2013-07-02 18:03

タイの魚 プラー・ニン

  昨日タイから帰国しました。

まあ 色々ありますが、先ずはタイ人の日本に対する気持ちの分かる話から。

 

 

最初にこんな写真。

外出途中で昼飯に立ち寄ったタイレストランで見た四手網のある風景。

 

 

四手網、懐かしいですね。

昔は川や池で魚(フナやコイなど)を獲る時使っていた網です。

でももう何十年も見ていません。

 

懐かしかったのでこんな写真を撮っていたら店のオヤジさんが出てきて「日本人か?」と聞く。

そうだと答えると、ちょっとこっちに来てくれと言うので見てみた。

 

「プラー・ニンだ。日本の天皇陛下がタイに贈ってくれたものだ。」

店のオヤジさんが嬉しそうに指差す先は・・

 

濁った池の中で魚が泳いでいる。

丁度持ち合わせたコンデジではこんな写真が精いっぱい。

辛うじて魚がいる事だけは分かると思います。

 

 

実はプラー・ニン、タイではごく一般的な大衆魚。しかし日本料理ではほとんど使わない魚なので日本人は殆どその存在を知らない。かく言う私も初めて食べたのはタイに来て4年くらいたった時だった。

そしてタイ人はこの魚の事を話すとき必ず「プラー・ニンは日本の天皇陛下がタイ国王に贈ってくれた魚。だからニンは天皇陛下の名前に因んで名づけたもの。」

こんな風に説明する。

 

今上天皇陛下の名前は明仁、この仁を音読みして「ニン」、タイ語で魚は「プラー」と言うので、この魚は「プラー・ニン」。

華僑は漢字で「仁魚」と書く。

 

実はこの魚はナイル原産のティラピアである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%A2

 

今上天皇陛下が皇太子(明仁親王)だった頃のこと、タイ王国を訪問され、タイ国王(現プミポン国王)から「タイ国民のタンパク質不足問題」を聞かれました。(1964年(昭和39年)12月)

 

魚類学者である当時の皇太子明仁親王殿下は帰国後、タイ国王の抱える問題解決の一助として50尾のテラピア・ニロチカをタイ国王に贈呈、これが1965年(昭和40年)3月の事。

 

タイ国王は住まいのチットラダー宮殿内の池でこれを飼育。

1年後3~5センチに育った稚魚約1万尾を漁業局に下賜、飼育・普及を命じた。

その折この魚の名前を明仁の一字「仁」をとって「プラー・ニン」と命名した。

 

僅か6ヶ月で300g以上にも生育する雑食性の「プラー・ニン」。

食べても淡白な味で美味しく、それから半世紀近くたって、この魚はタイの代表的な大衆魚に育ち、タイ全土に普及。

更に聞いた話だが、この魚の天皇陛下からの贈呈、タイ国王の普及努力の話は学校の教科書にも載っている話なのだそうで、日本とタイとのつながりの深さの一つのエピソードになっている。

 

そんな事で田舎の街道沿いの古ぼけたタイレストランのオヤジが、日本人が来たと言うのでわざわざ「ここにその魚がいる」と教えてくれたわけ。

 

タイは親日的と言われるのにはこんな話が沢山底辺にある。

そんな思いを強くした次第です。

タイの手土産代わりの心温まる話でした。

 

 

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

おかえりなさりませ。

日本はこのままではアジアのイスラエルとなり孤立する、などと
ほざいている寺島某やら誰やらかれやら、本当に我が国を害する
輩ばかりが賢しらげに物を言いのさばっているのに憤る毎日です。

短足さん(我が家ではそうお呼びしております)の示して下さる
物事の見方考え方はいつも「そうなのか・・・」と勉強になります。
巷にこそ良識があるのだと心強さを覚えます。そして、貴ブログが
多くの人の目に触れているだろうということに希望も感じます。
  1. 2013-07-02 18:34
  2. URL
  3. walk-by #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To walk-byさん
>おかえりなさりませ。
>
>日本はこのままではアジアのイスラエルとなり孤立する、などと
>ほざいている寺島某やら誰やらかれやら、本当に我が国を害する
>輩ばかりが賢しらげに物を言いのさばっているのに憤る毎日です。
>
>短足さん(我が家ではそうお呼びしております)の示して下さる
>物事の見方考え方はいつも「そうなのか・・・」と勉強になります。
>巷にこそ良識があるのだと心強さを覚えます。そして、貴ブログが
>多くの人の目に触れているだろうということに希望も感じます。


