2013-05-14 22:06

夢も希望もない韓国経済<正論なのだが、結論は?

 伊勢 雅臣さんの話は面白い。

私のいつも共感しているのだが、伊勢さんの言う結論にはどうにも納得しかねる。

何故か?

先ずはその内容を。

 

<以下、伊勢雅臣さんのブログより引用>

面白い内容なので全文は以下参照ください。

http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/entry/3068444/

 

 

 

夢も希望もない韓国経済:伊勢 雅臣

2013/05/05 12:19

               

■1.「夢も希望もないウリ(我らが)社会」

 

「大学新卒者が5人集まれば正規雇用は1人だけ。3人は非正規、1人は

無職」とは、韓国の大学卒業者の就職状況である。その就活(就職活動)

の苦しさは、日本以上だ。

全企業数に対してサムスン電子やLGエレクトロニクスといった財閥系企業

が占める割合は、わずか1%に過ぎない。しかし、主要財閥の総売り上げ

GDPの約75 %を占める。その入社試験の倍率は少なくとも数百倍で、トッ

プのサムスン電子に至っては700 倍とも報じられている。[1]

財閥系企業では(会社側は否定しているが)、TOEIC990 点満点中、800 

点以上でないと履歴書すら見て貰えないという。

就職支援会社の調査では、サムスン電子の新入社員の年俸は約4千万ウォ

ン(約345 万円、日本流にボーナス5ヶ月と考えると、月給換算20 万円

ほど)で、これは中小企業の40 代前半の大卒男性の平均年俸に相当する。

一方、全企業の新人社員の6割は、18 百万~220 万ウォン(約155

万円~190 万円、月給換算9万~11 万円)。年俸制を採用する韓国では

1年単位の契約なので、正規雇用と言っても、1年後に契約が更新されな

かったら、クビである。

 

・・・中略、長文なので以下各章の見出しだけ紹介

 

■2.同世代の6人に1人が国を捨てる

 

■3.世界一となった自殺率

 

■4.韓国企業の躍進と韓国国民の窮乏化

 

■5.国内を犠牲にして海外進出している韓国経済

 

■6.外国人株主が半分近く

 

■7.「経済成長しても国民が豊かになれない、歪んだ経済モデル」

 

■8.韓国経済はグローバル化時代の反面教師

 

・・・中略、最後のまとめ部分だけ紹介。

 

韓国経済の悲惨な現状は、グローバル化の時代の反面教師である。我が国においては、手間暇かけて自前の技術を育成し、国民を雇用し、国民に優れた商品を提供し、収益を国内株主に、税金を日本政府に納める企業をこそ、大切にしなければならない。

 

<引用終り>

 

全く正論である。何が文句が有るんだ、そんな文章だ。

だが良く考えてほしい。

 

我が国においては、手間暇かけて自前の技術を育成し(その通り)、国民を雇用し(そうだ、そうだ)、国民に優れた商品を提供し(当然だ)、収益を国内株主に(うん、うん)、税金を日本政府に納める(日本人の義務だ)企業をこそ、大切にしなければならない。

 

 

この全く当たり前のことが実は評論家のセンセ方の陥る誤謬、そして何も知らない一般大衆を騙す毒薬である。

日本人はミンス処方のこの毒薬に中り、あわや棺桶入りの重病にかかってしまった。

 

 

 

何がおかしいのか。

 

第一の問題は今の社会は絶えず国際競争をしている事。

例えばある会社が、

自前の技術で、国民を雇用し、優れた商品を提供しても外国企業が同じものが半値で製造し、それが輸入されたら・・・ アッと言う間に倒産である。

つまり競争と言う視点が欠けているのだ。

 

例えばこんな会社の事例、養命酒と言う会社が有る。

400年も前からの技術を連綿と受け継ぎ、今日でも優良会社だ。

しかしこの商品、余りにも市場が小さく特殊なので他社が割り込む魅力が無い。

従って独占企業である。

「鳥なき島の蝙蝠 {無鳥島(むちょうとう)の蝙蝠(へんぷく)}状態と言って良いだろう。

これなら全く問題ない。

 

 

第二の問題は量に対する考え方が全くない。

例えば代表的産業である自動車を考えよう。

自動車は開発するのにベラボーな費用が掛かる。

最近の代表的なクルマなどは、車一台のコストを見ると、①設計・研究・試作・評価に三分の一、②工場や生産設備に三分の一、③直接クルマを作る材料・加工・組立費用に三分の一、こんな風になっている。

だからクルマが今までの倍売れるようになれば、①+②の費用の一台当たり分は半分になる。

この理屈で国内だけでは足りないので外国に商品を販売しようとする。

言葉は悪いが、ビジネスの世界は「殴り込みの世界」

こんな事が全く考えられていない。

 

結論、伊勢雅臣さんの議論は「正論である。だがそれは実現できない絵空事」、こう言える。

 

