2013-05-31 16:18

面白すぎるヨーロッパ相関関係

  現在発売中のニューズウィーク日本語版6月4日号にこんな記事が載っている。

「面白すぎるヨーロッパ相関関係」

 

 

 

先ずはどんなものかと言うと

 

 

 

 このデータは各国の国民が互いの国をどう思っているのか、ビュー・リサーチセンターのアンケート調査をまとめたもの。

愛憎相半ばする複雑な国民の心の内が見える。

 

 

記事で指摘しているのは

1) いい意味でも悪い意味でもドイツと言う国の存在感

危機克服のリーダーとして、時に厳しく他国に緊縮財政を強いるため、信頼と恨みを同時に買っている

 

 「最も信頼できる国」に8か国中7か国がドイツを挙げた

 「最も思いやりのない国」に8か国中6か国がドイツを挙げた

  (あと2か国はイギリス

 「最も傲慢な国」に8か国中5か国がドイツを挙げた

 

2) しかしドイツ国民の自己評価は自国を「最も謙虚」、「最も思いやりのある」と思っている

 

3) 「最も信頼できない国」として、イギリスフランスポーランドドイツ選んでいるのは歴史的な経緯からだろう。

 

4) その「最も信頼できない国」に自国を選んだイタリアの正直さ、これには拍手を送りたい。

 

 

これには大いに笑ったのだが、さて同じ調査を日本とその周辺国でやったらどうなるだろうか。

大変興味のある所である。

結果は見えている! そう御叱りを受けるかな・・・ 

 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(25)

コメント

No title

 フランス人がフランスを最も傲慢な国に選んでいるのも冷静ですね。

 ワタシもホントにフランスってどうしようもなく傲慢な国だと思うし、イタリアは絶対に信頼しちゃいけない国だと思うけれど、しかしこのように自分で自分の欠点を自覚しているのは実に立派な物です。

 この種の冷静さ、明確な自己認識が出来る国だからこそ、優れた思想家だって生まれるのじゃないかって感動したぐらいです。 
  1. 2013-05-31 17:50
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

最も謙虚な国に、ほとんどの国が自国を選んでいるのが笑えます。其の点、イタリアスペインを選んでいるのは<?>であります。イタリアと一口にいってもスペインの統治を受けた南イタリア人に聞いてはいないのではないか、このことであります凹

イタリアは寄せ集めの国なので人々ははなっから信頼するわけも無く、家族友人だけを信頼しているのはまるでシナの情況と同じです。

さてドイツはといえば、緊縮財政を継続するかぎり国民の国に対する信頼度は下がる一方でせう。なにしろ鉄板だった年金が、EUとユーロ導入依頼確保できるかどうかシンパイになっているのですから。

EU、少なくともユーロが解消されればドイツは安泰です♪緊縮が必要なのはEU加盟経済弱体国への財政支援なのでありますゆえ。
  1. 2013-05-31 19:02
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 ギリシャ、図々しいにも程がある!!
  1. 2013-05-31 20:38
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

見てると面白いですねえ。イギリス人にはヨーロッパドイツフランスしか無いわけだし、フランス人にしてみるとイギリスを思いやらなければいいだけで後はギリシャの処理だけです。ドイツ人位してみれば貧乏人は信用出来ないだけでしょう。

そして大国にとって赤字国家なんてどうでもいいというのが本音なんでしょうね。欧州人たちにとって小国はどうでもいいくせに愛だけ引っ張る厄介者ですから困った連中というのが本得でしょう。

しかしポーランドってよほどヘタレな国だという気がします。その気になればよほど大国になれる資質はあるはずなのにどうしようもおありませんね。

小生が欧州の中で隠れた根性の持ち主はスロヴァキアだと思っとります。チェコ人は随分スロバキア人をいじめてきたんだろうということは分かります。それでも謙虚と言わせるんだから相当のものでしょう。

