2013-08-07 17:09

タイの空母と護衛艦いずも

  ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が進水した。

やっと日本に相応しい良い護衛艦が出来た、大変喜ばしい事である。

と言っても進水してから艤装を進めるので、就役は2015年になる。

しかし貴重な一歩になると思う。

 

 

実はこの一見空母に見えるヘリコプター護衛艦は本艦が3艦目、

その前に一回り小さい護衛艦「ひゅうが」「いせ」が就航就役している

 

 

手前がヘリコプター護衛艦の1番艦「ひゅうが」、

奥が今回進水した「いずも」である。(但しこの写真は合成写真です)

 

私が何故この護衛艦に注目するかと言えば、この「いずも」は従来の護衛艦と比較しても輸送機能、補給機能、医療機能が高まっているからである。

 

たとえば、「ひゅうが」型では、船体の横から車両などが乗り入れるためのサイド・ランプ(舷側歩板[げんそくほばん])は、入口の大きさの制限からジープ程度の小型車両くらいしか入れないものだったのだけれど、「いずも」には、右舷中央部に輸送艦「おおすみ」型が装備しているものと同等のサイド・ランプが装備され、これによって、陸自の73式大型トラックを約50両が搭載可能な他、空自のパトリオット部隊も輸送可能だといわれている。

 

また、国際援助や邦人救出の際の人員輸送も考慮され、およそ400名程度の人員が収容可能な居住設備や食堂などを備えているのに加え、自衛艦として最も高度な医療能力を持っていることで知られている「ましゅう」型補給艦と同じく、手術室、集中治療室、レントゲン室、歯科治療室と約35床の医療用ベッドを備えている

 

何故こんな昨日機能に注目するか、それはこんなタイでの経験からだ。

 

もう一昔前になる、2000年6月海上自衛隊の艦隊がタイ国に親善訪問にやってきた。その時旗艦「くらま」で艦上レセプションが有りそこに出席したことがある、

その時自衛官の方といろいろ話をした中にタイの空母「チャクリナルエベト」の話が有った。

 

これが空母「チャクリナルエベト」 基準排水量1万トン、総排水量11,485トンである(世界最小の空母らしい)

 

この空母、スペイン製で就役3年目、しかし当時はまだ実際運用するところまで行っていなかった。

自衛官の方はこの空母の中まで見せてもらってきたと言う。

そして「あの空母は未だ実際に使用していませんね。だからドンガラだけ、張子の虎と言われても仕方ないでしょう。

しかしあの空母が有ると無いでは大違い。もし万一の事が有ればあの空母がどれだけ役に立つか。それを考えると我が日本にはあのようなものは有りません。色んな災害救援など大いに役に立つのです。是非とも欲しい機材です。」

 

その時訪問した自衛艦は護衛艦「くらま」、基準排水量5200トン、ヘリコプター3機を搭載していた。

 

くらま

 

発展途上国タイでも小さいながらも空母を持っている。

日本もその国力に相応しいものを持ち、それなりの貢献をするべきだ。

自衛官の方はそんな思いを語っていたのが印象に残っている。

 

その4年後、タイはスマトラ島沖地震・インド洋大津波に襲われた。

その時この空母「チャクリナルエベト」が大活躍したと後で聞いてなるほどと思った。

 

東日本大地震とあの大津波に襲われた時、若しこんな護衛艦が出来ていたらどれだけの人の命が助かっただろう。

しかし此れからの事を考えれば是非とも日本に必要な護衛艦である。

 

尚蛇足だが上掲のタイの空母「チャクリナルエベト」、艦首がスキージャンプになっている。搭載する機体はヘリコプターと中古のAV8Sマタドール(ハリアーである)と言う垂直離着陸戦闘機6機である。しかし現在ではこのAV8Sはお蔵入り状態、ヘリ空母として運用されている。

固定翼機はこれだけ持っていても運用は難しい、そんないい見本になっているようだ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

