2013-07-25 11:12

夏の思い出

  夏の想い出と言うにはちょっと早すぎだが今日こんな報道が・・

 

<以下引用>

 

菅元首相の辞職勧告提案 民主、処分は持ち越し

産経新聞2013/07/25 08:17

 民主党執行部は24日の常任幹事会(常幹)で、参院選東京選挙区で無所属候補を支援した菅直人元首相に対する議員辞職勧告と除籍(除名)処分を提案した。だが出席者から「重すぎる」との異論が続出し、結論を持ち越した。26日にも再協議する。

 

 菅氏は常幹で「迷惑をかけたことはおわびする」としながらも「離党する考えはない」と述べた。これに先立ち、海江田万里代表は都内のホテルで菅氏と会い自発的な離党を求めた。

 

 常幹では尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり中国寄りの発言を続けた鳩山由紀夫元首相の処分についても検討したが、党籍がないとして処分は見送り、抗議にとどめることを決めた。

 

 また、参院選惨敗を受けて、海江田氏の責任を問い、代表選の実施を求める声も出された。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/671895/

 

<引用終り>

 

 

 たった4年前の事である。

2009年8月の衆院選で政権交代を掲げて当選した民主党政権。

その政権支持率はこんなモノ

 

 

たった4年前、こんな高い政権支持率を得ていた鳩山由紀夫、そしてそれに代わり3年前に政権に就いた管直人。

その二人の元内閣総理大臣を当時の政権与党が破門しようとしている。

日本の憲政史上こんな事は有りえなかった、そんな事が今起ころうとしてるのだ。

 

そこで思い出すのがこんなモノ

  

 

 

この当時絶大な人気の民主党CM、だがこの3人はその後どうなったか。

 

土鳩、空き缶はその当時の政権与党から破門されようとしている。

汚澤は民主党を出て相変わらず新党を作ったが、今度の参院選ではその党は議席ゼロ・・・

 

だが今回の民主党の騒動、日本人に突き付けた問題は大きい。

たった4年前、3年前、あれだけの高い支持を表明した国民は一体何を考えていたのだろうか。

これを解決しなければ又してもそんな馬鹿な事が起こる、

いや今現在でもその芽が有る、山本太郎の当選だ

課題は大きいと思う。

 

最後に口直し

こんな夏の日の想い出ならなにも問題ありません。

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

板垣英憲という方がこんなことを書いていますので抜粋いたします。引用元
のアドレスは以下の通り。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/eikenitagaki/20130722-00026596/

・タイトルは・・・・
安倍晋三首相が「親の仇」を見事「長崎で討ち果たした」形、小沢一郎
代表は3年後の最終決戦場を目指す
・山本太郎の当選は・・・・
 ◆東京都選挙区に無所属で立候補した山本太郎氏が、貧乏に堪え、「反
原発」を訴えて、民主党公認の鈴木寛前参院議員を押さえて、初当選した
のは、痛快だった。生活の党の小沢一郎代表が、「2022年までに原発
ゼロ」の立場から、秘書軍団を送り込んで陰ながら支援していたという。
・さらに・・・・
 ◆埼玉県選挙区で、「みんなの党」の行田邦子前参院議員(民主党→みど
りの風→みんなの党)が、民社党の山根隆治前参院議員を押さえ込んで2期
目の当選を果たした。ここでも小沢一郎代表が、行田邦子前参院議員を応
援、支援のため秘書軍団を送り込み、秩父の山奥を出発点に得意の「川上
から川下へ」という選挙戦術を展開して、勝利に導いた。
  1. 2013-07-25 17:31
  2. URL
  3. walk-by #79D/WHSg
  4. 編集

No title

続きです。これが驚き。妄想もここまでくれば本物のビョーキでは?

 ◆小沢一郎代表にとって、今回の参院議員選挙の結果は、予測の範囲内の
ことであった。だが、このブログですでに述べてきたように、世界支配層
(主要ファミリー)は小沢一郎代表が、世界を救済する指導者として20
16年7月に政権樹立することを要請しているので、これを受けて、小沢
一郎代表は2016年7月の「衆参ダブル選挙」を最終決戦場と設定して、
次のようなタイム・スケジュールと戦略・戦術を組み立てている。つまり、
7月21日の投開票が、次の戦いの「出発点」ということだ。

(1) 「2016年7月衆参ダブル選挙」に向けて、総力戦体制を築く。
小沢一郎政治塾卒業生300人」を衆参ダブル選挙に立候補させるほか、
衆院295小選挙区、比例代表180人、参院改選121人(選挙区・比
例代表)にすべて立候補させ、決戦を挑む。