日本人はこういう絵空事に騙されて三年半過ぎた・・・長かったなあ・・・。

もっと地に足をつけた議論がどうしても必要、今はその時なのだと思う。

 

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

No title

現状分析は出来てもそれに対する処方箋がないというところでしょうか。

こんな事言うのは釈迦に説法なんでしょうが、日本が生き延びるための方策はというとこんな所でしょうか。

1、製品であれ部品であれ他の世界では追従できない品質を目指す。オンリーワンになれば価格競争から逃れられる。

2、国内をある意味ガラパゴス化し外国と違う次元での商品サービス競争を展開し、外国の商品サービスの競争力をないものとしてしまう。

3、超高度な日本にしか無いものを逆に売り出す。外国で作れなければ外国は輸入するしか無い。

とにかく、極力商品をコモディティ化させない差別化を図ることこれが国内対策でありましょう。海外対策としては

4、海外に進出しその土地に適応した製品の生産による所得収支の黒字化。

5、世界的には、海外生産でスコモディティ化に対抗しケールメリットを目指す。

一種のグローカル化というのでしょうか、全く別な視点が必要になるでありましょう。

ただこれを遂行するためには日本社会が豊かで魅力あるものではければいけないでしょうね。外国が「いつかは日本みたいに…」という魅力を持ち続けなくてはいけないでしょう。19世紀に英国が20世紀に米国が覇権国となったのは決して軍事力だけではないでしょう。連中の生活スタイルが魅力的であったから世界の人々が集まったのでありましょう。

結局のところ日本人の生き方が魅力あるものか否かにかかるのでしょう。軍事や経済の支配はいつか消えます。
しかし文化の支配は簡単に滅びません。例えば古代ローマは1500年以上前に滅びましたがその法文化は未だに世界の半分を支配してます。我々がそのようなものを生み出せるか否かにかかってるんでしょうね。
  1. 2013-05-15 00:09
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>現状分析は出来てもそれに対する処方箋がないというところでしょうか。
>
>こんな事言うのは釈迦に説法なんでしょうが、日本が生き延びるための方策はというとこんな所でしょうか。
>
>1、製品であれ部品であれ他の世界では追従できない品質を目指す。オンリーワンになれば価格競争から逃れられる。
>
>2、国内をある意味ガラパゴス化し外国と違う次元での商品サービス競争を展開し、外国の商品サービスの競争力をないものとしてしまう。
>
>3、超高度な日本にしか無いものを逆に売り出す。外国で作れなければ外国は輸入するしか無い。
>
>とにかく、極力商品をコモディティ化させない差別化を図ることこれが国内対策でありましょう。海外対策としては
>
>4、海外に進出しその土地に適応した製品の生産による所得収支の黒字化。
>
>5、世界的には、海外生産でスコモディティ化に対抗しケールメリットを目指す。
>
>一種のグローカル化というのでしょうか、全く別な視点が必要になるでありましょう。


的確なご指摘です。
しかしナンバーワンへの道は極めて難しい。
最近のいい例は車ではプリウスでしょう。全く手本も何もない所からあれだけのモノを作り出した、ホンダ以外のメーカーが全部ギブアップしたのも無理からぬ話です。
しかし流石はドイツプリウスの可能性に驚き、もう一つの選択肢ディーゼルの革新の為、デンソーが開発したコモンレール技術に飛びついた。
どちらの技術も日本とドイツ以外ではモノにならないでしょう。

レンホーババア(あえてそんな悪口を言います)に言いたいです。
ナンバーワンへの道は極めて厳しい、しかし二番手では絶対にダメなんですと。

・・・長文なので以下別コメントにします。
  1. 2013-05-15 06:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
続きです
>ただこれを遂行するためには日本社会が豊かで魅力あるものではければいけないでしょうね。外国が「いつかは日本みたいに…」という魅力を持ち続けなくてはいけないでしょう。19世紀に英国が20世紀に米国が覇権国となったのは決して軍事力だけではないでしょう。連中の生活スタイルが魅力的であったから世界の人々が集まったのでありましょう。
>
>結局のところ日本人の生き方が魅力あるものか否かにかかるのでしょう。軍事や経済の支配はいつか消えます。
>しかし文化の支配は簡単に滅びません。例えば古代ローマは1500年以上前に滅びましたがその法文化は未だに世界の半分を支配してます。我々がそのようなものを生み出せるか否かにかかってるんでしょうね。

いつかは日本みたいな国になりたい、そういう国が増えてくるのはうれしい事です。

レヌカーさんと言う方が翻訳した本の中にこんな一節が、
>文明はその光で周縁を照らし、その圏内に取り込もうとする。こうした文明の力を開化力と呼ぶが、その強さで言えば世界に数ある文明の中でもインド文明はその最たるものの1つであろう。
・・・中略・・・
そこには征服も侵略も力による改宗もなかった。人々はインド文明を良いものとし、望ましいものと思い、利用したいと考え、その風に倣ったのだった。

