2013-09-09 16:51

平等思想の罠

  裏の桜さんのエントリーに「朝鮮戦争~共産主義の恐怖」と言うのが有る。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/3179191/

 

非常に興味深い内容なのでぜひ多くの方に見ていただきたいが、こんなモノを見ていて以前からの疑問がふつふつと湧いてきた。

 

以前からの疑問、それは隠れ社会主義(隠れ共産主義でもいい)の存在である。

 

社会主義、又は共産主義は一言で言えば・・

「搾取も抑圧も差別もない、真に自由で平等な社会」を目指す考え方である。

どう聞いても素晴らしい考え方、現代のユートピアを目指すものと言って良いだろう。

だがこの運動がどんな結果を生んだか。

ソ連や中共の惨状を見ればそれは良く分かる。

 

特にこの社会主義(共産主義)の考え方のキーポイントは「平等」である。

 

良く考えれば平等などと言うモノは本当は有りえない、

こう考えればその異常さが理解できると思う。

例えば労働とその報酬の分配について

「私は頭も悪いしチカラもない、だから他の人の半分しか生産できない。

しかし報酬は他の人と平等に同じだけ貰いたい。此れこそ平等な社会ではないのか」。こんな事を言ったら誰でも可笑しいと思う。

しかし今の社会ではこれがまかり通っている。

こんな場合、それも言うなら「公平」である。

 

しかし日本にはその「平等を信奉する隠れ社会主義者(隠れ共産主義者)」が色んなとことに沢山いる。

特にマスゴミや法曹界などは殆どこんな連中に占領されていると言っても過言ではないと思う。

 

もっと始末が悪いのは自分の考え方が隠れ社会主義と思っていない人が大半だという事だ。

日本再生の為にはこんな事を一つずつ明らかにし、目覚めを待つ必要があると思っている。

 

そんな意味で冒頭の朝鮮戦争の話など良い事例だと思う。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」。
学生時代に私が「左の闘士」から聞いた話です。
これを聞いて私は感心しました。言葉は、理念は便利に出来ている。

それが理想なら、人間は何故千年前からそうしなかったのか。しないのではなく出来ないのです。出来ない事でも言葉や理念は便利にまとまるのです。要するに工学的思想がないからそんな馬鹿が言えるのです。
  1. 2013-09-09 18:59
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」。
>学生時代に私が「左の闘士」から聞いた話です。
>これを聞いて私は感心しました。言葉は、理念は便利に出来ている。
>
>それが理想なら、人間は何故千年前からそうしなかったのか。しないのではなく出来ないのです。出来ない事でも言葉や理念は便利にまとまるのです。要するに工学的思想がないからそんな馬鹿が言えるのです。


ご指摘の共産主義の基本理念、残念ながら人類15万年の歴史上これを実現した社会は存在しません。
例え数百人の小さな社会でもまったくありません。
しかしこんな夢を未だに見ている人がいるのです。
代表例を言いますと「鳩山由紀夫」と言う名前です。
もう普通なら定年すぎの年齢ですが、毎月お母ちゃんから
お小遣いを1500万円ももらえる身分です。

相模さんご指摘の通り、こんな連中のバカを言わせない、道は遠いですが重要ですね。
  1. 2013-09-09 20:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 能力に応じて働き、必要に応じて受け取る

 と、言うのは良いとして、能力にも必要にも客観的な判断基準なんかないのです。

 だからビル・ゲイツのような人が「自分は現在のIT社会を確立すると言う大変な能力があります。 これは一般人の数百万倍です。」と言ってもそれはそれなりに正当です。

 そしてまたゲイツ氏が「それで自分は自家用機始め現在持っている資産は必要です。」と言えばそれも正当なのです。

 しかし呆れた事に中国共産党の幹部だって勝手も同様の解釈をして、兆円単位で国富を私物化して、それを海外に持ち出しているのです。

 共産主義者は共産主義を「社会科学」から導いたと言うのですが、しかし本来客観化不能な概念を基礎にして理論を導いている時点で「科学」ではなくて、唯のカルトなんです。

 
  1. 2013-09-09 23:22
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> 能力に応じて働き、必要に応じて受け取る
>
> と、言うのは良いとして、能力にも必要にも客観的な判断基準なんかないのです。
>
> だからビル・ゲイツのような人が「自分は現在のIT社会を確立すると言う大変な能力があります。 これは一般人の数百万倍です。」と言ってもそれはそれなりに正当です。
>
> そしてまたゲイツ氏が「それで自分は自家用機始め現在持っている資産は必要です。」と言えばそれも正当なのです。
>
> しかし呆れた事に中国共産党の幹部だって勝手も同様の解釈をして、兆円単位で国富を私物化して、それを海外に持ち出しているのです。
>
> 共産主義者は共産主義を「社会科学」から導いたと言うのですが、しかし本来客観化不能な概念を基礎にして理論を導いている時点で「科学」ではなくて、唯のカルトなんです。


全く同感です。
そして・・・
>能力に応じて働き、必要に応じて受け取る
実はこれ、日本ではすでに実現されています。生活保護です。

有る事例です。
今年中学を卒業した子を頭に5人の子どもを持った家庭が有りました。母親は働けないので生活保護です。
父親と言うより母親の配偶者も五体満足ですが生活保護です。
こんな子だくさんの場合、一般のサラリーマンより間違いなく生活保護の方が収入が多い。
おまけに医療費はタダ。税金も免除。
更にすごい話、一番上の子は中学を出たら手に職をつけさせようと先生がいろいろ手を尽くし仕事を探しました。
そうしたら親から「出て行け」と家を放り出されました。
理由は子供の収入が有ると生活保護が減額されるためです。
子どもは仕方なく、卒業した学校の恩師の家に転がり込んで「居候」させてもらいました。
先生は自分の家に卒業生を住まわせ、仕事に通わせ、面倒を見ています。

これなどは間違いなく「能力に応じて働き(能力が無いから働かず) 必要に応じて受けとる」、こんな社会です。

こんなことをしていれば間違いなく国が滅びますね。
  1. 2013-09-10 09:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する