2013-05-30 18:19

マレーシアの歴史教科書は日本軍コタバル上陸に始まる

  タイの親日博物館関連で色々資料を見てみた。

興味深いものが有ったので紹介したい。

 

マレーシアの中学生の歴史教科書、マレーシアの歴史は日本軍のコタバル上陸から始まっているのだと言う。

 

最初に引用元は

http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page014.html

 

 

此処でこのHP主はこんな事を書いている。

 

<以下引用>


 平成21年4月にマレーシア・ペナン在住のイスマイル・ビン・ラザク氏を訪問した。その時に、ペナン中学3年生お嬢様アイーシャさんより頂いたのが上記教科書である。現在使用されている、マレーシアの国定の中学歴史教科書である。


 マレーシアの歴史は日本軍のコタバル上陸から始まる。はっ、と驚いた。国史の1ページ・・・それが・・・。
それ以前の、数百年数千年の歴史はないのですか。とアイーシャさんに聞いた。愚問だった。マレーシアは52年の歴史しかなかった。


 ブリッティッシュの老獪そして狡猾な植民地政策。略奪を正当化するための愚民政策、人種を多層支配する分割統治。
 宗教は消され、歴史は消され、言葉は消され、文字を消される。教育はない、自由もない、生きている意味さえ見出すことがむずかしかった。この地で生まれたプライドさえ・・・


 マレーシアのこの国定教科書に感謝したい。事実を伝えることがどんなに大変なことか。
 アイーシャさんにもう一度尋ねた・・・。

 「日本がコタバル上陸しなければどうでしたか」
 「マレーシアという国はなかったでしょう。今もブリティッシュの植民地のままでしょう」

平成21年4月28日

 

<引用終り>

 

そしてそのアイーシャさんからもらった歴史教科書と言うのがこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大分省略してあるので、詳細は上記リンク先参照ください。

 

尚此処で言われているイスマイル・ビン・ラザク氏については以下参照ください。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page005.html

 

 

イスマイル・ビン・ラザク氏 1927年マレーシア ペナン生まれ 78歳
荷役会社を元経営 現在もペナン在中 一女の父

日本語タイ語を理解する イスラム教徒マレー人である。

写真:H17.11.17 於タイ パヤオ
 

 

 

 

これからが私の言いたい事。

これを見てマレーシアはなるほど親日国、これは事実だがこの事を裏返すとマレーシアが独立したお蔭でイギリスは莫大な利権を失ったのである。

 

イギリス人の中に「日本が余計な事をしなければ、今でもマレーシアは俺たちのモノ」と言う意識が有ると考えてもおかしくない。

こんな意識が日本の従軍慰安婦問題の裏に隠れている。

 

日本はこの点を理解したうえでしっかり自分たちの主張を世界にアピールする必要があるのだと思う。

 

 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

マレーシアやインドネシアというのは基本的に多民族国家です。歴s的な経緯で諸民族がたくさん集まり個別に暮らすというアジア亜アフリカ地域特有の状態を生み出してしまいました。

ここを突かれ、諸民族、諸部族が合同して国家を作るということがなかったわけでしょう。国民国家というものを作れたのは、一部の幸せな先進国だけなのですよ。

マレーシアやインドネシアでは民族対立と言われますがこれどうしようもないでしょう。フランスあたりが15,6世紀あたりに無理やりやった統合を今やってるようなもんでしょうからね。

おそらく、マレーシア人にとってマレーシアという国家を意識できたのは1941年からだということなのでしょう。それ以前は彼らにとっては民族史、部族史の世界なのでしょう。

まあ英国人が、英国人がもう少し「正義」と「公正」を愛すれば問題がなかったのでしょうが、アジア、アフリカ人を人間と見ないという感覚が最大の問題だったのでしょう。

この辺りは人間何も進歩してません。古代ローマ人あたりのほうがよほどまともです。
  1. 2013-05-31 05:35
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>マレーシアやインドネシアというのは基本的に多民族国家です。歴s的な経緯で諸民族がたくさん集まり個別に暮らすというアジア亜アフリカ地域特有の状態を生み出してしまいました。
>
>ここを突かれ、諸民族、諸部族が合同して国家を作るということがなかったわけでしょう。国民国家というものを作れたのは、一部の幸せな先進国だけなのですよ。
>
>マレーシアやインドネシアでは民族対立と言われますがこれどうしようもないでしょう。フランスあたりが15,6世紀あたりに無理やりやった統合を今やってるようなもんでしょうからね。
>
>おそらく、マレーシア人にとってマレーシアという国家を意識できたのは1941年からだということなのでしょう。それ以前は彼らにとっては民族史、部族史の世界なのでしょう。