小生チェコのような国家はイジメられる理由がるものと思ってます。フランス人はドイツ人のコントロールのしかたをマスターしたようですが、チェコ人は何もわかっていないようです。
  1. 2013-05-31 21:26
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> フランス人がフランスを最も傲慢な国に選んでいるのも冷静ですね。
>
> ワタシもホントにフランスってどうしようもなく傲慢な国だと思うし、イタリアは絶対に信頼しちゃいけない国だと思うけれど、しかしこのように自分で自分の欠点を自覚しているのは実に立派な物です。
>
> この種の冷静さ、明確な自己認識が出来る国だからこそ、優れた思想家だって生まれるのじゃないかって感動したぐらいです。 


なるほどね、流石ローマ文明のあらゆる文化・文明に最も近い所に暮らしているだけある、尤も中身は別として、こんな事でしょうね。
彼らには日常のあらゆる所に2千年の歴史が残っている、
私はテレビがつまらないので見るのは衛星TVのクラシック音楽だけ、そんなのを見てるとその長い歴史を痛感します。
  1. 2013-06-01 06:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>最も謙虚な国に、ほとんどの国が自国を選んでいるのが笑えます。其の点、イタリアスペインを選んでいるのは<?>であります。イタリアと一口にいってもスペインの統治を受けた南イタリア人に聞いてはいないのではないか、このことであります凹
>
>イタリアは寄せ集めの国なので人々ははなっから信頼するわけも無く、家族友人だけを信頼しているのはまるでシナの情況と同じです。
>
>さてドイツはといえば、緊縮財政を継続するかぎり国民の国に対する信頼度は下がる一方でせう。なにしろ鉄板だった年金が、EUとユーロ導入依頼確保できるかどうかシンパイになっているのですから。
>
>EU、少なくともユーロが解消されればドイツは安泰です♪緊縮が必要なのはEU加盟経済弱体国への財政支援なのでありますゆえ。


この調査で笑っちゃうのはどの国もドイツが嫌い、その癖信頼し、頼りにしている。何か身につまされる話です。

今ユーロがトンデモナイ危機ですが、私はユーロは間違いなく解消する、但しそれは中国の解体後でないとダメではないか、そんな風に思っていますが如何なんでしょうか。
  1. 2013-06-01 06:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
> ギリシャ、図々しいにも程がある!!


ヤヤッ! 気が付きましたか。
ギリシャはドイツ以外の国については何も問題にしていません。
そして
最も信頼できる、最も謙虚な、最も思いやりのある国、それがギリシャだと思っています。
その上で
最も信頼できない、最も傲慢な、最も思いやりのない国、それがドイツだと。

何か日本の近くにもこんな国が有りそうな・・・

  1. 2013-06-01 06:54
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>見てると面白いですねえ。イギリス人にはヨーロッパドイツフランスしか無いわけだし、フランス人にしてみるとイギリスを思いやらなければいいだけで後はギリシャの処理だけです。ドイツ人位してみれば貧乏人は信用出来ないだけでしょう。
>
>そして大国にとって赤字国家なんてどうでもいいというのが本音なんでしょうね。欧州人たちにとって小国はどうでもいいくせに愛だけ引っ張る厄介者ですから困った連中というのが本得でしょう。
>
>しかしポーランドってよほどヘタレな国だという気がします。その気になればよほど大国になれる資質はあるはずなのにどうしようもおありませんね。
>
>小生が欧州の中で隠れた根性の持ち主はスロヴァキアだと思っとります。チェコ人は随分スロバキア人をいじめてきたんだろうということは分かります。それでも謙虚と言わせるんだから相当のものでしょう。
>
>小生チェコのような国家はイジメられる理由がるものと思ってます。フランス人はドイツ人のコントロールのしかたをマスターしたようですが、チェコ人は何もわかっていないようです。


チェコポーランドは辛酸をなめた国ですから、未だその苦労を引きずっている、こう思います。
数年前、タイのモーターショーにチェコもスコダが出ていました。
私にしてみると「おおっ シュコダが戻ってきた」と言うところなのですが、タイ人には不思議だったようです。短足さんはどうしてこの車に興味が有るのと不思議がられました。

私にしてみるとただのクルマではない、戦前からの名車ですが、私には長い長い抑留生活からやっと帰ってきた帰還兵、そんな気持ちだったのです。
でもタイ人には理解不能でしたね。
  1. 2013-06-01 07:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>タイのモーターショーにチェコもスコダが出ていました


