2013-07-10 17:53

アシアナ航空の事故ーその4、前回エントリーは事実誤認有り、お詫びします

 アシアナ航空機の着陸失敗事故についてエントリーしてきた。

しかし「その2」と「その3」については私も間違いだと思われます。

 

此処に今までわかっている事を纏め、誤認記事をアップしたことをお詫びします。

尚本件はボルトさんからもご指摘いただきました。ボルトさんどうも有り難うございました。

 

最初に私が着水と間違えた映像

 

 

この映像が何処で撮られたか、先ずはサンフランシスコ空港の航空写真

 

 

この空港は4本の滑走路が十字型に配置されている。左上から右下にあるのが長い方の滑走路。長さは3600mと3200m。アシアナ機は手前側の3200メーター滑走路の着陸しようとしていた。

最初の映像が撮影されたのは多分滑走路対岸の赤丸印近辺ではないか。

 

参考までにこの赤丸印の所で撮影された写真はこんなもの。

 

動画の撮影場所は正確には分からないが、こんな護岸が写っているので似たような所だと思います。(余談だが絶好の撮影ポイント)

 

そして矢張り最初に衝突したのは護岸でした

 

これはUSA TODAYの報道。

岸壁の傷などを調べてもここが最初に接触したところ。

尚画像左下に誘導灯が伸びているのが見えるが、これの損傷はないとの事。

 

色んな報道には誘導灯に接触し左エンジン脱落したとの話もあるが、そんな形跡は見つからない

 

滑走路の破片等の散乱状況

 

次が機体の最終停止位置

 

fuselageとは飛行機の胴体の事。

他に左エンジンが脱落しているが記載なし、滑走路に転がっている筈なのだが・・・

 

尚これはwikiではこうなっています

 

 

こんな風です。

結論として

1)  海面に接触していれば当然誘導灯を破壊するはずだがそのような痕跡が無い⇒最初に岸壁に衝突したのは間違いない。

 

2)  ランディングギヤーがどうなっているか不明だが、岸壁に衝突以後胴体着陸になっている。車輪が出ていれば本来真っ先に接地するはずだがどうなっているか分からない。⇒車輪が正常なら例え機体尾部が接触しても制動出来る筈で胴体着陸とはおかしい。

 

 

以上の様な事です。

胴体着陸による煙を水と誤認しました。

前のエントリー、アシアナ航空事故ーその2、その3は間違いでした。

お詫びして訂正します。

又ご指摘いただいたボルトさんにも重ねて感謝申し上げます。

 

 

所で如何しても消えない謎が残っています。

 

第一は何故胴体着陸になったのか

この便に乗っていたサムスンの幹部は事故直後「胴体着陸した」とツィッターに投稿しています。どうしてわかったのか? 多分ファースト・ビジネスクラスが操縦席のすぐ後ろなので、機長たちが出てきてそう言ったんでしょう。

操縦士は胴体着陸が分かっていたのです。

 

 

第二は居眠り運転並のうっかりミスだという事です。

操縦席からの着陸時の写真を見てください。

 

 

これは最初の空港の航空写真で右端に青いアンダーラインが引いてあるところから撮った着陸する時の操縦席からの写真です。

 

こんな風に見える所で大幅に高度が低かったら、計器など関係なく一目で異常が分かる筈。

自動車事故なら真っ先に酔っ払いを疑う事例でしょう。

 

 

第三に左エンジンが脱落している、そしてランディングギア(主脚)がどうなっているか分からない事です。

エンジンは極めて大きく重い、取り付けも頑丈そのものです。胴体着陸したとしても簡単に外れるようなことは滅多にありません。

それに主脚もこんな大きな機体を支えるのでデッカイです。一つの脚に前後3個の車輪が2列、それが左右の脚ですから大きなものです。

まあボーイング777のような大きな旅客機が丸ごと胴体着陸するなんてことは前代未聞。何が起こってもおかしくないのですが・・・

 

 

 

最後にどうも報道管制の様な事が有るようです。

最新鋭の大型旅客機、それが胴体着陸したのですから無理は有りませんが、例えば上掲の疑問の3番目に書いた左エンジン、ランディングギアーは色んな所を見ても動画も写真も見当たりません。

 

 

そしてこれはこの事故が経営的な問題を含んでいる事の理由の一つ、このフライトの飛行ルートです。

 

 

韓国インチョン空港からサンフランシスコまでのルートは大圏航路を通るのが最短。

その大圏航路は上掲地図の点線のルート。

しかしフライト計画では一旦日本上空を通過し、太平洋に出てから大圏航路を通る計画だった。

しかし実際は最初から北朝鮮沖を通る大圏航路を飛んでいる。

北朝鮮の近くは色々問題が有る、またその先はロシア上空である。その為一旦日本上空を飛んで太平洋に出てから大圏航路を飛ぶようなルートを計画したはずなのだ。

しかし実際の航路は上掲図の点線、最短ルートを飛んでいる。

勿論燃料費節約にはこれが最適なのだが・・・

 

これで思い出すのが大韓航空機撃墜事件

この時も燃料節約の為ソ連領空を飛んで撃墜された、1983年の事だがその頃の体質は変わらないように見える。

 

