2013-05-07 16:34

[日経新聞] 『中国不作なら国際政治揺らす』=トウモロコシ・小麦価格上昇=

  穀物価格が高止まりしている。特に最近中国が嘗てない急激な穀物輸入を行っており、タイとの関係でもコメを500万㌧も輸入するなどと言う話題を取り上げたことが有る。

 

その中国だがどうも今年はトウモロコシなどが不作ではないかと心配されている。

しかも中国の問題は全てその量の多さに収斂する、ちょっと輸入すると言っても他の国の一年分、そんな量なのだ。

 

最初にその日経新聞の記事。

 

 

 

<以下引用>

 

 

 

中国不作なら国際政治揺らす』=トウモロコシ・小麦価格上昇=

日経新聞 2013年5月6日(月) P.6 国際1面

 

 

=中東・アフリカ=『国民の不満高まる』

 北半球がトウモロコシの作付け時期を迎えるなか、世界2位の消費国・中国で秋の収穫減の懸念が浮上してきた。

 

不作で中国が穀物輸入を拡大すれば国際価格が上昇し、輸入依存度が高い中東やアフリカの(外貨が少ない)国々にも影響が及ぶ。

 

国民の不満が政治不安の引き金になりかねず、世界が中国の農業生産の動向を注視している。

 

 4月下旬、中国に駐在する米国の農業担当官が中国最大の農業生産地、黒竜江省を訪れた。

作付け遅延を自らの目で確認するためだ。

 

中国農業省はその直前「今年の作付け開始は7~10日遅れる」と発表。

国内のトウモロコシ生産の4割を担う東北部は多雨で土壌がぬかるむ。

 

この状態では作付けができず、ある程度乾くまで待つ必要がある。

 

『作付け遅れ影響』

 米国の研究によると、トウモロコシの作付けは5月中旬を過ぎると1日遅れるごとに収穫量が1%減少。

十分生育する前に真夏の炎天下にさらされるためだ。

 

 生活水準の向上で食糧需要が増える半面、天候不順は頻発し、中国の穀物輸入は急増。

これまで世界の輸入量の6割を占める大豆が際立っていたが、2011~12年はコメが前年比4.5倍、トウモロコシが同5倍、小麦が同3倍になった。

 

 トウモロコシ輸入量は世界の貿易量と比べれば5%だが、09年までは純輸出国だった国が純輸入国に転じたことは貿易の勢力図を塗り替えた。

 

米穀物協議会(USGC)は、14年には世界最大の輸入国である日本を抜き首位になる可能性があると指摘する。

 

 トウモロコシの最大の供給国である米国中国への輸出増で農家が潤うことを歓迎しつつ、中東政治への波及を懸念。

エジプトマリ、ナイジェリアが心配だ」(米政府当局者)

 

『小麦輸入国多く』

 トウモロコシ以上に国際政治を揺さぶるのは小麦だ。

 

中国は小麦の生産・消費ともに世界最大。

今年は豊作だったが、生産地の少雨で、秋の作付けに向けて不安が残る。

 

来年が不作の場合、輸入に頼らざるを得ず、価格高騰の恐れもある。

 

 その影響を最も受ける国の一つが世界最大の小麦輸入国エジプト

国民1人当たりの小麦輸入量でみると、上位9ヵ国を中東諸国が占める。

 

うち7ヵ国で11年に(物価高騰による政治不安定化で)流血デモが発生した。

 

 「このパン、質が悪くないか」。

カイロの繁華街ではこんな愚痴が増えてきた。

 

エジプトは11年に独裁政権が崩壊して以降、治安の悪化などから主要な外貨獲得手段である外国人観光客と海外直接投資が激減。

 

足元の外貨準備は134億ドル(約1兆3千億円)と政権崩壊前から6割も減った(=海外から小麦を輸入する際に必要なカネが不足している)。

 

 小麦の備蓄量も減り、主食のパンの生産にも影響。

低質な小麦を使う業者が増えているほか、価格も上昇傾向で国民の不満は高まる。

 

4月下旬にはモルシ大統領がロシアを訪問し、プーチン大統領に小麦の供給を要請したが明確な回答は得られなかったようだ。

 

 オックスフォード大学の地理学者スタンバーグ氏は最近発表した論文で11年の民主化運動「アラブの春」は直前に中国を襲った100年に一度の干ばつが要因の一つと結論付けた

 

 小麦の国際価格は11年2月にはその半年前の2倍以上に高騰。

(高失業率と物価の高騰に)腹をすかせた中東の若者は次々と独裁政権を倒した。

 

中国の穀物作況はエジプト・モルシ大統領にとり、切実な問題だ。

 