スコダの名を初めて聞いたのは山本七平の軍隊物エッセーに於いてです。旧軍で機関銃と言えばスコダ社製と当時から認識されていたそうですね。シナ軍はスコダの機関銃を使用していましたが、日本でもそうだったかも知れません。

自動車はもちろん戦車も造った会社ですが、戦車を作れる国は1等国の証のようなものです。

ご提示の一覧表を見ると良くも悪くもドイツの存在感が圧倒的です。ドイツが「もっとも思いやりのない国」と思われる理由は道徳的という面ではなく、金融的(出し渋り、ケチ、もっと自分らを助けよ)という側面でしょうか。貧乏人は金持ちをひがむ。ギリシャの図々しさは典型的にそれが出ている。
  1. 2013-06-01 16:50
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>タイのモーターショーにチェコもスコダが出ていました
>
>
>スコダの名を初めて聞いたのは山本七平の軍隊物エッセーに於いてです。旧軍で機関銃と言えばスコダ社製と当時から認識されていたそうですね。シナ軍はスコダの機関銃を使用していましたが、日本でもそうだったかも知れません。
>
>自動車はもちろん戦車も造った会社ですが、戦車を作れる国は1等国の証のようなものです。
>
>ご提示の一覧表を見ると良くも悪くもドイツの存在感が圧倒的です。ドイツが「もっとも思いやりのない国」と思われる理由は道徳的という面ではなく、金融的(出し渋り、ケチ、もっと自分らを助けよ)という側面でしょうか。貧乏人は金持ちをひがむ。ギリシャの図々しさは典型的にそれが出ている。


スコダの事を知っている方はかなりその道の通、でも立派な会社だったと思います。
でも残念ながらあまりにも空白期間が長すぎた。
今はVW傘下らしい(実は私も詳しくは知らないのです)

ドイツの存在感は多分日本も同じでしょう。
良くも悪くも存在感が有る、そうだと思います。
それにしてもイタリアはダメですね。
ドイツ人と話すとき、今度はイタ公抜きだぜと言うのが通用するのですからね。
  1. 2013-06-01 19:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

チェコのスコダの機関銃は当時チェコ機銃として有名でした。構造が簡易、安価なくせに誤作動がなく、故障がない。世界一の性能ではないが総合成績はピカ一で、結局日本陸軍も弾の口径だけ変えてコピーしました(劣化コピーに終わりましたが)。

当時、中華民国は主要兵器は皆外国からの輸入でしたから欧米に一流品を買い込んでます。日本軍はこのチェコ機銃が鹵獲されると、中隊で最も腕のいい兵士にその運用を任せました。それほど信頼されていたわけです。

チェコの兵器は戦車も有名で対仏戦はおそらく併合したチェコの戦車がなければ成功しなかったでありましょう。ただドイツ占領下においてはドイツの兵器生産の下請けをやるだけで独自技術の発展はとまりました。後はお決まりの共産圏、技術停滞、工業の劣化という流れです。

これ取り返すのは10年20年じゃ無理でしょう。地図でユーロ使用国をみてみるとスイスチェコだけが孤立して浮かんでいます。スイスはもとより政策ですが、チェコは完全にドイツを敵に回してることによります。

世界史で見るとチェコドイツに併合された可哀想な国というイメージですがどうしてどうして…ズテーテンランドのドイツ系住民にやったことやスロバキア人に対して行ったことなど結構黒い部分は多いのです。物を知ってる人間はあまり同情しません。