このアシアナ航空には乗客の半分は中国人が乗っていた。アシアナ機は安いのだ。

その安い価格で採算を合わせるため無茶苦茶な事をしたのではないか。

 

これは間もなく明るみに出る筈だ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

このシリーズ、読んでいます。
この事故は興味がなかったのですが、こういうように実証を挙げて解説いただくと、よくわかります。この国の運行する飛行機には乗れませんネ

事実誤認の事項があったとのことですが、きちっと訂正いただければいいことです。
むしろそういう観点もあったということで参考になります。

蛇足ですが、
短足おじさんさんをはじめ保守?の論陣を張る方は、一様に実証的で論理的で、誤認があれば訂正します。
リベラルの人は情緒的で証拠を挙げず、間違ったことがわかっても訂正せず、あげくはウソも平気で言う。
なぜなんでしょうネ。
  1. 2013-07-11 18:23
  2. URL
  3. 道草人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 道草人さん
>このシリーズ、読んでいます。
>この事故は興味がなかったのですが、こういうように実証を挙げて解説いただくと、よくわかります。この国の運行する飛行機には乗れませんネ
>
>事実誤認の事項があったとのことですが、きちっと訂正いただければいいことです。
>むしろそういう観点もあったということで参考になります。
>

私としては誠に汗顔の至り、まあこれに懲りずに又お越しください。

>蛇足ですが、
>短足おじさんさんをはじめ保守?の論陣を張る方は、一様に実証的で論理的で、誤認があれば訂正します。
>リベラルの人は情緒的で証拠を挙げず、間違ったことがわかっても訂正せず、あげくはウソも平気で言う。
>なぜなんでしょうネ。
>


リベラルの人は基本的に額に汗してカネを稼いだり、人のために奉仕したり、モノを造ったり売ったり、こんな経験を持っていません。
遣る事は人のやる事を外から見ての揚げ足取り、その癖バラ色の夢を見ている、そんな人種です。
ですから60歳を過ぎてから毎月1500万も子ども手当を親から貰ったりする。額に汗して働く人は此処まで育ててくれたお礼として逆に親にお小遣いをあげようとする筈です。
金額がどうこうじゃないですね、気持ちの問題です。

今の左翼の人はだからろくに仕事をしなくても高い給料がもらえる痴呆公務員(ん? 違ったかな?)、規制で守られべらぼうな高禄を食むマスゴミの蛆虫ども、こんな連中が支持基盤です。

こんな連中は自分が一番偉いと思い込んでますから、自分のやる事に対する反省など全くありません。
こんな生活を何十年も続けると見事な基地外が出来上がります。
空き缶なんかはそのいい例ですね。
  1. 2013-07-12 07:12
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさん様

 お初におめにかかります。

アシアナ航空の事故関連でシンシアリーさんのブログでの短足おじさんおコメントに反応した「横浜在住」です。
はるか手前に着水はやはり無理があったようで、修正のエントリーの論理的かつご誠実な記述を読ませていただきました。

まあ、私自身の早とちりは「加齢」にスルーして、性懲りもなくですが、、、、
大事件のあとの韓国サイドのグズグズっぷりからは、数年前の天安艦の一件を思い出しました。最終結論は北朝鮮の魚雷攻撃とされているようですが、騒ぎ方になんだか共通点有り、不祥事をありとあらゆる嘘でごまかすのが韓国ではないかと、、、そんな気がします。

米国内の事故ではそんな手は通用しないでしょうね。
  1. 2013-07-14 03:55
  2. URL
  3. yokohamazaijyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yokohamazaijyuuさん
>短足おじさん様
>
> お初におめにかかります。
>
>アシアナ航空の事故関連でシンシアリーさんのブログでの短足おじさんおコメントに反応した「横浜在住」です。
>はるか手前に着水はやはり無理があったようで、修正のエントリーの論理的かつご誠実な記述を読ませていただきました。
>
>まあ、私自身の早とちりは「加齢」にスルーして、性懲りもなくですが、、、、
>大事件のあとの韓国サイドのグズグズっぷりからは、数年前の天安艦の一件を思い出しました。最終結論は北朝鮮の魚雷攻撃とされているようですが、騒ぎ方になんだか共通点有り、不祥事をありとあらゆる嘘でごまかすのが韓国ではないかと、、、そんな気がします。
>
>米国内の事故ではそんな手は通用しないでしょうね。


こちらこそ初めまして、コメント有難うございます。

私のミス、誠に汗顔の至りですが、事態はどうも深刻の度を加えていますね。
NTSBは多分あまりの事故の異常さに疑問のある部分は言わない、しかしアシアナ航空の機長などが言ったことは嘘と思ってもそのまま公表する、そんな事をしています。
多分最初の管制官とのやり取りから信じられない異常だったのでしょう。
管制官が異常を指摘しても返事が何を言っているのか分からない、全く言葉が通じていない事から始まっていると思います。

所でIZAは初めてでしょうか。
此処はいろんな方がいるので大変面白いです。
これからも宜しくお願い致します。
  1. 2013-07-14 07:35
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する