対にしてみれば無理して見栄はったけど、まあ作っといてよかったということでしょうかね。排水量1万トンの空母なんて全体千でも付けなかった大きさです。ヘリ空母してがせいぜいだろうと思いましたがそれで良いのです。

空母の良さは平らな飛行甲板と大きな格納庫です。これを活かすのが現在の強襲揚陸艦でありヘリ空母です。出雲の満載排水量が未公開と言いますが進水した時の喫水の浅さとあの艦型からして優に4万トンは越えるでしょう。おそらく中身はスペースだらけという船のはずです。

この大きなスペースこそがこの船の価値です。おそらく電気設備や艦の諸機能は相当なリダンダンシーを持たせてあるはずです。船に関して余裕ある設計は何者にも勝る価値なんです。それを思いっきり体現した船だという気がします。
  1. 2013-08-07 23:37
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>対にしてみれば無理して見栄はったけど、まあ作っといてよかったということでしょうかね。排水量1万トンの空母なんて全体千でも付けなかった大きさです。ヘリ空母してがせいぜいだろうと思いましたがそれで良いのです。


全くその通り、タイが空母を持っている、それだけで睨みが利いてます。
まあ持っては見たもののトンデモナイ金食い虫で、おまけに人の養成に時間がかかる。タイにしてみると想像外の事だったでしょう。

>空母の良さは平らな飛行甲板と大きな格納庫です。これを活かすのが現在の強襲揚陸艦でありヘリ空母です。出雲の満載排水量が未公開と言いますが進水した時の喫水の浅さとあの艦型からして優に4万トンは越えるでしょう。おそらく中身はスペースだらけという船のはずです。
>
>この大きなスペースこそがこの船の価値です。おそらく電気設備や艦の諸機能は相当なリダンダンシーを持たせてあるはずです。船に関して余裕ある設計は何者にも勝る価値なんです。それを思いっきり体現した船だという気がします。


なるほどねえ、満載排水量はそこまで行くのでしょうか。
実は私は基準排水量19500トンと聞いたとき直ぐピンときました。
数字のインチキを見るとき「嘘の五(ご)三(さん)八(ぱち)」と言う言葉が有ります。
5・3・8の付いた数字は気をつけろと言う意味です。
基準排水量しか公表しないのは満載排水量を見て発狂する連中が国内外にいるから、多分そうだと思います。
それにしてもこの基準排水量、何かロンドン軍縮会議を髣髴とさせるものが有ります。歴史は繰り返すでしょうか。
  1. 2013-08-08 06:47
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

いずもに関して言えばまず19500トンはまず正しくありません。
空母赤城が全長261m全幅31.3m吃水8.1m、公試排水量で41300tです。いずもはそれぞれ248m、38m、7.5mです。これで公試排水量状態で27000t、全長で1割減、全幅で2割大きい船がどうして排水量が3.5割減なんですか?ちなみに赤城は基準で36500tいずもは19500t、。これだけで嘘はバレバレなんですがどうせマスゴミどもはそんなこと知らねえだろうという読みでしょう。

おそらく(本当の)公試状態で40000t満載状態で45000t近いというのが小生の読みです。ワシントン条約やロンドン条約を彷彿とさせる話ですが生憎今の日本には軍縮の縛りはありませんので、対外対策でしょうね。しかし基準で19500tとは随分ふかしたもんだわ、小生は基準で27000tと思ってました。

実は赤城新造時で基準26950tで改装後上記の値です。この辺りの数字にはおそらく多くの軍事オタクはピンとくるはずです。この船は中身がスペースだらけだろうという話をしましたが、そこにどの程度の荷物を積むかで状態は全て変わるでしょう。その意味では19500tてのはあながち100%の嘘ではないのかもしれません。

ちなみに赤城が132000馬力で32.1ktいずもが114000馬力で30ktといってます。この数字を出せる状態が本当の公試排水量と見ます。ちなみに出雲はガスタービン推進ですから赤城に比べて効率は1割以上いいはずです。

