残しておかれたら、現代の枕草紙のように面白いものができるように思います。
>


イザブロガーの方との交流は本当に貴重でした。
このエントリーでの話など一般の人だったら一生不可能な交流でしょう。本当に感謝しています。

よもぎねこさんの写真とエッセイ、確かに現代版枕草子でしょうね。これだけでも単行本にしても売れるのではないでしょうか。

私も早々に引っ越し先を決めねばなりませんが、それと同時に皆さんの過去エントリーも何とか残したい。
特に既に黄泉の国へ旅立たれた「お絵かき爺さん」などのブログも重要なものは何とか記録したいと思っています。

尚私はエキサイトとFC2にアカウントをとりました。
多分両方併用することになろうかと思っています。
  1. 2013-09-19 09:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

おはようございます。
すばらしいえんとりありがとうございます。
まさにこのことが無念残念の原点です。

イザには実に多彩な多才なかたがたが沢山住んでおられました
そしてそれぞれの応酬もこれまた楽しみで・・広がりも・・交流も宝物

わたくしもブログタイトル通りに見聞広めさせていただいて参りました。

移転先はえきさいとが多いようですね。
また追っかけで読ませていただくつもりでおります

  1. 2013-09-20 09:59
  2. URL
  3. torisan #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To torisanさん
>おはようございます。
>すばらしいえんとりありがとうございます。
>まさにこのことが無念残念の原点です。
>
>イザには実に多彩な多才なかたがたが沢山住んでおられました
>そしてそれぞれの応酬もこれまた楽しみで・・広がりも・・交流も宝物
>
>わたくしもブログタイトル通りに見聞広めさせていただいて参りました。
>
>移転先はえきさいとが多いようですね。
>また追っかけで読ませていただくつもりでおります


イザはホント良い交流の場でした。
そしてizaに集まった方は皆さん大変優れた識見を持った方ばかりでした。
ですので大変残念です。

私はとりあえずエキサイトにデータは移行しますが、どうもエキサイトは私の好みに合わない。
如何しようか思案中、決まりましたらご連絡します。
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2013-09-20 18:01
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

一応過去ログ自体はinternet archiveにあることはあります。

例えば旦那のブログはこれ。

http://web.archive.org/web/20130511201826/http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/

今年の5月のものです。これが一応最新のようですね。
これは相当保存性はいいようですから、サルベージには役立ちそうですが、いつまであるかはよくわかりませんし、サイトによっては全部サルベージできないものもあります。

困ったものです。
  1. 2013-09-21 00:02
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>一応過去ログ自体はinternet archiveにあることはあります。
>
>例えば旦那のブログはこれ。
>
>http://web.archive.org/web/20130511201826/http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/
>
>今年の5月のものです。これが一応最新のようですね。
>これは相当保存性はいいようですから、サルベージには役立ちそうですが、いつまであるかはよくわかりませんし、サイトによっては全部サルベージできないものもあります。
>
>困ったものです。


情報ありがとうございます。
有る所には有るもんですねえ、びっくりしました。
しかしこれは保存用にはどうでしょうか。
多分サルベージにはよさそうなので、無くなってしまったものを探すのなら良いかもしれません。

若しかして無くなってしまったsonoさんの昔のブログなど探して、多少でもサルベージ出来ればラッキー、そんなモノなんだと思います。

しかし良い引っ越し先は見つかりませんので、とりあえずエキサイトに引っ越しを始めようかなあ、そう考えています。
  1. 2013-09-21 11:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

出来ますよ。小生がやりました。
一度sonoさんのファイル小生が見つけたことがあります。
ただこれは完全にボランティアのようなんでファイルの階層が深かったり、認証があったりするともう厳しいです。後いつ検索してくれるかいつまで続くのか完全に不透明なんで当てにしてはいけません。

まあ難しい所です。小生もあちこちにコメント書き散らしましたが結構気合入れたのもあるから、そっちをどうするかで困ってます。イザでコメントだけインポートも出来ないんですよね。
  1. 2013-09-21 14:11
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>出来ますよ。小生がやりました。
>一度sonoさんのファイル小生が見つけたことがあります。
>ただこれは完全にボランティアのようなんでファイルの階層が深かったり、認証があったりするともう厳しいです。後いつ検索してくれるかいつまで続くのか完全に不透明なんで当てにしてはいけません。
>
>まあ難しい所です。小生もあちこちにコメント書き散らしましたが結構気合入れたのもあるから、そっちをどうするかで困ってます。イザでコメントだけインポートも出来ないんですよね。


出来ますか、凄い時代になったものですねえ。
しかし皆さんのブログにも貴重な意見や見解があふれている、これを捨ててしまうのはあまりにも惜しいですよねえ。
大げさではなく日本の損失だと思います。

さて私は如何しようかなあ。
目下思案中です。
  1. 2013-09-21 20:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する