2013-04-20 10:51

G20

 G20が終わりました。日本のやっている事が正しいと理解されて先ずは良かったと言うところです。

 

これは皆さまのNHKの報道(こんな時くらい犬HKと言わずにヨイショ)

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130420/t10014056701000.html

 

 

麻生さん、こんな時には絵になりますねえ。

G20の要人の中でもこれだけ存在感のある人物、なかなかいないでしょうね。

(日本が首相公選制で無くて良かったとしみじみ思います・・・)

日本のやっている事が追認された、それは良かったのですが、これからまたマスゴミの安倍バッシングが始まると思います。

 

そんな事で今の日本の苦境、その原点をもう一度見てみたいと思います。

 

 

 

所でこんな面白い表を見つけました。

先進各国の1人当たり名目GDPの推移を20年にわたってみたものです。

字が小さくて分かり難いですが、名目GDPという事は各国の通貨ベースでの比較、だから直接は比較できないので2012年を100とした指数になっています。

 

シェイブテイルさんのブログ、「シェイブテイル日記、”世間を知らないまま日銀を退任した白川総裁”」より借用しました。

http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20130320

 

 

 

この表は色が付けてありますが、2012年の100を赤にして数字の小さい順に虹の色のスペクトルで色を付けてあります。

2012年の100を赤、数字が小さくなるほど橙・黄・黄緑・緑・青・紫色です。(流石に紫色の国は無い様で、一番少なくても青色ですね)

赤を超えると赤外線ですが、この場合は赤のままの様です。

 

さてそれで見ると真中程に日本が有ります。

 

一般の国は90年~2012年まで23年間の傾向は左側から青~黄~赤と一人当たりGDPが増えています。しかし真ん中の国だけ全く異常。この二十三年間真っ赤です。

 

一人当たり名目GDPは1991年が100です。

つまり今から22年前の1991年と2012年が一人当たり名目GDPが同じ

1991年以降、この数字は緩やかではありますが上昇し、ピークが1997年の112。

実は1991年はバブル景気崩壊の年、だからバブル崩壊で大不況と言われながらも1997年までは緩やかに一人当たり名目GDPは増え続けていた。

 

そして1997年のピーク以降は一転下降局面になり、そのまま2012年の100になっている。

 

下降局面に入った1998年、この年なぜか自殺者が激増し、年間3万人の大台突破、それが2011年まで続いていた。

 

この間に事情はyuyuuさんのエントリー参照ください

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2124804/

 

また自殺については以下参照ください

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3038051/

 

 

ちょっとこの表の補足、細かすぎて見にくいので主要国だけ抜粋。日本のターニングポイントだった1997年と2012年を比較して見た。

 

                         逆に1997年を基準にすると

        1997年 ⇒2012年     1997年⇒2012年

日本       112    100        100      89

アメリカ       61     〃          〃    164

イギリス      58     〃          〃    172

ドイツ        72      〃           〃    139 

フランス      68      〃           〃    147

カナダ       58      〃           〃    172

イタリア       72      〃          〃    172

参考

韓国)       42      〃              〃     238

 

これを見ると日本は1998年からの失われた15年、今やっとそれから脱出する出口が見えてきたことが分かる。

それにしてもこれを見ると、なるほどKの国がこの頃大きな口を叩く訳だ。

 

 

上掲の表を作ったシェイブテイルさんの調査では、世界百八十数か国を調べてもこんな長期にわたり一人当たり名目GDPが下がり続けている国は日本だけ、こう指摘している。

 

1997年~1998年、一体何が有ったのだろうか。

その時は橋本政権の時。

そしてやった事は消費税の増税と財政再建だった。

この路線がその後延々と続き、最後にミンス政権で日本をくちゃくちゃに毀損して今日に至っている。

 

尚橋本政権が自民党政権かと言うと実は全く違う。

橋本政権は自社さ連立で、日本社会党(その後社民党に名称変更)からは副総理・大蔵大臣久保亘ほか5閣僚、新党さきがけから厚生大臣管直人ほか1閣僚が入っている。

 

日本がやっとソロス氏言うところの「過去25年間、日本は緩慢な死への道を辿ってきた」、これから脱出しようとしている。

このG20はそんな意味で後世にのこるイベントになったのだと思う。

 

 

 