まあ、日本と半島の関係に少し近くあります。
ポーランドあたりも同じ事、結構黒いのです。

弱者は力がなく自己の主張を貫けませんが、だからといって無罪じゃありません。その辺りの所業は皆同じです。この辺り知れば知るほど同情できないのは半島と同じです。まあ、半島の悪さは欧州の比じゃありませんがね。
  1. 2013-06-01 20:39
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>チェコのスコダの機関銃は当時チェコ機銃として有名でした。構造が簡易、安価なくせに誤作動がなく、故障がない。世界一の性能ではないが総合成績はピカ一で、結局日本陸軍も弾の口径だけ変えてコピーしました(劣化コピーに終わりましたが)。
>
>当時、中華民国は主要兵器は皆外国からの輸入でしたから欧米に一流品を買い込んでます。日本軍はこのチェコ機銃が鹵獲されると、中隊で最も腕のいい兵士にその運用を任せました。それほど信頼されていたわけです。
>
>チェコの兵器は戦車も有名で対仏戦はおそらく併合したチェコの戦車がなければ成功しなかったでありましょう。ただドイツ占領下においてはドイツの兵器生産の下請けをやるだけで独自技術の発展はとまりました。後はお決まりの共産圏、技術停滞、工業の劣化という流れです。
>
>これ取り返すのは10年20年じゃ無理でしょう。地図でユーロ使用国をみてみるとスイスチェコだけが孤立して浮かんでいます。スイスはもとより政策ですが、チェコは完全にドイツを敵に回してることによります。
>
>世界史で見るとチェコドイツに併合された可哀想な国というイメージですがどうしてどうして…ズテーテンランドのドイツ系住民にやったことやスロバキア人に対して行ったことなど結構黒い部分は多いのです。物を知ってる人間はあまり同情しません。
>
>まあ、日本と半島の関係に少し近くあります。
>ポーランドあたりも同じ事、結構黒いのです。
>
>弱者は力がなく自己の主張を貫けませんが、だからといって無罪じゃありません。その辺りの所業は皆同じです。この辺り知れば知るほど同情できないのは半島と同じです。まあ、半島の悪さは欧州の比じゃありませんがね。

詳細な解説、有難うございます。
私はこの辺りの歴史は詳しくないので大変良く分かりました。
しかし世界中見ても半島の悪さは並じゃない、ホントそう思います。
  1. 2013-06-01 21:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 そういえば、BBCの方の世論調査でも、ドイツが今年は「良い影響を与える国」NO.1でした。まあ、この調査にみられるように、EU諸国になんだかんだいっても頼れるのはドイツしかない!という考えがあるのとと、日本における特亜のように「足を引っ張る」国がないのが要因でしょうね。
 しかし、ドイツって自分でも「もっとも信頼できる」「もっとも謙虚」「もっとも思いやりがある」って思ってるんだ?実は結構イヤな奴?
 日本同様、敗戦国、といっても「自虐」とは全然無縁ですねぇ。

 BBCの調査でも、ドイツって西欧・北米以外は軒並み否定派が多数で、欧米以外は文明国じゃねぇ、相手じゃねぇ、みたいな世界観が、他の英国フランスアメリカなどなどに比べても露骨に出てるんですよね・・・。ナチスがいなくなっただけで、本音は今でも「アーリア人至上」主義?と皮肉が出るほど。
 ここでも、話題になりましたが、フランスとかイタリアの方がなんか「可愛げ」がある印象ですね・・。

 EU・ユーロはもうグダグダですが、例によってBBCの世論調査をみると、フランスドイツといったユーロの中心国は相変わらず、EU支持派が多数派ですね。なんだかんだいっても、無くなることはないんじゃないでしょうか。経済的合理性でEUやユーロをやっているわけでなく、政治力(一国、一国では弱くとも、まとまればアメリカ中国に匹敵する発言力)や安全保障の絡みが大きいでしょうし・・。
 まあ、経済的には日本の失われた20年どころでない停滞期に突入するのは間違いないですね。

 しかし、ギリシャは・・やっぱり、欧州の南朝鮮だわw。
  1. 2013-06-01 22:36
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> そういえば、BBCの方の世論調査でも、ドイツが今年は「良い影響を与える国」NO.1でした。まあ、この調査にみられるように、EU諸国になんだかんだいっても頼れるのはドイツしかない!という考えがあるのとと、日本における特亜のように「足を引っ張る」国がないのが要因でしょうね。
> しかし、ドイツって自分でも「もっとも信頼できる」「もっとも謙虚」「もっとも思いやりがある」って思ってるんだ?実は結構イヤな奴?
> 日本同様、敗戦国、といっても「自虐」とは全然無縁ですねぇ。

いえいえ、トンデモナイ自虐問題を抱えてます。ナチスドイツホロコースト問題です。200万人とか300万人とか虐殺したと言われてますが、実際は7万3千人! 大勢のユダヤ人が死んだのは主に伝染病でした、発疹チフスと言われています。
しかし未だに何百万人も殺したとかの話が独り歩きしていますし、ホロコーストは無かったと言ってはいけないと言う法律まで作らされたのです。
・・・文字数制限なので以下別コメントに・・・


