2013-09-04 14:43

国際ゴミ問題

  中国のゴミ問題は非常に深刻なのだが、想像を絶する実態がタイで報道されている。

 

<以下引用>

 

中国:沿海省で「ゴミ密輸」頻発、暴利稼ぐ利益チェーン形成

2013年9月4日(水) 03時59分

 

中国】広東省、広西チワン族自治区、江蘇省など中国沿海部で「ゴミの密輸入」が後を絶たない。

 

 税関職員によると、密輸後に分別・販売されるこれら廃棄物の価格は、海外での買取価格の10倍から数十倍に跳ね上がる。内外業者の結託、明確な分業、多様な手段を特徴とした犯罪性の高い利益チェーンが水面下に形成され、国外の供給業者、仲介業者、国内の輸入業者の3者がそれぞれ利益を得ている状態という。経済参考報が2日付で伝えた。

 

 密輸されるゴミは、中国政府が輸入を禁止している固体廃棄物。鉱さい、廃タイヤ、廃電池、電子ゴミなどの産業廃棄物や、古着、生活ゴミ、医療ゴミ、有害廃棄物などで、中国では「洋ゴミ」と呼ばれている。生態環境や人体などに深刻な危害を及ぼすため、「中国は世界の『ゴミ捨て場』にならないよう警戒すべきだ」と専門家は警鐘を鳴らす。

 

 広西チワン族自治区の国境で密輸を取り締まる税関職員によると、洋ゴミは欧州、米国、日本などが主な輸入先。これらの国はゴミ処理に対する要求が厳しく、処理コストも高い。海外企業は自国政府からゴミ処理補助金を受け取りながらも、仲介業者を通じてゴミを違法に輸送し、中国の買取業者に転売しているという。

 

 中国の輸入業者は多くが貿易会社だ。港の近くに簡易なゴミ分別施設を建て、洋ゴミを分別・販売して暴利を得ている。このほど摘発された貿易会社(安徽省合肥市)の担当者は警察の取り調べに対し、「オランダから輸入した洋ゴミ763トンの買付額はトン当たり1000~1100元(約1万6100円~1万7710円)。これを分別・リサイクルして中国で販売する際の価格は、古紙で2000人民元、牛乳瓶やペットボトルで7000人民元、アルミ缶で4000人民元に上った」と供述した。

 

 こうした違法輸入業者が「荒稼ぎ」を繰り返す背景には、ゴミの分別にかかる人件費の安さなどがある。中国国内の分別コストは国外の10分の1程度に過ぎない。欧州の分別スタッフは月給2000ユーロ(約26万円)で労働時間が週40時間となっているのに対し、中国では月給がわずか2000人民元(約3万2000円)にとどまっている。しかも毎週60~70時間働かされる過酷な労働条件にあるという。

 

http://www.newsclip.be/article/2013/09/04/18896.html

 

<引用終り>

 

 

違法に中国に流れ込むゴミは欧州・米国・日本などが出しているモノ

そんな意味で日本にも責任の一端は有るわけだが、一番大量にゴミを出しているのはどこだろう。

 

少々古いがそんな話の一端がこんなモノ

 

<以下引用>

 

米国のゴミリサイクルは中国に依存している、中国政府の規制強化で黄信号―米メディア

配信日時:2013年5月13日 23時52分  

 

11日、米国のゴミリサイクル関連のニュースサイトが対中ゴミ輸出ストップの危機を報じている。写真は浙江省台州市の電子ゴミの分別・リサイクル工場。

2013年5月11日、環球時報は記事「中国の生け垣アクション、対中ゴミ輸出はもはや喜ばれない―米メディア」を掲載した。米国のゴミリサイクル関連のニュースサイトが対中ゴミ輸出ストップの危機を報じている。 

 

07年以来、ゴミは米国の主要な対中輸出品の一つになっている。中国から米国に大量の貨物が輸送されるが、そのままでは帰りの船のコンテナは空になってしまう。そこで輸出されるようになったのが各種のゴミだ。 

 

