2013-07-09 11:21

アシアナ航空の事故ーその3

 お詫び、 このエントリーは事実誤認でした。

訂正版をアシアナ航空事故ーその4でまとめました。

お詫びして訂正します。

尚このエントリーは私への戒めの為そのまま残します。

ご了承いただきますようお願いします。

 

 

  アシアナ航空の事故は色々情報が分かってきたが、どうも報道がおかしい。

例えば今日の読売新聞記事。

 

 

こんな記事である。

この図では正常より低い高度で侵入したので岸壁に衝突、こうなっている。

衝突の7秒前に「速度上げろ」と指示したとか。

 

 

しかし昨日の「アシアナ航空の事故ーその2」で指摘したように「岸壁に衝突する前に海に接触しているのだ。

 

これが岸壁に衝突した瞬間、大きく跳ね上がっている。

飛行機の後ろには水面を走ってきたときの水煙が残っています。

 

 

そしてこれが最初に水しぶきが見えた所

大きく機首を上げている。そして尾部が水面に接触し、ここから水しぶきを上げながら走っていく。

これは上掲岸壁に衝突画像より10秒前だ。つまり岸壁衝突の9秒前には海面に接触している。

此処から岸壁へ衝突まで平均200キロで飛行したとすると岸壁の500メーター位手前に着水したことになる。

上の衝突時の画像の場所とこの場所を駐機中の飛行機の位置と比べてみてください。滑走路よりはるか手前で海に接触している事が分かります。

尚飛行機に詳しい方の意見を聞きたいのだが、こんな機首上げをすれば失速間違いなしと思うのだが如何だろう。

 

そしてこれはユーチューブに有った事故の動画、少々見にくいが水しぶきを上げて走っているのが分かります。

 

 

裏の桜さんに鮮明な動画のユーチューブ版を教えてもらいましたので、これも貼り付けます。 

 

 (この動画が私がアシアナ航空の事故ーその2で写真を掲載したものの原本です。CNNで放送されたものです。)

 

 

こんな事はずぶの素人の私でさえ分かります。

このアシアナ航空214便は空港への侵入を間違え、大きく手前の海に向かって着陸しようとしていた

それに気が付き機首上げしようとしたが上昇できなかった。

こんな所が事実ではないかと。

 

読売新聞の図はこう書くべきだったと思います。

 

 

恐らくアシアナ航空、韓国政府などが凄まじいロビー活動を始めているでしょう。

そんな事が分かる話です。

 

もう一つ、私には何とも不可解なのがランディングギア(着陸装置)がどうなっているか分からない事。

前輪は脱落して滑走路に転がっていたようです。

しかし頑丈な主脚が見当たりません。

 

この写真はアシアナ航空のボーイング777-200型機、主脚はこんな大きなもの。

777-200型機は双発とは言えジャンボジェット機に近い大きな機体なので主脚もデッカイもの。どこに行ったんでしょうね。

 

上掲の事故の瞬間の映像でも不鮮明ながらランディングギヤが分かりません。

また助かった乗客にサムスンの幹部がいて、事故直後「今胴体着陸した」とツィッターに投稿しています。

勘繰れば(あくまで私の勘繰りですが)速度が落ちて失速警報が鳴りだした、少しでも抵抗を減らすように脚を引っ込めた、だから大きな主脚が見当たらない、そんな事が有るかもしれません。

 

まだまだこれからいろんなことが明るみに出ると思います。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんにちは。

http://www.youtube.com/watch?v=sX_NkpOhZM8

http://www.youtube.com/watch?v=CR67XIUBvMg

この二つのURL先のYouTube動画が、大きな画面で観る事が出来ます。
  1. 2013-07-09 11:41
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>http://www.youtube.com/watch?v=sX_NkpOhZM8
>
>http://www.youtube.com/watch?v=CR67XIUBvMg
>
>この二つのURL先のYouTube動画が、大きな画面で観る事が出来ます。


おお! 有難うございます。此れです、コレ。
早速本文に張り付けました。
感謝いたします。
  1. 2013-07-09 12:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

[サンフランシスコ/ソウル 8日 ロイター
- 米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、
運輸安全委員会(NTSB)は8日、同機が着陸失敗時に目標値を25%下回る速度で飛行していたと明らかにした。

会見したNTSBのハースマン委員長は、事故機の速度は着陸失敗の直前、
目標値の時速158マイル(約254キロ)を大きく下回る同119マイルだったと説明。
また事故当時、機体後部が滑走路前の防波堤に衝突し、機体の破片が海上に散乱したと述べた。

死者2人、負傷者180人以上を出した今回の事故では、
操縦かんを握っていたパイロットがボーイング777型機の習熟訓練中だったことが判明しており、パイロットの取った行動が焦点に浮上している。

NTSBなどは同日、事故機の運航を担当したパイロットら4人から、当時の状況を聴取。
一方、アシアナ航空の尹永斗社長はソウルの本社で開いた会見で、
「訓練は、世界の航空業界で一般的に行われているもの。すべての運航責任は教官役を務めた機長にある」と語った。

ソース ロイター通信 2013年 07月 9日 11:29 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE96801Y20130709
  1. 2013-07-09 15:46
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 <アシアナ機着陸失敗>「事故機の操縦士、B777運航経歴わずか43時間」
 http://japanese.joins.com/article/586/173586.html?servcode=400&sectcode=430

