2013-06-13 23:31

ソ連が米国を日本の核攻撃から救った <ロシアの声報道です・・・余りの事に声なし

 信じられない報道が有る。

ロシアの声/日本語版より

 

 

 

<以下引用> 

アジア・オセアニア, 北米・中南米, 米国, ソ連, 第二次世界大戦, 日本関連, 国内, 記事一覧, 国際, 社会・歴史

ソ連が米国を日本の核攻撃から救った

13.06.2013, 12:15

(引用者注:この写真も引用元に掲載されている写真です)

 

   1945年8月、ソ連軍の参戦によって、日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。

 

   1945年8月9日、米国英国との協定引用者注:下記に概要を記す)に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。巨大な爆発であった。直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった(引用者注:2)。「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。しかし、投下され、炸裂することはなかった。いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。

 

   Konkurent.Ru、Vladivostok

 

http://japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091/

 

<引用終り>

 

注1:米国英国との協定⇒1945年2月のヤルタ会談でのいわゆるヤルタ協定の事。後にヤルタ体制と言われる体制を確立した協定だが、ポーランドやバルト3国などをソ連の支配下に認める事や日本への参戦、満州の権益・南樺太。千島などをソ連に与えるなどを密約した。

これが戦後の世界体制を決定づけるものとなったが、2005年アメリカブッシュ大統領はラトビアでの演説で、ヤルタ協定について「史上最大の誤りの一つ」と正面から批判した。

 

注2:日本での原爆開発については以下参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E9%96%8B%E7%99%BA

 

日本でも開発はしていましたが、基礎研究段階と言った程度でした。

研究を主導した仁科博士は広島に「新型爆弾が投下された」との一報を聞いたとき、静かに計算尺を滑らせ、「ああ、原子爆弾だ」と言ったと言う話しを聞いたことが有ります。

尚引用文に直径1キロの火球とあります。広島・長崎に原爆を落とす前にアメリカで1回地上で実験をしています。長崎型原爆でしたが火球の大きさは直径300メーターでした。この一つをとってもこの記事、出鱈目と分かります。

 

 

如何でしょうか、この話。

全くの絵空事である事は間違いありませんが、これが国際政治です。

これがソ連、ロシアです。

自分らの都合がいいように嘘でも出鱈目でも大きな声で主張した方が勝ち。

こう言う事です。

 

そして問題はここから。

今この時点で何のためにこんな嘘八百を記事にするのか、それを日本人は真剣に考えねばいけないでしょう。

笑い飛ばすわけにはいけない事だと思います。

 

最後に署名記事ですがKonkurent.Ru、と言うのはロシア人なのでしょうか。

私は詳細は分かりませんが、ロシア人ではないような気がするのですが如何でしょうか。 そしてVladivostok(ウラジオストック)からと言うのも意味深です。

ウラジオストックから発信した記事と言うように見えますが、Vladivostokというのはロシア語で東方支配と言う意味です。(Vladi=支配、vostok=東方、帝政ロシア時代に東方支配の為に新たに開発した町で、そんな名前を付けた)

それだけにこの署名記事、いやに意味深に見えます。

 

背中に隠した匕首が見えています、オソロシア、恐ロシア・・・

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

なんか日本の原爆開発というのは10年に一度くらいこの手の眉唾が出てくるものです。

曰く、終戦直前に一応完成し投下実験したが失敗したとか、
曰く、北鮮でウランを収集中に終戦になったとか
曰く、ウラン濃縮に成功しなかったので終戦直前にドイツから輸入しようとしたが、ドイツ敗戦で潜水艦が拿捕されその現物がアメリカに渡り広島型原爆になったとか…

確かに北朝鮮地域は電力量が豊富でしたからウラン濃縮に適していたのですがそもそもウラン濃縮の方法でガス拡散法や遠心分離法をとらず熱拡散法で行こうとした時点で負けだったのです。後から計算し直しこれじゃあ無理だと分ったとか…

