2009-10-24 20:35

約束守れとアメリカが苛立ち(続)<日本の報道では事実はわからない

10月24日付読売新聞に「最もやっかいな国は日本」と言う記事が出ている。

昨日エントリーしたアメリカの苛立ちについての記事だ。

だが本当はこんな生易しい事ではないはずだと思う。

いやアメリカは爆発寸前なのだ。

 

 

<以下読売新聞から引用>

 

 

「最もやっかいな国は日本」鳩山政権に米懸念

 【ワシントン=小川聡】22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権が米海兵隊普天間飛行場の移設計画見直しなど「日米同盟の再定義」に動いていることに、米政府が神経をとがらせている、とする記事を1面で掲載。

 

 国務省高官の「今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ」という発言を伝えた。

 記事は、オバマ政権がパキスタンアフガニスタンイラクなど多くの課題をかかえており、「アジアの最も緊密な同盟国とのトラブルは、事態をさらに複雑にする」という米側の事情を紹介した。

 鳩山政権については、「新しい与党(民主党)は経験不足なのに、これまで舞台裏で国を運営してきた官僚でなく政治家主導でやろうとしている」とする同高官の分析を示した。さらに、民主党の政治家たちが「米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」(犬塚直史参院議員)などと、米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた。

(2009年10月23日12時11分読売新聞)

 

 

小川聡記者が本当にこの文章を書いたのなら・・・小川さん、あなたは英語が失格だ。

 

小学校落第レベルのつたない英語力の私でさえワシントンポストの記事の言わんとしている事は分かる。

 

記事の最初に書いてあるのはこうだ。

 

Japan: No base decision soon

Washington concerned as new leaders in Tokyo look to redefine alliance

 

大見出しは「 米軍基地の撤退が間近

 

The Japanese government said Thursday it would take its time in deciding whether to renege on a military realignment plan involving U.S. bases, despite warnings from the Obama administration that any reversal would spark serious consequences.

 

 日本政府は、オバマ政権がいかなる変更も深刻な結果を招くと警告しているにもかかわらず、米軍基地を含む米軍再編計画についての約束を破る(RENEGE)かどうかハッキリ言わない。(時間がかかると言っている)

 

つまり日本は約束を破ろうとしている

アメリカはこういって真剣に怒っているのだ。

 

 

これは日本が日米開戦に踏み切った1941年のハル・ノートを髣髴とさせる内容だと思う。

この日米交渉では数々の誤訳が有り(意図したものかどうかは不明だが・・)、結果として日本はアメリカの思う壺、開戦に踏み切った。その為数百万の犠牲を出し、最後は原爆まで落とされた。

 

 

つまりアメリカの言っていることが正しく伝わらなかったわけだ。その責任はマスコミにもある。

この記事で「最もやっかいな国は日本」などと見出しをつけることから間違っている。そんな生易しいことではない、アメリカは真剣に怒っているのだ。

 

 

ゲーツ国防長官が来た、ビジネスで来たと歓迎晩餐会も断っている。更に今アメリカ陸海空三軍トップのマレン統合参謀本部議長も来ている。

こんな事は何十年に一度の異常事だと言うことが分からないのだろうか。

 

 

分かりやすい例を出そう。

今から17年ほど前、アメリカルイジアナ州で日本人留学生の高校生が射殺される事件が発生した。

(1週間ほど前10月17日が命日・・・若くして倒れた彼に合掌)

その時犯人はフリーズ(Freeze=凍る)と言った、然し彼はまだアメリカに来て間がないためプリーズ(Please=どうぞ)と聞き間違えたらしい。だから動いた為射殺されてしまった。

フリーズ(Freeze)は凍るという意味だが、「動くな」と言う意味がある。銃を構えたとき良く使う言葉。

そしてフリーズは「動くな、少しでも動いたら撃つぞ」と言う意味であり、更に「動いたら撃つぞ、撃っても俺は正当防衛で道義的にも法的にも正しいんだ」こんな意味だ。

(犯人は裁判で陪審員全員一致で無罪:これがアメリカ

 

長々と説明したが、今アメリカは銃を構え「フリーズ」と言っている。そう思って間違いない。

 

 