まあ、こんなこと言うとなぜこれを空母に使えないんだという馬鹿が出てきますが、艦載機の大きさが違い過ぎます。例えばF-18は最大重量で23t、大戦機はせいぜいが5t、寸法は3倍近いというものなのです。だからある意味米国の空母が10万tで90機というのは頑張ってる数値なんですよ。

おそらくは相当な未利用容積があるスカスカな船、これがいずもの正体です。この事の意味がわかるのは本当の海軍国の関係者だけでしょうね。
  1. 2013-08-08 08:58
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>いずもに関して言えばまず19500トンはまず正しくありません。
>空母赤城が全長261m全幅31.3m吃水8.1m、公試排水量で41300tです。いずもはそれぞれ248m、38m、7.5mです。これで公試排水量状態で27000t、全長で1割減、全幅で2割大きい船がどうして排水量が3.5割減なんですか?ちなみに赤城は基準で36500tいずもは19500t、。これだけで嘘はバレバレなんですがどうせマスゴミどもはそんなこと知らねえだろうという読みでしょう。
>
・・・中略・・・

>まあ、こんなこと言うとなぜこれを空母に使えないんだという馬鹿が出てきますが、艦載機の大きさが違い過ぎます。例えばF-18は最大重量で23t、大戦機はせいぜいが5t、寸法は3倍近いというものなのです。だからある意味米国の空母が10万tで90機というのは頑張ってる数値なんですよ。
>
>おそらくは相当な未利用容積があるスカスカな船、これがいずもの正体です。この事の意味がわかるのは本当の海軍国の関係者だけでしょうね。


詳細な分析有難うございます。
私も全体の写真を見て改めて感心しました。何せデッカイ。
それにしても盛大なハッタリをかましたモノですね(笑)
とにかく内外の基地外が発狂しますから止むを得ないんでしょう。
しかし固定翼機はE-2CとかP-1の艦載版とかはぜひ欲しいですね。
電磁カタパルトなんぞはもう既にプロトタイプは完成し、テストも済んでいるのではないか、そんな気がするのですが如何でしょうか。
  1. 2013-08-08 10:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

「いずも」の進水はめでたい事です。
これで 空母+ヘリの海上抑止力が高まりますし 将来はF35-Bを
艦載することもできますね。
今でも ある意味「遼寧」以上の能力は有しているのでしょうが
「いずも」進水・就役で 大きく差が付くと思います。
中国が電磁カタパルト開発したとの情報もありますが・・どうでしょうか?w

空母は、ドンガラなんで 排水トンで言えば、そんなにトン数が
乗らないのではないかと思います。
総トンなら 40000tクラスでしょうね。
赤城も 基準排水トンなら 29600tですが、兵器を載せると
kazkさんの 41300tになるんでしょうね。
  1. 2013-08-08 17:06
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
>こんにちは
>
>「いずも」の進水はめでたい事です。
>これで 空母+ヘリの海上抑止力が高まりますし 将来はF35-Bを
>艦載することもできますね。
>今でも ある意味「遼寧」以上の能力は有しているのでしょうが
>「いずも」進水・就役で 大きく差が付くと思います。
>中国が電磁カタパルト開発したとの情報もありますが・・どうでしょうか?w
>
>空母は、ドンガラなんで 排水トンで言えば、そんなにトン数が
>乗らないのではないかと思います。
>総トンなら 40000tクラスでしょうね。
>赤城も 基準排水トンなら 29600tですが、兵器を載せると
>kazkさんの 41300tになるんでしょうね。


全くご同慶の至りです。
しかし多分これからは「いずも」は秘密のベールを被せられることになるでしょう。
何せアチコチが発狂してますんでね。
一番厄介なのは内なる敵、もう中国の女狐が一杯忍び込んでハニートラップを狙っているんでしょう。
早くスパイ防止法の制定が待たれます。
  1. 2013-08-08 18:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する