くず鉄、ダンボール、空き缶、ペットボトルまで多種多様。11年、米国では5280万トンの紙ゴミ、ダンボールが回収されたが、うち1580万トンが中国に輸出された。回収されたプラスチックゴミの約半数も中国に輸出された。11年、中国に輸出されたくず鉄、廃止の総額は108億ドル(約1兆1000億円)に達した。 

 

米国はゴミを輸出し、中国はゴミをリサイクルして資源を得る。ウィンウィンの取引だった、このゴミ貿易に黄信号が灯っている。報道によると、中国政府は「生け垣アクション」を実施。洗浄されていないペットボトルや汚染された外国のゴミの輸入を差し止める方針を示しているという。プラスチックゴミの中に一つでも注射器が混ざっていれば、そのゴミは医療廃棄物として通関を拒否されるなど、通関検査が厳格化されたと報じられている。 

 

今後、米国のゴミ回収はどうなるのか?生け垣アクションは誇張された報道で大きな影響はないかもしれないし、あるいは中国以外の別の国がゴミを買ってくれるかもしれない。国内でリサイクルする、そのコストが高すぎる場合はリサイクルをあきらめて埋め立てるという選択肢もあるかもしれない。 

 

ただ覚えておくべきポイントがある。リサイクルという米国の習慣はその他さまざまな問題と同じく、貿易とマーケット、とりわけ中国に依存しているのだということを。

 

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72223

 

<引用終り>

 

更にこんな報道もある

 

パソコン、エアコン、テレビ……全世界の電子ゴミの70%は中国に違法輸出される―米メディア

配信日時:2013年6月3日 7時0分 

 

1日、参考消息網は記事「米メディア:中国、世界最大の“電子ゴミのゴミ箱”に」を掲載した。全世界の電子ゴミの70%は中国に流入しているという。・・・以下略 」

 

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72882&type=0

 

<引用終り>

 

 ゴミ問題は先進国だけでなく発展途上国でも大問題である。

しかしアメリカがゴミ輸出大国で中国から消費財などを輸入してゴミを輸出する。酷いサイクルが回っているモノだ。

特に全世界の電子ゴミの70%が最終的に中国に流れ込んでいる。

中国に流れ込んだゴミは深刻な環境破壊を引き起こし、人々の健康を損なっている。

 

 

こんな関係ではアメリカ中国に大きなことは言えない。

本来自分たちがやるべき仕事の汚い部分をよその国にやってもらっている、アメリカ中国に対して色んな所で実に弱腰なのだが、そんな原因の一つがこんな所にも垣間見えた、そんな事例だろう。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

日本の自動車リサイクル法の運用では、自動車が解体業者に入り、さらにシュレッダー業者にて破砕され有価物を回収し、その残りのダストを燃料化し、さらに、どうしても処理できないものを最終埋め立て処分にする段階でちゃんと法律で許可された最終処分地に「埋めたがや」という証明書が、最終処理業者から「ユーザーから廃車を引取った業者」に戻らないと抹消登録できない仕組みになってます。
この法律、ちょっとやりすぎぐらいに厳しいですが、それでも法の網目を抜けて海外に出て行くこともあるので事業者間で監視をしてます。

豊島事件の反省を踏まえた法整備でしたが。

http://www.pref.kagawa.jp/haitai/teshima/
  1. 2013-09-05 06:04
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>日本の自動車リサイクル法の運用では、自動車が解体業者に入り、さらにシュレッダー業者にて破砕され有価物を回収し、その残りのダストを燃料化し、さらに、どうしても処理できないものを最終埋め立て処分にする段階でちゃんと法律で許可された最終処分地に「埋めたがや」という証明書が、最終処理業者から「ユーザーから廃車を引取った業者」に戻らないと抹消登録できない仕組みになってます。
>この法律、ちょっとやりすぎぐらいに厳しいですが、それでも法の網目を抜けて海外に出て行くこともあるので事業者間で監視をしてます。
>
>豊島事件の反省を踏まえた法整備でしたが。
>
>http://www.pref.kagawa.jp/haitai/teshima/