この影響は単に政治問題だけではない、もし約束を破ればその影響は計り知れない。

経済的にもいろんな面でしっぺ返しが来るだろう。

アメリカに進出している日本企業もそのトバッチリが来ることを覚悟せねばならない。

 

 

最後にワシントンポストの記事全文をそのまま添付します。

つたない私の英語理解ではなく、英語に堪能な諸兄に見ていただきご意見をいただきたい。

私の感想が杞憂であることを願っております。

 

 

 <以下10月22日付 ワシントンポスト記事原文>

Japan: No base decision soon

Washington concerned as new leaders in Tokyo look to redefine alliance

Washington Post Staff Writer
Thursday, October 22, 2009; 9:46 AM

 

The Japanese government said Thursday it would take its time in deciding whether to renege on a military realignment plan involving U.S. bases, despite warnings from the Obama administration that any reversal would spark serious consequences.

Officials in Tokyo appeared unfazed by pressure from the U.S. government, with Chief Cabinet Secretary Hirofumi Hirano telling reporters that Japan was unlikely to make its decision before Obama's visit to the country on Nov. 12 and 13. The process could stretch into early 2010, he said.

"We can't accept what America is asking for in such a short period of time and say we'll do it just because it is an agreement between Japan and the United States," Foreign Minister Katsuya Okada said during a morning talk show on commercial broadcaster TBS, the Associated Press reported.

Japan's effort to redefine its alliance with the United States and its place in Asia reflects the new orientation of the government under the Democratic Party of Japan (DPJ), which won an overwhelming victory in August and took power after years leading the opposition.

U.S. Defense Secretary Robert M. Gates used a visit to Japan this week to pressure the governmentto keep its commitment to the military agreement, which was formulated in part to deal with a rising China.

"It is time to move on," Gates said after meetings with Prime Minister Yukio Hatoyama. If Japan pulls apart the troop "realignment road map," Gates said, it would be "immensely complicated and counterproductive."

Hatoyama said Gates's presence in Japan "doesn't mean we have to decide everything."

ad_icon

For a U.S. administration burdened with challenges in Pakistan, Afghanistan, Iraq, Iran, North Korea and China, troubles with its closest ally in Asia constitute a new complication.

A senior State Department official said the United States had "grown comfortable" thinking about Japan as a constant in U.S. relations in Asia. It no longer is, he said, adding that "the hardest thing right now is not China, it's Japan."

The official, who spoke on the condition of anonymity because of the sensitivity of the issue, said the new ruling party lacks experience in government and came to power wanting politicians to be in charge, not the bureaucrats who traditionally ran the country from behind the scenes. Added to that is a deep malaise in a society that has been politically and economically adrift for two decades.

In the past week, officials from the DPJ have announced that Japan would withdraw from an eight-year-old mission in the Indian Ocean to refuel warships supporting U.S.-led coalition forces in Afghanistan. They also have pledged to reopen negotiations over a $26 billion military package that involves relocating a U.S. Marine Corps helicopter base in Japan and moving 8,000 U.S. Marines from Japan to Guam. After more than a decade of talks, the United States and Japan agreed on the deal in 2006.

On Thursday, Hirano told reporters that Hatoyama wants to weigh the outcome of mayoral elections in Nago, where the proposed new base would be built, before making his decision on whether to go forward. The mayoral election is to be held in January.

The atmospherics of the U.S.-Japan relationship also have morphed, with Japanese politicians now publicly contradicting U.S. officials.

In a relationship in which protocol can be imbued with significance, Gates let his schedule do the talking, declining invitations to dine with Defense Ministry officials and to attend a welcome ceremony at the ministry.

For decades, the alliance with the United States was a cornerstone of Japanese policy, but it also was a crutch. The ruling Liberal Democratic Party (LDP) outsourced many foreign policy decisions to Washington. The base realignment plan, for example, was worked out as a way to confront China's expanding military by building up Guam as a counterweight to Beijing's growing navy and by improving missile defense capabilities to offset China and North Korea's increasingly formidable rocket forces.