  1. 2013-06-02 07:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
続きです

> BBCの調査でも、ドイツって西欧・北米以外は軒並み否定派が多数で、欧米以外は文明国じゃねぇ、相手じゃねぇ、みたいな世界観が、他の英国フランスアメリカなどなどに比べても露骨に出てるんですよね・・・。ナチスがいなくなっただけで、本音は今でも「アーリア人至上」主義?と皮肉が出るほど。
> ここでも、話題になりましたが、フランスとかイタリアの方がなんか「可愛げ」がある印象ですね・・。
>
> EU・ユーロはもうグダグダですが、例によってBBCの世論調査をみると、フランスドイツといったユーロの中心国は相変わらず、EU支持派が多数派ですね。なんだかんだいっても、無くなることはないんじゃないでしょうか。経済的合理性でEUやユーロをやっているわけでなく、政治力(一国、一国では弱くとも、まとまればアメリカ中国に匹敵する発言力)や安全保障の絡みが大きいでしょうし・・。
> まあ、経済的には日本の失われた20年どころでない停滞期に突入するのは間違いないですね。
>
> しかし、ギリシャは・・やっぱり、欧州の南朝鮮だわw。

心配なのはそこです。多分経済的には日本の失われた20年と全く同じ道を辿る筈。困った事ですが良い対策は無いでしょう。
中国が解体するのは時間の問題ですが、中国が解体したらユーロも廃止できるかもしれません。それまで苦難の道は続くでしょう。
  1. 2013-06-02 07:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>ナチスドイツホロコースト問題です。

73,000人ですか!? 600万人の虐殺は嘘だとは聞いていましたが、ウソだとすれば余りにもひどい。欧米人は「合理的」との刷り込みを私は持っていましたが、余りに不合理な話です。

いま、ウィキを少し読んだらこんな記述が。
『ほとんどの学者や歴史家はホロコーストが虚構であると認める勇気がない。もし堂々とそのような話をすれば職を失う恐れがあるし、アメリカドイツでは現実に解任された教授や経営者、解雇されたキャスターや記者などが多く存在する。』

これでは南朝鮮の「原始性」を笑う訳にいかないじゃないですか!口封じです。
事実を語る客観性はどこにもありません。「橋下市長の発言には事実性がある」などとは言えなくなります。

『面白すぎるヨーロッパ』どころの話ではなくなりました。
トンデモすぎる欧米人、トンデモ過ぎる特亜人。日本もドイツも言うべきことを禁じられた囚人ですね。
  1. 2013-06-02 09:17
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

BBC調査を少し分析してみました。あれは世界の人達の味方ということですが日本人の見方を解析することができます。

日本人の世界の国の評価

     良い   悪い
ドイツ   475
日本  459
英国    443
インド  424
米国    42 10
カナダ 401
ブラジル403
フランス334
南アフリカ 1910
南朝鮮1933
パキスタン6    39
支那564
イラン455
イスラエル354
北朝鮮  092

これってなかなかの数字だと思います。
日本人は外国を評価するとき、他の国は善悪をはっきり言うのに対して悪評価をしないという形を取ります。良くても5割は超えないよ。
そして分からない国には善悪の評価自体しません。

そして日本人から見て悪い、となると悪評価が急上昇します。
だから悪評価が良評価を超えるというのはそれだけで決定的ということです。この調査で今年南朝鮮は初めて逆転しました。今後支那イラン並の評価になることも十分ありえるでしょう。

おとなしそうに見えて案外辛辣な評価をしてるのは我が国特徴ですね。しかしこういう分析をしないところはやはりマスゴミは半島系に毒されてんでしょうか。
  1. 2013-06-02 11:49
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

あれ、表が完全に崩れてしまった。
それにしても分かることはここ数年見ても日本は問題ない国家とみなせば30%程度の評価はします。わからない国はどちらにも評価しませんから日本国で逆転というのは相当にきつい評価と思わねばならないのです。