そうだと思います。
国民国家などと言うのは一部の先進国だけのものですが、その根本には統合の象徴がいる、そう考えています。


>まあ英国人が、英国人がもう少し「正義」と「公正」を愛すれば問題がなかったのでしょうが、アジア、アフリカ人を人間と見ないという感覚が最大の問題だったのでしょう。
>
>この辺りは人間何も進歩してません。古代ローマ人あたりのほうがよほどまともです。


白人社会を統合したのはキリスト教だと思っています。
しかしキリスト教の「世界にただ一人、唯一絶対の神の存在」、
そしてここにマルクスの平等で平和な社会の夢、これが結びついた。
多分これが20世紀の世界の最大の問題だったのかなあ、そう思っています。
  1. 2013-05-31 10:32
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

イギリス人は案外シニカルな連中ですから、奴らは泣き言など言わないでしょう。
寧ろそれはオランダ人・・・。
とはいえ、日本が米国に騙されること無く、日英同盟を続けてたら、第二次大戦は連合国として中東や欧州に参戦してた可能性が高く、東南アジアの歴史もまた違った物になったでしょうね。
  1. 2013-05-31 11:25
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>イギリス人は案外シニカルな連中ですから、奴らは泣き言など言わないでしょう。
>寧ろそれはオランダ人・・・。


良く見てますねえ、敬服しました。
泰麺鉄道での連合軍捕虜の話を見ていたらこんな話が。
捕虜のキャンプは国別、部隊別などにキチンと分かれていたのですが、その中で一番いじめられたのがオランダ軍。
理由は真っ先に降伏したからだそうです。


>とはいえ、日本が米国に騙されること無く、日英同盟を続けてたら、第二次大戦は連合国として中東や欧州に参戦してた可能性が高く、東南アジアの歴史もまた違った物になったでしょうね。
>


歴史にタラ・レバは禁物ですが、あの頃そういう視点が有ったらとつくづく思いますね。
  1. 2013-05-31 16:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

以前、マレーシアを旅行した時に、列車で乗り合わせた現地の若い人と話していたら、General Yamashita という名前が極自然に出てきて驚いた覚えがあります。こういう教科書で勉強しているんだったら、納得です。
私は山下将軍のことは多少は知っていましたので、話しができましたが、今の若い人たちだったら、何も知らなくて、話ができないでしょうね。

植民地から欧米勢力を追い出した、という側面を日本の教科書でも、もっと書いて良いように思うのですが。

その後で行ったクアラルンプールの歴史博物館も印象的でした。日本軍がイギリスを追い出した。その後敗戦してイギリスが戻ってきたが、日本軍の行動は、独立のために役立った、というような論調で書かれていました。日本の戦争が、外国で、多少なりとも肯定的に書かれていたのは驚きでした。
その前に行ったシンガポールの歴史博物館では、日本が徹底的に、否定的に書かれていたのとは対照的です。シンガポールは華僑の国だからでしょう。

  1. 2013-05-31 16:27
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>以前、マレーシアを旅行した時に、列車で乗り合わせた現地の若い人と話していたら、General Yamashita という名前が極自然に出てきて驚いた覚えがあります。こういう教科書で勉強しているんだったら、納得です。
>私は山下将軍のことは多少は知っていましたので、話しができましたが、今の若い人たちだったら、何も知らなくて、話ができないでしょうね。
>
>植民地から欧米勢力を追い出した、という側面を日本の教科書でも、もっと書いて良いように思うのですが。
>
>その後で行ったクアラルンプールの歴史博物館も印象的でした。日本軍がイギリスを追い出した。その後敗戦してイギリスが戻ってきたが、日本軍の行動は、独立のために役立った、というような論調で書かれていました。日本の戦争が、外国で、多少なりとも肯定的に書かれていたのは驚きでした。
>その前に行ったシンガポールの歴史博物館では、日本が徹底的に、否定的に書かれていたのとは対照的です。シンガポールは華僑の国だからでしょう。