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

この表は「え!」と思いましたが自国通貨建てですね。これなら分かる気がします。ビジュアル的にはインパクトが大きいですが指数ですからそうなりますか。これでも日本の経済発展はないなどというお馬鹿にはいい薬でしょうね。

国際比較はやはりドルですからいくつかグラフを作りました。
これが日本の恥の根源です。

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1997&e=2013&c1=JP&c2=US&c3=GB&c4=DE&c5=FR&c6=KR&c7=TW&c8=CH

こうして見てみると台湾も日本の後を追ってるのでしょうか。次の表は93年の一人あたりGDPランキング。これから主要な問題は為替だったということが明白です。

http://ecodb.net/ranking/old/imf_ngdpdpc_1993.html

もしまともな経済政策を採っていたらどうなったか。以下のグラフのスイスを見て下さい。

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDPDPC&s=1997&e=2013&c1=JP&c2=US&c3=GB&c4=DE&c5=FR&c6=KR&c7=TW&c8=CH

スイスも散々自国通貨高に悩まされてますから良い比較です。スイスと同じ程度の経済成長をしてれば一人あたりのGDPで倍近くなってた可能性があるということです。

システスイスはごく当たり前の成長をしただけというのはこのグラフから明白です。

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_RPCH&s=1997&e=2013&c1=JP&c2=US&c3=GB&c4=DE&c5=FR&c6=KR&c7=TW&c8=CH
  1. 2013-04-20 13:31
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん

大変興味深い資料有難うございます。大いに参考になります。
実はGDPデフレーターは時々チェックしていましたが、台湾スイスについては気が付きませんでした。
目から鱗の思いです。

所で私が気になるのはデフレ歓迎論者の存在、例えば日銀の白川ごときなどその張本人です。
何故そんな連中が幅を利かすのか、近いうちにそれを取り上げたいと思いますが、丁度そのためにもいい参考資料になると思います。
例えば
ドルベースの一人当たり名目GDPの推移を見てみるとこうなっています。
日本のドルベース名目GDP
1997年  34,307ドル
2007年  34,038
2008年  37,865
2009年  39,321
2010年  42,916
2011年  46,108
2012年  45,735

1997年~2007年まで10年間ドルベースの名目GDPは殆ど変っていません。
しかし2010年・2011年・2012年のこの名目GDP増加は何が原因か、答えは簡単、為替相場です。
そしてこれを見てニコニコしていたのがミンス連中と白川日銀、そしてアホマスゴミ連中。シメシメ俺たちが政権を盗ったおかげでGDPがこんなに増えている。目出度し目出度し。
この考え方を打破しないと日本再生は無いわけで、その為この資料、大いに参考になります。
有難うございました。
  1. 2013-04-20 18:55
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>調べてもこんな長期にわたり一人当たり名目GDPが下がり続けている国は日本だけ

 高齢少子化で人口が減るから、デフレで成長しないのは、当たり前みたいなアホウなことをいう学者がいて、その彼の著作がベストセラーになっちゃうんですもんね。

 じゃあ、日本以上に人口減が激しいドイツは?ロシアは?という当然、為されるべきツッコミがどうして為されなかったのか?今にして思うと不思議ですよねぇ。
  1. 2013-04-20 23:20
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
>>調べてもこんな長期にわたり一人当たり名目GDPが下がり続けている国は日本だけ
>
> 高齢少子化で人口が減るから、デフレで成長しないのは、当たり前みたいなアホウなことをいう学者がいて、その彼の著作がベストセラーになっちゃうんですもんね。
>
> じゃあ、日本以上に人口減が激しいドイツは?ロシアは?という当然、為されるべきツッコミがどうして為されなかったのか?今にして思うと不思議ですよねぇ。


その通りなんですよねえ。
日本中皆が集団催眠にでもかかったかのような、そんな気がしてきた今日この頃です。
理由は仰る通り、本来冷静であるべき学者連中がいい加減な説を垂れ流す。
地球温暖化しかり、原発コワいしかり、活断層コワいしかりです。

経済もちょっと考えれば分かる事が全く分かっていない。
今も「はいぱぁ いんふれーしょんだー」とのたまうアホセンセがいますが、ハイパーインフレにする為には膨大な紙幣を印刷せねばいけない。そんな事すらわかっていないんですからね。
  1. 2013-04-20 23:42
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する