2013-04-03 15:47

満天星

  今年は桜もとっくに満開の所が多いが、拙宅の満天星(どうだんつつじ)も早くも咲きそろいました。

例年より10日以上早い開花です。

 

これは今日の満天星

 

 

これは昨年4月15日の満天星

 

私は愛知県在住で、3月の名古屋の平均気温は昨年より1.8℃高いとか。

それにしてもあまりにも早い開花、こんな事が何時までも続く筈はないので何か変な事でもなければいいのだが・・・

 

 

所で満天星と言えばこんな美しい満天の星とオーロラとパンスターズ彗星。

 

ロシア・ムルマンスクにて、宇宙天気ニュースより

 

http://swnews.jp/2013/swnews_1304021221.html

 

美しいですね。一服の清涼剤でしょうか。

 

尚上掲宇宙天気ニュースには最新の太陽黒点数推移グラフがアップされている。

参考までに見てください。

 

http://swnews.jp/2013/swnews_1304031235.html

 

以前からいろいろエントリーしてきましたが、いよいよ太陽活動の衰退ぶりが目で見える所まできました。

 

太陽活動については以下など参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2993285/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2733528/

 

 

このままでは江戸時代のダルトン極小期(1790-1820)並みになるのは間違いなし。更にマウンダー極小期(1645-1715)並みになる可能性が大である。

平均気温で2度くらいの寒冷化は覚悟せねばならないようだ。

 

幸いミンス無能政権は引き摺り下ろしたので、これから日本再生に向かわねばならないが、気候変動が相当足を引っ張る恐れがある。

注意深く見ていかねばならない。

 

 

 

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

以前のお話の通り太陽黒点は2011年11月がピークだった感があります。後はおそらく尻すぼみになるでありましょう。昨今思うのは天候というものが両極化してるのではないかということです。

暑いとき寒い時がはっきりし、雨も降る時と振らぬ時が分れ画然としてるという気がします。こういう乱高下があると次に一気に下げが来るというのが株式市場ですが、これは案外気候にも当てはまるんじゃないかという気がします。

温暖化ガスがなんたらこうたらどうでもよいという気がします。この異常になぜみんなもっと目を傾けないか、不思議でしょうがありません。
  1. 2013-04-05 10:45
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>以前のお話の通り太陽黒点は2011年11月がピークだった感があります。後はおそらく尻すぼみになるでありましょう。昨今思うのは天候というものが両極化してるのではないかということです。
>
>暑いとき寒い時がはっきりし、雨も降る時と振らぬ時が分れ画然としてるという気がします。こういう乱高下があると次に一気に下げが来るというのが株式市場ですが、これは案外気候にも当てはまるんじゃないかという気がします。
>
>温暖化ガスがなんたらこうたらどうでもよいという気がします。この異常になぜみんなもっと目を傾けないか、不思議でしょうがありません。


確かにご指摘の通りです。
今研究者はこう言っています。
太陽活動の歴史を、特にマウンダー極小期が如何だったのか調査してみると太陽黒点がほとんど消えた時でも黒点周期は存在した。
それは普通11年前後の周期が14年くらいに伸びていた。そしてその直前のサイクルも周期が14年くらいに伸びていることが分かってきた。此れから見ると今はマウンダー極小期の入り口にしか見えない。」こんな風です。

そんな事で今こそ寒冷化対策を急ぐべき、しかももっと悪い事にピークオイルがとっくに来てしまったことがハッキリしてきた。
アメリカは車の燃費改善に躍起になっていますが、これからもっと大変な事になる。

救いは日本が売国ミンスから決別したことです。
まだミンス政権だったらどうなっていたことやら・・・
  1. 2013-04-05 18:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

満点星とオーロラのカーテンに浮かぶパンスターズ彗星、美しいですね。

パンスターズ彗星が太陽系に近づくのは今回一度きりで、
二度と戻って来ない彗星なのですね。
ネットで調べてみて、長周期彗星という言葉を初めて覚えました(苦笑)。
長周期彗星は太陽系よりも遥か彼方、オールトの雲からやって来るそうですが、この彗星はそんな場所からはるばるやってきて、写真のような夜空を作ったのかと思うと、感動を覚えます。

今年の冬にはアイソン彗星も訪れるそうですが、
満月と同じくらいの明るさになる(予測)とのことなので、
わたしのような素人でも見つけられたらと期待しています。

ちなみに、娘はこの緑の空(オーロラ)を指差しながら、
どうすればこの空を見ることができるのかしきりに聞いてきました(笑)

お庭の満天星は今年も綺麗なお花をつけましたね。
満天星は春に咲かせる可愛い釣鐘型の花も、
秋の燃えるような紅葉もどちらも楽しめる大好きな樹木です。
  1. 2013-04-08 14:07
  2. URL
  3. ねこむすめ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ねこむすめさん
>こんにちは。
>
>満点星とオーロラのカーテンに浮かぶパンスターズ彗星、美しいですね。
>
>パンスターズ彗星が太陽系に近づくのは今回一度きりで、
>二度と戻って来ない彗星なのですね。
>ネットで調べてみて、長周期彗星という言葉を初めて覚えました(苦笑)。
>長周期彗星は太陽系よりも遥か彼方、オールトの雲からやって来るそうですが、この彗星はそんな場所からはるばるやってきて、写真のような夜空を作ったのかと思うと、感動を覚えます。
>
>今年の冬にはアイソン彗星も訪れるそうですが、
>満月と同じくらいの明るさになる(予測)とのことなので、
>わたしのような素人でも見つけられたらと期待しています。
>
>ちなみに、娘はこの緑の空(オーロラ)を指差しながら、
>どうすればこの空を見ることができるのかしきりに聞いてきました(笑)
>
>お庭の満天星は今年も綺麗なお花をつけましたね。
>満天星は春に咲かせる可愛い釣鐘型の花も、
>秋の燃えるような紅葉もどちらも楽しめる大好きな樹木です。
>


今年は彗星の当たり年、色んなのが楽しめるようで、私も大いに期待しています。
姫様がオーロラが見たいとの事ですが、これはオーロラの出やすい所に行ってチャンスを待つしかない。
オーロラが出るのは磁気の北極から2500キロくらい離れたオーロラベルトと呼ばれる所。有名なのがアラスカあたりです。
以下のエントリーにオーロラベルトの事を書きましたので、宜しければどうぞ。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2488341/


オーロラを見に行くツアーが有るのですが、それでも目に出来た人は少ないと聞いています。
本文に載せた写真はロシアですが、モスクワ辺りからまっすぐ北に向かって北極海にぶち当たった所がムルマンスクで北緯は大体70度くらいです。

満天星の紅葉、これも良いですね。今年の紅葉はどうなるでしょうか。
  1. 2013-04-08 17:20
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する