2013-08-26 21:53

事務総長が反日なんだ<良かった、日本は金出すのを止めようぜ

  国連潘基文事務総長が里帰りし、途端に言う事も先祖返りしたようだ。

 

<以下引用>

 

国連事務総長が日本に異例の注文 「歴史顧みること必要」 韓国訪問し

産経新聞2013/08/26 13:02

 

 韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けた。

 

 具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられる。国家間が対立する問題で、国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例だ。

 

 潘氏は、歴史認識を正しく持つことが未来志向的な隣国同士の友好関係につながるとの認識を示しながら、日本政府を名指しして態度変化を促した。潘氏は韓国の外交通商相などを務めた。(共同)

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/679452/

 

<引用終り>

 

 

 

韓国では潘基文を世界大統領と言うらしいが本当か??

 

そもそも潘基文が事務総長になれたのはこんな事情だった。

 

第一に 「日本・ドイツアメリカイギリスはダメ。国連の運営上影響力のない小国の出身である事。また地域の持ち回りで、アフリカ・ヨーロッパ・アジアとバランスを考えて選出するので小国で貧乏な韓国はこの条件に合った。」

その韓国の中で、事務総長を選んだ基準は、犯罪者・汚職・薬物中毒者・などの犯罪歴がない人だが、犯罪の比較的多い韓国では少数だった。

次に英語が理解できる人、これも韓国人の英語能力は極端に低いので・・・

その次に身体に欠陥や偽りが無い事だが殆どの人が整形をしているのでこれが最難関だった。最後に残ったのが潘基文

本人の能力については選定条件外だった。

こんな事情です。

 

 

 

所で国連に何処がカネを出しているのか?

これは外務省のデータ

 

国連分担金の多い国 国連分担金の多い国

(単位:%、米ドル 

出典:外務省 「2010-12年 国連通常予算分担率・分担金」(2012年))

 

国連分担金の多い国

順位国名   分担率(%)分担金額  (百万未満四捨五入)

1アメリカ合衆国22.000  5億6,900万

2日本       12.530     2億9,600万

3ドイツ        8.018  1億9,000万

4英国        6.604  1億5,600万

5フランス       6.123  1億4,500万

6イタリア     4.999  1億1,800万

7カナダ     3.207    7,600万

8中国          3.189    7,500万

9スペイン        3.177    7,500万

10メキシコ        2.356    5,600万

 

常任理事国でもない日本とドイツが全体の2割も出している。

日本が出しているカネは常任理事国のイギリスとフランスを合わせた額とほぼ同じである。

大きなことを言う中国は日本の四分の一、韓国はこのランキングだと11位(5500万ドル)らしい。

そして今年5月にやっと長年の懸案だった分担金の滞納を完納したと報道されている。

そうかやっとカネを払ったので大きな顔をしだしたのか・・・

 

潘基文は全く無能の事務総長であることは間違いない。

アメリカ神輿は軽い方がいい、そんな理屈で送り出した奴の様だ。

でもそんな事情を忘れて反日に走る、それなら日本もアメリカにならって分担金の支払いを少し止めたらどうだろう。

反日を公言するところにカネを出す謂れはない、それが正論である。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

敵国条項
http://ja.wikipedia.org/wiki/敵国条項

もう、死文化しているとはいえ、こんなものを残している以上、国連は潜在的には日本の敵だってことです。
  1. 2013-08-27 05:06
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>敵国条項
>http://ja.wikipedia.org/wiki/敵国条項
>
>もう、死文化しているとはいえ、こんなものを残している以上、国連は潜在的には日本の敵だってことです。


そうですね。
でもこの敵国条項、ホントは未だ死文化している訳ではないのです。
日本がドイツとともに常任理事国入りを目指したとき問題になったのがこの敵国条項。
アメリカ始め現常任理事国の論理は常任理事国はWW2戦勝国の特権だ、その為に敵国条項が有る、こうでした。
日本は近々起こるであろう中国の崩壊、それが次のチャンス、そんな事で長期的戦略を立て実行して行くべきと思っています。
その為の最大の敵はユダヤ系金融資本でしょう。
常任理事国の利権は彼らの利権と表裏一体ですから。
  1. 2013-08-27 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する