この調査問題点は第三世界の選択が結構恣意的なことです。
日本の評価は、支那は常に低いですからいいので、南朝鮮の評価が上がれば最上位ですし(2010、2011)それが悪ければ上位ということです。こんかいしらべて2010、2011の2年間だけやたらに評価が良いのです。やはり売国政権だったということでしょう。
  1. 2013-06-02 12:18
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>ナチスドイツホロコースト問題です。
>
>73,000人ですか!? 600万人の虐殺は嘘だとは聞いていましたが、ウソだとすれば余りにもひどい。欧米人は「合理的」との刷り込みを私は持っていましたが、余りに不合理な話です。
>
>いま、ウィキを少し読んだらこんな記述が。
>『ほとんどの学者や歴史家はホロコーストが虚構であると認める勇気がない。もし堂々とそのような話をすれば職を失う恐れがあるし、アメリカドイツでは現実に解任された教授や経営者、解雇されたキャスターや記者などが多く存在する。』
>
>これでは南朝鮮の「原始性」を笑う訳にいかないじゃないですか!口封じです。
>事実を語る客観性はどこにもありません。「橋下市長の発言には事実性がある」などとは言えなくなります。
>
>『面白すぎるヨーロッパ』どころの話ではなくなりました。
>トンデモすぎる欧米人、トンデモ過ぎる特亜人。日本もドイツも言うべきことを禁じられた囚人ですね。


この問題の根はユダヤ人大財閥とイスラエル建国問題です。
ユダヤ人はナチスに虐殺された可哀そうな民、だからイスラエル建国は正しい。こんな理屈でイスラム教徒の土地に勝手に入り込んで国を作ってしまった。
その為に何が何でも大虐殺が有った事になってないと困る、こんな事情が有ります。
そして後ろにはユダヤ人大財閥の存在。
このカネに勝つことが出来る国は恐らくないでしょう。
だからドイツは涙を呑んでいるのだと思っています。

そんな事情がらみで日本も考えないといけないのです。
何せ日本人の主張する平和・平等主義はユダヤ人の主張と真っ向から対立するからです。
日本の従軍慰安婦問題、南京大虐殺問題、すべてがこの線で考えると理解できます。

まこと厄介この上ない話ですね。
  1. 2013-06-02 14:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん

>BBC調査を少し分析してみました。あれは世界の人達の味方ということですが日本人の見方を解析することができます。

>日本人の世界の国の評価

>     良い   悪い
ドイツ   47 5
>日本   45 9
英国    44 3
インド   42 4
米国    42  10
>カナダ  40 1
ブラジル 40 3
フランス 33 4
>南アフリカ 19 10
>南朝鮮 19 33
パキスタン 6    39
>支那 5 64
イラン 4 55
イスラエル 3 54
北朝鮮   0 92

>これってなかなかの数字だと思います。
>日本人は外国を評価するとき、他の国は善悪をはっきり言うのに対して悪評価をしないという形を取ります。良くても5割は超えないよ。
>そして分からない国には善悪の評価自体しません。

>そして日本人から見て悪い、となると悪評価が急上昇します。
だから悪評価が良評価を超えるというのはそれだけで決定的ということです。この調査で今年南朝鮮は初めて逆転しました。今後支那イラン並の評価になることも十分ありえるでしょう。

>おとなしそうに見えて案外辛辣な評価をしてるのは我が国特徴ですね。しかしこういう分析をしないところはやはりマスゴミは半島系に毒されてんでしょうか。

なるほど、面白い見方です。
それとこのコメント、何かおかしいですね。
返信ボタンを押しても引用文が出ません。IZAの欠陥かな?
  1. 2013-06-02 15:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>あれ、表が完全に崩れてしまった。
>それにしても分かることはここ数年見ても日本は問題ない国家とみなせば30%程度の評価はします。わからない国はどちらにも評価しませんから日本国で逆転というのは相当にきつい評価と思わねばならないのです。
>
>この調査問題点は第三世界の選択が結構恣意的なことです。
>日本の評価は、支那は常に低いですからいいので、南朝鮮の評価が上がれば最上位ですし(2010、2011)それが悪ければ上位ということです。こんかいしらべて2010、2011の2年間だけやたらに評価が良いのです。やはり売国政権だったということでしょう。