情報ありがとうございます。
豊島事件、もうすっかり忘れておりました。ボケが始まったんでしょうかねえ(笑)。
クルマ作りが全ライフサイクル・・・つまり原材料、クルマの製造だけでなく最後スクラップにしてリサイクル、こんな事を考えた設計にしようとしてもう30年以上になります。
しかし口で言うほど生易しくない、未だに苦労の連続ですね。

アメリカの場合、恐らく中国をゴミ捨て場とする社会のシステムが出来上がって、アメリカ国内でごみ処理の仕組みが破壊されてしまっている。
これを再構築するのは実に大変な期間とカネ、そして人材育成が必要でしょう。気が遠くなりますね。
間もなく中国はぶっ壊れるでしょうが、その時アメリカの被害も甚大なんだと思います。
  1. 2013-09-05 07:55
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

このゴミ問題出てくるたびに思うのですがみんなの意識の向上が却って問題を難しくしてんじゃないかという気がしてなりません。この手の問題はリユース、リダイス、リサイクルなんですが大型物品でのリユースはほとんど不可能ですから、物が減らせない以上リサイクルさせることになりますが、そんなこと最初からリサイクルを前提にした製造をしなければ無理です。

ならば簡単に廃棄できるようにしたほうが却って良いはずです。基本は焼却なんですが、この辺りでもうとうに解決したダイオキシン問題とやらで騒ぐ馬鹿が出てくる。小生などはペットボトル等はさっさと燃やせというのが正解だと思ってますがこういう思考にはならない。しかし、ゴミは見えるところには置いときたくない、という結果がこの為体なんでしょう。

物事全て経済原理で片付けるのは問題ですが、ゴミ問題を有効に解決するには経済原理に沿った解決しかないはずです。廃品回収が経済的に成り立たない、ワンユースの製品を使うほうが安いという現状が問題なんですよね。こういうことは誰も言いません。

しかし目の前のゴミは見たくない。こういう結果になりますわな。しかしこれ本当はもっと考えなきゃあいけない問題だと思ってます。リサイクルという言葉はとても罪作りだろ思ってます。絵リサイクルなんて不可能という方が正確だと思ってます。


人類の持続的なんたら、という時に問題はエネルギーなんですが、最近問題視され始めてるのはベースメタルなんです。銅あたりが問題になりそうです。こいつ金属ゴミの中から回収するってえらく難しいはずです。

電線ならばアルミでもある程度可能ですが銅ほど柔らかくありませんし、代替物が見つかりません。将来的に大問題となりかねないはずです。よく都市鉱山とか何とか言いますが精錬できなきゃあ手はないんです。中途半端華意識向上ってほんとうに困ることが多いんです。
  1. 2013-09-06 11:50
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>このゴミ問題出てくるたびに思うのですがみんなの意識の向上が却って問題を難しくしてんじゃないかという気がしてなりません。この手の問題はリユース、リダイス、リサイクルなんですが大型物品でのリユースはほとんど不可能ですから、物が減らせない以上リサイクルさせることになりますが、そんなこと最初からリサイクルを前提にした製造をしなければ無理です。

・・・中略・・・

>電線ならばアルミでもある程度可能ですが銅ほど柔らかくありませんし、代替物が見つかりません。将来的に大問題となりかねないはずです。よく都市鉱山とか何とか言いますが精錬できなきゃあ手はないんです。中途半端華意識向上ってほんとうに困ることが多いんです。


ゴミ問題は古くて新しい問題。
私はゴミ問題イコール民度の問題、こう見ています。
タイ時代に如何にきれいな工場を作るか、それに散々苦労してきました。
結論は民度、これに尽きると見ています。
日本で言えば「小金井ゴミ問題」、これを見れば最後は民度に尽きる、そうでは無いでしょうか。

人間、生きるためには食べねばならない、その為には排泄せねばならない。
人間が生きた証がその排泄物、つまりゴミですからそんな事が理解できない連中はゴミ人間と言うしかないわけです。

仰るようにこれからもっともっとゴミ問題は深刻になるでしょう。
資源枯渇とゴミ問題は裏表ですから、この長い長い闘いは続きますね。
  1. 2013-09-07 07:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する