初めまして、コメント有難うございます。
確かに日本のマスゴミ連中の垂れ流す害毒、本当の困ったものです。

しかし海外に出てみると日本にいたのでは分からない日本のいい所が沢山出てきます。
そして私の分かる範囲内ですが、海外の人の日本に対する信頼感、期待感は日本人の想像以上。
是非ともそんな一端を皆さんにも知っていただきたいなあ、そう思っています。
これからも宜しく願いします。
  1. 2013-07-02 22:09
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

お帰りなさいませ。

ナイルティラピアは淡白な味ですからタイ料理には合うんでしょうね。でも不思議なのはティラピアを導入するまで内水面漁業をほとんど行なってこなかったというタイ国の状況ですよね。プミポン国王から陛下が内陸部の住民のたんぱく質不足の解消を頼まれて、川魚の養殖を進言されたのですよね。タイ国の状況はわからないのですが魚を食べるという風習自体がなかったのでしょうかね。

でもここまで多くなると生態系は大丈夫なんかいな、とまで思ってしまいます。たしか1960年にブルーギルを陛下が芦ノ湖に導入されそれが広まってしまい問題を起こしてます。バスにいたってはもっと酷いことになってます。生態系など問題になるなど考えなかったのでしょうね。

小生釣りの際はバスもギルも叩き殺す、を信条にしております。もともと食用ですから食えばそれなりに食えるのです。日本人は口が奢ってるのかバスやギルはおろかティラピアさえ食おうとしません。困ったものです。

バス釣りをやりつつ生態系の保護を叫ぶなどという基地外がいる事自体ゆるせません。小生外来種であってもそれを人間が適切に利用し、生態系の中でバランス出来るならば良かろうと思ってます。

タイ国の人々が賢明であるkとを望んでいます。
  1. 2013-07-02 23:26
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

何が起こっているのかわからない社会の中で日本からタイへと続く集団パニック
http://oka-jp.seesaa.net/article/368131234.html
「鳥は量子もつれで磁場を見る」:数学モデルで検証
http://www.wired.com/wiredscience/2011/01/quantum-birds/

短足おじさん さんの記事の趣旨とは違うので申し訳ないのですが、In Deepさんの記事に、タイと関連する上記のものがありました。
  1. 2013-07-03 05:45
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん

>ナイルティラピアは淡白な味ですからタイ料理には合うんでしょうね。でも不思議なのはティラピアを導入するまで内水面漁業をほとんど行なってこなかったというタイ国の状況ですよね。プミポン国王から陛下が内陸部の住民のたんぱく質不足の解消を頼まれて、川魚の養殖を進言されたのですよね。タイ国の状況はわからないのですが魚を食べるという風習自体がなかったのでしょうかね。
>
・・以下略・・

毎日ドタバタだらけの1週間でしたが月曜日に帰国しました。
と言ってもほぼ徹夜状態だったので帰ってきてバタンキュー。
昨日もまだ本調子ではなく、やっと調子が戻ってきたところです。

所でタイの魚事情ですが、タイ人はコメと魚で生きていると言ってもいいくらいの魚好きですが、食べる魚は淡水魚がほとんど。
雷魚とかナマズなどです。
そして決して生魚は食べません。

タイの最初の大王、ラームカムヘーン大王の碑文にタイが良い所だと言う意味で「水に魚有り、田に稲有り(ナイ ナーム ミー プラー、ナイ ナー ミー カオ)」と有るようにコメと魚を食べます。

生態系問題はタイ人はどんどん魚を食べるので増えすぎて心配する必要は有りません。

それから日本ではブラックバス、ブルーギルが大問題ですが、これの最大の原因は密放流でしょう。
実は私の家の近くのため池でもバス釣りをする人がいます。
ため池と言う閉鎖的な水域でそう簡単にバスが入れる筈が有りません、誰かが放流しているのです。

実は知人で神戸に住む人が私の家の近くまで時々来るそうですが理由はバス釣り。どうしてこんな遠くまでと聞くと新聞に出ていたからと言います。そして新聞や釣り具店などがバスを放流している。放流してしばらくすると新聞の釣り情報に載る。こんな事でどこにバスがいるか分かると言っていました。
多分これがバスなどの大繁殖の原因でしょう。
  1. 2013-07-03 10:10
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>何が起こっているのかわからない社会の中で日本からタイへと続く集団パニック
>http://oka-jp.seesaa.net/article/368131234.html
>「鳥は量子もつれで磁場を見る」:数学モデルで検証
>http://www.wired.com/wiredscience/2011/01/quantum-birds/
>
>短足おじさん さんの記事の趣旨とは違うので申し訳ないのですが、In Deepさんの記事に、タイと関連する上記のものがありました。