こちらのコメントはキチンと引用文が出ます。
何がどうなっている事やら・・・

所で2010年、2011年の2年間だけやたら評価が良い、
この件は私も何となく妙なものを感じていたのですが矢張りそうでしたか。
そりゃあ、土鳩・空き缶・野豚がどれだけ貢物をしたか、それを考えれば分かりますね。中には宮中の宝物まで勝手に持ち出してタダでくれてやったり・・・

それと一番大きな貢物は日本人技術者を大量に韓国に送り込んで技術パクリの手助けをした。勿論中国も同じです。
これが一番残念ですね。
  1. 2013-06-02 15:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>しかし未だに何百万人も殺したとかの話が独り歩きしていますし、ホロコーストは無かったと言ってはいけないと言う法律まで作らされたのです。
>・・・文字数制限なので以下別コメントに・・・

 確かに、これも、物理的に本当に可能なのか?という疑問がちょっと考えれば出てくる話ですよね。いつの間にか話が一人歩きしてタブーになっちゃたんですね。
 ただ、我が国の場合、ドイツと違って自国の大手マスゴミの一部が組織ぐるみで、この手の捏造を仕掛けてくることが問題かと・・。南京「大」虐殺、教科書、慰安婦ときて、今度は何のネタを探して捏造する気かな?朝日、オメーのことだよ!。
 
 もっとも、ホロコーストを真に受けたとしても、それで「現代」のドイツに悪印象や敵意を持つ人は少数派でしょう。ドイツが立派ってことではなく、世界の大多数の人々は自分自身が直接被害を蒙った、体験したわけでもない70年前の話より現代の方が重要なので(除く特亜)。

 この歴史認識問題は、これからも特亜はあの手この手で挑発し、問題化してこようとするでしょうが、ひたすらスルー、深入りしない方がいいと思いますね。
 安倍政権は今のところ無難なことを言って余計なことを言わない路線をとってます。人によっては腰砕けと取る向きもあるかもしれませんが、私はそれでいいと思います。
 だって、いくら資料や証拠を揃えて、正当性を主張したところで、世界のどれだけの人々が理解できるだけの東アジアの歴史に対する関心とか知識があるか?というと甚だ疑問だからです。

 彼らの土俵に乗ってはダメです。むしろ、現代を問題とすべきでしょう。特亜と日本、どちらが自由で世界にとって「良い影響力」があるか?世界にとって有益な行動をしているか?という点を世界に向けて発信すべきでしょう。前述したように、世界のほとんどの人々は自分自身が生まれてもいない「過去」より今現在ですし・・と考えますがどうでしょうね?
  1. 2013-06-02 19:21
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>To kazkさん
>
>>BBC調査

 これなんですけど、確かに日本に敵意、悪意を持つ国々は少数派であり、左巻きのマスゴミの「孤立する日本」云々がウソ、あるいはとんでもない事実誇張である証明にはなります。でも、一方で日本が「良い影響を与える」国の上位常連というのも、本当かな?と思うことがあるんですよね、海外経験の実感からして。東南アジアなんかでは間違いなく、その通りでしょう。でも、それ以外の地域ではどうなんだろ?って気が。

 正直、東アジア地域以外での日本の存在感って薄いものだと思いますが・・。もちろん、敵意、悪意は少ないけれども、一方であまりに日本が知られてないことにありゃりゃ・・と思うことがしばしばですし。
 そういえば、日本やドイツとともに上位常連のカナダも、経済力とか国力のわりに存在感の薄い・・という点で日本と似たような存在ですね。どこが評価されたのか?
 まあ、若い世代ですと、アニメ・マンガを筆頭とする日本製サブカルチャーが大好きな人が世界の大抵の国に一定数存在しますが、それが大勢に影響を与えるものなのかどうか?
 どなたか、ヨーロッパ、中南米など東アジア地域以外での日本の存在感について生の体験談をお教えいただければ・・と思うのですが。