The DPJ rode to power pledging to be more assertive in its relations with the United States and has seemed less committed to a robust military response to China's rise. On the campaign trail, Hatoyama vowed to reexamine what he called "secret" agreements between the LDP and the United States over the storage or transshipment of nuclear weapons in Japan -- a sensitive topic in the only country that has endured nuclear attacks.

He also pushed the idea of an East Asian Community, a sort of Asian version of the European Union, with China at its core.

Soon after the election, U.S. officials dismissed concerns that change was afoot, saying campaign rhetoric was to blame. Although most of those officials still say the alliance is strong, there is worry the DPJ is committed to transforming Japan's foreign policy -- but exactly how is unclear.

DPJ politicians have accused U.S. officials of not taking them seriously. Said Tadashi Inuzuka, a DPJ member of the upper house of Japan's parliament, the Diet: "They should realize that we are the governing party now."

ad_icon

Kent Calder, the director of the Edwin O. Reischauer Center for East Asian Studies at Johns Hopkins University and a longtime U.S. diplomat in Japan, said that if Hatoyama succeeds in delaying a decision on the military package until next year, U.S. officials fear it could unravel.

Other Asian nations have privately reacted with alarm to Hatoyama's call for the creation of the East Asian Community because they worry that the United States would be shut out.

"I think the U.S. has to be part of the Asia-Pacific and the overall architecture of cooperation within the Asia-Pacific," Singapore's prime minister, Lee Hsien Loong, said on a trip to Japan this month.

The theatrics of Japan's relationship with Washington are new as well. Take, for instance, the dust-up last month between Japan's ambassador to the United States, Ichiro Fujisaki, and Pentagon spokesman Geoff Morrell.

On Sept. 9, Morrell demanded that Japan continue its refueling operation in the Indian Ocean. The next day, Fujisaki responded that such a decision was "up to Japan" and then said that Japan and the United States were "not on such terms where we talk through spokespeople." The Hatoyama government has said that it will not extend the refueling mission when it expires in January.

Then, at a seminar in Washington on Oct. 14, Kuniko Tanioka, a DPJ member in the upper house, went head-to-head with Kevin Maher, director of the State Department's Office of Japan Affairs, over the Futenma Air Station deal. Maher said the deal concerning the Marine Corps base had been completed. Tanioka said the negotiations lacked transparency.

Maher noted that a senior DPJ official had agreed that the deal must go through, at which point Tanioka snapped back, "I'm smarter than he is."

"I have never seen this in 30 years," Calder said. "I haven't heard Japanese talking back to American diplomats that often, especially not publicly. The Americans usually say, 'We have a deal,' and the Japanese respond, 'Ah soo desu ka,' -- we have a deal -- and it's over. This is new."

Harden reported from Tokyo.

 

伊勢平次郎さんの訳文を昨日のエントリーに載せましたのでご参照ください

 

最後にこの記事の最後を見てください。

日本の反応は「あぁ そうですか」だとローマ字で書いて有ります。

これはこの記事を日本人に読んで欲しい、そんな気持ちの表れと思いますがどうでしょうか。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

 夕べたまたまテレビでこの問題を報道しているのを見たら、コメンテーターは全然危機感なんかありません。 「それどころか何が問題なのか?」と言うような報道です。
 アメリカがカンカンに怒っているのに、それも解っていないようです。

 鳩山政権にたいする欧米の評価も非常に厳しいのですが、それも全く伝わっていません。 実に恐ろしい事です。

 これはいったい何なのでしょう?
  1. 2009-10-25 00:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこさん

コメント有難うございます。
> 夕べたまたまテレビでこの問題を報道しているのを見たら、コメンテーターは全然危機感なんかありません。 「それどころか何が問題なのか?」と言うような報道です。
> アメリカがカンカンに怒っているのに、それも解っていないようです。
>
> 鳩山政権にたいする欧米の評価も非常に厳しいのですが、それも全く伝わっていません。 実に恐ろしい事です。
>
> これはいったい何なのでしょう?