 操縦ミスの疑い濃厚ですが、韓国は何とか飛行機のせいにしたいようです。

 (朝鮮日報日本語版) アシアナ機事故:日英でも同機種による類似事故が発生
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00001017-chosun-kr
  1. 2013-07-09 15:53
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
>[サンフランシスコ/ソウル 8日 ロイター
>- 米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、
>米運輸安全委員会(NTSB)は8日、同機が着陸失敗時に目標値を25%下回る速度で飛行していたと明らかにした。
>
>会見したNTSBのハースマン委員長は、事故機の速度は着陸失敗の直前、
>目標値の時速158マイル(約254キロ)を大きく下回る同119マイルだったと説明。
>また事故当時、機体後部が滑走路前の防波堤に衝突し、機体の破片が海上に散乱したと述べた。
>
>死者2人、負傷者180人以上を出した今回の事故では、
>操縦かんを握っていたパイロットがボーイング777型機の習熟訓練中だったことが判明しており、パイロットの取った行動が焦点に浮上している。
>
>NTSBなどは同日、事故機の運航を担当したパイロットら4人から、当時の状況を聴取。
>一方、アシアナ航空の尹永斗社長はソウルの本社で開いた会見で、
>「訓練は、世界の航空業界で一般的に行われているもの。すべての運航責任は教官役を務めた機長にある」と語った。
>
>ソース ロイター通信 2013年 07月 9日 11:29 JST
>http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE96801Y20130709
>


なるほど、情報ありがとうございます。
返事は次のコメントと一緒にします。
所で最近体調を崩されていたようですがもう大丈夫でしょうか。
兎に角こちらは梅雨明け以来無茶苦茶な猛暑、北海道梅雨は無いので最高気温も27度くらいですね。快適な気温、羨ましいです。
こちらの今日の最高気温は37度・・・参った参ったです。
  1. 2013-07-09 17:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> <アシアナ機着陸失敗>「事故機の操縦士、B777運航経歴わずか43時間」
> http://japanese.joins.com/article/586/173586.html?servcode=400&sectcode=430
>
> 操縦ミスの疑い濃厚ですが、韓国は何とか飛行機のせいにしたいようです。
>
> (朝鮮日報日本語版) アシアナ機事故:日英でも同機種による類似事故が発生
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00001017-chosun-kr


情報ありがとうございます。
韓国、アシアナ航空は何とかして空港が悪いとか機材が悪いとか因縁をつけたいようです。
既にボーイング777を問題が有るからと言って点検を始めています。

兎に角他人のせいにするのが韓国・朝鮮人の特徴、困ったものです。

しかし多分これから明るみに出るでしょうが、このパイロットの操縦ミスは単なるミスではない、経営トップが絡んだ厄介な問題が有ると見ています。
無茶苦茶な安値で受注、顧客拡大し、その上で採算を合わせるために無理なコストダウンを強いる。
多分そんな事が背景にあるでしょう。
既にアメリカのNTSBは燃料を抜き取って成分分析まで行っています。何を考えているのかわかると思います。

例えばこのブログで紹介した滑走路はるか手前で着水した、こんな事はフライトレコーダーの分析で直ぐ分ります。
それがまだ公表されていないのは当局がもっと事態を深刻に受け止めている証拠、こう見ています。
  1. 2013-07-09 17:56
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 白い煙は水しぶきではなく、機体がアスファルト上を滑走した時の摩擦で生じた煙だと思います。水しぶきなら土煙と同じ様に漂うことなく、もっと早く消えているはず。
 動画の2枚目のキャプチャ画面で、着地した機体の少し右側に、水平方向の線の色の濃さが変わる部分があります。ここが岸壁ではないでしょうか。
 動画をよく見ると、この部分(岸壁)の手前で機体は機首上げをしていますが、岸壁を通過してすぐ機首を下げています。機体の尾部を岸壁にぶつけたため、モーメントにより機首が下がったのでしょう。
 機体は滑走路上をしばらく滑っていますが、滑走路から外れたため、土の部分に出てしまって土煙を上げたものと思います。機体が浮き上がったのは、機体の向きが変わり、翼が傾いたために、翼に向い角がついて浮力が発生したからではないでしょうか。

  1. 2013-07-09 23:18
  2. URL
  3. ボルト #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ボルトさん
> 白い煙は水しぶきではなく、機体がアスファルト上を滑走した時の摩擦で生じた煙だと思います。水しぶきなら土煙と同じ様に漂うことなく、もっと早く消えているはず。
> 動画の2枚目のキャプチャ画面で、着地した機体の少し右側に、水平方向の線の色の濃さが変わる部分があります。ここが岸壁ではないでしょうか。
> 動画をよく見ると、この部分(岸壁)の手前で機体は機首上げをしていますが、岸壁を通過してすぐ機首を下げています。機体の尾部を岸壁にぶつけたため、モーメントにより機首が下がったのでしょう。
> 機体は滑走路上をしばらく滑っていますが、滑走路から外れたため、土の部分に出てしまって土煙を上げたものと思います。機体が浮き上がったのは、機体の向きが変わり、翼が傾いたために、翼に向い角がついて浮力が発生したからではないでしょうか。
>
>

確かにそんな風にも見えますね。
済みません、もう少し調べてみます。
  1. 2013-07-10 11:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する