2009-10-28 22:27

護衛艦「くらま」衝突事故<TV・新聞は偏向報道ばかり

海上自衛隊の護衛艦「くらま」と韓国籍のコンテナ船による衝突事故が関門海峡で発生した。

この事故、発生直後から”また護衛艦による事故だ”といった論調の報道一色だ。

しかし本当だろうか?

 

 

今日本のマスコミ連中は何とかして護衛艦のミスを探そうとして躍起になっている。

しかしよく考えてみれば誰でもわかる、関門海峡は海の難所中の難所。そこを大きな護衛艦が通るのだ、当然艦長以下全員が配置についている。艦首にも艦尾にも見張りがいるはずだ。

 

 

実は「くらま」には個人的に思い出がある。「くらま」を訪問したことがあるのだ。

2000年6月、海上自衛隊の護衛艦3隻がタイを親善訪問したことが有り、その時の艦隊の旗艦が「くらま」だった。

「くらま」の艦上でレセプションがあり、そこに出席させていただいたので、「くらま」乗組の自衛官の方といろいろ話をさせていただいた。

さすが旗艦だけの事は有り、自衛官の方の国を守る強い意志と日常の行動に深い感銘を受けたことを忘れることは出来ない。

 

その「くらま」が海の難所を通るのだ、気の緩みなどある筈がないと思う。

 

 

アカヒ新聞にはこんな説明図が載っている。(28日夕刊1面)

こんな図ではコンテナ船が追突回避のため、つい左に出たように見える。

しかも現場は相当広い海域のように見えると思う、

然し事実はそんなものではない。

 

 

 

事故現場がどこかと言うと、

こんな図を見て欲しい  JAFロードマップより(部分)

 

狭い関門海峡を通る航路が事故現場で”くの字型”に曲がっているのが分かると思う。

ここは源平の戦いの舞台壇ノ浦に近い、幅約500メートルの早鞆瀬戸水路で難所中の難所。

つまりここを航行する船舶は正に針の穴を通るように、ここを通過していくのだ。

当然色んな航路標識が整備され、管制システムもある。

 

 

以下ysaki777さんのブログより借用

事故現場がどんな所かこれでよく分かると思う

この図を見ればここを通る船舶がどのように注意を払っているか、大体見当がつくと思う。

西行き、東行きいずれも自分の行く方向にある導灯等を目印にしている。ここでは航路を外れることなど絶対に不可、そして一番狭いところで進路を変えるのだ。

 

 

アカヒ新聞によれば、コンテナ船は前を走る船を追い越そうとして左に出たと言う。

だが馬鹿を言っちゃイカン、こんな狭いところであんな大きな船がやったら、衝突か座礁間違いなし、それが事故現場なのだ。

 

これもアカヒ新聞の論調だが、ここは追い越し禁止とはなっているがきちんと警告し、安全が確認されれば追い越しても良いと言う。これもアカヒ流の曲解、だとしてもこんな場所で追越が許されるはずがないのが常識。

 

マスゴミ書士、ウソ吐き記者諸君、いい加減に自分のウソ吐きぶりに気がついてもいいだろう。

 

 

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

No title

写真もあります。唐戸の当たりから撮影。
本当に、この事故現場の幅は狭いです。
  1. 2009-10-29 12:21
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

写真早速見ました。唐戸あたりから撮影したとの事ですが、夕日に映える関門橋がとても美しいですね。
あの角度からだと早鞆瀬戸水路の狭さが本当に良く分かります。
くだらんコリアべったり記事を書く連中に是非見せたいものです。

所で yuyuu さん は音楽だけでなくカメラもご趣味なのでしょうか?
何気ない風景写真のようですがシッカリ決まってます。
  1. 2009-10-29 16:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>所で yuyuu さん は音楽だけでなくカメラもご趣味なのでしょうか?
>何気ない風景写真のようですがシッカリ決まってます。

若い頃に登山をやっていて山や湖の風景写真はかなり撮影しました。
その後、一応は市販されている雑誌の表紙の写真を2年間ぐらい担当していた頃があります。原稿料を貰ってたので一応はプロなんでしょうね。

今は、デジカメと携帯電話のカメラで、三脚も持たずに撮影してますが・・
  1. 2009-10-29 18:01
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん

>若い頃に登山をやっていて山や湖の風景写真はかなり撮影しました。
その後、一応は市販されている雑誌の表紙の写真を2年間ぐらい担当していた頃があります。原稿料を貰ってたので一応はプロなんでしょうね。

これは写真もプロだったとはつゆ知らず、大変失礼しました。
道理で何気なくとったように見えるのに迫力が違う。
デジカメと携帯電話のカメラとの事、写真は機材じゃないですね。
また機会がありましたら迫力有る写真を期待しています。
  1. 2009-10-29 20:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

yuyuuさんが写真のプロだったとは!
早くそれを言ってよ。どうりで写真に拘りが有るはずだ。
これからは三重苦にならぬよう準備万端整えて旅行する事にしよう。

ところで、この関門海峡は、実際に現場に立ってみると、本当に狭いです。私の故郷の博多から近く、友達も近くに住んでいましたからこの当たりは良く行きました。2万トンクラスの大型船が通ると本当に船に手が届きそうなくらい。この狭い海峡で追い越しを掛けるのは無謀と言うより暴挙でしょう。
と言うことは事故を装って意図的にくらまを狙ったテロとも感じます。
そう言う話にはならんでしょうが。
  1. 2009-10-30 07:26
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん

旅の途中、多忙な中でのコメント有難うございます。

>yuyuuさんが写真のプロだったとは!
>早くそれを言ってよ。どうりで写真に拘りが有るはずだ。
>これからは三重苦にならぬよう準備万端整えて旅行する事にしよう。

ったくもう! 私なんぞはプロとも知らず”写真もご趣味ですか”などと・・
うぅ! 恥ずかしい。
  1. 2009-10-30 08:42
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>これは写真もプロだったとはつゆ知らず、大変失礼しました。
>道理で何気なくとったように見えるのに迫力が違う。
>デジカメと携帯電話のカメラとの事、写真は機材じゃないですね。
>また機会がありましたら迫力有る写真を期待しています。

いやいや、アマチュアでもっと上手な人がいるのが写真の世界です。
プロでも下手なのが混じるのが写真の世界です。
で・・・どこで区別するか?
というと「金になるか」と言うことでしょう。
その意味では一時、金を貰っていたのでプロと言うことなんです。

今は、趣味でやっているだけですので・・・

  1. 2009-10-30 16:07
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する