 確かにこのBBC調査、貴重な資料ではあるのですが、あまり真面目、深刻にとらえすぎるのもどうなのだろうって気も。ま、そういう傾向がある、ぐらいに考えた方がいいのかなって気もします。
  1. 2013-06-02 19:39
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
>>しかし未だに何百万人も殺したとかの話が独り歩きしていますし、ホロコーストは無かったと言ってはいけないと言う法律まで作らされたのです。
>>・・・文字数制限なので以下別コメントに・・・
>
> 確かに、これも、物理的に本当に可能なのか?という疑問がちょっと考えれば出てくる話ですよね。いつの間にか話が一人歩きしてタブーになっちゃたんですね。
> ただ、我が国の場合、ドイツと違って自国の大手マスゴミの一部が組織ぐるみで、この手の捏造を仕掛けてくることが問題かと・・。南京「大」虐殺、教科書、慰安婦ときて、今度は何のネタを探して捏造する気かな?朝日、オメーのことだよ!。
> 

・・中略・・

> 彼らの土俵に乗ってはダメです。むしろ、現代を問題とすべきでしょう。特亜と日本、どちらが自由で世界にとって「良い影響力」があるか?世界にとって有益な行動をしているか?という点を世界に向けて発信すべきでしょう。前述したように、世界のほとんどの人々は自分自身が生まれてもいない「過去」より今現在ですし・・と考えますがどうでしょうね?


難しい質問です。過去よりも現代を問題にすべき、それはその通りだと思います。
しかし考えてみてください。日本国内ではコリアが日本を騙る、こんな事は有りえません。車で言えばヒュンダイが日本で売れない事で良く分かります。しかし海外では日本を騙っているのです。
hyundaiはアメリカでは「ホンディ」と読ませています。そしてホンダの店の隣に店を構えます。これがコリアなのです。
彼らはモノを売り込むのに一番強調するのは日本製と全く同じ、こう言って近寄ってきます。絶対に気を許してはいけません。
そして「今」が大事ではありますが、それと同じ意味で過去も重要だと思って対処すべきではないでしょうか。

尚反日についてはシナ・韓国の問題と思うと真実が見えません。実は英米、特にアメリカの中に反日が潜んでいる、マスコミもですがアメリカの財閥が裏に居ます。コイツを忘れないでください。
歴代アメリカ大統領の中に強烈な反日がいるのです。
  1. 2013-06-02 20:56
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
>To 短足おじさんさん
>>To kazkさん
>>
>>>BBC調査
>
> これなんですけど、確かに日本に敵意、悪意を持つ国々は少数派であり、左巻きのマスゴミの「孤立する日本」云々がウソ、あるいはとんでもない事実誇張である証明にはなります。でも、一方で日本が「良い影響を与える」国の上位常連というのも、本当かな?と思うことがあるんですよね、海外経験の実感からして。東南アジアなんかでは間違いなく、その通りでしょう。でも、それ以外の地域ではどうなんだろ?って気が。
>
> 正直、東アジア地域以外での日本の存在感って薄いものだと思いますが・・。もちろん、敵意、悪意は少ないけれども、一方であまりに日本が知られてないことにありゃりゃ・・と思うことがしばしばですし。
> そういえば、日本やドイツとともに上位常連のカナダも、経済力とか国力のわりに存在感の薄い・・という点で日本と似たような存在ですね。どこが評価されたのか?
> まあ、若い世代ですと、アニメ・マンガを筆頭とする日本製サブカルチャーが大好きな人が世界の大抵の国に一定数存在しますが、それが大勢に影響を与えるものなのかどうか?
> どなたか、ヨーロッパ、中南米など東アジア地域以外での日本の存在感について生の体験談をお教えいただければ・・と思うのですが。
>
> 確かにこのBBC調査、貴重な資料ではあるのですが、あまり真面目、深刻にとらえすぎるのもどうなのだろうって気も。ま、そういう傾向がある、ぐらいに考えた方がいいのかなって気もします。

私もそんなに海外に明るくないので、分かるのはアセアン諸国とイタリア位でしょうか。
でも一般論ですが何か大きなエピソードが有れば親日、或いは反日になるでしょう。
例えばトルコの親日は100年以上前のエルトールル号遭難事件がトルコ国民に大きな影響を与えています。(学校の教科書に載っています)、そんな目で見てどうなのか、是非皆さんのご意見を聞かせていただきたいと思います。
  1. 2013-06-02 21:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する