面白い話、興味深く読みました。
一つ目の集団ヒステリーの件は人間が有る条件下で突拍子もない事を始める、そのメカニズムの興味が有るからです。
特にタイの場合13世紀から14世紀にかけて「タイ族の沸騰」と呼ばれる大移住が有った、その原因に興味があります。

二つ目の鳥は磁場を感じ取っている話、これは伝書鳩で相当調べられています。
頭のどの部分に磁気センサーが有るかまでです。
切っ掛けになったのが1988年の国際伝書鳩レースでの事。レース当日激しい磁気嵐が発生し、フランスからイギリスに向けて放たれた5000羽の伝書鳩の94%が迷ってしまった。この後伝書鳩の関係者は宇宙天気予報を真剣にチェックするようになったそうです。
でも地磁気はもう200年以上緩やかに低下しているとか、
こんな基礎的な事もしっかり研究していかねばいけないのでしょうね。
  1. 2013-07-03 10:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

無事の御帰り、なによりです。

タイ国での今上天皇陛下が皇太子時代のエピソードはいい話ですね。

インドネシアとかマレシーア、カンボジアなどでも、戦後その国の植民地から脱却する独立戦争に参加した旧日本兵達への感謝のエピソードを載せた教科書があるらしいですね。日本のマスコミはテレビや新聞には取り上げないらしいけど。

反対に日本には千年も恨むとかの朴クネ大統領が言う韓国では、千年間支配され搾取された清朝中国から日本に独立させて貰った事すら忘れて、謝罪だ賠償だ、とか騒いでいますね。

あろうことか、日本の初代首相の伊藤博文公爵を暗殺した安 重根の記念碑を中国のハルビンに建てたいとか韓国の大統領は中国のトップに直訴したらしいですね。いち日本人としてもう堪忍袋の緒が切れますね。

まったく東アジアも東南アジアもイロイロですね。ではまた。
  1. 2013-07-03 12:23
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさんへ・・・
>
>無事の御帰り、なによりです。
>
>タイ国での今上天皇陛下が皇太子時代のエピソードはいい話ですね。
>
>インドネシアとかマレシーア、カンボジアなどでも、戦後その国の植民地から脱却する独立戦争に参加した旧日本兵達への感謝のエピソードを載せた教科書があるらしいですね。日本のマスコミはテレビや新聞には取り上げないらしいけど。

日本人が独立戦争に参加したのはインドネシアですが、そこでの話が教科書に載っているかどうかは分かりません。
でも色んな所にこの話が載っていますので「インドネシア残留元日本兵」で検索してみてください。
マレーシアについては教科書に載っています。下記エントリー参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3090764/


>反対に日本には千年も恨むとかの朴クネ大統領が言う韓国では、千年間支配され搾取された清朝中国から日本に独立させて貰った事すら忘れて、謝罪だ賠償だ、とか騒いでいますね。
>
>あろうことか、日本の初代首相の伊藤博文公爵を暗殺した安 重根の記念碑を中国のハルビンに建てたいとか韓国の大統領は中国のトップに直訴したらしいですね。いち日本人としてもう堪忍袋の緒が切れますね。
>
>まったく東アジアも東南アジアもイロイロですね。ではまた。


これについては私も激怒しています。
いや日本人皆が事実を知るにつけ激怒組がますます増えるでしょう。朴大統領は父親から色々聞いている筈なのにその言動は放置できないレベルに達したようです。

このままでは朴娘は大統領の任期を全うできないでしょう。
どんな結果がやって来るか・・・
間もなく韓国経済が破たんするでしょうから、その時どんな事を言うか、今から生暖かい気持ちで待つことにします。
  1. 2013-07-03 14:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

今上天皇とプラニンの話は

20年くらい前まで使われていたタイの小学校の教科書に載っていましたよ。
タイ人なら誰でも知っている話だと思います。
  1. 2014-03-03 17:38
  2. URL
  3. kit #gw0k1Vyk
  4. 編集

Re: 今上天皇とプラニンの話は

> 20年くらい前まで使われていたタイの小学校の教科書に載っていましたよ。
> タイ人なら誰でも知っている話だと思います。


初めまして、コメント有難うございます。

そうなんですね、こんな良い話がタイの教科書に載っている。
日本人にとってもうれしい話なのですが、タイ人にとってこの話はかけがえのない大事な話。
何と言っても世界の先進国日本、その天皇陛下がタイの為にタイの国王にこんな良い魚を贈ってくれた。
タイ人はこんな思いが有るんですね。
私も何人あのタイ人とこの魚の事を話しました。その話をする時のタイ人の嬉しそうな顔。
実に素晴らしい事だと思います。
  1. 2014-03-03 21:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する