まあドイツにしたところで原子炉の減速材に黒鉛を諦め重水を使おうとした時点でアウトでしたからそれ以前の日本が、実験まで行くわけがない。単純な話です。

思うに連中は今の日本を見て大日本帝国を過大評価してるのです。
まあ水に落ちた犬は叩けですから普通は敗戦国は悪しざまに言われるものです。

まあ、ロシアも誰が敵かは間違えない連中ですが
他国の利益なんぞは考えない連中だということは心すべきでしょうね。
  1. 2013-06-14 11:59
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>なんか日本の原爆開発というのは10年に一度くらいこの手の眉唾が出てくるものです。
>
>曰く、終戦直前に一応完成し投下実験したが失敗したとか、
>曰く、北鮮でウランを収集中に終戦になったとか
>曰く、ウラン濃縮に成功しなかったので終戦直前にドイツから輸入しようとしたが、ドイツ敗戦で潜水艦が拿捕されその現物がアメリカに渡り広島型原爆になったとか…
>
>確かに北朝鮮地域は電力量が豊富でしたからウラン濃縮に適していたのですがそもそもウラン濃縮の方法でガス拡散法や遠心分離法をとらず熱拡散法で行こうとした時点で負けだったのです。後から計算し直しこれじゃあ無理だと分ったとか…
>
>まあドイツにしたところで原子炉の減速材に黒鉛を諦め重水を使おうとした時点でアウトでしたからそれ以前の日本が、実験まで行くわけがない。単純な話です。
>
>思うに連中は今の日本を見て大日本帝国を過大評価してるのです。
>まあ水に落ちた犬は叩けですから普通は敗戦国は悪しざまに言われるものです。
>
>まあ、ロシアも誰が敵かは間違えない連中ですが
>他国の利益なんぞは考えない連中だということは心すべきでしょうね。


確かにご指摘の様に朝鮮半島北部でウランを探したり、ドイツからウランを輸入しようとしたりしていましたね。
確か10年くらい前、何処かの暴力団だったかがウランの密売をしようとして捕まりましたね。ウランの現物を持っていました。
成分などを調べたら戦時中にドイツから輸入したものだと分かった記憶が有ります。

それはともかく、今のロシアが日本に対し憧れと恐怖の両方の感情を持っている事が良く分かる事例ですね。
何処で見たのか忘れましたが、ロシアと何か揉め事が起こっても心配ない、ロシア人は日本人を本当はすごく怖がっている、こんな事を言っている人がいたと思います。
  1. 2013-06-14 21:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本人が自由に海外に出られる時代ではなかった昭和30年代に朝日新聞でシベリア鉄道の旅という連載記事がありましたが、その中で寝台車に乗り合わせたソビエト軍中佐が「ソ連参戦は日本が日ソ中立条約に反して国境を越えて侵入したためのやむなく反撃した防衛戦争であってそのことは軍の学校で教えられたから間違いない」と語ったので記者は驚いたというくだりがあったのを覚えています。ロシアの声ってのは「JFケネディは生きている」とかの記事を掲載する雑誌のお仲間なんでしょうか。いずれにせよ上記の騙り記事ではヤルタ協定に基づいてソ連が参戦したと言うてますからロシアになって少しは歴史教育改善の跡が見られる(^^)
  1. 2013-06-16 22:56
  2. URL
  3. 狐憑き3号 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 狐憑き3号さん
>日本人が自由に海外に出られる時代ではなかった昭和30年代に朝日新聞でシベリア鉄道の旅という連載記事がありましたが、その中で寝台車に乗り合わせたソビエト軍中佐が「ソ連参戦は日本が日ソ中立条約に反して国境を越えて侵入したためのやむなく反撃した防衛戦争であってそのことは軍の学校で教えられたから間違いない」と語ったので記者は驚いたというくだりがあったのを覚えています。ロシアの声ってのは「JFケネディは生きている」とかの記事を掲載する雑誌のお仲間なんでしょうか。いずれにせよ上記の騙り記事ではヤルタ協定に基づいてソ連が参戦したと言うてますからロシアになって少しは歴史教育改善の跡が見られる(^^)


ソ連と比較すれば大抵の事はまともに見える(笑)、そう思います。
何せサッチャーだったかは「共産主義が20世紀に少なくとも1億人を殺した」と言っていたそうです。この大部分がソ連と中共でしょう。
私は最近つくづく感じています。マルクス主義は、そしてレーニン・スターリン毛沢東主義は虐殺主義だと。

日本も外務省の浄化が始まりました。
次はマスゴミの浄化、それが始まれば世界にそれを発信できます。
  1. 2013-06-17 07:10
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する