2013-08-31 22:02

カメがウサギに追突??

  韓国で日本では起こりえない事故が起こったようだ。

カメがウサギに追突したらしい・・・・・

 

 

 

<以下引用>

 

韓国南東部、高速鉄道で事故 重傷者なし

産経新聞2013/08/31 15:20

 

 聯合ニュースによると、韓国南東部の大邱駅で31日朝、ソウル行きの急行列車が韓国版新幹線韓国高速鉄道KTX)の列車に追突するなど3つの列車が絡む事故があった。窓を割って脱出した乗客の一部がかすり傷を負うなどし、50代の男性1人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷。 在釜山日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 

 急行に追突されたKTXが脱線。反対方向から走行してきた釜山行きのKTX列車が接触した。

 

 ソウル行きのKTX列車は大邱駅に停車せず通過していたが、停車していた急行列車が信号を見誤るなどしてKTXが通過し終える前に発車し、追突したとみられる。警察が運転士らから詳しい事情を聴いている。

 

 大邱駅を通過する列車は上下線とも不通となった。(共同)

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/680741/

 

<引用終り>

 

こんな事故の様である。

 

 

右に写っているのが追突したカメ、左が追突されたのろまなウサギである。

 

 それにしても前々から気になっているのだが、高速鉄道は日本の新幹線がお手本になり世界中に普及してきた。

しかしそれはあくまで高速鉄道である。

新幹線とは高速で走る車両だけではない、それを支える鉄道システムの全てである。

 

 

マスゴミ諸氏にお願いしたい。

韓国版新幹線などと言うのは止めてほしい。

 

あくまで高速鉄道なのである。時速250キロだろうが300キロだろうが単に速いだけ。安全性、利便性を含めたすべてが有って新幹線なのだという事を良く考えてほしいものだ。

 

例えば日本の新幹線は基本的に在来線とは別のものである。秋田新幹線など一部例外はあるが基本的には全く別物。

その理由は在来線の考え方では250キロとか300キロとかの運転は管理しきれないから。

それを最初から分かっているので今の新幹線が作られたのだ。

 

最近この事故だけでなく、スペインの高速鉄道の大惨事など高速鉄道の事故が頻発している。

原因は色々あるだろう、そんな一つ一つを最初から計算に入れて構築したのが新幹線。その違いをよく認識してほしいものだ。

 

そんな違いの一つの例、レールである。

東海道・山陽新幹線のレールは80キロレールと言う。1メートルで80キロの重さのレールである。昔は60キロレール、1メートルで60キロのレールで山陽新幹線の広島以西に残っている。

広島以西の山陽新幹線が良く揺れるのはこのレールのせいなのだが・・・

(ちなみにフランスの誇るTGV、これでも60キロレールである)

 

この80キロレール、実は世界で製造出来るのはたった2社、新日鉄とJFEだけである。それだけこんなレールを作るのが難しい、そういうことだ。

新幹線の安全性、快適性はJRだけでなく日本の総合力で支えている、そんな事を認識してほしいものだ。

 

 

 

所で上掲写真の黄色丸印の所、窓ガラスが内側から破られている。

誰かがガラスを割って脱出したようだ。

 

だが火事になったわけではない。ガラスを割ってまで逃げねばならないような緊急事態では無かったのではないか。

現に怪我人はガラスを割って逃げた人だけだったようである。

大変な事態ではあったものの、そんな所でパニックになってガラスを割って逃げ出した・・・

韓国でしか起こりえない事態、OINK(nly IN orea)のいい例ではないだろうか。

 

若し類似の事故が日本で起こったら・・・

日本人は整然と避難したはずだ。誰もパニックにはなっていないだろう。

  1. 鉄道
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

韓国という国の特徴と現在位置がよくわかる事故ですね。
劣等感と見栄そして差別があの民族文化のすべてかと思います。

それにしても日本のマスゴミの韓国に対する甘さには呆れを通り越してやるせなさを感じます。

韓国の基地外じみた反日などNHKスペシャル10週間連続特集で取り上げてもいいはずです。

左翼に占領されたマスゴミ、
そしてその反日ぶりのひどさがよく物語られていると思います。

  1. 2013-09-01 01:51
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 この共同の配信記事を何度か読み返しましたが、事故状況をよく理解できませんでした。
 「ソウル行きのKTX列車は大邱駅に停車せず通過していたが、停車していた急行列車が信号を見誤るなどしてKTXが通過し終える前に発車し、追突したとみられる」。これをこのまま理解するとしたら、側線から本線に入り込んだ急行が本線を走っていたKTXに追いついてぶつかったということになります。停車状態から加速した急行の速度が通常速度で走っていたKTXの速度より大きくないと起こりえません。自動車レースに例えるなら、ピットロードを猛加速したGTカーが本コースを先行するF1マシンより高速になり、そのF1マシンにオカマを掘るようなものです。
 何か異変があり、KTXが速度を落としていたならあり得ますが、記事には一言もありません。
 頭の中に「?」を3つ位思い浮かべながら、写真を見返すとようやく理解できました。写真のKTXの側面には横方向に傷がはしっているではありませんか。「追突」ではなく、「側面衝突」だったのです。
 真相は、急行が側線から本線に合流しようとしたら、ポイント上を通過中のKTXの側面に衝突し、脱線したということでしょう。
 正確に伝えることを使命としている記者が、「追突」と「衝突」を使い分けられないなんてねぇ・・・。それに共同通信が内容を理解しないまま配信していることがいやはやなんとも。
  1. 2013-09-01 06:44
  2. URL
  3. ボルト #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>韓国という国の特徴と現在位置がよくわかる事故ですね。
>劣等感と見栄そして差別があの民族文化のすべてかと思います。
>
>それにしても日本のマスゴミの韓国に対する甘さには呆れを通り越してやるせなさを感じます。
>
>韓国の基地外じみた反日などNHKスペシャル10週間連続特集で取り上げてもいいはずです。
>
>左翼に占領されたマスゴミ、
>そしてその反日ぶりのひどさがよく物語られていると思います。