凄い経験ですね、
山下大将の話など今の若い人には多分チンプンカンプンでしょう。
マレーの虎、そんな事を言っても全く意味不明。
しかしこういう歴史こそ学ぶべきもの、特に海外で仕事をする人には絶対必要だと思います。

日本はこれから中国からの撤退作戦をする訳ですが、何が難しいと言って撤退位難しいものは無い、そんな時には歴史に対する知識が重要ですね。

こんな話を見るとアセアンの旗が日章旗とピッタリ重なるデザインだが地色が違いだけ、こんな事も納得できます。
  1. 2013-06-01 07:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

> マレーの虎、そんな事を言っても全く意味不明。
私は、幼い頃に「快傑ハリマオ」を楽しんだ世代です。
東南アジアの開放のために戦うという、あんなストーリーは、今だったら、戦争を美化するものだ、とか、日本を正当化するものだ、とか言われて受け入れられないんじゃないでしょうか。しかし、当時は受け入れられ、人気を博していた。
私は幼かったので良く分りませんが、戦争の見方が、当時はまともだったのにその後おかしくなったんでしょうか。私らの世代でも、その後学校に上がって教わる教科書では、東南アジアの開放的な側面は全くありませんでしたから。

「快傑ハリマオ」が人気を博し、子供向け漫画に、「0戦はやと」「0戦太郎」や「紫電改のタカ」など戦記物が多かった時代、やっぱり今とは違うんでしょうね。

最近の日本を、右傾化と非難する国がありますが、「快傑ハリマオ」が人気を博した時代を考えたら、左に行き過ぎていたのが、やっと戻りだしたところのように思えます。
日本の円安を非難する国があるが、実は、行き過ぎた円高が少し戻ったに過ぎない、というのと同じように。
  1. 2013-06-01 16:26
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>> マレーの虎、そんな事を言っても全く意味不明。
>私は、幼い頃に「快傑ハリマオ」を楽しんだ世代です。
>東南アジアの開放のために戦うという、あんなストーリーは、今だったら、戦争を美化するものだ、とか、日本を正当化するものだ、とか言われて受け入れられないんじゃないでしょうか。しかし、当時は受け入れられ、人気を博していた。
>私は幼かったので良く分りませんが、戦争の見方が、当時はまともだったのにその後おかしくなったんでしょうか。私らの世代でも、その後学校に上がって教わる教科書では、東南アジアの開放的な側面は全くありませんでしたから。
>
>「快傑ハリマオ」が人気を博し、子供向け漫画に、「0戦はやと」「0戦太郎」や「紫電改のタカ」など戦記物が多かった時代、やっぱり今とは違うんでしょうね。
>
>最近の日本を、右傾化と非難する国がありますが、「快傑ハリマオ」が人気を博した時代を考えたら、左に行き過ぎていたのが、やっと戻りだしたところのように思えます。
>日本の円安を非難する国があるが、実は、行き過ぎた円高が少し戻ったに過ぎない、というのと同じように。


日本の戦争に対する考え方が変わった、これは私の見方ですが、ベトナム戦争が大きいと思います。
特に1968年(昭和43年)にソンミ村の虐殺事件が報道されると反戦気分が一気に盛り上がりました。
この頃からカンボジアのポルポト政権が倒れた1979年(昭和54年)1月頃までの約10年、日本も反戦運動が吹き荒れました。

残念ながら今現在もこの頃の反戦運動が生き残っています。

こんな所をしっかり反省することも必要ではないでしょうか。
この頃の反戦活動家の生き残りが空き缶一味なのですから。
  1. 2013-06-01 19:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

素晴らしいエントリーありがとうございます。

こうではないか・・・と思ってはいましたが、確信ができました。

マレーシアとはなんと潔くさりげなく現実と向き合う国でしょうか!( ̄□ ̄;)!!。
  1. 2013-06-02 15:14
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>素晴らしいエントリーありがとうございます。
>
>こうではないか・・・と思ってはいましたが、確信ができました。
>
>マレーシアとはなんと潔くさりげなく現実と向き合う国でしょうか!( ̄□ ̄;)!!。


お役にたてて幸いです。
先日のエントリーで色んな興味深い話が有ります。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3089878/

特にここに色んな興味深い話が
http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/

それにしてもtakacaさんがコメントされてますが、マレーシアの人と話をしたら、ごく自然にGeneral Yamashita と言う名前が出てくる。正に驚きですね。
  1. 2013-06-02 17:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する