(大連=森安健記者、カイロ=押野真也記者)

 

(引用者注:日経は記事が有料なので以下参照しました)

http://blog.goo.ne.jp/pineapplehank/e/3b34d5ba70865b053ed207137522579f

 

<引用終り>

 

日本では今月に入っても北海道で雪が降ったりしている。

今の段階では判断できないが、今後の天候、目が離せない。

 

 

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

支那は2012年に穀物の輸入国に転落したのはほぼ間違いないでしょうね。

http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/fujii/pdf/6620.pdf
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/pdf/110607_2sec.pdf

2010年くらいまではそれなりの需給でしたが今後は改善するでしょうか。今年も干ばつを伝えられますが、本音は例外の絵お経がでないかのほうが心配です。

マスゴミは小麦粉や食用油の値上げを円安に引っ掛けて色々言ってますが馬鹿としか言いようが無い。そもそも価格が高止まりです。円高のが続いて一息ついてただけです。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/consumer/2013/03/post_277.shtml
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/kakaku_503.pdf

10年くらいまえの支那の小麦原産はどうやら需給を市場に任せた結果らしいですが今は増産政策をしてこの結果です。本当に連中うが人口に押しつぶされる時代が来たんでしょうか。

まあ、迷惑な話です。
  1. 2013-05-08 09:09
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>支那は2012年に穀物の輸入国に転落したのはほぼ間違いないでしょうね。
>
>http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/fujii/pdf/6620.pdf
>http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/pdf/110607_2sec.pdf
>
>2010年くらいまではそれなりの需給でしたが今後は改善するでしょうか。今年も干ばつを伝えられますが、本音は例外の絵お経がでないかのほうが心配です。
>
>マスゴミは小麦粉や食用油の値上げを円安に引っ掛けて色々言ってますが馬鹿としか言いようが無い。そもそも価格が高止まりです。円高のが続いて一息ついてただけです。
>
>http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/consumer/2013/03/post_277.shtml
>http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/kakaku_503.pdf
>
>10年くらいまえの支那の小麦原産はどうやら需給を市場に任せた結果らしいですが今は増産政策をしてこの結果です。本当に連中うが人口に押しつぶされる時代が来たんでしょうか。
>
>まあ、迷惑な話です。


興味深いデータ、有難うございます。
本文でも言っていますが、中国が輸入を増大すれば必ず世界に大影響が有る。今はそんな時期なんですね。
そしてそのターニングポイントがどうも今年らしい。
そんな気がするのです。

理由は韓国がいやに中国にすり寄っている。
会社が倒産するところを色々見てきましたが、倒産直前はいやに厚化粧で愛想がいい。これに騙されると酷い目にあいますが、今の中国はそんな感じがするのです。いやに厚化粧の癖にベタベタしている(日本以外に対してです)。

何処が切っ掛けになるか分かりませんが、日本で昔あったような「逃散」、こんな事が起こったら大変でしょうね。

それにしても日本のマスゴミの酷さ、目に余ります。
矢張りスパイ防止法とマスゴミ浄化法、これを急がねばいけないと痛感しています。
  1. 2013-05-08 10:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

「CNN」も「現代ビジネス」も「アラブの春と気象変動」というリポートを取り上げて、日経と同じ様なことを書いていました。

中国の新指導部、恐れるべきは気候変動? 政変の引き金にも
2013.05.06 Mon posted at 17:39 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35030923.html

トーマス・フリードマン
「隠れたストレス要因の怖さ~アラブの春と気候変動
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35296

ちなみに、こちらは晴れていますし、気温の上昇もありますけど・・・吹く風はいまだ冷たい、というところです。
  1. 2013-05-08 17:03
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>「CNN」も「現代ビジネス」も「アラブの春と気象変動」というリポートを取り上げて、日経と同じ様なことを書いていました。
>
>中国の新指導部、恐れるべきは気候変動? 政変の引き金にも
>2013.05.06 Mon posted at 17:39 JST
>
>http://www.cnn.co.jp/world/35030923.html
>
>トーマス・フリードマン
>「隠れたストレス要因の怖さ~アラブの春と気候変動
>http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35296
>
>ちなみに、こちらは晴れていますし、気温の上昇もありますけど・・・吹く風はいまだ冷たい、というところです。


情報ありがとうございます。
CNNもこんな時はまともな報道ですね。
しかしいよいよ気候変動で大変な事が起こりそう、そんな議論がいろいろ出てくるようになったことは良い事です。
やはり何時もキチンと万一に備える、そんな事が当たり前にできる社会が必要だという事でしょう。
  1. 2013-05-08 21:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する