2013-04-13 17:39

今世紀末、洪水リスク最大4倍 環境省などが温暖化報告<時代遅れの嘘

 今日の新聞にこんな記事が有った。

これは産経の記事

 

<以下引用>

 

 今世紀末、洪水リスク最大4倍 環境省などが温暖化報告

2013.4.12 18:19
 
 地球温暖化が進むと今世紀末には大雨の増加で河川の洪水リスクが最大約4倍になり、大都市圏の東京、大阪、伊勢湾沿岸では海抜ゼロメートル地帯の面積が1・5倍に広がって高潮被害の危険性が増すと指摘した報告書を環境省文部科学省気象庁が12日、公表した。
 
・・・以下略、詳細は下記リンク先参照ください・・・
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130412/scn13041218210000-n1.htm
 
<引用終り>
 
この話は裏の桜さんが詳しく解説されているので、そのブログを参照ください。(これ以上私が付け加えることは有りません)
 
http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/3048985/
 
 
地球の気温は過去100年以上の上昇トレンドが終わり、既に約15年間上昇が止まった状態である。
これはいろんな観測結果間違いない事が証明されている。
そして太陽の観測結果から太陽活動が異常であり、今地球は寒冷化の入り口にさしかかっている、そんな事がハッキリしてきている。
 
そこにこんな報道。私は目を疑った。
実は今月は私は読売新聞と中日新聞を購読している。
地元のニュースを知るため、止むを得ず反日・中日新聞をとっているので気が付いたのだ。
そこでコンビニで色んな新聞を買ってきた。新聞各紙の論調が見たかった為だ。
結果、読売・朝日はこの件は無視、日経・中日は取り上げていた。
(産経も同様と思います。)
 
何故そんな事をしたのか。
地球温暖化は全くのインチキだったことが分かってきている。
だから良識ある新聞社なら少なくとも環境省が発表しても、対立意見がある事、しかも日に日にそれが確実になっている事位書き添えなければ可笑しいからだ。
 
幸い読売・朝日は無視している。良い事である
 
所でこの基地外発表、一体どんな奴がやったのか、環境省のプレスリリースを覗いてみたら、居ました居ました、江守正多、此奴です。
 
この江守正多については以下のエントリー参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3013956/
 
こんなウジ虫が未だにウロウロしている所、日本の科学者のレベルを疑われても仕方ない、情けない話です。
 
所で最後にお笑いを一席。
この江守正多をGOOGLEで検索すると
 
こんなのが出てきます。
江守正多とやら、天の神様はお見通しですぜ、
年貢の納め時じゃないですかねえ。
 
 
最後に裏の桜さんが紹介されていた渡辺正教授の話、この方の書かれた本が大変面白いです。
地球温暖化神話 終わりの始まり」
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2657791/
 
興味のある方は是非どうぞ。
 
但しこの本、どう言う訳か本屋で見かけたことは有りません。出版元の丸善に行っても見かけないのです。どうなっているのでしょうか。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

「江守正多」で検索。笑わせてもらいました。すごい!
しかし、他の気象学者は、なぜこんなヤツを放っておくんでしょうね。理系の学者って、人文系に比べたらはるかに誠実だと思っているんですけど。
  1. 2013-04-13 23:11
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>「江守正多」で検索。笑わせてもらいました。すごい!
>しかし、他の気象学者は、なぜこんなヤツを放っておくんでしょうね。理系の学者って、人文系に比べたらはるかに誠実だと思っているんですけど。


残念ながら問題はカネです。
クライメイトゲート事件で明らかになったように、政府に出す莫大な金(研究費)に学者が目が眩んでしまっているのです。
潤沢な金が有れば、色んな若手を養えるのでそこに若い人も集まってくる。
温暖化懐疑論では金にならないのです。
江守正多などもその一味でしょう。
もう一つ、これは憶測ですが学会のボスがカネの采配を振るっているのではないかとみています。
だから温暖化懐疑論者は今日現在でも冷や飯を食っている、そんな事情が有ると思います。
  1. 2013-04-14 07:55
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私たちに残されたかすかな「破局の回避」の可能性のために(3):急激に増加する宇宙線の中で「突然」進化する人類
http://oka-jp.seesaa.net/article/354616420.html

 このIn Deepさんの記事のように、気温のみでなく宇宙線の量も注視していかなければならないのでしょうね。
  1. 2013-04-15 09:54
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>私たちに残されたかすかな「破局の回避」の可能性のために(3):急激に増加する宇宙線の中で「突然」進化する人類
>http://oka-jp.seesaa.net/article/354616420.html
>
> このIn Deepさんの記事のように、気温のみでなく宇宙線の量も注視していかなければならないのでしょうね。


情報ありがとうございます。
紹介いただいた記事にある通り、今年の花は異常に早い。
原因は色々言われていますが確かに気になります。
宇宙線も注目すべき項目ですね。
地上で見ると宇宙線の増加ですが、太陽系全体でみると太陽活動低下で磁力線によるバリアーが弱っているようです。
マウンダー極小期に現れた現象に似ているようです。
もっとカネをかけて調査が必要でしょう。
  1. 2013-04-15 11:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する