日本人はまさに井の中の蛙、外国の事を日本語訳でしか見ていない。
だから日本語訳が無い事は「そんな事実はない」と解釈します。
日本語訳が有ると「原文がどう書いてあろうとも訳文が正しい」と考えます。
こんな考えなのでマスコミの情報操作がいとも簡単・・・
赤子の手をひねると言ってよいでしょう。
本文にも書いた日米開戦についてのあの失敗、それが未だ繰り返されているわけです。

残念ながら日本は国内市場がある程度大きい、だから日本の国内事情だけしか考えない連中が幅を利かせている。これが問題の根にあると見ています。
  1. 2009-10-25 07:01
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

戦前も米国は日本にとって最大の貿易パートナーで、日本にとって最も恩恵を齎していた国だったんですよね。
だからこそ、米国人は昨日の親友とだって我々は戦争をすることがある。と、苦笑いしながら言うわけですよ。
つまり、今の日本だっていつだって米国の敵になれる。そして米国を敵に回したが最後、日本は中国北朝鮮と同列に扱われる。つまり、軍事的にも敵国になりえる。そうなると日本はまさに最前線です…。
中国は日本なんか守りませんよ。

日本人は米国を戦前もそうでしたが、仰るとおり舐めすぎです。
  1. 2009-10-26 04:22
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

まあ、自民党が負けたのはある意味必然としか言いようがなかったわけですが、民主党執権で、案の定というか、一番懸念されてた外交安保での綻びが早くも露呈したというべきなんでしょうね。

「アメリカの言いなりになるばかりじゃ嫌だ!!」
まあ、いいでしょう。でも、そのためにどれほどのことが必要なのか、民主党政権がきちんと認識していないのみならず、内部での議論すらまともにやってないのではないかと疑われるような状況ですね。

「対等な日米同盟」でも「対等な日米関係」でも構いませんが、そのために最低限必要なのは、CIAやNSAに対抗できる強力な情報機関の創設です。軍備の増強など後回しでも構いませんが、強力な調査分析能力と権限を持った情報機関抜きでアメリカと対抗するような外交活動は不可能です。

でも、現政権では不可能でしょうね。「スパイだなんて汚らわしい」とか本気でいいかねないですから。
  1. 2009-10-26 04:46
  2. URL
  3. 超級大懶猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん

>戦前も米国は日本にとって最大の貿易パートナーで、日本にとって最も恩恵を齎していた国だったんですよね。
>だからこそ、米国人は昨日の親友とだって我々は戦争をすることがある。と、苦笑いしながら言うわけですよ。
>つまり、今の日本だっていつだって米国の敵になれる。そして米国を敵に回したが最後、日本は中国北朝鮮と同列に扱われる。つまり、軍事的にも敵国になりえる。そうなると日本はまさに最前線です…。
>中国は日本なんか守りませんよ。
>
>日本人は米国を戦前もそうでしたが、仰るとおり舐めすぎです。


本文にも書きましたが、日本はアメリカではなくロシアと安保条約を結ぼうとしている!! などと言うとんでもない情報まで飛び交っています。
http://beiryu2.exblog.jp/10360390/

まさにハル・ノートを突きつけられている、そんな状態なのに「未だ覚めず池糖春草の夢」
  1. 2009-10-26 07:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 超級大懶猫さん

お久しぶりです。コメント有難うございます。

>まあ、自民党が負けたのはある意味必然としか言いようがなかったわけですが、民主党執権で、案の定というか、一番懸念されてた外交安保での綻びが早くも露呈したというべきなんでしょうね。
>
>「アメリカの言いなりになるばかりじゃ嫌だ!!」
>まあ、いいでしょう。でも、そのためにどれほどのことが必要なのか、民主党政権がきちんと認識していないのみならず、内部での議論すらまともにやってないのではないかと疑われるような状況ですね。
>
>「対等な日米同盟」でも「対等な日米関係」でも構いませんが、そのために最低限必要なのは、CIAやNSAに対抗できる強力な情報機関の創設です。軍備の増強など後回しでも構いませんが、強力な調査分析能力と権限を持った情報機関抜きでアメリカと対抗するような外交活動は不可能です。
>
>でも、現政権では不可能でしょうね。「スパイだなんて汚らわしい」とか本気でいいかねないですから。

でも韓国北朝鮮・中国のスパイは友好国だから良いスパイ、
冗談じゃなく本気でそう思っているとしか・・・
  1. 2009-10-26 07:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する