これについては下記エントリー参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1142368/#cmt

此処で言っている「征服も侵略も改宗もなかった」、これこそ今の日本が目指すべき道だと思います。
  1. 2013-05-15 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

【自動車】ホンダ、F1復帰を正式決定 業績急回復に伴い…「マクラーレン・ホンダ」誕生へ [05/15]

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1368586954/-100

 明るいニュースが入ってきました。
  1. 2013-05-15 15:45
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

無関係ですが韓国経済の処方箋を書いてみましょう。まあ我慢できないでしょうが…

とにかく一つはウォン高の容認、これしかないはずです。これで輸入物価を下げ、国民生活の向上を図るしかないでしょう。そして一時的に本気になって国内の中小企業の保護育成にかからねばなりません。だから基本米韓EFTAなどは不要なのですよ。

本当は本気になり日本からの資本財や中間財に保護関税をかけ無理矢理でも自国製品を使わせなければいけません。支那相手にはそれでも商売になってんだから10年頑張ればそれなりのものになるでしょう。これやれば知財権の意味が本当にわかるでしょうしまともな国家になれるでしょう。

あと頭を下げて今までの非礼をアメリカに詫び、安全保障を任せてしまうことでしょう。思いやり予算はこういう時にやればよいのです。

これやったところでどうせ財閥企業は外に出て行くだけです。国内生産は諦めるでしょうから、それでも送金してもらえばOKとでも割りきるしかありません。とにかく5000万の国民がいる市場があるんだからそれを大事にしないのは馬鹿でしょう。

考えてみると打てる手は本当に少ないなあという気がします。一度二流国に落ちて完全に自力で這い上がるしか無いでしょうね。そういう時には在日の皆さんを召喚したらよろしい。愛国心溢れる方々だから財産持って飛んで帰るでしょう。

まあ、簡単な話です。嫌いな国なんだから頼らない。これを基本にすればいい、それだけなんですね。日本という国は連中には麻薬なんでしょうね。
  1. 2013-05-15 22:09
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>【自動車】ホンダ、F1復帰を正式決定 業績急回復に伴い…「マクラーレン・ホンダ」誕生へ [05/15]
>
>http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1368586954/-100
>
> 明るいニュースが入ってきました。


情報ありがとうございます。
嬉しいですね、やはりホンダにはレースが似合っている。
レースを忘れてファミリーカーだけを作るホンダでは魅力は有りませんからね。
私の年齢では最早レースなどとは無縁ですが、それでも爆音と排気ガスの臭いには何となくワクワクします。
そんな中から凄い新技術が生まれるのだと思っています。
  1. 2013-05-16 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>無関係ですが韓国経済の処方箋を書いてみましょう。まあ我慢できないでしょうが…
>
>とにかく一つはウォン高の容認、これしかないはずです。これで輸入物価を下げ、国民生活の向上を図るしかないでしょう。そして一時的に本気になって国内の中小企業の保護育成にかからねばなりません。だから基本米韓EFTAなどは不要なのですよ。
>
>本当は本気になり日本からの資本財や中間財に保護関税をかけ無理矢理でも自国製品を使わせなければいけません。支那相手にはそれでも商売になってんだから10年頑張ればそれなりのものになるでしょう。これやれば知財権の意味が本当にわかるでしょうしまともな国家になれるでしょう。
>
>あと頭を下げて今までの非礼をアメリカに詫び、安全保障を任せてしまうことでしょう。思いやり予算はこういう時にやればよいのです。
>
>これやったところでどうせ財閥企業は外に出て行くだけです。国内生産は諦めるでしょうから、それでも送金してもらえばOKとでも割りきるしかありません。とにかく5000万の国民がいる市場があるんだからそれを大事にしないのは馬鹿でしょう。
>
>考えてみると打てる手は本当に少ないなあという気がします。一度二流国に落ちて完全に自力で這い上がるしか無いでしょうね。そういう時には在日の皆さんを召喚したらよろしい。愛国心溢れる方々だから財産持って飛んで帰るでしょう。
>
>まあ、簡単な話です。嫌いな国なんだから頼らない。これを基本にすればいい、それだけなんですね。日本という国は連中には麻薬なんでしょうね。


面白い! 座布団3枚! いや5枚! と言った所かな。
韓国・北朝鮮の問題は根が深いですから大変。
江戸時代の朝鮮通信使の時代から朝鮮人の民度は今と同じでしたのでね。

若し本気で日本並を目指すなら・・・ 
少なくとも100年計画位でやらないとダメでしょう。
そんな難しい事が彼らに出来るとは到底思えませんがね。
  1. 2013-05-16 07:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する