2013-04-15 18:39

3月の自殺者数速報値

  3月の自殺者数速報値が発表されています。

嬉しい事に単月で2500人を割り込んでいよいよ年間3万人割れが確実になってきています。

 

 

3月の速報値は2433人です。

何故私が3月の数字にこだわるか、例年自殺者数は3月から5月がピーク。

そして3月で2500人を割れば、年間で3万人割れはほぼ間違いないと考えるからです。

(単純計算ですが、2500人×12ヶ月=3万人/年)

 

先月「就活自殺?」なる珍語に関してエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3038051/

 

 

そこでも取り上げたこのグラフ、もう一度見てください。

 

これで分かるように1998年3月、突如ポンと跳ね上がり、そのままずっと年間3万人越え。昨年やっとその3万人の大台を割り込んだのである。

(2012年~27、858人、2011年~30、651人)

そして上掲グラフを見ると分かるように98年3月にポンと跳ね上がるまで、自殺者は月度のピークでも2500人を超えることは無かったのである。

 

だから3月単月で2500人以下になったという事は日本が15年続いた失われた時代から抜け出した証拠と考えても良いからである。

(注:それでも日本の自殺者数は多い、しかし新しい時代の第一歩ととらえていただきたい)

 

今年が日本の歴史に残るターニングポイントの年、その表れが一つ出てきた、そう思えるのです。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

私の知人が2433人の1人です。死後、分かったのは自分の給料や財産を会社に短期借入金として入れて、なんとか営業を続けてきたのですが、もう財産が尽きたのです。億を越える金を入れてたのです。気が弱くてリストラできない社長の悲劇です。通常なら営業所を整理するとか人員を削減するとかして経費を削減するのですが。
3月に自殺が多いのは期末で決算の数字が見えるから。そして5月は株主総会の季節だからです。誰かに相談したら方策はあるのですけど、社長は孤独ですからね。

  1. 2013-04-15 18:53
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>私の知人が2433人の1人です。死後、分かったのは自分の給料や財産を会社に短期借入金として入れて、なんとか営業を続けてきたのですが、もう財産が尽きたのです。億を越える金を入れてたのです。気が弱くてリストラできない社長の悲劇です。通常なら営業所を整理するとか人員を削減するとかして経費を削減するのですが。
>3月に自殺が多いのは期末で決算の数字が見えるから。そして5月は株主総会の季節だからです。誰かに相談したら方策はあるのですけど、社長は孤独ですからね。
>


残念な話ですね、お察し申し上げます。
私も年間3万人以上の中に若者が二人います。
特にその内の一人の時は私はタイに居ましたが、とんぼ返りで駆けつけました。
一人一人事情は違うのですが、共通するのは明日を信じられない、そんな思いなのでしょう。

アシ~タが有る~さ、明日が有る~。こんな時代を何とか作らねばと思います。
>
  1. 2013-04-15 20:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

少しは明るさが見えて来ましたけね。
幸せ指数一個は向上でしょうね。問題はもう一個の合計特殊出生率だと思います。こちらが向上すればおそらく、国家は盤石でしょうね。ぜひとも人口一億くらいで静止状態を実現して貰いたいものです。

ところで小生、自殺者数の減少は景気のみならず気分の転換が大きいと思います。自殺者数がピークを付け減少に転じるのは2011年5月です。これを震災と関連付けない人間は馬鹿でしょう。落ち着いてみた時に、まだまだ希望はある、なんとかなるんだという気分に戻ったんじゃないでしょうか。皮肉れば自殺するような奴は大概自殺したから強い奴が残ったという意見もあるでしょうが…

明らかにトレンドは変わりましたよね。若者はある意味弱者です。弱者が生きる希望を早く持てる時代になってもらい立ちものです。
  1. 2013-04-16 11:42
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>少しは明るさが見えて来ましたけね。
>幸せ指数一個は向上でしょうね。問題はもう一個の合計特殊出生率だと思います。こちらが向上すればおそらく、国家は盤石でしょうね。ぜひとも人口一億くらいで静止状態を実現して貰いたいものです。
>
>ところで小生、自殺者数の減少は景気のみならず気分の転換が大きいと思います。自殺者数がピークを付け減少に転じるのは2011年5月です。これを震災と関連付けない人間は馬鹿でしょう。落ち着いてみた時に、まだまだ希望はある、なんとかなるんだという気分に戻ったんじゃないでしょうか。皮肉れば自殺するような奴は大概自殺したから強い奴が残ったという意見もあるでしょうが…
>
>明らかにトレンドは変わりましたよね。若者はある意味弱者です。弱者が生きる希望を早く持てる時代になってもらい立ちものです。


全く同感です。
あの大震災以来何かが変わった。
未だに反原発報道が止まる事は有りませんが、復興への歩みが国民の中に何か新しいものを芽生えさせたのだと思います。
この流れを確かなものにしたい、その為自分にできることは何か、それをいつも自問しています。
  1. 2013-04-16 13:03
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する