(2) 「2014年2月25日」、小沢一郎代表の状況が物心ともに一変する。

(3) 「2015年6月」に世界大乱が起こり、世界支配層(主要ファミリ
ー)から世界を救う指導者として小沢一郎代表は、さらに奮起を促され
る。

(4) 小沢一郎「選挙戦略・選挙戦術」の徹底を図る。とくに「川上から
川下戦術」「ドブ板戦術」「ミニ集会戦術」「個人後援会組織」「支援団
体確保」「ネット選挙戦術」などである。

(5) 「2016年7月」、衆参ダブル選挙に、小沢一郎代表率いる政党が
大圧勝し、小沢一郎政権を樹立する。
  1. 2013-07-25 17:32
  2. URL
  3. walk-by #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To walk-byさん
>板垣英憲という方がこんなことを書いていますので抜粋いたします。引用元
>のアドレスは以下の通り。
>http://bylines.news.yahoo.co.jp/eikenitagaki/20130722-00026596/
>
>・タイトルは・・・・
>安倍晋三首相が「親の仇」を見事「長崎で討ち果たした」形、小沢一郎
>代表は3年後の最終決戦場を目指す
>・山本太郎の当選は・・・・
> ◆東京都選挙区に無所属で立候補した山本太郎氏が、貧乏に堪え、「反
>原発」を訴えて、民主党公認の鈴木寛前参院議員を押さえて、初当選した
>のは、痛快だった。生活の党の小沢一郎代表が、「2022年までに原発
>ゼロ」の立場から、秘書軍団を送り込んで陰ながら支援していたという。
>・さらに・・・・
> ◆埼玉県選挙区で、「みんなの党」の行田邦子前参院議員(民主党→みど
>りの風→みんなの党)が、民社党の山根隆治前参院議員を押さえ込んで2期
>目の当選を果たした。ここでも小沢一郎代表が、行田邦子前参院議員を応
>援、支援のため秘書軍団を送り込み、秩父の山奥を出発点に得意の「川上
>から川下へ」という選挙戦術を展開して、勝利に導いた。
>


なるほどねえ、情報ありがとうございます。
私は板垣英憲なる人物は良く知りません。
何か書いたものを読んでおかしなことを言うヤツ、そんな印象でそれ以上知りませんでした。
今回じっくり読んでみて、こんな人がいる事こそ日本の課題なのだなあ、そう思いました。

板垣英憲の言っている事の最大の問題は戦術しか語っていない、戦略も将来の展望もありません。
理想を高く掲げる事、志を高く掲げる事、政治はこれが無ければ絶対成功しないと思っています。
  1. 2013-07-25 18:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To walk-byさん
>続きです。これが驚き。妄想もここまでくれば本物のビョーキでは?
>
> ◆小沢一郎代表にとって、今回の参院議員選挙の結果は、予測の範囲内の
>ことであった。だが、このブログですでに述べてきたように、世界支配層
>(主要ファミリー)は小沢一郎代表が、世界を救済する指導者として20
>16年7月に政権樹立することを要請しているので、これを受けて、小沢
>一郎代表は2016年7月の「衆参ダブル選挙」を最終決戦場と設定して、
>次のようなタイム・スケジュールと戦略・戦術を組み立てている。つまり、
>7月21日の投開票が、次の戦いの「出発点」ということだ。
>
>(1) 「2016年7月衆参ダブル選挙」に向けて、総力戦体制を築く。
>「小沢一郎政治塾卒業生300人」を衆参ダブル選挙に立候補させるほか、
>衆院295小選挙区、比例代表180人、参院改選121人(選挙区・比
>例代表)にすべて立候補させ、決戦を挑む。
>
>(2) 「2014年2月25日」、小沢一郎代表の状況が物心ともに一変する。
>
>(3) 「2015年6月」に世界大乱が起こり、世界支配層(主要ファミリ
>ー)から世界を救う指導者として小沢一郎代表は、さらに奮起を促され
>る。
>
>(4) 小沢一郎「選挙戦略・選挙戦術」の徹底を図る。とくに「川上から
>川下戦術」「ドブ板戦術」「ミニ集会戦術」「個人後援会組織」「支援団
>体確保」「ネット選挙戦術」などである。
>
>(5) 「2016年7月」、衆参ダブル選挙に、小沢一郎代表率いる政党が
>大圧勝し、小沢一郎政権を樹立する。
>


面白い! 確かにご指摘の通り「病気そのもの」ですね。
こんなアホもいるんだなあ、
それ以上ものが言えない状態です。
がしかし、こんなアホが堂々と出てくる、日本の問題点だと思います。
明治維新では多くの思想家が出ました。
例えば吉田 松陰などは明治維新の精神的指導者・理論者として知られていますが、こんな人がどんどん出てこないといけないですね。
  1. 2013-07-25 18:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する