日本もJR福知山線尼崎での大惨事が有りますから大きなことは言えませんが、間違いなく韓国人の民度が関係した事故でしょう。
信号無視が当たり前になっていると言った背景が有ると思います。
そうでなければ閉じているポイントが目の前に見える、そこに突っ込んで行く訳ですから。

残念ながらこれ以上は日本では報道されることは無いでしょう。
ご指摘の通りです。
  1. 2013-09-01 10:54
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

小生もこの記事は?付きでしたね。KTXは大邸には停車しないとは聞いてましたが、東大邸までは当然専用線だろうと思ってたからです。市街地では在来線とも混用だということはなんともはやですねえ。たしかにTCVはその混用が効くところがある意味売りなんですが、これは問題でしょうねえ。在来線の施設の利用は駅など一部に限るべきで、それ以外で使おうとするならば、グレードを大幅にダウンさせることが前提になります。

秋田新幹線山形新幹線についてはこれが新幹線と知らぬ人が多数派でしょう。新幹線自体はまさに次元の違う高速鉄道の意味でしたがその意味は殆ど理解されてませんよね。

80キロレールのことを語られてますがこれを軸重11トンで使ってることがミソなのです。もちろん路盤の問題や保線の問題がありますから一概に比較ができませんが、米国ではこのレールを使いダブルスタックの貨車を運行しています。だから連中もやろうと思えばやれる素地はあるんですが、状況からして無理でしょうね。

KTXにしてもTGVにしても軸重は17トンです。システム全体の意味がわからなければこの辺りに比較はできませんがこの辺りの意味を考えて報道してる連中はいないでしょうねえ。

システム全体の理解はほんとうに難しいのです。
  1. 2013-09-01 10:55
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ボルトさん
> この共同の配信記事を何度か読み返しましたが、事故状況をよく理解できませんでした。
> 「ソウル行きのKTX列車は大邱駅に停車せず通過していたが、停車していた急行列車が信号を見誤るなどしてKTXが通過し終える前に発車し、追突したとみられる」。これをこのまま理解するとしたら、側線から本線に入り込んだ急行が本線を走っていたKTXに追いついてぶつかったということになります。停車状態から加速した急行の速度が通常速度で走っていたKTXの速度より大きくないと起こりえません。自動車レースに例えるなら、ピットロードを猛加速したGTカーが本コースを先行するF1マシンより高速になり、そのF1マシンにオカマを掘るようなものです。
> 何か異変があり、KTXが速度を落としていたならあり得ますが、記事には一言もありません。
> 頭の中に「?」を3つ位思い浮かべながら、写真を見返すとようやく理解できました。写真のKTXの側面には横方向に傷がはしっているではありませんか。「追突」ではなく、「側面衝突」だったのです。
> 真相は、急行が側線から本線に合流しようとしたら、ポイント上を通過中のKTXの側面に衝突し、脱線したということでしょう。
> 正確に伝えることを使命としている記者が、「追突」と「衝突」を使い分けられないなんてねぇ・・・。それに共同通信が内容を理解しないまま配信していることがいやはやなんとも。



ご指摘の通りです。
高速鉄道が通過中の所に側線から在来線急行が飛び出してきたのです。
色々な写真を見ると側面が大きくめくれ上がったものもありますから、間違いないです。

問題はどうして信号が赤で飛び出したか。
日本で高速道路のETCを通過するのに減速せず、直前でバーが上がるのを楽しんで走る輩がいますが多分それと全く同じことをやっていたような気がします。
通過と同時にそれを追いかけてどこまでいけるか、そんな事をしていたとしか思えません。
矢張り民度そのものでしょう。
  1. 2013-09-01 11:05
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>小生もこの記事は?付きでしたね。KTXは大邸には停車しないとは聞いてましたが、東大邸までは当然専用線だろうと思ってたからです。市街地では在来線とも混用だということはなんともはやですねえ。たしかにTCVはその混用が効くところがある意味売りなんですが、これは問題でしょうねえ。在来線の施設の利用は駅など一部に限るべきで、それ以外で使おうとするならば、グレードを大幅にダウンさせることが前提になります。
>
>秋田新幹線山形新幹線についてはこれが新幹線と知らぬ人が多数派でしょう。新幹線自体はまさに次元の違う高速鉄道の意味でしたがその意味は殆ど理解されてませんよね。
>
>80キロレールのことを語られてますがこれを軸重11トンで使ってることがミソなのです。もちろん路盤の問題や保線の問題がありますから一概に比較ができませんが、米国ではこのレールを使いダブルスタックの貨車を運行しています。だから連中もやろうと思えばやれる素地はあるんですが、状況からして無理でしょうね。
>
>KTXにしてもTGVにしても軸重は17トンです。システム全体の意味がわからなければこの辺りに比較はできませんがこの辺りの意味を考えて報道してる連中はいないでしょうねえ。
>
>システム全体の理解はほんとうに難しいのです。

高速鉄道は従来型の鉄道とは全く違うモノ、この一言なんでしょうね。
そんな意味でJRは運転士が新幹線と在来線を混在させて運転することを考えてこんな事をしています。
運転席のマスコン(マスターコントローラー)ですが、新幹線は在来線とは異なり、右側にマスコン、左側にブレーキという配置、これを0系から踏襲しています。理由は在来線とは違うぞと運転士にはっきり認識させるためだとか。
そこまで考えての安全性確保、だから永年無事故なのだ、そう思います。
  1. 2013-09-01 21:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する